10,000円(税込)以上ご購入で送料無料
  詳しくはこちら>>

日本酒、ワイン、焼酎などお酒の通販なら
IMADEYA ONLINE STORE

{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}さん

ポイント残高:{@ member.total_points @}pt

   
  
                 
   
  

送料無料 10,000円(税込)以上ご購入で送料無料

{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}さん

ポイント残高:{@ member.total_points @}pt

詳細検索

  
  • お酒の種類
  • 地域
  • 価格
    円から 円まで
  • トレンドキーワード

商品一覧

並び替え
492件中 1-50件表示
1 2 10

【予約限定商品/12月初旬発送】ドメーヌ・コーセイ 片丘メルロー シルヴァン 2019 750ml

-IMADEYA×ドメーヌ・コーセイ!オリジナルワインが予約限定で登場!-

いま最も注目されるワイン産地「塩尻・片丘地区」でメルローのみでワインを生産する「ドメーヌ・コーセイ」。
シャトー・メルシャンの元醸造責任者、味村興成氏が自分の名を冠してスタートしたワイナリーです。

味村氏はメルシャン時代にも、きいろ香の開発や同社のさまざまなプロジェクトに影響を与えた重要人物。
凄腕が集まる中でも、トップレベルのテイスティング能力を持ち信頼を集めていました。

今回お届けする2019年ヴィンテージは、いくつかの樽の中からIMADEYAのお客様をイメージして、プリムール買いをしました。(新酒の状態で樽ごと購入する事です)

ラベルは、IMADEYAのロゴをデザインしてくださっている芸術家の望月通陽氏が、日本でチャレンジするボルドースタイルとはちょっと異なるワインのイメージで仕上げて下さいました。

味わいも、ラベルにふさわしくエレガントでこだわりが感じられる仕上がりに。

スミレのような甘みのある爽やかな香りに、熟したプラムのような果実の香り。
そこにリコリス、山椒のようなスパイシーさがうっすらと重なります。

品よく佇む果実味とタンニン(渋み)と、少し若さを感じる酸で、引き締まった印象。
メルローらしい華やかさを十分に楽しんだ後、アフターにはビターカカオのような風味が独特の余韻を感じさせてくれます。

ボディは口当たりミディアムな印象ですが、どことなくオリエンタルな雰囲気漂う、上品な和テイストのボルドースタイルです。

味村氏のこだわりがつまった、片丘のメルロー。
お楽しみいただけるのは、ご予約頂いたお客様のみです。

ぜひ、この機会をお見逃しなく!

【ドメーヌ・コーセイ】

長野県塩尻市の片丘地区に位置するドメーヌ・コーセイは、新たな銘醸ワイン産地を形成するべくスタートラインに立ったといえるワイナリー。
そしてブドウ品種はメルローのみで、この地で造られるメルロー種の赤ワインの可能性にひたむきに取り組んでいます。

きれいに管理された10ヵ所のブドウ畑には、畑を害虫などから守るフランスの風習を習い、バラの名前が付けられており、畑仕事から醸造までほぼ女性スタッフで行っています。

味村氏がメルローにとことん集中するために、納得できる土地を探し2011年の植樹。
ファーストリリースは昨年の2019年でした。

北アルプスの麗に位置する塩尻は、松本盆地の南部に位置し、内陸性気候の地域。
アルプスを吹き撫でる風の通り道であり、澄んだ大気によって日照時間に恵まれています。

この地がブドウにとって最高の条件がそろっているといわれる理由は気候だけにとどまりません。
保水性と水はけのよさを兼ね備えたこの地の土壌は、メルロのうまみを凝縮させ、個性を際立たせるのです。

こちらは予約商品です
¥ 6,800 消費税込 ¥ 7,480

アシ・ベリアック ビスカイコ チャコリーナ メンペ 2019

【輸入元より】
ダビット氏の父へのオマージュとして、父の名MENPEを冠するワイン。
主に石灰岩の多い「エリゴイティ」の畑に、「エリゴイティ」に比べ力強いボディとストラクチャを生み出す「メンダタ」の若木をブレンド。
ステンレスタンクで醗酵&熟成。3-4カ月間のシュール・リー熟成。
大西洋からの潮風がワインに心地よい塩味を与え、シトラスの爽やかな果実味とフレッシュな酸が調和したバランスの良い味わい。

