card_giftcard 10,000円(税込)以上ご購入で送料無料
  詳しくはこちら>>

IMADEYA ONLINE STORE(いまでやオンラインストア)。
日本酒、ワイン、焼酎などお酒のオンライン通販なら酒販店いまでやで。

{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}さん

ポイント残高:{@ member.total_points @}pt

   
  
                 
   
  

card_giftcard送料無料 10,000円(税込)以上ご購入で送料無料

search

詳細検索

  
  • お酒の種類
  • 地域
  • 価格
    円から 円まで
  • トレンドキーワード

商品一覧

並び替え
431件中 1-50件表示
1 2 9

キスヴィン 甲州 2020 750ml

和食だけでなく様々なジャンルのお料理に寄り添うワインを目指して造られている新しい甲州をKisvinは目指します。
通称『エメラルド甲州』と呼ばれ、果皮の着色を抑えつつ熟成されており、クリーンな酸と綺麗な果実味、厚みのあるボディが特徴です。

Kisvinの本質を体感するには、まずはこの1本です。
ぜひ、お試し下さい!

【Kisvin Winery】

山梨県甲州市に、栽培家のプロチームが立ち上げたワイナリー。

代表を務めるのは山梨県甲州市塩山にある葡萄農家の3代目「荻原康弘氏」。
2001年に荻原氏が家業を継ぎ、父の代まで行われていた生食用葡萄の栽培ではなく、醸造用葡萄の栽培に着目したことから歴史は始まります。

2005年、「荻原康弘氏」、池川総合ブドウ園の「池川仁氏」、東京大学大学院特任研究員の「西岡一洋氏」らと共に醸造用葡萄の勉強会グループ「Team Kisvin」設立。

ワイナリーに高品質な醸造用葡萄の販売を行いますが、
自分たちで育てた葡萄は、自分たちでワインにしたいという想いから
2013年にKisvin Wineryを立ち上げました。

Kisvin(キスヴィン)という名前には、太陽、栽培する人、醸造する人、飲む人、それぞれの人にワインを楽しんでほしいという願いが込められ、
「畑にこだわる。ブドウにこだわる。妥協しないワインづくり。」を行っています。

【斎藤まゆ氏】

Kisvin Wineryを語るうえで欠かせない存在の一人に、女性醸造家の斎藤まゆ氏がいます。

もともと外国語と海外生活に関心が高かった彼女は15歳で日本を飛び出し、アメリカ/テネシー州にある日本の大学の付属高校に進学。
その際にお笑いに目覚め、卒業後は芸人になろうと思い、早稲田大学第二文学部に入学しました。

そんな斎藤氏がワインの世界に進む大きな転機を迎えたのは大学2年生の夏休み。

フランスを旅した際に立ち寄った、ボルドーで小さなシャトーを営む老夫婦に出会い、彼らが振る舞ってくれたワイン、共に過ごした時間、その生き様までに感銘を受けたといいます。

それをきっかけに強くワインの世界に心を奪われた彼女は、帰国後なんと大学を退学。
帰国後日本ワインを飲むがあまり感動ができず、自ら美味しい日本ワインを造ろうと決意したといいます。

日本でワイン造りを行うのであれば、いわゆる新世界と呼ばれる地域にこそヒントがあると考えた彼女は、カリフォルニアへの留学を決意。
現地の大学では、卒業生後ワイナリーのアシスタントとして1年間学校に残ることが出来るという狭き門を突破しました。

荻原氏との出会いも在学中のこと。荻原氏からTeam Kisvinへ入らないかと声をかけられ、帰国後にチームの一員として加入します。

こうして、葡萄に深い愛を注ぐ栽培家「荻原康弘氏」と、
熱い信念と才能にあふれる醸造家「斎藤まゆ氏」という最高のチームが誕生しました。
世界一のワインを目指して、Kisvin Wineryは活動を続け、
2017年、都内で行われたイベントにて、マスター・オブ・ワインのジェラール・バッセ氏が、キスヴィン シャルドネ 2014を飲み、大絶賛。
ジェラール氏は自身のSNSでもキスヴィンを紹介し、その名が世界へ知れ渡ることとなりました。

本質を追求し、進化し続けるKisvin Wineryに
今後も目を離せません!

価格 ¥ 2,500 消費税込 ¥ 2,750

キスヴィンワイナリー シラー ヴィオニエ 2019 750ml

ヴィオニエは斎藤さんがカリフォルニア時代にも扱っていた思い入れのある品種であり、Kisvinでも5年程前から扱っています。

ブレンドにも適しており、シラーをとても美味しくできるポテンシャルがあるということで、今回はコートロティスタイルのブレンドで登場しました。

良く熟すヴィオニエは、シラーの硬さをフォローし、味わいに柔らかさと華やかさをもたらしてくれます。
ただ、ヴィオニエのブレンドが一定の割合を超えるとワインがきゅっとしまってしまうという難しい一面もあると言います。

