10,000円(税込)以上ご購入で送料無料
  詳しくはこちら>>

日本酒、ワイン、焼酎などお酒の通販なら
IMADEYA ONLINE STORE

{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}さん

ポイント残高:{@ member.total_points @}pt

   
  
                 
   
  
info お知らせ

送料無料 10,000円(税込)以上ご購入で送料無料

{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}さん

ポイント残高:{@ member.total_points @}pt

info お知らせ

詳細検索

  
  • お酒の種類
  • 地域
  • 価格
    円から 円まで
  • トレンドキーワード

「希望の光」蔵特集

2011年3月11日「東日本大震災」によって甚大な被害を受けながらも、苦難を乗り越えながら、未来へと歩み続ける蔵元の特集です。
お酒をご購入いただけましたら、ぜひ造り手の想いを感じながら、その味わいをご堪能ください

東日本大震災のときに奇跡的に生まれた「希望の光」

2011年の東日本大震災によって被災し、『平考酒造』の電力は2 週間停止、温度管理が出来ず放置されてしまった醪から搾られたお酒が「希望の光」です。はじめは廃棄する覚悟で搾ったところ、美味しいお酒として力強く生きており、蔵元の震災復興の大きな原動力となりました。

それ故にこの銘柄に対する敬意の思いが強く、震災で完結したものとなっていましたが、現在世界中で猛威を振るうコロナウイルスによる難局を乗り越える為に、勇気と希望を再びお酒に込めて、「希望の光」をオマージュしたお酒の発売が決定しました。

未来へと歩み続ける3蔵の日本酒セット

先述の宮城県『平考酒造』が手掛ける「日高見 希望の光」をはじめ、東日本大震災で甚大な被害を受けながらも前を向き、未来につなげるためにお酒を造り続ける山形県『鈴木酒造店長井蔵』の「磐城壽 甦る」、岩手県『赤武酒造』の「AKABU 純米吟醸」の日本酒3 本セットです。

宮城県/ 平孝酒造「日高見」
大きな漁場を持つ石巻の海の幸と合わせて楽しんでほしいという想いを込めた銘柄「日高見」を醸す蔵元。代表を務める平井 孝浩氏は、日本酒界で寿司王子と呼ばれるほどお鮨が大好きな人物です。

「東日本大震災」時には、奇跡的に生まれた銘柄「希望の光」が震災復興の大きな原動力となりました。電力が2 週間停止し、温度管理が出来ず放置されてしまった醪から廃棄する覚悟でお酒を搾ったところ、美味しいお酒として力強く生きており、蔵人一同、搾ったお酒の前で円陣を組み、泣いて喜んだそうです。

蔵が全壊に近い状態から、多額の借金をしながらも復興を続け、現在も全国に美味しいお酒を届けてくれる造り手です。

山形県/ 鈴木酒造店長井蔵「磐城壽」
鈴木酒造店は福島県浪江町の土地で海に近い日本酒蔵として、地元の漁師たちを中心に親しまれていました。しかし、2011年の「東日本大震災」によって全建屋が流出。福島第一原発事故の一時警戒区域に指定され、避難せざるをえない状況となりました。

2012 年に山形県長井市に蔵を移し、「鈴木酒造店 長井蔵」として再スタート。他所者として見られる覚悟をしていたそうですが、町の方々や農家さんは温かく迎えてくれ、多くの方の応援によって、新しい環境でもお酒を造れるようになっていきました。

鈴木酒造店が故郷の海を想いながら、山間の町「長井市」で感謝を込めて造るお酒をぜひ味わってみてください。

岩手県/ 赤武酒造「AKABU」
赤武酒造は「浜娘」という銘柄で、岩手県大槌町で愛されていた蔵元。しかし、「東日本大震災」で酒蔵は全壊状態となり、5 代目の古館秀峰氏は一度は酒造りを続けることを諦めたと言います。

そんな秀峰氏が再び酒造りに挑むことを決めたのは、酒造りの仲間やファンからの「赤武酒造のお酒をまた呑みたい」というメッセージでした。はじめは協力してもらえる他の蔵元に酒造設備を借りながらお酒造りを再開し、国や多くの人々の支援により、2013 年に盛岡市内に蔵を新設しました。

現在、赤武酒造を支えるのは、震災当時、東京農業大学で醸造を学んでいた6代目の古館龍之介氏。全国最年少の杜氏として注目された龍之介氏が中心となって立ち上げた新ブランド「AKABU」は、今や全国でも注目される銘柄となっており、今後も益々期待される造り手です。

商品一覧

1件中 1-1件表示

【予約商品/3月11日以降お届け】希望の光 東北3銘柄 応援セット

2011年3月11日「東日本大震災」によって甚大な被害を受けながらも、苦難を乗り越えながら、未来へと歩み続ける3銘柄を集めました。

宮城県『平考酒造』が手掛ける「日高見 希望の光」をはじめ
東日本大震災で甚大な被害を受けながらも前を向き、未来につなげるためにお酒を造り続ける山形県『鈴木酒造店長井蔵』の「磐城壽 甦る」、 岩手県『赤武酒造』の「AKABU 純米吟醸」の日本酒3本セットです。

お酒をご購入いただけましたら、ぜひ造り手の想いを感じながら、その味わいをご堪能ください。

※こちらは予約商品となります。3月11日以降お届け予定です。

在庫切れ
価格 ¥ 4,600 消費税込 ¥ 5,060
詳細を見る
1件中 1-1件表示