価格 ¥ 2,800 消費税込 ¥ 3,080

シャトー・グリュオー・ラローズ 2004

【輸入元HPより抜粋】
サンジュリアン村格付け2級シャトー。1997年にメルロー家がシャトーを所得後、畑ではテロワールを尊重し、サステイナブルや、ビオロジックの農法を推進しています。
重厚感のある豊かな果実味があり、比較的若い内から楽しめる味わいです。熟成する美しい柔らかさを持ったビロードのような滑らかさを身にまとう魅力的なワインです。

価格 ¥ 15,050 消費税込 ¥ 16,555

デリンクエンテ プリティ・ボーイ 2021

【輸入元より】
Bassham Vineyardから。収穫後ブドウは除梗され、約6時間スキンコンタクト、ステンレスタンクへプレス。
野生酵母によって醗酵、残糖が1.8g/Lに達したところで温度を下げ、少量の酸化防止剤を添加しごく軽いフィルタリング(清澄剤は不使用)をしてボトリング。
昨年よりもはっきりとしたルビー色、表情のはっきりした辛口で味のある果実味が特徴的。

価格 ¥ 1,615 消費税込 ¥ 1,776

A.R.ルノーブル ブリュット ナチュール マグ14

【輸入元より】
ブリュット・アンタンスとほぼ同じベースワインを使用するが、リザーブワインを35%アッサンブラージュして複雑味を増している。
また、シュール・リーでの熟成期間を48ケ月と他のキュヴェよりも1年間長くとっている。
これによってノン・ドサージュでも厚みを感じる程の構成力を持つ。

価格 ¥ 6,120 消費税込 ¥ 6,732

フレデリック・アニェレー ロゼ・デケール 2019 750ml

【輸入元より】
粘土石灰土壌の樹齢30年と40年のグルナッシュを使用。収穫後、二つに分け、全房のまま一方をそのまま圧搾し、他方を7日間マセレーション後にアッサンブラージュする。清澄・濾過もせずSO2無添加で瓶詰め。
瑞々しい果実が十分に開いた非常に美しいナチュールのロゼに仕上がっている。控えめな度数と合わせ沁み入るような酒質。

価格 ¥ 3,500 消費税込 ¥ 3,850

ファーディナンド ガルナッチャ・ブランカ ヴィスタ・ルナ・ヴィンヤード 2020 750ml

【輸入元資料より】
スペイン品種のスペシャリストとして知られる栽培家マーカス・ボキッシュがロダイのシエラ・フットヒルズの麓の斜面に所有するオーガニックヴィンヤード。
カリフォルニアに似た地中海性気候を持つスペイン原産のガルナッチャ・ブランカを使った爽やかで味わい深い白。
和食から洋食まで幅広い料理に合わせられる。

【ファーディナンド】

※輸入元資料より
醸造家エヴァン・フレイジャーは南仏ルションのモーリーでワイン造りの修行を積み、その後ナパに移った彼はその腕を見込まれコングスガードのGM兼アシスタント・ワインメーカーに抜擢。モダン・カリフォルニアの旗手として完璧なワイン造りでその名を轟かせる名匠ジョン・コングスガードの右腕として活躍する傍らその醸造設備を使い自身のオリジナルワインを造り始めた。
彼が選んだブドウはナパではなくカリフォルニア内陸部に残るスペインの伝統品種。新樽を控え極力シンプルな醸造を行い食事とともに気軽に食卓で楽しめる、土地の風味が香る染み込むような味わいのワインをごく少量手がける。
近年広まるカリフォルニアにおける新たな潮流を感じさせるワイン。

価格 ¥ 3,600 消費税込 ¥ 3,960

モジ ロゼ ナパ・ヴァレー 375ml缶

日本の絵文字が好きな生産者が、毎日の友達とのテキストメッセージのやりとりのように親しんで欲しいという思いで「Moji」と名付けた缶入りのワイン。
淡いピンクの色合いに、フレッシュなレッドベリーやバラの香り、瑞々しい口当たりと新鮮な果実味が口の中に広がり、バランスの良い酸味が味わいを引き立てます。