そういった難しさも楽しみながら造られた、チャレンジしたワインです。

【Kisvin Winery】

山梨県甲州市に、栽培家のプロチームが立ち上げたワイナリー。

代表を務めるのは山梨県甲州市塩山にある葡萄農家の3代目「荻原康弘氏」。
2001年に荻原氏が家業を継ぎ、父の代まで行われていた生食用葡萄の栽培ではなく、醸造用葡萄の栽培に着目したことから歴史は始まります。

2005年、「荻原康弘氏」、池川総合ブドウ園の「池川仁氏」、東京大学大学院特任研究員の「西岡一洋氏」らと共に醸造用葡萄の勉強会グループ「Team Kisvin」設立。

ワイナリーに高品質な醸造用葡萄の販売を行いますが、
自分たちで育てた葡萄は、自分たちでワインにしたいという想いから
2013年にKisvin Wineryを立ち上げました。

Kisvin(キスヴィン)という名前には、太陽、栽培する人、醸造する人、飲む人、それぞれの人にワインを楽しんでほしいという願いが込められ、
「畑にこだわる。ブドウにこだわる。妥協しないワインづくり。」を行っています。

【斎藤まゆ氏】

Kisvin Wineryを語るうえで欠かせない存在の一人に、女性醸造家の斎藤まゆ氏がいます。

もともと外国語と海外生活に関心が高かった彼女は15歳で日本を飛び出し、アメリカ/テネシー州にある日本の大学の付属高校に進学。
その際にお笑いに目覚め、卒業後は芸人になろうと思い、早稲田大学第二文学部に入学しました。

そんな斎藤氏がワインの世界に進む大きな転機を迎えたのは大学2年生の夏休み。

フランスを旅した際に立ち寄った、ボルドーで小さなシャトーを営む老夫婦に出会い、彼らが振る舞ってくれたワイン、共に過ごした時間、その生き様までに感銘を受けたといいます。

それをきっかけに強くワインの世界に心を奪われた彼女は、帰国後なんと大学を退学。
帰国後日本ワインを飲むがあまり感動ができず、自ら美味しい日本ワインを造ろうと決意したといいます。

日本でワイン造りを行うのであれば、いわゆる新世界と呼ばれる地域にこそヒントがあると考えた彼女は、カリフォルニアへの留学を決意。
現地の大学では、卒業生後ワイナリーのアシスタントとして1年間学校に残ることが出来るという狭き門を突破しました。

荻原氏との出会いも在学中のこと。荻原氏からTeam Kisvinへ入らないかと声をかけられ、帰国後にチームの一員として加入します。

こうして、葡萄に深い愛を注ぐ栽培家「荻原康弘氏」と、
熱い信念と才能にあふれる醸造家「斎藤まゆ氏」という最高のチームが誕生しました。
世界一のワインを目指して、Kisvin Wineryは活動を続け、
2017年、都内で行われたイベントにて、マスター・オブ・ワインのジェラール・バッセ氏が、キスヴィン シャルドネ 2014を飲み、大絶賛。
ジェラール氏は自身のSNSでもキスヴィンを紹介し、その名が世界へ知れ渡ることとなりました。

本質を追求し、進化し続けるKisvin Wineryに
今後も目を離せません!

価格 ¥ 4,580 消費税込 ¥ 5,038

キスヴィンワイナリー ブラン 2020 750ml

生食用『ブドウの宝石箱』を原料に29種類のヴィニフェラ系ブドウを混醸。
質の高いブドウを作るKisvinならではの遊び心が詰まった1本です。

味わいは、スッキリ辛口で、甘みではない『果実味』が綺麗に表現されています。
ハツラツとしたブドウの瑞々しい口当たりが特徴で、豊かな塩味と心地よい酸も余韻が美しい1本です。

【Kisvin Winery】

山梨県甲州市に、栽培家のプロチームが立ち上げたワイナリー。

代表を務めるのは山梨県甲州市塩山にある葡萄農家の3代目「荻原康弘氏」。
2001年に荻原氏が家業を継ぎ、父の代まで行われていた生食用葡萄の栽培ではなく、醸造用葡萄の栽培に着目したことから歴史は始まります。

2005年、「荻原康弘氏」、池川総合ブドウ園の「池川仁氏」、東京大学大学院特任研究員の「西岡一洋氏」らと共に醸造用葡萄の勉強会グループ「Team Kisvin」設立。

ワイナリーに高品質な醸造用葡萄の販売を行いますが、
自分たちで育てた葡萄は、自分たちでワインにしたいという想いから
2013年にKisvin Wineryを立ち上げました。

Kisvin(キスヴィン)という名前には、太陽、栽培する人、醸造する人、飲む人、それぞれの人にワインを楽しんでほしいという願いが込められ、
「畑にこだわる。ブドウにこだわる。妥協しないワインづくり。」を行っています。

【斎藤まゆ氏】

Kisvin Wineryを語るうえで欠かせない存在の一人に、女性醸造家の斎藤まゆ氏がいます。

もともと外国語と海外生活に関心が高かった彼女は15歳で日本を飛び出し、アメリカ/テネシー州にある日本の大学の付属高校に進学。
その際にお笑いに目覚め、卒業後は芸人になろうと思い、早稲田大学第二文学部に入学しました。

