12,000円(税込)以上ご購入で送料無料
  詳しくはこちら>>

日本酒、ワイン、焼酎などお酒の通販なら
IMADEYA ONLINE STORE

{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}さん

ポイント残高:{@ member.total_points @}pt

   
  
                 
   
  

送料無料 12,000円(税込)以上ご購入で送料無料

詳細検索

  
  • お酒の種類
  • 地域
  • 価格
    円から 円まで
  • トレンドキーワード

蔵王ウッディファーム&ワイナリー



所在地:山形県上山市原口829
設立 :1997年(平成9年)

<ファームとワイナリー、2つの顔>
果樹を通してこの土地でしか出来ないこと、その表現を具現化して行ったところ今の農園の形となりました。さくらんぼや西洋梨を中心に、山形の伝統的な栽培技術と独自の棚仕立て栽培で一つひとつの果実を大切に育てる栽培に取り組んでいます。

<明るい果実をたくさん感じるワイン>
ワインの味わいは明るい果実。正に「果樹を通した表現」という言葉がワインに表れているのです。醸造を担う金原さんのぶれないコンセプトが、真っ直ぐに飲み手へ届いているように感じます。

<自社畑のぶどうのみでのワイン造り>
山形・かみのやまの自然環境がテーマとなるので、ぶどうは全て自社畑のものです。有機減農薬により、水はけの良い恵まれた環境で、葡萄栽培が行われています。

商品一覧

36件中 1-36件表示

蔵王ウッディファーム YOSHIO カベルネ・ソーヴィニヨン 2019 750ml

蔵王ウッディファーム代表取締役 木村義廣氏の父、木村義男氏。2019年、当時92歳の義男氏が剪定や誘引、笠かけを行い収穫までを行い、これまで40年以上に渡って優れたカベルネを産出してきた義男畑も、体調を鑑みて2020年の収穫が最後に。
幸いなことに2019年の山形はボルドー系品種にとって素晴らしい気候条件が揃ったそう。漆黒のブドウを、そのまま反映した艶やで濃い紫色のワインです。
香りが開くには時間が必要です。直ぐに楽しみたい場合は、2~3時間前のデキャンタをお勧めします。



【ワイナリーより】

カシスリキュールとブルーベリー、スミレ、針葉樹の清涼感、葉巻のロースティさと甘い芳香。熟成からくる香りは今だ僅かであり、今後の熟成で更に風格が表現されてくるでしょう。義男カベルネの特徴でもある、緊張感ある酸味は馴染み始めています。
無補糖ゆえのアルコールから感じるボリュームではなく、果実味の強さからくる緻密なエキスを豊富に感じ不足感を感じさせません。タンニンの攻撃性は無く、しっとりと包み込む大らかさに溢れています。



【ウッディファーム&ワイナリー】

ファームとワイナリー、2つの顔を持ち、果樹を通してこの土地でしか出来ないこと、その表現を具現化して行ったところ今の農園の形となりました。
さくらんぼや西洋梨を中心に、山形の伝統的な栽培技術と独自の棚仕立て栽培で一つひとつの果実を大切に育てる栽培に取り組んでいます。

ウッディファーム&ワイナリーのワインの味わいは明るい果実。正に「果樹を通した表現」という言葉がワインに表れているのです。
醸造を行う際の造り手のぶれないコンセプトが、真っ直ぐに飲み手へ届いているように感じます。

価格 ¥ 4,800 消費税込 ¥ 5,280

蔵王ウッディファーム トライアルバッチ 植ノ山ブリュット セレクション#5 750ml

植ノ山シャルドネとして瓶詰めを予定していたワインの味わいが、非常にタイトで鋭い印象だったため、全量をスパークリングワインの原酒にするという異例の決断から出来上がった1本です。
結果として、ワイナリー初のブラン・ド・ブランであり、原酒は全て樽発酵樽貯蔵というストロングスタイルに。
貯酒中の中から今回#5のケージに入った一部が販売となりました。貴重な樽発酵ブラン・ド・ブランをぜひお見逃しなく!



【ウッディーファーム&ワイナリー】

ファームとワイナリー、2つの顔を持ち、果樹を通してこの土地でしか出来ないこと、その表現を具現化して行ったところ今の農園の形となりました。
さくらんぼや西洋梨を中心に、山形の伝統的な栽培技術と独自の棚仕立て栽培で一つひとつの果実を大切に育てる栽培に取り組んでいます。

ウッディファーム&ワイナリーのワインの味わいは明るい果実。正に「果樹を通した表現」という言葉がワインに表れているのです。
醸造を行う際の造り手のぶれないコンセプトが、真っ直ぐに飲み手へ届いているように感じます。

価格 ¥ 4,000 消費税込 ¥ 4,400

蔵王ウッディファーム かるてっと クレマン 2018 750ml

シャルドネ、ピノノワール、ピノムニエ、ピノグリをブレンドしたロゼスパークリング!
フレッシュな印象を残したいために、瓶内貯蔵期間を1年として、デコルジュマンをおこなっています。
抜栓直後はイチゴミルクの様な甘い香りとは裏腹な、ドライで軽快な飲み口です。抜栓から2~3日経つと樽由来のバニラを感じながら、よりチェリーや桃の様な甘やかな香りが現れてきます。
時間を掛けてゆっくりとお楽しみ頂きたい1本です。