【輸入元資料より】
環境に優しく気軽に良質なワインが楽しめることから米国ではすっかりポピュラーになったKegなどの“wine-on-tap”のビジネスで成功したペレグリン・ランチ(VTPR)が新たなプロジェクトとして缶入りのナパ・ワインをリリース。
チーフ・ワインメーカーは新世代の造り手としてカベルネやシャルドネだけではない個性的なカリフォルニアワインの 魅力を発信しファンを魅了しているレオ・スティーンが務めている。
缶ワインと言えば大量生産のイメージが強いが 彼らは長年培った複数の栽培農家とのネットワークを駆使して気軽に楽しめる良質なワインを小ロット生産しワインの新たな楽しみ方を提案している。
“Moji”は日本の絵文字が好きな彼らが毎日の友達とのテキストメッセージのやりとりのように親しんでほしいという願いを込めたネーミング。

価格 ¥ 1,500 消費税込 ¥ 1,650

フィリップ・ルクレール ジュヴレ・シャンベルタン レ・プラティエール 2018 750ml

綺麗な張りの酸味と滑らかでメルロー種のようなコクのある果実味がボリュームが広がり全体にエキス分はやや高め、フレーバーは完熟ベリーの風味があり、後半のタンニンにしっかりと寄り添ってくれます。
鉄っぽさや血のニュアンスはあまり強く感じらず、男性的と表現されるジュヴレ・シャンベルタンにしてはテクスチャーはやや柔らか目ですが、変にゴツゴツとせずにボリュームが程よく、気品が漂う感じで纏まっています。

価格 ¥ 6,364 消費税込 ¥ 7,000

ヴィニ・ヴィティ・ヴィンチ VdF ピノ・ブラン 2019

【ヴィニ・ヴィティ・ヴィンチ】

輸入元より

ニコラ・ヴォーティエが「ヴァン・ナチュールの聖地」のひとつ、トロワのワイン・ショップ&バー Aux Crieurs de Vin で15年勤務したあと、アヴァロン村で始めたマイクロ・ネゴシアン。
ニコラは、シャンパーニュやシアトル近郊のワイナリー、及びフィリップ・パカレとドメーヌ・サーブルでも栽培醸造経験を積んできた。
ブドウは、北ブルゴーニュ各地に点在する、有機栽培またはリュット・レゾネの老農家から購入し、初ヴィンテージは2009年。
セラーには台形の木製開放槽を所有し野生酵母のみで発酵。亜硫酸添加は瓶詰め時10mg/Lのみで、補糖も行わない。
彼の高い志が生むピノ・ノワールは、AOCブルゴーニュですら時にヴォーヌ・ロマネのニュアンスさえ帯びる柔らかな香りを帯び、ピュアなエキスが満ちる。
イランシーのピノ・ノワールは、大半が樹齢45年以上の古木。白ワインも多くは小樽発酵と、小樽熟成を経る。
影響を受けた醸造家は、ピエール・オヴェルノワ、マルセル・ラピエールほか。
まことに腕と勘が冴える、天性の醸造家である。

価格 ¥ 3,700 消費税込 ¥ 4,070

ジル・アゾーニ ル・レザン・エ・ランジュ ブラン ネジュマ 2020

【輸入元より】
“Nedjma”は、アラビア語で「星」という意味。

蜜感が強く、香りが非常に好印象。開けたてのほうが豆を感じるが、抜栓後は豆のニュアンスは弱まってくる。果実の熟度が高いにもかかわらず、青りんごなど爽快感のある果実感が、心地よく、それを活かすためにもしっかり目に冷やして、飲み切るのがおすすめ。

【ル・レザン・エ・ランジュ】

ワイナリー「ル・レザン・エ・ランジュ」は、ジル・アゾーニが2000年にアルデッシュ南部の静かな山間に興したドメーヌです。
同ドメーヌは2014年、ジルの息子アントナン・アゾーニを責任者として、ネゴシアンに生まれかわりました。

【アントナン・アゾーニのプロファイル】

1985年生まれのアントナンは、化学を修めたのち絵画関係のラボで働き、ピッツァイオーロや料理人としても働く。が、次第に父親の仕事である、ワイン造りに興味を持つ。
オーストラリアのワイナリーとラボラトリーで2年間の経験をへて、2013年にアルデッシュへと戻り、父親のジルとともにワイン造りにたずさわった。
2014年にドメーヌはネゴシアンとなる。ジルが所有していた畑は、友人のヴィニュロンへと譲られ、アントナン自身は15haの契約畑(4人のブドウ栽培家と、友人のワイン生産者たちと契約)と、自身の1haのシラー畑から得られるブドウでワインを造る。自身の畑を持ちつつネゴシアンになったわけ。
契約畑を増やしたのは、ビオロジック製ブドウを複数の栽培家から購入することをつうじて、《ビオロジック栽培のムーブメントをよりいっそう広めたい》と、アントナンが考えたから。同世代の友人には、同様の考えのもと、良い仕事をしている栽培家の畑を紹介する、「畑のクルティエ」のような仕事をしている者もいるそうだ。
2016年や2017年のように、霜害や雹害のひどかった年には、このような仕事は特に重要になるはずである。