そんな斎藤氏がワインの世界に進む大きな転機を迎えたのは大学2年生の夏休み。

フランスを旅した際に立ち寄った、ボルドーで小さなシャトーを営む老夫婦に出会い、彼らが振る舞ってくれたワイン、共に過ごした時間、その生き様までに感銘を受けたといいます。

それをきっかけに強くワインの世界に心を奪われた彼女は、帰国後なんと大学を退学。
帰国後日本ワインを飲むがあまり感動ができず、自ら美味しい日本ワインを造ろうと決意したといいます。

日本でワイン造りを行うのであれば、いわゆる新世界と呼ばれる地域にこそヒントがあると考えた彼女は、カリフォルニアへの留学を決意。
現地の大学では、卒業生後ワイナリーのアシスタントとして1年間学校に残ることが出来るという狭き門を突破しました。

荻原氏との出会いも在学中のこと。荻原氏からTeam Kisvinへ入らないかと声をかけられ、帰国後にチームの一員として加入します。

こうして、葡萄に深い愛を注ぐ栽培家「荻原康弘氏」と、
熱い信念と才能にあふれる醸造家「斎藤まゆ氏」という最高のチームが誕生しました。
世界一のワインを目指して、Kisvin Wineryは活動を続け、
2017年、都内で行われたイベントにて、マスター・オブ・ワインのジェラール・バッセ氏が、キスヴィン シャルドネ 2014を飲み、大絶賛。
ジェラール氏は自身のSNSでもキスヴィンを紹介し、その名が世界へ知れ渡ることとなりました。

本質を追求し、進化し続けるKisvin Wineryに
今後も目を離せません!

価格 ¥ 3,580 消費税込 ¥ 3,938

奥野田ワイナリー ラ・フロレット ローズ・ロゼ 2020 750ml

華やかな香り、ふくよかな味わいを持つ希少な黒葡萄「ミルズ」種をごく浅く発酵させて、チャーミングな味わいのロゼワインに仕上げています。
爽やかな甘みと酸味、バラの花やライチ、白桃を思わせる芳香がとても優雅な印象で、ワイナリーマダムが描いたバラのエチケットのイメージにぴったり。
ミルズを使った日本のワインはとても珍しく、定番として楽しめるのはこのワインだけ。
特に女性に人気の高いワインです。

価格 ¥ 1,900 消費税込 ¥ 2,090

駒園ヴィンヤード Pony 茜 2020 750ml

山梨県塩山の駒園ヴィンヤードが造る日本ワイン。
自社栽培のブラッククイーン、アリカント、マスカットベーリーAを遅摘みして混醸。
フレンチオーク樽で3ヶ月短期熟成しています。
濃い茜色が特徴で、フレッシュな果実味とまろやかな味わいが楽しめる赤ワインです。

価格 ¥ 1,600 消費税込 ¥ 1,760

駒園ヴィンヤード Pony 甲州シュール・リー 2020 750ml

山梨県塩山の駒園ヴィンヤードが造る日本ワイン。
山梨県甲府市産の甲州を使用し、5ヶ月間シュール・リー(澱引きを行わず澱と一緒に熟成)させた、豊かなミネラル感と旨味をお楽しみ頂ける甲州ワインです。

価格 ¥ 1,600 消費税込 ¥ 1,760

グレイス ロゼ 2020 750ml

フルーティかつ飲み心地の良い、和の食卓のためのロゼワイン。
骨格のある辛口のロゼワインを造りたいという思いから生まれました。
標高が高く、日照量が山梨県の中でもトップクラスに多い明野地区、自社の三澤農園にて除草剤、化成肥料不使用で栽培された葡萄を使用。貯蔵や発酵にはフレンチオークの旧樽を用いています。
香りのボリュームは豊かで、熟した赤系果実、丸みのある口当たりが感じられる味わいです。

価格 ¥ 2,728 消費税込 ¥ 3,000

丸藤葡萄酒 ルバイヤート ルージュ 2016 720ml

鮮やかなルビー色で果実の香りと心地よい酸味、やわらかいタンニンとのバランスがとても飲みやすい赤ワインです。 軽やかな味わいで、赤ワインを飲み始めた方にもお勧めできる親しみやすい1本。
雑誌「dancyu(ダンチュウ)」の「日本のワイン」特集で「家に常備したい1本」として紹介されるなど、雑誌や書籍の日本のワイン特集には必ずと言っていいほど顔を出す人気赤ワインです。

価格 ¥ 1,650 消費税込 ¥ 1,815

シャトー・ジュン プティベルド 2018 750ml

善光寺町北原地区(標高350m)をメインに、勝沼町のプティヴェルドをブレンド。
香りはレッドベリー、スパイスやロースト、なめし革など。なめらかな味わいで、落ち着きの酸味としなやかなタンニンがきれいにまとまっている。余韻では旨味が広がり、赤身系のステーキや熟成したチーズと相性◎