【ウッディファーム&ワイナリー】

ファームとワイナリー、2つの顔を持ち、果樹を通してこの土地でしか出来ないこと、その表現を具現化して行ったところ今の農園の形となりました。
さくらんぼや西洋梨を中心に、山形の伝統的な栽培技術と独自の棚仕立て栽培で一つひとつの果実を大切に育てる栽培に取り組んでいます。

ウッディファーム&ワイナリーのワインの味わいは明るい果実。正に「果樹を通した表現」という言葉がワインに表れているのです。
醸造を行う際の造り手のぶれないコンセプトが、真っ直ぐに飲み手へ届いているように感じます。

価格 ¥ 3,000 消費税込 ¥ 3,300

蔵王ウッディファーム カベルネ・ソーヴィニヨン 2019 750ml

ウッディファーム史上、最大の収穫量があり様々な畑から4種類のカベルネを収穫した2019年。
10月の後半まで収穫を粘る事で生み出される充実感、円いタンニン、くどさを感じさせない重厚感は他の地域には無い魅力です。
野生酵母による発酵を行い、約11ヶ月樽貯蔵。優しいタンニンと控えめな酸が甘さを強調し、果実の充実感を感じさせます。包み込むような親しみやすさが魅力のカベルネです。


【ワイナリーより】
手で収穫されたカベルネは除梗破砕後は低温とCO2ブランケットで野生酵母による発酵を見守りました。表面に良からぬ動向が見えた場合も迅速に対応し、7日目には発酵を開始しています。仕込み開始から24日目と26日目にプレスを行い、今回から初めてFREE区分とPRESS区分を明確に分けて樽貯蔵しました。
FREE区分の樹齢9年の楢下畑のカベルネをメインブレンドに、PRESS区分の新樽アメリカンオークなどをブレンドし、味わいに甘さや親しみやすさを付与しています。カベルネの樽だけをブレンドにすることで上山カベルネの味わいへスポットを当てやすくしています。
既に十分な瓶熟成を経てのリリースとなりますので、味わいは熟れています。フルーツ、バレル、ヴェジタル、ブーケの成す一体感ある主張を感じることでしょう。

価格 ¥ 3,200 消費税込 ¥ 3,520

蔵王ウッディファーム プティマンサン モワルー 2019 750ml

単一畑で収穫されたプティマンサンを全房でプレスし、新樽とステンレスタンクの2つに分け発酵管理。その後ブレンドされています。
発酵には1年以上の時間が掛かり、さらにタンクで5カ月、瓶詰めして約1年の熟成を経て、満を持してのリリースです!
品種のポテンシャルの高さに敬意を払い、あえて甘さを残したスタイル。圧倒的な果実味は唯一無二です。まだまだ熟成も期待出来ます!


【ワイナリーより続き】
立冬の頃、天高い快晴の中で完熟に達したプティ・マンサンを収穫しました。貴腐の混じる18VTとは違い傷みの無い素晴らしい状態のブドウを亜硫酸を使用せずに全房プレスし、タンクへ静置されました。果汁は新樽発酵とステンレスタンク発酵の2つへ分けられ、それぞれ発酵管理を行いました。
どんどん寒くなる中で発酵は緩慢になり樽発酵は一度目の停止。タンクのワインが何とか発酵終了後は古樽へ移し、樽発酵と同様に貯蔵管理をしています。4月頃にセラーの温度が温まるにつれ、微生物も旺盛になりながら最後の最後まで魅力ある液体に変化するのを見守りました。これ以上は動かないという所で二度目の停止。
その後はブレンドを行いステンレスタンクでの貯酒を行いました。18VTよりも残糖を有するプティマンサン。色んな先輩方へ相談しながら瓶詰め前の最終ろ過を行いました。非常に多くの時間、関わってくれた沢山の方々へ自信をもってお勧めできる上山の【結晶】です。

価格 ¥ 7,000 消費税込 ¥ 7,700

蔵王ウッディファーム Yメルロ 2019 750ml

ウッディファームの上級メルローに冠される「Y」。もとは園主のお父様が管理されていた古木のメルローを使用していたため名付けられました。
現在その古木はありませんが、先人に敬意を評して今も「Y」と名付けられています。
上山で育ったメルローの個性を活かすために新樽とカベルネの使用率を抑制。充実した黒系のベリーにコーヒーやローストした肉の風味、しなやかなタンニンは風味と一体となって感じられます。
熟成もお薦めです。



【蔵王ウッディーファーム&ワイナリー】

※ワイナリーHPより
ドメーヌスタイルのワイナリー、高品質な果物栽培に取り組む果樹園。その2つの顔をもつのがウッディファーム&ワイナリーです。
かみのやまがどんな場所であるか、2つの顔がこの土地の特徴を表しています。この土地でしかできないことを果樹を通して表現してきた歩みが、現在のウッディファームの姿です。