父親のジルは、完全に引退したわけではなく、アントナンとは別にジル本人のワインを造っている。アントナンは父親が興したル・レザン・エ・ランジュのスタイルを踏襲しつつ、自分自身のスタイルを模索中でる。
「まずは、醸造中に何が起きても、ジルのように焦らず待つことを覚えなくては」と、アントナンは語っている。

価格 ¥ 2,210 消費税込 ¥ 2,431

ヴィニ・ヴィティ・ヴィンチ イランシー ラ・クロワ・ブュテックス 2019

【ヴィニ・ヴィティ・ヴィンチ】

輸入元より

ニコラ・ヴォーティエが「ヴァン・ナチュールの聖地」のひとつ、トロワのワイン・ショップ&バー Aux Crieurs de Vin で15年勤務したあと、アヴァロン村で始めたマイクロ・ネゴシアン。
ニコラは、シャンパーニュやシアトル近郊のワイナリー、及びフィリップ・パカレとドメーヌ・サーブルでも栽培醸造経験を積んできた。
ブドウは、北ブルゴーニュ各地に点在する、有機栽培またはリュット・レゾネの老農家から購入し、初ヴィンテージは2009年。
セラーには台形の木製開放槽を所有し野生酵母のみで発酵。亜硫酸添加は瓶詰め時10mg/Lのみで、補糖も行わない。
彼の高い志が生むピノ・ノワールは、AOCブルゴーニュですら時にヴォーヌ・ロマネのニュアンスさえ帯びる柔らかな香りを帯び、ピュアなエキスが満ちる。
イランシーのピノ・ノワールは、大半が樹齢45年以上の古木。白ワインも多くは小樽発酵と、小樽熟成を経る。
影響を受けた醸造家は、ピエール・オヴェルノワ、マルセル・ラピエールほか。
まことに腕と勘が冴える、天性の醸造家である。

価格 ¥ 5,100 消費税込 ¥ 5,610

ヴィニ・ヴィティ・ヴィンチ ブルゴーニュ エピヌイユ ヴァルノワール 2019

【ヴィニ・ヴィティ・ヴィンチ】

輸入元より

ニコラ・ヴォーティエが「ヴァン・ナチュールの聖地」のひとつ、トロワのワイン・ショップ&バー Aux Crieurs de Vin で15年勤務したあと、アヴァロン村で始めたマイクロ・ネゴシアン。
ニコラは、シャンパーニュやシアトル近郊のワイナリー、及びフィリップ・パカレとドメーヌ・サーブルでも栽培醸造経験を積んできた。
ブドウは、北ブルゴーニュ各地に点在する、有機栽培またはリュット・レゾネの老農家から購入し、初ヴィンテージは2009年。
セラーには台形の木製開放槽を所有し野生酵母のみで発酵。亜硫酸添加は瓶詰め時10mg/Lのみで、補糖も行わない。
彼の高い志が生むピノ・ノワールは、AOCブルゴーニュですら時にヴォーヌ・ロマネのニュアンスさえ帯びる柔らかな香りを帯び、ピュアなエキスが満ちる。
イランシーのピノ・ノワールは、大半が樹齢45年以上の古木。白ワインも多くは小樽発酵と、小樽熟成を経る。
影響を受けた醸造家は、ピエール・オヴェルノワ、マルセル・ラピエールほか。
まことに腕と勘が冴える、天性の醸造家である。

価格 ¥ 4,400 消費税込 ¥ 4,840

ジル・アゾーニ ル・レザン・エ・ランジュ オマージュ 2020

ビオロジック栽培。造り手が最初に働いたドメーヌへの敬意を込めたワイン。始めのうちはチャーミングに感じる香りも時間と共に複雑に変化します。

【ル・レザン・エ・ランジュ】

ワイナリー「ル・レザン・エ・ランジュ」は、ジル・アゾーニが2000年にアルデッシュ南部の静かな山間に興したドメーヌです。
同ドメーヌは2014年、ジルの息子アントナン・アゾーニを責任者として、ネゴシアンに生まれかわりました。