価格 ¥ 3,000 消費税込 ¥ 3,300

シャトー・ジュン ヴィオニエ 2019 750ml

山梨県北杜市産のヴィオニエを使用した辛口白ワイン。
特徴的なアプリコットや白桃にスパイスの香りが出ています。味わいには厚みがあり、まろやかでリッチなスタイル。穏やかな酸味が心地よく、中華やエスニックとも楽しめるワインです。

価格 ¥ 3,000 消費税込 ¥ 3,300

中央葡萄酒 あけの 2018 750ml

中央葡萄酒さんが所有する、山梨県北杜市明野の自社農園、三澤農園で栽培された葡萄をアッサンブラージュして造られた赤ワイン。
風景の見えるワイン造りを目指したそうで、産地をより大切にする気持ちを込めて「あけの」と名付けたそうです。
日照量が多く、標高の高い場所にある三澤農園の葡萄は凝縮感もありとても品質の高いもの。明野のテロワールを体感できる1本です。

価格 ¥ 6,000 消費税込 ¥ 6,600

サントリー登美の丘ワイナリー 登美 赤2015 750ml

【メーカーより】2014ヴィンテージ品種構成:メルロ43%、カベルネ・ソーヴィニヨン42% カベルネ・フラン9%、プティ・ヴェルド6%

価格 ¥ 14,864 消費税込 ¥ 16,350

旭洋酒 ソレイユ千野甲州 2019 720ml

旭洋酒さんのフラッグシップ白ワイン。2008年の洞爺湖サミット婦人食事会で振る舞われ、日本のトップレベル甲州ワインとして一気に知れ渡るようになりました。
甲州市塩山千野地区単一畑で、減農薬栽培された甲州のみを使用し、カリンやレモングラスなど多様なニュアンスが溶け合った香りに、小ぶりのみかんのような果実味や皮のほろ苦い味わいが特徴です。ベースとなる酸もしっかりあるので熟成も期待できます。

価格 ¥ 2,800 消費税込 ¥ 3,080

勝沼醸造 アルガーノ・ボシケ 熟成 2016 750ml

勝沼醸造のフラッグシップ「アルガブランカ・イセハラ」と同じ金川地区の葡萄を使用した、イセハラのセカンド的な存在です。
2016年は成熟期の7月~9月上旬まで比較的高温、少雨量で、これまでに収穫したブドウは品質が良好だったため、品質の高い葡萄が収穫できた年だったそう。
熟成を経て、より滑らかで味わい深くなった甲州をお楽しみいただける1本です。

価格 ¥ 3,630 消費税込 ¥ 3,993

MGVsワイナリー クラウスハーパニエミ 甲州スパークリング 750ml

【クラウス・ハーパニエミ×GINZA SIX特別モデル】

ロンドンに拠点を置く、世界的に有名なフィンランド人デザイナー、クラウス・ハーパニエミがラベルデザインを手掛けたとってもスペシャルな【MGVsワイナリー K537 甲州スパークリング GI YAMANASHI 750ml】。

日本では珍しいシャルマ方式の泡で、キメ細やかな質感で優しく柔らかな味わいです。
洋ナシやハチミツ、余韻に甘味を感じますが、酸味とのバランスがよく、昼間からでも楽しみたくなってしまう明るいイメージ。
よく冷やして、細めのグラスでの提供がおすすめです。

クリスマスやバレンタインシーズンにもピッタリの1本です。

是非、お楽しみください☆彡

価格 ¥ 4,500 消費税込 ¥ 4,950

勝沼醸造 アルガブランカ クラレーザ2019 750ml

日本が世界に誇る葡萄品種「甲州」から、シュールリー醸造法(ワインと澱をゆっくり接触させ旨味を引き出す製法)を用いた、食に合う辛口ワイン。
シュールリーで甲州の旨みをしっかり引き出しながらも、ほのかな苦みにより後味はキリッと引き締まっています。
ワインとの相性が難しいとされていた味噌、醤油、わさび等にもよく合う、今や大人気の定番ワインです。大ぶりのブルゴーニュグラスでいただくのがおすすめです。

価格 ¥ 2,000 消費税込 ¥ 2,200

勝沼醸造 アルガーノ ヴェント 750ml

日本が誇る白ワイン用品種、甲州の魅力を世界に発信するワイナリー、勝沼醸造さんの定番白ワイン。
まだ甲州が世界でも無名だった頃から海外でも評価の高い、最高品質の甲州ワインを造り続けています。
こちらは繊細な日本人の味覚と料理との相性を大切に造られたワイン。甲州葡萄の繊細な味わいが料理の味を引き立てます。
生物や煮物、焼き魚、鍋などの日本料理と共にお楽しみ下さい。

価格 ¥ 1,625 消費税込 ¥ 1,787

シャトー・メルシャン マリコ・ヴィンヤード シラー 2017 750ml

椀子シリーズは、メルシャンが日本最高峰のワイン造りを行うべく、長野県上田市丸子地区の自社管理畑の葡萄で醸造するシリーズ。黒い果実やホワイトペッパーを思わせるスパイシーな香りが感じられ、心地よい酸味と果実感が調和したワインです。