■ドメーヌスタイルのワイナリー
ウッディファームでのワイン専用品種ブドウの栽培は、かみのやまでの栽培の歴史と同じく昭和50年頃からです。原料となるブドウは、ワイナリーが始まった時から、全量「山形県かみのやま市」内の自社畑で生産しています。

■高品質な果物栽培に取り組む果樹園
ウッディファームでは、山形の伝統的な栽培技術と独自の棚仕立て栽培で一つひとつの果実を大切に育てる栽培に取り組んでいます。さくらんぼ、西洋梨を中心に直接お客様や小売店に果物をお送りしています。

価格 ¥ 3,200 消費税込 ¥ 3,520

【まずはここから】日本ワイン入門!気軽に始める4本セット

ここから始める日本ワイン

ここ数年、日本の各地でそれぞれの思い持って、新たなワイナリーが誕生しています。
その数も300を超えて、個性の幅も広がり日本の食卓に彩りを与えています。

そんな中、海外のワインはよく飲むけども日本ワインは何を選んでよいのか分からないという方や、これからワインを楽しんでみようと考えている方に向けての、日本ワイン入門編セットです。

日本ワイン歴25年のIMADEYAが選ぶ「まずはじめに試していただきたい4本」です。
泡、白、ロゼ、赤とバランス良く入っております!

ぜひお楽しみください♪

価格 ¥ 11,500 消費税込 ¥ 12,650

蔵王ウッディファーム 樽発酵ソーヴィニヨン・ブラン 2019 750ml

2019年は天候に恵まれて収量も多かった為に作られた樽発酵スタイル。レギュラーのものより特に黄色く完熟した果実のみを選んで醸造され、密度を高めるために最終ブレンドの段階でプティマンサンが加えられています。
柑橘やハーブ等のフレッシュ感を控えめにして、杏子などの核果実やフラワリーな印象、樽由来の甘やかな香りと酸味の調和をイメージして造られています。夏以降まで熟成させることでより美味しくいただけそうです。

価格 ¥ 3,200 消費税込 ¥ 3,520

蔵王ウッディファーム ピノ・ノワール 2019 750ml

ワイナリー設立前から植えていて、10年以上がたってようやく赤ワインになったという、自社農園産のピノノワールです。
日本では特に難しい品種といわれていますがその魅力に取りつかれる生産者さんは多く、ウッディファームさんもそのひとつ。
ブドウはまぎれもなく過去最高の状態だったそうで、色香漂う妖艶な雰囲気をもったワインに。
今後も赤ワインとして醸造できるかどうかは、天候次第…ぜひお見逃しなく!

価格 ¥ 3,500 消費税込 ¥ 3,850

蔵王ウッディファーム アルバリーニョ 2021 750ml

2018年から収穫日は9月後半を目安にしてきましたが、今回は10月中旬に標準を合わせたそう。
国内でも稀なアルバリーニョの遅摘みからくる貴腐の様な完熟感。従来通りの柑橘系は全て蜂蜜漬けのマーマレードの様な印象へ、桃の完熟感、ジャスミンの花、ジンジャーのスパイス。
ライトトーストの樽由来のフローラルさが複雑に絡み、アルバリーニョの中でも極めて特殊な魅力を味わえます。



【ワイナリーより】

樹齢が4年の若木は従来通りの時期に収穫し、奇をてらわず全房プレス後にステンレスタンクにて発酵を行い終了後は古樽で管理した【Normal】。
樹齢が5年のアルバは更に3週間後に収穫し、傷みの無い房【Good】と貴腐が付いた房【Noble】により分けた。
【Good】、【Noble】は更にフリー区分とプレス区分へ、合計4種類のキュベを仕上げている。それぞれ清澄度合い、発酵容器、酵母、を変えてあり様々な知見を得る事が出来た。
ブレンドのベースは【Good】のフリー区分、そこへ樽発酵したプレス区分と【Noble】のフリー区分を僅かに、更に最初に醸造していた【Normal】を掛け合わせていった。
最終的には11/17収穫のプティマンサン辛口キュベを味わいを確認しながら配合量を決定した。斯くして私達のアルバは、これまで以上の複雑さと妖艶さを表現したワインへ一皮むけた。ハイリスク・ハイリターンの今回の味わいを毎年は醸したくないが…。



【蔵王ウッディーファーム&ワイナリー】

ファームとワイナリー、2つの顔を持ち、果樹を通してこの土地でしか出来ないこと、その表現を具現化して行ったところ今の農園の形となりました。
さくらんぼや西洋梨を中心に、山形の伝統的な栽培技術と独自の棚仕立て栽培で一つひとつの果実を大切に育てる栽培に取り組んでいます。

ウッディファーム&ワイナリーのワインの味わいは明るい果実。正に「果樹を通した表現」という言葉がワインに表れているのです。
醸造を行う際の造り手のぶれないコンセプトが、真っ直ぐに飲み手へ届いているように感じます。