【アントナン・アゾーニのプロファイル】

1985年生まれのアントナンは、化学を修めたのち絵画関係のラボで働き、ピッツァイオーロや料理人としても働く。が、次第に父親の仕事である、ワイン造りに興味を持つ。
オーストラリアのワイナリーとラボラトリーで2年間の経験をへて、2013年にアルデッシュへと戻り、父親のジルとともにワイン造りにたずさわった。
2014年にドメーヌはネゴシアンとなる。ジルが所有していた畑は、友人のヴィニュロンへと譲られ、アントナン自身は15haの契約畑(4人のブドウ栽培家と、友人のワイン生産者たちと契約)と、自身の1haのシラー畑から得られるブドウでワインを造る。自身の畑を持ちつつネゴシアンになったわけ。
契約畑を増やしたのは、ビオロジック製ブドウを複数の栽培家から購入することをつうじて、《ビオロジック栽培のムーブメントをよりいっそう広めたい》と、アントナンが考えたから。同世代の友人には、同様の考えのもと、良い仕事をしている栽培家の畑を紹介する、「畑のクルティエ」のような仕事をしている者もいるそうだ。
2016年や2017年のように、霜害や雹害のひどかった年には、このような仕事は特に重要になるはずである。

父親のジルは、完全に引退したわけではなく、アントナンとは別にジル本人のワインを造っている。アントナンは父親が興したル・レザン・エ・ランジュのスタイルを踏襲しつつ、自分自身のスタイルを模索中でる。
「まずは、醸造中に何が起きても、ジルのように焦らず待つことを覚えなくては」と、アントナンは語っている。

価格 ¥ 2,400 消費税込 ¥ 2,640

ジル・アゾーニ ル・レザン・エ・ランジュ ファーブル 2020

【ル・レザン・エ・ランジュ】

ワイナリー「ル・レザン・エ・ランジュ」は、ジル・アゾーニが2000年にアルデッシュ南部の静かな山間に興したドメーヌです。
同ドメーヌは2014年、ジルの息子アントナン・アゾーニを責任者として、ネゴシアンに生まれかわりました。

【アントナン・アゾーニのプロファイル】

1985年生まれのアントナンは、化学を修めたのち絵画関係のラボで働き、ピッツァイオーロや料理人としても働く。が、次第に父親の仕事である、ワイン造りに興味を持つ。
オーストラリアのワイナリーとラボラトリーで2年間の経験をへて、2013年にアルデッシュへと戻り、父親のジルとともにワイン造りにたずさわった。
2014年にドメーヌはネゴシアンとなる。ジルが所有していた畑は、友人のヴィニュロンへと譲られ、アントナン自身は15haの契約畑(4人のブドウ栽培家と、友人のワイン生産者たちと契約)と、自身の1haのシラー畑から得られるブドウでワインを造る。自身の畑を持ちつつネゴシアンになったわけ。
契約畑を増やしたのは、ビオロジック製ブドウを複数の栽培家から購入することをつうじて、《ビオロジック栽培のムーブメントをよりいっそう広めたい》と、アントナンが考えたから。同世代の友人には、同様の考えのもと、良い仕事をしている栽培家の畑を紹介する、「畑のクルティエ」のような仕事をしている者もいるそうだ。
2016年や2017年のように、霜害や雹害のひどかった年には、このような仕事は特に重要になるはずである。

父親のジルは、完全に引退したわけではなく、アントナンとは別にジル本人のワインを造っている。アントナンは父親が興したル・レザン・エ・ランジュのスタイルを踏襲しつつ、自分自身のスタイルを模索中でる。
「まずは、醸造中に何が起きても、ジルのように焦らず待つことを覚えなくては」と、アントナンは語っている。