価格 ¥ 5,110 消費税込 ¥ 5,621

MGVsワイナリー K538 GI Yamanashi 甲州 スパークリング 2017

【ワイナリーより】
2017年に瓶内次発酵として仕込み、2020年まで瓶熟成を行い、2020年2月にルミアージュ、デゴルジュマンを行い、エクストラ・ブリュットに仕上がりました。
熟成した甲州の本格トラディショナル製法によるスパークリングワインは、 黄金色に輝き、細かく繊細な泡が長く続き、柑橘系からナッツの芳醇な香り、 口当たりが非常になめらかで奥行きも感じられ、どんなお料理とも一緒に楽しめる一品です。

価格 ¥ 7,000 消費税込 ¥ 7,700

キスヴィンワイナリー シャルドネ 2019

Kisvinシャルドネのスタンダードタイプ。
スタンダードとはいえ、しっかりとした長期熟成タイプに仕上げるのがKisvinの流儀です。

辛口を追求して造ってはいますが、アルコール感と共に感じられるブドウの旨味が魅力的。
樽の上質な香り、酸、余韻の伸び、すべてのバランスが良く、まとまりの良さに心くすぐられる1本です。

【Kisvin Winery】

山梨県甲州市に、栽培家のプロチームが立ち上げたワイナリー。

代表を務めるのは山梨県甲州市塩山にある葡萄農家の3代目「荻原康弘氏」。
2001年に荻原氏が家業を継ぎ、父の代まで行われていた生食用葡萄の栽培ではなく、醸造用葡萄の栽培に着目したことから歴史は始まります。

2005年、「荻原康弘氏」、池川総合ブドウ園の「池川仁氏」、東京大学大学院特任研究員の「西岡一洋氏」らと共に醸造用葡萄の勉強会グループ「Team Kisvin」設立。

ワイナリーに高品質な醸造用葡萄の販売を行いますが、
自分たちで育てた葡萄は、自分たちでワインにしたいという想いから
2013年にKisvin Wineryを立ち上げました。

Kisvin(キスヴィン)という名前には、太陽、栽培する人、醸造する人、飲む人、それぞれの人にワインを楽しんでほしいという願いが込められ、
「畑にこだわる。ブドウにこだわる。妥協しないワインづくり。」を行っています。

【斎藤まゆ氏】

Kisvin Wineryを語るうえで欠かせない存在の一人に、女性醸造家の斎藤まゆ氏がいます。

もともと外国語と海外生活に関心が高かった彼女は15歳で日本を飛び出し、アメリカ/テネシー州にある日本の大学の付属高校に進学。
その際にお笑いに目覚め、卒業後は芸人になろうと思い、早稲田大学第二文学部に入学しました。

そんな斎藤氏がワインの世界に進む大きな転機を迎えたのは大学2年生の夏休み。

フランスを旅した際に立ち寄った、ボルドーで小さなシャトーを営む老夫婦に出会い、彼らが振る舞ってくれたワイン、共に過ごした時間、その生き様までに感銘を受けたといいます。

それをきっかけに強くワインの世界に心を奪われた彼女は、帰国後なんと大学を退学。
帰国後日本ワインを飲むがあまり感動ができず、自ら美味しい日本ワインを造ろうと決意したといいます。

日本でワイン造りを行うのであれば、いわゆる新世界と呼ばれる地域にこそヒントがあると考えた彼女は、カリフォルニアへの留学を決意。
現地の大学では、卒業生後ワイナリーのアシスタントとして1年間学校に残ることが出来るという狭き門を突破しました。

荻原氏との出会いも在学中のこと。荻原氏からTeam Kisvinへ入らないかと声をかけられ、帰国後にチームの一員として加入します。

こうして、葡萄に深い愛を注ぐ栽培家「荻原康弘氏」と、
熱い信念と才能にあふれる醸造家「斎藤まゆ氏」という最高のチームが誕生しました。
世界一のワインを目指して、Kisvin Wineryは活動を続け、
2017年、都内で行われたイベントにて、マスター・オブ・ワインのジェラール・バッセ氏が、キスヴィン シャルドネ 2014を飲み、大絶賛。
ジェラール氏は自身のSNSでもキスヴィンを紹介し、その名が世界へ知れ渡ることとなりました。

本質を追求し、進化し続けるKisvin Wineryに
今後も目を離せません!