価格 ¥ 3,500 消費税込 ¥ 3,850

蔵王ウッディファーム ぽわぽわポワレ トロワル 750ml

それぞれ甘味、酸味、香りに特徴のある洋ナシ3品種を厳選し、調和と複雑味が生まれるよう一緒に発酵させています。
洋梨のコンポートの香りから、口に含んだ時の清涼感溢れる果汁の風味、辛口ですが口当たりも優しいので炭酸が苦手な方も楽しめます。
「ラ・フランスだけではない、山形県民以外の方にこそ知ってほしい」という思いが込められた洋梨3兄弟のポワレです。

価格 ¥ 2,000 消費税込 ¥ 2,200

蔵王ウッディファーム ウッディ・ルージュ 2018 750ml

味わいの向上と調和を何度も検討した結果、メルロー以外の品種の比率を上げてブレンドを行う事にした2018ヴィンテージ。
瓶詰めから2年以上セラーで管理している為、すでに熟れた印象と落ち着きがあり、酸味の穏やかさも相まって、出汁のようなニュアンスも。
熟成香と樽香が一体となり多層的な味わいを演出しています。



【ワイナリーより】
7月の記録的な猛暑と渇水が続きながら、お盆以降でまとまった雨が続いた平成最後の夏。前例のない極端なVTながら、ブドウは懸命に実を結んでくれました。猛暑からくる着色の淡さや優しい酸味は、この地で必至で生き抜いたブドウの証明です。
病果が混ざらないように、また未熟果が入らないように19-21VTの倍以上の時間を選果にかけました。真っ黒の真珠に見えるタンクを眺め、まだ早いにしても緊張の糸が切れそうに…低温浸漬もせずに前半はポンプオーバーを中心に管理を行いました。
後半から櫂入れを増やし、あくまで抽出は穏やかになるように管理しました。古樽を中心に熟成し、ブレンドを行いました。メルロだけではフレッシュすぎる味わいもCSやCFがブレンドされる事で、落ち着きと上品さが加わりました。
瓶詰めして2年以上の熟成からくる芳香は、リリースまで時間を掛けた賜物です。

価格 ¥ 2,200 消費税込 ¥ 2,420

山形蔵王ウッディファーム&ワイナリー ピノノワール ロゼ 2020 750ml

2020年は7月の記録的な豪雨で最上川が氾濫する等、大雨に悩まされたものの、8月~11月に関しては素晴らしい快晴が続き、一度も台風が来なかったそう!
収穫されたピノノワールの瑞々しく張りのある味わいを伝えるため「ロゼ」にこだわり、見た目通りのサクランボや桃のフレーバーが特徴で、円みのある酸味は緊張感を和らげ、穏やかな陽だまりの中にいる安心感を感じさせます。


【ワイナリーより】
サイドレスハウスのピノノワールMV6の若木と露地栽培のピノノワール10/5を収穫し、除梗破砕後に低温マセレーションを3日間おこないプレスしました。
果汁は濃いピンク色で香りも味わいも既にピノノワールの様子に期待が膨らみました。果汁をタンク発酵と樽発酵に分けて、酵母別で仕込み発酵終了後は全て一度澱引きしながら古樽へ移動しています。バトナージュなどはせずに、ゆっくりと熟成が進むように比較的低温の庫内で5か月間静置しました。
ブレンドの際に、樽発酵をしているロットよりもタンク発酵をしてから古樽で管理したロットの方が、より鮮明で溌溂としており、これまでのロゼには無いクリアさを感じました。
瓶詰めの量は大幅に少なくはなりましたが、納得のいく部分だけをピノノワールのロゼとしてリリースいたします。

価格 ¥ 2,500 消費税込 ¥ 2,750

山形蔵王ウッディファーム&ワイナリー ブリュット・ナチュール 2015 750ml

6年以上をオリと一緒に熟成したワイン!
シャルドネ、ピノノワール、シュナンブランを同じ時期に収穫し、一緒に全房プレス。混醸スタイルでステンレスタンクで発酵。自然な清澄の後、瓶内二次発酵へ移ってからは待つこと6年。その後さらに1年休ませ、満を持して出荷されています。
ワイナリー曰く、シュナンブランが中々いい仕事をしているそう。蜂蜜にパイナップルの甘露な芳香、イーストの印象も控えめに感じます。


【ウッディファーム&ワイナリー】

ファームとワイナリー、2つの顔を持ち、果樹を通してこの土地でしか出来ないこと、その表現を具現化して行ったところ今の農園の形となりました。
さくらんぼや西洋梨を中心に、山形の伝統的な栽培技術と独自の棚仕立て栽培で一つひとつの果実を大切に育てる栽培に取り組んでいます。

ウッディファーム&ワイナリーのワインの味わいは明るい果実。正に「果樹を通した表現」という言葉がワインに表れているのです。
醸造を行う際の造り手のぶれないコンセプトが、真っ直ぐに飲み手へ届いているように感じます。

価格 ¥ 5,000 消費税込 ¥ 5,500

蔵王ウッディファーム トライアルバッチ マルチブレンド 2021 750ml

今回のトライアルは複数(マルチ)の品種をブレンドすることで、品種名から受ける先入観を中和する試みです。ブレンドに使用した品種名は5種類(非公開)ですが、原酒の数は7種類。それぞれの意図が絡み合う事で、何とも中性的な液体に変化していったそう。
白ワインに良く含まれる洋ナシの香りを主体に白桃などの核果系、杏仁豆腐の様なクリーミーな味わい。温度帯によって樽由来の味わいの強弱が変わりますが何れも控えめです。