価格 ¥ 2,125 消費税込 ¥ 2,337

ヴィニ・ヴィティ・ヴィンチ ブルゴーニュ アリゴテ 2019

【ヴィニ・ヴィティ・ヴィンチ】

輸入元より

ニコラ・ヴォーティエが「ヴァン・ナチュールの聖地」のひとつ、トロワのワイン・ショップ&バー Aux Crieurs de Vin で15年勤務したあと、アヴァロン村で始めたマイクロ・ネゴシアン。
ニコラは、シャンパーニュやシアトル近郊のワイナリー、及びフィリップ・パカレとドメーヌ・サーブルでも栽培醸造経験を積んできた。
ブドウは、北ブルゴーニュ各地に点在する、有機栽培またはリュット・レゾネの老農家から購入し、初ヴィンテージは2009年。
セラーには台形の木製開放槽を所有し野生酵母のみで発酵。亜硫酸添加は瓶詰め時10mg/Lのみで、補糖も行わない。
彼の高い志が生むピノ・ノワールは、AOCブルゴーニュですら時にヴォーヌ・ロマネのニュアンスさえ帯びる柔らかな香りを帯び、ピュアなエキスが満ちる。
イランシーのピノ・ノワールは、大半が樹齢45年以上の古木。白ワインも多くは小樽発酵と、小樽熟成を経る。
影響を受けた醸造家は、ピエール・オヴェルノワ、マルセル・ラピエールほか。
まことに腕と勘が冴える、天性の醸造家である。

価格 ¥ 3,000 消費税込 ¥ 3,300

フレデリック・アニュレー ガール・デュ・ノール 2019

【輸入元より】
砂質石灰土壌の樹齢30年と40年のグルナッシュを主に使用する。全房で8時間ほどゆっくりとプレス後に8日間マセレーション。清澄・濾過もせずSO2無添加で瓶詰め。
全房発酵の好ましい面のニュアンスが良く出ている。柔らかくチャーミング、優しい酒質で、非常に美しい果実を感じる。不安定さもほとんど無し。

価格 ¥ 3,500 消費税込 ¥ 3,850

クオリア・ワインズ ソルトブッシュ ピノ・グリージョ 2020 750ml

「ソルトブッシュ」は植物の名前で、塩分に強く、葉に塩分を保持する特性があることから、1970年代に大干ばつによる土壌塩化を改善するためオーストラリア内陸部に植えられました。
この植物のお陰で、家畜、特に羊の群れが育つようになり、この植物への敬意からワイナリー名としました。
和梨や柑橘類の香り、ピノグリージョらしい程よく厚みのあるボディ、柑橘のピールの苦味が最後にあり、フレッシュで飲みごたえもあります。

価格 ¥ 980 消費税込 ¥ 1,078

フォンカリュー モンターニュ・ノワール シャルドネ 2019 750ml

フランス南部の中央高地の端に位置する山脈、モンターニュ・ノワール。
650軒を超える栽培者の中から、このワインに相応しいブドウを供給する栽培者のグループを限定しました。
このシャルドネは、南のシャルドネに期待するふくよかさがあり、樽香ともバランス良く、酸もしっかりあり最初から最後まで期待を裏切らない味わいです。

価格 ¥ 1,100 消費税込 ¥ 1,210

高畠ワイナリー 高畠ゾディアック シャルドネ ナイトハーベスト 2020 750ml

最も気温の下がる夜間に収穫することで、ブドウの持つ香味のポテンシャルを最大限に引き出したワイン。
また、複数の異なる醸造技術を用いて味わいに奥行きと複雑さをもたらしています。
グレープフルーツやモモ、パイナップルのアロマに、樽を使用したことに由来するトーストやバニラ香、ナッツのニュアンスも感じます。
とても柔らかく繊細な口当たりとしなやかな酸、果実の風味が広がり、エレガントな印象のワインです。

価格 ¥ 5,000 消費税込 ¥ 5,500

ロベール・シリュグ ブルゴーニュ・パストゥグラン 2019 750ml

ヴォーヌ・ロマネの地で家族経営を行っているドメーヌ。そのルーツは19世紀末にさかのぼります。
シリュグが目指すのは、シルクのような質感を持つ、しなやかでフルーティなワイン。完熟したブドウでテロワールを表現します。
こちらのパストゥグランは、元は地元消費用だったもの。この生産者らしく清らかで、果実味がダイレクトに表現された口当たりの良いワインです。

【ロベール・シリュグ】
1960年創業の非常に小規模なワイン生産者。化学薬品を使用しない害虫対策など人為的で化学的な介入を厳しく制限することで、地球環境に配慮した高品質ワインを生み出す為の真摯な取り組みが随所に見られます。(平均樹齢は35年~40年)。
働くスタッフにも女性が多く、ワインにも女性らしい繊細さが表れています。

価格 ¥ 3,500 消費税込 ¥ 3,850

ロベール・シリュグ ヴォーヌ・ロマネ 2019 750ml

ヴォーヌ・ロマネの地で家族経営を行っているドメーヌ。そのルーツは19世紀末にさかのぼります。
シリュグが目指すのは、シルクのような質感を持つ、しなやかでフルーティなワイン。完熟したブドウでテロワールを表現します。
こちらはヴォーヌ・ロマネ村に点在する、平均樹齢50年にもなる自社区画のブドウを使用。様々な個性を持った区画のブドウを畑ごとに仕込み、最終的なバランスを見ながらブレンドしています。

