10,000円(税込)以上ご購入で送料無料
  詳しくはこちら>>

日本酒、ワイン、焼酎などお酒の通販なら
IMADEYA ONLINE STORE

{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}さん

ポイント残高:{@ member.total_points @}pt

   
  
                 
   
  
info お知らせ

送料無料 10,000円(税込)以上ご購入で送料無料

{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}さん

ポイント残高:{@ member.total_points @}pt

info お知らせ

詳細検索

  
  • お酒の種類
  • 地域
  • 価格
    円から 円まで
  • トレンドキーワード
  1. HOME
  2. ノンアルコール
  3. お茶の世界「極東雑貨」
  4. 極東雑貨 奥八女 ほうじ茶 100g

極東雑貨 奥八女 ほうじ茶 100g

商品番号 748349
価格 ¥ 1,500 消費税込 ¥ 1,620
残りわずかです。

商品写真は外観が似た商品(※ヴィンテージ違いの商品)などを
一時的に使用する場合がございます。
スペック等は必ず、商品説明にてご確認ください

お買いもの前に必ずご確認ください

■IMADEYA各店舗で販売され、在庫が無い場合がございます
システムで注文完了いただいても欠品が発生する場合がございます。
詳しくは>>ご利用ガイド「出荷準備が完了できない場合」をご参照ください
■配送口数が増え、配送料が割増になる場合がございます。
どんな注文でも1口分の送料で手続きが完了されますが、2口以上での出荷になる場合は追加送料をいただきます。
詳しくは>>ご利用ガイド「配送料追加」をご参照ください
■「要冷蔵」の記載がある商品はクール便でお届けいたします。
詳しくは>>ご利用ガイド「お届け方法」をご参照ください
容量 100g
タイプ1
種類
原料
精米歩合
産地
度数
生産者 極東雑貨 株式会社MOSPICJAPAN
生産者情報
原語
詳細
配送方法 この商品は普通便で発送します。

商品説明

福岡県南東部にある八女地方の山間部で造られる、日本有数の高級茶である奥八女茶。こちらは八女市内でも標高の高いエリアにあり、農薬、化学肥料不使用で育てられる原島農園さんが栽培した極上のほうじ茶で、カシスの様なベリー系の甘い香りと爽やかで香ばしいフレーバーは赤ワインを連想させます。茶葉に適度にブレンドされた茎の甘味が濃厚で、ほうじ茶の概念が変わるとご好評頂いています。

ONLINE STORE スタッフの小川も愛飲している「奥八女のほうじ茶」。
丁寧な手作業で焙煎されたこのほうじ茶は、毎日飲みたくなるような、スッと身体に馴染む味わいです。
カシスやチョコレートを想わせる芳醇な香り、飲み口は爽やかな旨味がふわっと広がり、柔らかいタンニン( 渋み) が心地よい余韻を生み出します。
お湯出しで香り高く淹れても美味しいですが、水出し茶( 冷茶) でもとても美味しくいただけます。

〈水出し茶-cold brew tea- とは?〉
茶葉は低温でゆっくり抽出することで、甘み成分のテアニンやビタミンCが壊れずに残っているため、まろやかで深みのある、旨味たっぷりの冷茶になります。涼やかでありながら、ピュアで奥深い旨味を持つ水出し茶は、夏場はもちろん、秋冬にもお薦め!
作り方も簡単なのでぜひ試してみてください。

〈水出し茶の作り方〉
①市販の水出し茶の容器に、「茶葉」と「水(ミネラルウォーターなど)」を入れて冷蔵庫で保存する。
茶葉10~15g に対して水は1000ml の割合がお薦めです。

②8 ~ 12 時間ほど抽出して完成。
24 時間、48 時間…などさらに時間をかけて抽出すると、よりリッチで奥深い味わいに。
家庭用であれば、水の注ぎ足しや同じ茶葉で2回水出ししても十分にお楽しみいただけます。

・水出しの水と茶葉の配分
基本的には100 対1 がお薦めです。1L(1000ml) の水に対して10g の茶葉。
※濃いめのお茶が好きな方は茶葉を15g ほどがお薦め。
※良い茶葉は配分を間違えなければ、液体に茶葉を入れっぱなしにしても苦味が出すぎません。

- 便利な裏技カレースプーン-
ご家庭で茶葉のグラムを量るのは少し手間ですよね。そんな時はカレースプーンを使うのが便利です!
一般的なカレースプーン( すりきり1 杯) で煎茶の茶葉は3g、ほうじ茶は1.5g ほど。
※茶葉の大きさによって多少異なりますので、ご注意ください。

〈極東雑貨 代表 ドミトリー・ブーラフさんからのメッセージ〉
日本は中国に次ぐ茶の栽培と喫茶の歴史を持っています。二つしかない中の一つです。脈々と受け継がれているはずのお茶文化、現状はどうでしょう。

食文化の変貌に取り残され、ペットボトルや粉末の「茶飲料」に市場を取られ、生産者の数は年々少なくなっています。後少しで、取り返しのつかな い一線を越えてしまうかも知れません。

幸い、危機感とこだわりを持ってホンモノのお茶を作り続けている造り手さんがいます。世界レベルでも遜色ない日本茶がまだ、残っています。
ホンモノの茶が生活にもたらす癒しと幸せを感じて頂きたい。茶の世界は広く・深く・とっても面白いストーリーに溢れています。あなたの好きな物語に出会えるお手伝いをしたい一心で立ち上げたブランドが「極東雑貨」です。お茶の世界の扉を開けるきっかけになれれば幸いです。
※ドミトリーさんは世界トップクラスの利き酒師。日本酒のみならず、お茶の文化を発信する活動を行っています。