【ウッディーファーム&ワイナリー】

ファームとワイナリー、2つの顔を持ち、果樹を通してこの土地でしか出来ないこと、その表現を具現化して行ったところ今の農園の形となりました。
さくらんぼや西洋梨を中心に、山形の伝統的な栽培技術と独自の棚仕立て栽培で一つひとつの果実を大切に育てる栽培に取り組んでいます。

ウッディファーム&ワイナリーのワインの味わいは明るい果実。正に「果樹を通した表現」という言葉がワインに表れているのです。
醸造を行う際の造り手のぶれないコンセプトが、真っ直ぐに飲み手へ届いているように感じます。

価格 ¥ 2,000 消費税込 ¥ 2,200

蔵王ウッディファーム ホリデー エンジェル ブラン 2021 750ml

2018年以来、2年振りの醸造となったエンジェルブラン。今回の2021年の主役はシャルドネ!ワイナリー史上、最良のシャルドネが収穫できたことと、アルバリーニョのブレンドの魅力を確かめることから主役を決めたそう!
香りのトップから白桃の瑞々しい核果系、さりげなく香る白い花やレモンピールの清涼感。味わいは懐の大きな正にシャルドネ。そこへアルバリーニョのアクセントが光芒の様に差し込みます。



【ワイナリーより】

アルバリーニョを全房で搾汁したプレス区分と、同時期に収穫したシャルドネを全房プレスしたフリー区分。これらを果汁の段階でブレンドしています。上澄みの果汁を古樽へ移動し、テルペン系のリリースが得意な酵母を接種しています。
穏やかな発酵経過をたどり、ダイアセチルの影響を出さないようにMLFも完了させています。
どちらのVTも混醸スタイルですので、出来上がったものをブレンドするのとは異なります。それ故、正確な目標設定が難しいのが欠点ですが、シームレスに馴染むといった点では利点になります。僅か1樽しか醸造していない実験的なキュベですが、味わいの完成度に自信があるのでHolidayシリーズへ格上げしました。
今後、量産できるかが課題です。



【ウッディーファーム&ワイナリー】

ファームとワイナリー、2つの顔を持ち、果樹を通してこの土地でしか出来ないこと、その表現を具現化して行ったところ今の農園の形となりました。
さくらんぼや西洋梨を中心に、山形の伝統的な栽培技術と独自の棚仕立て栽培で一つひとつの果実を大切に育てる栽培に取り組んでいます。

ウッディファーム&ワイナリーのワインの味わいは明るい果実。正に「果樹を通した表現」という言葉がワインに表れているのです。
醸造を行う際の造り手のぶれないコンセプトが、真っ直ぐに飲み手へ届いているように感じます。

価格 ¥ 3,500 消費税込 ¥ 3,850

山形蔵王ウッディファーム&ワイナリー ミッシェル ルージュ 2017 750ml

【ワイナリーより】
3品種の長短をフルに活用し、最適なバランスを探る工程は何回も続きました。フランを中心にブレンドすることで柔らかく、しなやかな印象の飲み口へ。カベルネSは新樽熟成していたロットを加え、骨格を与えて、メルロには華やかさと酸味でトップノートへの補完を。1+1=の世界ではない、複雑さ。ほんの少し異端な味わいを混ぜることで良く変わる難しさの中にウッディファームなりの最適解を瓶に詰めました。

価格 ¥ 2,500 消費税込 ¥ 2,750

蔵王ウッディファーム ソーヴィニヨン・ブラン 2021 750ml

少ない収量ながら、2021年を体現するに相応しいワインとなる様に今までの集大成たる醸造を行ったソーヴィニヨンブラン!
シャルドネをブレンドしつつも、あくまでソーヴィニヨンブランの味わいに標準を持たせたまま、幅を広げ全体に明るさをプラスしています。
パッションフルーツ、マンゴーの南国果実を真っ先に感じさせ、口に含めば一気に涼風が抜けるような清涼感溢れる柑橘系とハーブ。僅かな樽のエッセンスが余韻を引き締めフィニッシュに向かいます。



【ワイナリーより】
病果の無い植ノ山ソーヴィニヨンブラン(以下SB)を3~5時間スキンコンタクトしています。果汁はそれぞれフリー区分とプレス区分へ分けられ、別の酵母が接種されています。
発酵容器に温度管理可能なステンレスタンクと新樽を採用し、15度以下の低温から徐々に発酵温度を上げていきました。SBの繊細な香りをマスキングしないようなタイミングで樽からステンレスタンクへブレンドし味わいを馴染ませています。この時点でも十分SBとしての魅力はありましたが、生居畑シャルドネの原酒をブレンドすることで、香りに品種個性を強く残しながら、より風味に明るさと幅が広がる事を確認し採用しています。
結果的には2014年以来、醸造してきた中でも群を抜いて手の掛かったVTで本数も少ないながら…一番SBらしい味わいになったのではないかと思います。