価格 ¥ 4,145 消費税込 ¥ 4,559

グレイス 甲州 2019

グレープフルーツとその果皮のニュアンスや洋梨のような豊潤な香り。また白コショウのようなスパイス香、ミネラル、スモーキーさが調和して奥深さ、複雑さを感じます。 酸味は柔らかく、ほどよい甘味と果実味が口中に広がり、長い余韻へと続きます。
体にスッと沁み入るような、優しく繊細な味わいの白ワイン。

価格 ¥ 2,728 消費税込 ¥ 3,000

勝沼醸造 アルガブランカ イセハラ 2019

「ワイン造りはぶどう作り」という基本に忠実に、風土の個性を反映したワイン造りに取り組んでいます。
このワインは、小字名の伊勢原の単一畑から収穫された甲州種のみを原料に醸造。
2019年は天候不順により山形県全体が非常に厳しい年でしたが、イセハラは独特の水はけの良い土壌構造と御坂山系から流れ込む東風により、健全で例年通りのテロワールの特徴を持つ、高品質なワインに仕上がっています。

価格 ¥ 5,500 消費税込 ¥ 6,050

まるき葡萄酒 デラウェアにごり 2020 750ml

フレッシュな香りと味わい、8%と低アルコールで気軽に飲める爽やかな甘口ワインです。
収穫された葡萄の果汁は、酵母によってワインに変身していきます。その過程の状態をモロミと云い、濁っています。
このにごりワインは、そのモロミのおいしさが味わえる珍しいワインです。デラウェア種特有の香りと、甘味と酸味のバランスをお楽しみください。

価格 ¥ 1,500 消費税込 ¥ 1,650

敷島醸造 昇仙峡 赤 徳用 1.8L

自社畑産のブドウを使ったフルーティなミディアムライトボディのワインです。

価格 ¥ 2,963 消費税込 ¥ 3,259

勝沼醸造 アルガ アルカサール 2016 750ml

「たとえ一樽でも最高のものを」という勝沼醸造さんの理念に基づき、日本の風土における最大の可能性を求めて造られたプレミアム赤ワイン。
山梨の中でも高品質な葡萄の産地として名高い穂坂地区の自社で畑栽培された完熟葡萄を用い、樽熟成されたワインの中から厳選されたものをアッサンブラージュしています。
芳醇な香りと豊かな果実味、そしてほのかな渋みが感じられる、プレミアムに相応しい味わい。生産量が少ない限定品です。

価格 ¥ 5,500 消費税込 ¥ 6,050

勝沼醸造 アルガレティーロ カタベント 2017 750ml

「たとえ一樽でも最高のものを」という勝沼醸造さんの理念に基づき、日本の風土における最大の可能性を求めて造られたプレミアム赤ワイン。「アルカサール」のセカンド的存在です。
山梨の中でも高品質な葡萄の産地として名高い穂坂地区の自社で畑栽培された完熟葡萄を用い、8ヵ月間の樽熟成を行っています。
ベリー系の香りが漂い、心地よい酸味と渋み、果実味が柔らかなバランスで調和した、プレミアムに相応しい味わいです。

価格 ¥ 3,800 消費税込 ¥ 4,180

勝沼醸造 アルガーノ ヴェント 1.8L

繊細な日本人の味覚と料理との相性を大切にしたワインです。 日本固有の甲州ぶどうの繊細な味わいは、料理の味を引き立てます。

価格 ¥ 3,250 消費税込 ¥ 3,575

ルミエール スパークリング ロゼ 750ml

優しい味わいときれいなロゼ色のワインです。ビン内発酵にこだわり、自然な炭酸ガスが感じられるスパークリングワインです。

価格 ¥ 2,400 消費税込 ¥ 2,640

くらむぼんワイン くらむぼん マスカットベリーA 750ml

【ワイナリーより】
ラズベリーやカシスを思わせる果実香が特徴的で樽香も心地よく感じられます。ピノノワールの伝統産地の製法を取り入れ、しっかりとした果実味と渋みで飲みごたえのある味わいに仕上げました。無濾過で瓶詰めしています。

価格 ¥ 2,296 消費税込 ¥ 2,525

敷島醸造 マスカットベリーA 2019 720ml

自社農園で栽培されたマスカットベーリーA種からつくられています。マイルドな味わいをお楽しみ頂けるワインです。

価格 ¥ 1,429 消費税込 ¥ 1,571

勝沼醸造 アルガーノ 露是(ロゼ) 750ml

\いまや世界から認められつつある勝沼醸造さんから辛口ロゼ登場!/
マスカットベリーを100%使用したロゼワイン。
ロゼワインならではのフレッシュな風味とフレンチオーク樽で醸したことにより
味わいに複雑味がプラスされています。
辛口なので、色合いがぴったりな春はもちろん、年間を通してお楽しみいただけます。

ワイン名の『露だ是(つゆだぜ・ロゼ)』はやさしく搾った果汁のみで造った為命名したそうです。

価格 ¥ 3,000 消費税込 ¥ 3,300

勝沼醸造 アルガブランカ クラレーザ ハーフボトル 375ml

ワールドテイスト!!