価格 ¥ 11,670 消費税込 ¥ 12,837

ロクサニッチ アンティーツァ 2011 750ml

クロアチアの地にて、ビオディナミで育てられたブドウから造られたオレンジワイン。
アーモンドやドライフルーツ、ミネラル、洗練されたタンニンの複雑なアロマがあり、辛口でフレッシュな味わいです。

価格 ¥ 4,330 消費税込 ¥ 4,763

レンテンナーノ キャンティ・クラッシコ リゼルヴァ レ・バロンコーレ 2017 750ml

トスカーナのガイオーレ・イン・キャンティにあるワイナリー。イタリアワインの熱狂的なファンにとって、間違いなく最高峰のひとつとされています。
こちらは成熟のポテンシャルを持つブドウを使用し、ノンフィルターで瓶詰めされた、土地の個性を存分に表現したキャンティ。クラシックで上品、それでいて圧倒的な佇まいをもつワインは、一度体感したらきっと虜になってしまいます。

価格 ¥ 4,760 消費税込 ¥ 5,236

ルイ・ロデレール コレクション 242 NV 750ml

リニューアルされた、ルイ・ロデレールのスタンダードキュヴェ。
これまでのスタンダードは、例年一貫性のある味わいを目指してつくられていましたが、こちらの「コレクション」ではブレンドによって異なるヴィンテージやテロワールを表現するという、新しいコンセプトのもとつくられています。
繊細で複雑なルイ・ロデレールならではのスタイルを表現しながらも、ブドウ本来のピュアで凝縮した旨味が一層引き立つ仕上がりです。

価格 ¥ 6,380 消費税込 ¥ 7,018

ラ・スピノーザ キャンティ 2017 750ml

標高280m、ワイナリーから4km離れた南西向き“サンマルティーノ”の畑(新しく2000年に植樹)。地質は、粘土質、新生代(約七千万年前から)時代の砂質。
亜硫酸無添加。ステンレスタンクにて1ヶ月熟成されています。

価格 ¥ 3,000 消費税込 ¥ 3,300

パオロ・スカヴィーノ バローロ モンヴィリエーロ 2015 750ml

パオロ・スカヴィーノは1921年に元詰を始め、ネッビオーロ種の個性を追及し続けた現代バローロの頂点と評される造り手。樽の香りが過剰につかないよう、バリックと大樽を併用して、高いレベルでワインの個性を表現しています。
こちらは近年注目されている、テロワールにフォーカスしたバローロの単一畑キュヴェ。ヴェルデューノ村にある、標高310mに位置する「モンヴィリエーロ」の畑で栽培されたネッビオーロのみを使用しています。

価格 ¥ 15,000 消費税込 ¥ 16,500

パオロ・スカヴィーノ バローロ ブリック・デル・フィアスク 2016 750ml

パオロ・スカヴィーノは1921年に元詰を始め、ネッビオーロ種の個性を追及し続けた現代バローロの頂点と評される造り手。樽の香りが過剰につかないよう、バリックと大樽を併用して、高いレベルでワインの個性を表現しています。
こちらは近年注目されている、テロワールにフォーカスしたバローロの単一畑キュヴェ。カスティリオーネ・ファレット村にある、標高250mの「ブリックデルフィアスク」畑で栽培されたネッビオーロのみを使用しています。

価格 ¥ 18,000 消費税込 ¥ 19,800

パオロ・スカヴィーノ バローロ 2017 750ml

現代バローロ最良の姿の1つを具現化した現代バローロの雄と評される、パオロ・スカヴィーノの個性が体験できるスタンダードバローロです。
カスティッリオーネ・ファレット、ラ・モッラ、バローロの3つの村のブレンド。それぞれのキュヴェを天然酵母で発酵させ、バリックと大樽の熟成を経てネッビオーロの個性を引き出した逸品です。
ワイルドベリーや土の香り、上質なタンニンと酸味が心地よい味わいです。