【ウッディーファーム&ワイナリー】

ファームとワイナリー、2つの顔を持ち、果樹を通してこの土地でしか出来ないこと、その表現を具現化して行ったところ今の農園の形となりました。
さくらんぼや西洋梨を中心に、山形の伝統的な栽培技術と独自の棚仕立て栽培で一つひとつの果実を大切に育てる栽培に取り組んでいます。

ウッディファーム&ワイナリーのワインの味わいは明るい果実。正に「果樹を通した表現」という言葉がワインに表れているのです。
醸造を行う際の造り手のぶれないコンセプトが、真っ直ぐに飲み手へ届いているように感じます。

価格 ¥ 2,375 消費税込 ¥ 2,612

蔵王ウッディファーム ザ・トライアル・バッチ マスカットSP 2020 750ml

最初で最後の特別醸造のスパークリングワイン!

ヨーロッパ品種の栽培と醸造に拘り、これまで進んできた蔵王ウッディファーム。今回鉄の掟を破ってまで醸造したのは、食用ブドウのメジャー品種「シャインマスカット」!
2020年の大豊作とコロナ禍による生産調整により、行き場がなくなったため醸造してみようと決心。
途中何回も天を仰ぎたくなるような事態が発生したそうですが、それを乗り越え、普段よりも断然華やかなワインに!ぜひこの機会をお見逃しなく!


【ウッディファーム&ワイナリー】

ファームとワイナリー、2つの顔を持ち、果樹を通してこの土地でしか出来ないこと、その表現を具現化して行ったところ今の農園の形となりました。
さくらんぼや西洋梨を中心に、山形の伝統的な栽培技術と独自の棚仕立て栽培で一つひとつの果実を大切に育てる栽培に取り組んでいます。

ウッディファーム&ワイナリーのワインの味わいは明るい果実。正に「果樹を通した表現」という言葉がワインに表れているのです。
醸造を行う際の造り手のぶれないコンセプトが、真っ直ぐに飲み手へ届いているように感じます。

在庫切れ
価格 ¥ 2,500 消費税込 ¥ 2,750
詳細を見る

蔵王ウッディファーム ザ・トライアル・バッチ MC メルロ クレマン 2020 750ml

野生酵母でマセラシオンカルボニックを行い、発酵終了後に瓶内二次発酵をし、更に1年後にデコルジュマンを行うという前代未聞のマニアックさ。他社との差別化を考える中で生まれたそう!
マセラシオンカルボニックを行う事で、グリーンな風味の抽出を抑制し、フレッシュでグレーピーな風味を強調。発酵が終了した原酒をもとに瓶内二次発酵を行い、低アルコールからくる物足りなさを泡と澱由来の厚みでカバーしています。


【ウッディファーム&ワイナリー】

ファームとワイナリー、2つの顔を持ち、果樹を通してこの土地でしか出来ないこと、その表現を具現化して行ったところ今の農園の形となりました。
さくらんぼや西洋梨を中心に、山形の伝統的な栽培技術と独自の棚仕立て栽培で一つひとつの果実を大切に育てる栽培に取り組んでいます。

ウッディファーム&ワイナリーのワインの味わいは明るい果実。正に「果樹を通した表現」という言葉がワインに表れているのです。
醸造を行う際の造り手のぶれないコンセプトが、真っ直ぐに飲み手へ届いているように感じます。

在庫切れ
価格 ¥ 2,200 消費税込 ¥ 2,420
詳細を見る

蔵王ウッディファーム パーシャル レッド2020 750ml

繊細な印象があるピノノワール。その繊細さを美しく表現できないかと考え、醸しの期間を短くとって軽やかなワインに仕上げた1本。
フランボワーズやキルシュのような香りと樽由来のモンブランやローストしたような香り。仄かな甘味とのびのある美しい酸が調和しています。
赤ワインとロゼワインの境界のような、ピノノワールの新たな1面が垣間見える仕上がりです。


【ワイナリーより】
サイドレスハウスに1列だけ植栽されたスイス系クローンの約500kgを、2020年からチームに加わったワインメーカー白井飛鳥に醸造コンセプトを任せた。他のクローンとは異なり、果粒が大きい故に果汁の割合が高い傾向を逆手に取った醸造技法を採用した模様。
幅の広いローラーで除梗破砕後、非サッカロマイセスの市販酵母を添加。その後にサッカロマイセスの市販酵母を添加する二段階の微生物操作を経て、仕込みから5日目にプレスを行った。
残糖のある果汁を古樽へ移動し、低温でゆっくりと発酵管理を行った。部分的な赤ワイン製法という意味から、【Partial RED】は生まれている。
その後、何回かの澱引きを経たのちにブレンドの最終局面を迎えた。ピノは色の付いた白ワインのようで、通常の赤ワインよりも“足が速い”…その為、早めに瓶詰めを行うという判断。基本の味を更に引き立たせるように、赤ワインとして醸造していた原酒を約17%ブレンドし、最後に亜硫酸を15ppm添加した。ワインに含まれる亜硫酸の合計した量は33ppm。
期待のワインメーカーのナチュラルな笑みが零れた。