日本固有 のぶどう「甲州」から、シュールリー醸造法(ワインと澱をゆっくり接触させる)を用いて、食に合う辛口ワインを造りました。ワインとの相性が難しいとされ ていた味噌、醤油、わさび等にもよく合いますので、洋食のみならず和食との相性が良いのが特徴です

価格 ¥ 1,250 消費税込 ¥ 1,375

まるきワイナリー コリエ・ドゥ・ペルル ブラン・ムスー 2019 720ml

【ワイナリーより】
爽やかな酸味とすっきりした口当たりの甲州種の特徴を生かしたスパークリングワインです。古酒を7%ブレンドし、奥行きも感じる味わいに仕上がっています。 開栓前に十分冷やしてください。甲州のフレッシュでフルーティーな特徴をそのまま生かした仕上がりです。

価格 ¥ 1,800 消費税込 ¥ 1,980

くらむぼんワイン くらむぼん 甲州 750ml

2018年リリースのワインから、商品ブランドを全面リニューアルしたくらむぼんワイン。このワインはもともと「ソルルケト甲州」という商品だったもので、ヴァラエタルワインシリーズのくらむぼん甲州として生まれ変わりました。 和、洋入り混じった豊かな柑橘の香り、フレッシュで果実味もしっかりとあり、酸味とのバランスが良く、甲州種由来のほのかな塩味や苦味が心地よいアクセントになっているすっきりした辛口です。

価格 ¥ 1,528 消費税込 ¥ 1,680

敷島醸造 甲斐ノワール 2017 720ml

山梨県にある茅ヶ岳の南麓、標高600mの高地にある自社畑で育った葡萄から造られています。敷島ワイナリーの自社畑は日当たりに恵まれ水はけが良いうえに、昼夜の寒暖差が大きく葡萄栽培に適していると高く評価されています。

日本特有の葡萄である甲斐ノワールは野性味のある凝縮した果実味としっかりとしたタンニンがとても上品に表現されており、主にジビエの様な肉料理など、食欲をそそられるテイストに仕上がっています。

価格 ¥ 2,130 消費税込 ¥ 2,343

マルスワイン シャトー・マルス 甲州 オランジュ・グリ 2019 750ml

香りのボリュームは豊かで、洋ナシや白桃などの果実香と、 ハチミツや白い花の香りなど、非常に複雑さのある香り。
新鮮な果実味を持ち、若干の甘味と心地よい渋味が口中に豊かに広がります。 アフターにも果皮由来のしっかりした渋みが残り、ワインに厚味と立体感を与えています。 甲州種の果皮に存在する濃厚な香りや旨味、さらには色素成分を充分に引き出し、 ほんのりオレンジに色付いたワインです。
果皮由来の心地よい渋味と旨味が特長的で、葡萄の個性が際立つ 果実味豊かなワインに仕上がりました。

価格 ¥ 1,487 消費税込 ¥ 1,635

MGVsワイナリー B521 GI.YAMANASHI マスカットベリーA Rose 2018 750ml

【ワイナリーより】
ワイナリーオープン記念にふさわしい華やかな桜色のロゼとなりました。

マスカット・ベーリーA特有のイチゴのような甘い香りと軽やかな辛口のギャップがクセになる絶妙な味わいとなっています。

ジャンルを問わず軽快なお料理との相性は抜群です。よく冷やしてお楽しみください。

価格 ¥ 2,200 消費税込 ¥ 2,420

中央葡萄酒 周五郎のヴァン 赤 750ml

作家 山本周五郎氏が生前愛飲し、絶讃した甘口、酒精強化ワイン(※)。

数年に亘る樽熟成により醸し出される深い味わいが特徴です。

デザートやブルーチーズなどに良く合います。

ラベルには氏がこのワインを賞賛した模様を紹介しています。題字も氏の直筆です。

※酒精強化ワインとは?
酒精強化ワイン(しゅせいきょうかワイン)は、醸造過程でアルコール(酒精)を添加することでアルコール度数を高めたワイン。フォーティファイド・ワイン(fortified wine)とも呼ばれる。赤ワイン、白ワインともに作られています。

価格 ¥ 2,530 消費税込 ¥ 2,783

旭洋酒 それいゆ シラー2018 750ml

深紅のバラの花弁、薄いチョコレート、ベルガモットなど気品のある香。時間とともに白胡椒のニュアンスも弾けてくる。

口当たりは非常に滑らかできめ細かく、甘酸っぱいスミレとブラックチェリー様の果実味が優しく広がる。若々しい酸があるので5年程度の熟成を経た変化が楽しみです。

ポークやマトンの煮込、プラムソースのポークソテー、八角の効いた豚の角煮、チャプチェ等と。酸味のある山羊チーズと◎

価格 ¥ 2,800 消費税込 ¥ 3,080

MGVsワイナリー K212 一宮町 2016 750ml

<ワイナリーより>
フリーランのみで仕上げた軽快な白ワインです。やわらかいアロマと果実味が感じられ、爽やかでフルーティーな味わいとなっています。

シュール・リーならではの豊かなコクも広がります。よく冷やしてキリッとしたシャープさをお楽しみください。

価格 ¥ 3,000 消費税込 ¥ 3,300

まるきワイナリー ラ フィーユ 樽甲斐ノワール 2018 750ml

深く落ち着いた濃い色調の紫がかったルビー色。 とてもよく熟したブルーベリーやプラム、グリオットチェリーの果実香に樽熟成に由来するバニラやナッツ、ロースト香、黒胡椒やハーブなどスパイシーで野趣味溢れるアロマと牛蒡など「土」を感じるニュアンスが感じられます。ボリューム感のある複雑味のある味わいとシルキーな舌触り、柔らかな酸味と穏やかなタンニン、真っ直ぐで上品な深い余韻が特徴のワインです。

価格 ¥ 2,500 消費税込 ¥ 2,750

シャトー勝沼 アジロン 750ml

【2019年9月10日発売開始】

■幻のブドウ“アジロンダック”
このワインに使用されている「幻のブドウ」とも呼ばれる黒ブドウ品種“アジロンダック”をご存知でしょうか?