価格 ¥ 6,375 消費税込 ¥ 7,012

ダリオ・プリンチッチ ビアンコ トレベツ2017 750ml

「ビアンコ・トレベツ」は、フリウリにあるオスラヴィアという地域で伝統的に造られてきた品種のアッサンブラージュワイン。
できる限り遅く、種子まで熟してから収穫したシャルドネ、ソーヴィニヨンブラン、ピノグリージョを木製の開放桶で発酵させています。
発酵後は様々な大きさの樽で2年間熟成させた後ボトリング。
ダリオの原点とも言えるセパージュのワインで、一番その良さを感じることができます。

価格 ¥ 4,675 消費税込 ¥ 5,142

スクラヴォス ロゼ アルシミスト 2020 750ml

このワインに使われているマヴロダフネはギリシャ語で「黒い月桂樹」という意味。通常はブレンド用として使われており、その多くはAlc.分の強い甘口ポートタイプのワインとなります。
このワインはそれと全く異なり、旨みがたっぷりでしなやかな口当たり、そしてほのかな塩味を感じる余韻があります。
オリーブオイルやハーブをたっぷり使ったお料理、また鰹出汁を使った旨みのある和食など、素材を生かしたお料理によく合います。

価格 ¥ 2,400 消費税込 ¥ 2,640

クリストフ・ルフェーヴル キュヴェ・ド・レゼルヴ ブリュット 2018 750ml

大手シャンパーニュメーカー、マムの畑でヴィニュロンをしつつ、自身の土地で有機ブドウの栽培を一から始めた生産者。
2018年はブドウが完熟し、グレートヴィンテージに見られるOeil dePerdrix(山鳩の目)と呼ばれる淡いサーモンピンクがかった色に仕上がっているそう!
泡立ちは繊細かつスパイシー。厚みのあるボリューム豊かなエキスと、アフターに広がるビターで滋味豊かなミネラルが長く余韻に続きます。

価格 ¥ 5,700 消費税込 ¥ 6,270

カサーレヴェッキオ モンテプルチアーノ ダブルッツォ 2019 750ml

濃厚!濃密!渋味は抑えめ。ワインの楽しさを率直に教えてくれる1本!
畑はアトリ、ロゼート、コロンネッラの3ヶ所に、合わせて50haあります。いずれも契約農家で、山と海に囲まれた畑が多く、樹齢の古い良いブドウの同じ区画を契約します。3種類のクローンを使用します。
石灰質土壌で、ワインにボディを与えます。また、ブドウの樹につける房をかなり抑え、ブドウに凝縮感をもたらしています。

価格 ¥ 1,870 消費税込 ¥ 2,057

丹波ワイン 京都丹波 トラディショナル 2014 750ml

京都丹波のピノノワールやピノグリなど複数品種を混醸し、伝統的な瓶内二次発酵で造られたスパークリングワインです。
1本1本、ルミアージュを手作業で行い、その後2年の熟成を経てリリースされました。
パンのイースト香とともにフレッシュな柑橘系の香りが沸き立ち、きめ細やかな泡と軽快な酸味が特徴です。
ビギナーから通の方までおすすめできる1本です。

価格 ¥ 3,800 消費税込 ¥ 4,180

丹波ワイン 京都丹波 セミヨン&ソーヴィニヨン・ブラン 2020 750ml

京都府の京丹波町で栽培された2種類のブドウから造られた白ワイン。各品種をそれぞれステンレスタンクと樽で発酵させ、ブレンドの後樽熟成させています。
柑橘類やメロン、洋梨を思わせるフレッシュでボリューミーな香りに、麦わらやハーブの香り。
フレッシュなタッチの辛口で、軽やかな中に一本筋の通った味わいがあり、軽い風味の魚介料理や和惣菜と共に、リラックスして気軽に楽しめるワインです。
熟成にも期待が持てます。

価格 ¥ 2,500 消費税込 ¥ 2,750

丹波ワイン 京都丹波 シャルドネ 2020 750ml

京都府の京丹波町で栽培されたシャルドネを、樽発酵、シュールリー、樽熟成で仕上げたワインです。
カリンや青リンゴ、メロンなどの果実香に、樽由来のバニラなど甘い香り。
味わいは柔らかさを伴った酸に果実の凝縮した甘味とのバランスが良く、滑らかなタッチに心地よい苦味がアクセントとなって全体を引き締めています。
キレが良くミネラル感もあり、柑橘と塩でいただく白身魚の天ぷらや鶏肉のクリーム煮などとよく合います。

価格 ¥ 4,000 消費税込 ¥ 4,400
並び替え
492件中 1-50件表示
1 2 10