在庫切れ
価格 ¥ 2,200 消費税込 ¥ 2,420
詳細を見る

蔵王ウッディファーム プティマンサン&シャルドネ 2019 750ml

糖度が高く皮が厚いため、オレンジワインや半甘口のワインになりがちな日本産プティマンサンを辛口白ワインに仕上げようという取り組みで生まれました。
プティマンサン単体ではアルコール感が強くなってしまうため熟成させ、更にマロラクティック発酵させた穏やかなシャルドネとブレンドしています。
飲み頃はもう少し先。ワインから蜂蜜の香りが出るまで…とのことです。
なかなか出会えない日本産プティマンサンの辛口白ワインです。

在庫切れ
価格 ¥ 2,700 消費税込 ¥ 2,970
詳細を見る

蔵王ウッディファーム カベルネ・ソーヴィニヨン 2018 750ml

2018年はカベルネソーヴィニヨンに、アメリカンオーク貯蔵のメルローを少しブレンドすることで、ややフレンドリーな印象になったそう!
カシスリキュールなどの濃い目のベリー系の香りが樽由来のロースト、バニラの香りと溶け合い、一体となり主張します。
ガッチリとしたタンニンに支えられており、まだまだ熟成が期待できそうです。
すぐに飲む場合は、暫く空気に触れさせることで優しくなります。

在庫切れ
価格 ¥ 3,200 消費税込 ¥ 3,520
詳細を見る

蔵王ウッディファーム カベルネ・ソーヴィニヨン&カベルネ・フラン 2018 750ml

自社農園で栽培されたカベルネソーヴィニヨンと、カベルネフランを1:1でブレンドした、濃い目のロゼワインといった色合いのワイン。このVTは気候変動が激しくダイナミックだったそうで、このVTにしかできない味わいとして造られています。
色合い以上に緻密で、ブルーベリーやプラムの香りに甘い樽香がつき、苦みのないシームレスでやさしい印象。今後の熟成によってさらに深みが増すであろうポテンシャルをもったワインです。

在庫切れ
価格 ¥ 2,700 消費税込 ¥ 2,970
詳細を見る

蔵王ウッディファーム ソーヴィニヨン・ブラン 2019 750ml

新緑を想わせる爽やかな香り

2019年は、これまでのウッディファームの中では、よりソーヴィニョンブランを感じる味わいに仕上がりに。
柑橘の皮を中心にしたフレッシュさと、ハーブなどの新緑を思わせる香りが爽快感を一層引き立てます。

また、味に厚みを持たせるように、シュールリー期間を長めにとることで複雑さや香りも増しています。
生牡蠣や生ホヤとの相性は抜群。
山菜や鮎などフレッシュさと苦味が伴う食材もおすすめです。

【蔵王ウッディーファーム&ワイナリー】※ワイナリーHPより

ドメーヌスタイルのワイナリー、高品質な果物栽培に取り組む果樹園。
その2つの顔をもつのがウッディファーム&ワイナリーです。
かみのやまがどんな場所であるか、2つの顔がこの土地の特徴を表しています。
この土地でしかできないことを果樹を通して表現してきた歩みが、現在のウッディファームの姿です。
ドメーヌスタイルのワイナリーウッディファームでのワイン専用品種ブドウの栽培は、かみのやまでの栽培の歴史と同じく昭和50年頃からです。
原料となるブドウは、ワイナリーが始まった時から、全量「山形県かみのやま市」内の自社畑で生産しています。
高品質な果物栽培に取り組む果樹園ウッディファームでは、山形の伝統的な栽培技術と独自の棚仕立て栽培で一つひとつの果実を大切に育てる栽培に取り組んでいます。
さくらんぼ、西洋梨を中心に直接お客様や小売店に果物をお送りしています。

在庫切れ
価格 ¥ 2,375 消費税込 ¥ 2,612
詳細を見る

蔵王ウッディファーム シャルドネ 2019 750ml

植ノ山畑、生居畑と、2つの区画で育ったシャルドネをそれぞれ別々の方法で醸造し、ブレンドしたワインです。
創設から徐々に試してきた事が18VTで漸く結果に結び付いたので、今回も前回と同じ造りを...と考えたそうですが、もっと上を目指していきたいとの思いから、さらに改良を重ね、今まででベストな味わいになったそうです!
純粋でありながら多層的で表情豊かな味わいをお楽しみください。


【ウッディファーム&ワイナリー】

ファームとワイナリー、2つの顔を持ち、果樹を通してこの土地でしか出来ないこと、その表現を具現化して行ったところ今の農園の形となりました。
さくらんぼや西洋梨を中心に、山形の伝統的な栽培技術と独自の棚仕立て栽培で一つひとつの果実を大切に育てる栽培に取り組んでいます。

ウッディファーム&ワイナリーのワインの味わいは明るい果実。正に「果樹を通した表現」という言葉がワインに表れているのです。
醸造を行う際の造り手のぶれないコンセプトが、真っ直ぐに飲み手へ届いているように感じます。

在庫切れ
価格 ¥ 2,200 消費税込 ¥ 2,420
詳細を見る

山形蔵王ウッディファーム&ワイナリー 植ノ山 シャルドネ 2019 750ml

植ノ山畑のブドウだけを使用した単一畑産ワイン!
今年はプティマンサンをブレンドすることで、これまでにないボリュームが感じられます。
洋梨や林檎の様なフレッシュな果実味、桃や杏の核果系果実が溢れた後に、樽からくるバニラやスパイシーさが甘くなりすぎるのを抑えています。
今からでも十分に楽しめますが、熟成させると更に味わいの一体感が増しそうです!