現在アジロンダックは、国内では山梨県勝沼でしか生産されていません。 収穫は房からの実離れが起こりやすいため、慎重に行わなくてはならず、丁寧に一房づつ、両手で支えながら収穫すること。アジロンダックは香りが高いため、虫や鳥の被害も多く、収量も多くは望めないこと。

その要因で栽培している農家は少数で、生産量が少なく幻のブドウと呼ばれる由縁です。

大変な手間がかかるこのブドウ。魅力は畑に行くと自然と感じられます。 畑に近づくだけでアジロンダックの魅惑の香りが漂うのです! 採れたてのブドウを口に含くむと、カシスジャムを想わせる香り、ジューシーで優しい酸が口の中を駆け抜けていきます。ブドウの外観も一粒一粒に光沢があり健全そのもの。美しく、生食用かと感じる程、まさに芸術品です。

■味わい
輝きがあり、やや黒味がかった紫。
甘い木苺の香り、スパイス香が複雑に広がります。
口に含むとキリっとした心地よい味わい、繊細で丸みのある果実味が特徴です。
2018年は梅雨が短く、日照量が豊かなヴィンテージ。
アジロンダックの個性豊かでフレッシュなフルーツの香りが広がり、スムースな飲み口に、みずみずしい果実の酸と、余韻に塩っぽさが感じられます。
楽しめる温度帯も幅広く、常温から冷やした状態でも、シーンやお料理に合わせてお楽しみいただけます。

■マリアージュのすすめ
醸造を行う今村さんは、関西で予約困難なフレンチのシェフをされていた経歴があり、常にお料理との「ペアリング」の考えを持ち、ワイン造りに挑んでいます。

そんな今村さんに、このワインとのペアリングを伺ったところ、
「温度を高め(10℃~14℃)にして、ブルゴーニュグラスでメインディッシュと一緒に飲んでほしい。バルサミコ酢を詰めたソース、バターをベースにしたソース、そして赤ワイン煮込みの料理、またご家庭ではレバーの照り焼き等が最高に合います!!」と料理人目線でも楽しそうにお話していらっしゃいました。

価格 ¥ 2,000 消費税込 ¥ 2,200

勝沼醸造 アルガーノ フォーゴ 1.8L

日本人の繊細な味覚に合い、料理と共に味わう食中酒として、控えめで優しい味わいを大切にしました。 山梨県内で栽培されるマスカット・ベーリーA種を主体。ライトでありながら芳醇な香りとやさしい酸味、そして柔らかい渋味が特徴です。

価格 ¥ 3,250 消費税込 ¥ 3,575

旭洋酒 ソレイユ クラシック 白 2020 720ml

密柑などの明るい柑橘香、仄かな甘味と爽やかな酸、甲州種特有の渋味とのバランスにより、幅広い料理に合わせやすいテーブルワインとなっています。澱や酒石(酸の結晶)が沈殿しますがワインの成分です。

価格 ¥ 1,400 消費税込 ¥ 1,540

マルスワイン シャトー・マルス 穂坂 シャルドネ&甲州 スパークリング 2019 720ml

山梨県穂坂地区産シャルドネを主体に甲州をアッサンブラージュしました。グレープフルーツや青リンゴ、洋ナシといった複雑で豊かな果実香が調和した辛口スパークリングワインです。キメ細かい泡立ちが織りなす爽やかな味わいが食卓を華やかに引き立ててくれます。
※アッサンブラージュ : 複数の葡萄品種の組み合わせ(ブレンド)により、豊かで調和のとれたワインを生み出す技術。

価格 ¥ 2,507 消費税込 ¥ 2,757

イケダワイナリー 樽熟甲州 2019 750ml

甲州を使用した、すっきりした辛口白ワインです。ステンレスタンクで発酵後、古い樽の中で熟成。甲州のさわやかなアロマ、柔らかな熟成香と生き生きとした酸味が口の中に広がり、心地よい余韻を楽しめます。すっきりとした辛口ワインなので、和食、洋食、いろいろな料理に合わせることができるワインです。

価格 ¥ 1,500 消費税込 ¥ 1,650

勝沼醸造 アルガーノ ゴッタシデ ロシオ 2017 750ml

勝沼で栽培され、既に1200年以上の歴史のある甲州ブドウの特徴を生かし、ブドウ本来の甘さを大切に、さっぱりとした甘口に仕上がっています。繊細で優雅な味わいをお楽しみください。

価格 ¥ 2,250 消費税込 ¥ 2,475
並び替え
431件中 1-50件表示
1 2 9