在庫切れ
価格 ¥ 3,200 消費税込 ¥ 3,520
詳細を見る

山形蔵王ウッディファーム&ワイナリー トライアルバッチ セミ カーボニックマセラシオン 2019 720ml

【ワイナリーより】
メルロ、カベルネ・ソーヴィニョン、カベルネ・フランを混醸したフレンドリータイプのワインです。青臭くなりがちなボルドー系品種ですが、醸造中のケアの中で過剰に抽出しなければ、とてもジューシーで優しいワインになる事が2018の試験醸造から分かってきました。4種類のキュベを最終的にブレンドしています。以前よりも果実味のパワーを強く感じるのではないかと思います。

在庫切れ
価格 ¥ 1,800 消費税込 ¥ 1,980
詳細を見る

山形蔵王ウッディファーム&ワイナリー プライベートリザーヴ シャルドネ 2017 750ml

【ワイナリーより】
2017年は過去最も素晴らしい状態のシャルドネが収穫できました。
理想的な糖度と酸度、また何よりブドウの状態も健全そのもので食味も桁違いでした。古樽を使い、あくまでシャルドネの本質的な味わいに焦点を絞りました。今後の熟成も期待できます。
※熟成中に生じた細かな酒石酸の澱がありますので、気になる方はデキャンタしてください。

在庫切れ
価格 ¥ 4,500 消費税込 ¥ 4,950
詳細を見る

山形蔵王ウッディファーム&ワイナリー メルロ 2017 750ml

山形県上山市、蔵王山の麓で、良質なフルーツとワインを造っているワイナリー。
こちらは無理なく気軽に飲める日常ワインをイメージしてつくられたワインです。
2017年は樹齢の若いメルローからつくられていますが、軽いだけのワインにならないようにと丁寧な醸造、樽の選定など、とても手をかけて仕込んだそうです。
スパイシーで野趣味のある味わいは、ジビエなど赤身の多いお肉や根菜、ふきのとうなどの山菜にぴったりです。

在庫切れ
価格 ¥ 2,200 消費税込 ¥ 2,420
詳細を見る

山形蔵王ウッディファーム&ワイナリー プティマンサン 2018 750ml

【ワイナリーより】
11月の初冬を迎える寒い朝に収穫を行いました。通常なら取り除きますが、余りにもいい状態で貴腐化していたので、ロットを分けて収穫を行いました。貴腐化したロットの多くをスティル白に回し、全房で時間を掛けてプレスしました。中々搾汁率が上がらない中、ようやく搾り終えた果汁は既に粘性のあるハチミツの様な印象でした。

在庫切れ
価格 ¥ 3,500 消費税込 ¥ 3,850
詳細を見る

山形蔵王ウッディファーム&ワイナリー トリぴの・クレマン トライアルバッチ 2018 750ml

【ワイナリーより】
試作として【TheTrialBatch】シリーズの第3弾です。ピノノワールの栽培や醸造の難しさは言わずもがな…。出来る事は出来るが、栽培の手間暇や味わいまでを考えると、何とも気難しい品種です。ここで育つピノをより魅力的に活かすには、と悩みロゼの辛口スパークリングを試しに醸造してみました。イチゴやサクランボ、リンゴの果実味を基調にしながら、骨格があります。様々な料理との相性が期待できます。

在庫切れ
価格 ¥ 3,000 消費税込 ¥ 3,300
詳細を見る

山形蔵王ウッディファーム&ワイナリー 樽発酵 ソーヴィニヨンブラン 2018 750ml

ウッディファームの代名詞であるソーヴィニヨン・ブランも新たなスタイルへ…ということで、今回一樽のみ仕込まれたワインです。樽醗酵を行うことで、持続性のある馥郁とした香りと舌の上で溶け込むような粘性を纏った、とても魅力的な味わいになっています。
アプリコットやマンゴーのような香りと、穏やかな柑橘の香り。味わいにはミネラル感があり、余韻を引き締めてくれます。

在庫切れ
価格 ¥ 3,500 消費税込 ¥ 3,850
詳細を見る

山形蔵王ウッディファーム&ワイナリー シャルドネ 2018 750ml

植丿山畑、生居畑と、2つの区画で育ったシャルドネをそれぞれ別々の方法で醸造し、熟成ののちブレンドしたワインです。
植丿山畑の新樽発酵に由来するバニラやナッツの様な香りと、生居畑のタンク発酵による白桃やパインを想わせる果実の香りがあり、多彩でふくよかな印象。様々な食事に寄り添ってくれるワインです。
★2019年日本ワインコンクールにて、欧州系白ワイン部門の金賞を受賞されました!

在庫切れ
価格 ¥ 2,200 消費税込 ¥ 2,420
詳細を見る
36件中 1-36件表示