10,000円(税込)以上ご購入で送料無料
  詳しくはこちら>>

IMADEYA ONLINE STORE(いまでやオンラインストア)。
日本酒、ワイン、焼酎などお酒のオンライン通販なら酒販店いまでやで。

{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}さん

ポイント残高:{@ member.total_points @}pt

   
  
                 
   
  
info お知らせ

2021年5月19日(水)は社内研修のため臨時店休日とさせていただきます。

送料無料 10,000円(税込)以上ご購入で送料無料

{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}さん

ポイント残高:{@ member.total_points @}pt

info お知らせ

2021年5月19日(水)は社内研修のため臨時店休日とさせていただきます。

詳細検索

  
  • お酒の種類
  • 地域
  • 価格
    円から 円まで
  • トレンドキーワード

Kisvin Winery(キスヴィンワイナリー)

山梨県 甲州市でプロの栽培家チームが立ち上げたワイナリー。

Kisvin(キスヴィン)という名前には、太陽、栽培する人、醸造する人、飲む人、それぞれの人にワインを楽しんでほしいという願いが込められ、「畑にこだわる。ブドウにこだわる。妥協しないワインづくり。」を行っています。

代表を務めるのは山梨県甲州市にある葡萄農家の3代目「荻原康弘氏」

2001年に荻原氏が家業を継ぎ、父の代まで行われていた生食用葡萄の栽培ではなく、醸造用葡萄の栽培に着目したことからワイナリーの歴史は始まります。

2005年、「荻原康弘氏」、池川総合ブドウ園の「池川仁氏」、植物生理学の研究者の「西岡一洋氏」らと共に醸造用葡萄の勉強会グループ「Team Kisvin」設立。

他社のワイナリーに高品質な醸造用葡萄の販売を行いますが、自分たちで育てた葡萄は、自分たちでワインにしたいという想いから2013年にKisvin Wineryを立ち上げました。

Kisvinに欠かせない存在のひとり熱い信念を持つ醸造家「斎藤まゆ氏」

彼女がTeam Kisvinに加入したのは2008年頃。もともと外国語を学ぶのが好きで、海外での生活にも興味を持っていたため、15歳でアメリカ/テネシー州にある日本の大学の付属高校に進学。

斎藤氏がワインの世界に進む大きな転機を迎えたのは大学2年生の夏休みのことでした。

大学の講師、他の学生達と共に出かけたフランス旅の中で、ボルドーのとある老夫婦が経営する小さなシャトーに立ち寄り、彼らにワインを振る舞われながら穏やかな時間を過ごした際、彼らの生き方に大きな感銘を受け、それをきっかけにワインの世界に歩み始めます。

フランスを巡る旅から帰った斎藤氏は、ボルドーで迎えてくれた老夫婦のように旅人を受け入れられる人になるために、美味しい日本ワインを自分で造りたいと考えました。

日本でワイン造りを行うのであれば、いわゆる新世界と呼ばれる地域にヒントがあると考え、カリフォルニアへの留学を決意。留学先の大学では、卒業生の中で一人だけワイナリーのアシスタントとして、1年間学校に残ることが出来るという狭き門を目標に努力を続け、5年目を迎えた頃に、ワイナリーの専任スタッフからアシスタントにならないかと見事に声をかけられます。

最高のチームが誕生、Kisvinの名は世界へ

荻原氏との出会いも在学中のこと。荻原氏からTeam Kisvinへ入らないかと声をかけられ、帰国後にチームの一員として加入します。こうして、葡萄に深い愛を注ぐ栽培家「荻原康弘氏」、熱い信念と才能を持つ醸造家「斎藤まゆ氏」という最高のチームが誕生しました。

KisvinWineryはひたむきにワイン造りを続け、2017年に都内で行われたイベントに出席していた、マスター・オブ・ワインのジェラール・バッセ氏が、キスヴィン シャルドネ 2014を飲み、大絶賛。ジェラール氏は自身のSNSでもキスヴィンを紹介し、その名が世界へ知れ渡ることとなりました。


NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」でKisvin Winery が紹介されました。
4月20日(火)午後10時30分放送「笑顔をうつす、ひとしずく~ワイン醸造家・斎藤まゆ~」

ぜひ当日までにKisvinのワインをご購入いただき、ワインを片手にご視聴ください。
※大反響のため、現在欠品状態が続いております。申し訳ございません。

商品一覧

並び替え
36件中 1-36件表示

キスヴィンワイナリー ピノノワール 2018 750ml

2015年が初ヴィンテージとなるピノ・ノワールは、ジェラール・バッセ氏が大絶賛したことにより、世界中から注目のアイテムになりました。

『Kisvinのピノ・ノワールが、ここまで柔らかい一面を見せることができたのはいい意味で殻を破れたのだと思う』と語る斎藤氏。

抜栓直後はキャラメル、バナナなどの樽香が感じられ、その後ゆっくりとザクロの様な赤く艶っぽい表情が見えてきます。

『今まで強い、硬いことが先行していたワインの中に、私の求める細やかなタンニンを、萩原が畑で表現してくれました』とも語る斎藤氏ですが、

まさにその細やかなタンニンと控えめなアルコール感が合わさることにより、しっとりと落ち着きのある余韻が口内に広がります。

ゆったりと落ち着いた、日常生活に優しく佇む、そんなスタイルの1本です。

【Kisvin Winery】

山梨県甲州市に、栽培家のプロチームが立ち上げたワイナリー。

代表を務めるのは山梨県甲州市塩山にある葡萄農家の3代目「荻原康弘氏」。
2001年に荻原氏が家業を継ぎ、父の代まで行われていた生食用葡萄の栽培ではなく、醸造用葡萄の栽培に着目したことから歴史は始まります。

2005年、「荻原康弘氏」、池川総合ブドウ園の「池川仁氏」、東京大学大学院特任研究員の「西岡一洋氏」らと共に醸造用葡萄の勉強会グループ「Team Kisvin」設立。

ワイナリーに高品質な醸造用葡萄の販売を行いますが、
自分たちで育てた葡萄は、自分たちでワインにしたいという想いから
2013年にKisvin Wineryを立ち上げました。

Kisvin(キスヴィン)という名前には、太陽、栽培する人、醸造する人、飲む人、それぞれの人にワインを楽しんでほしいという願いが込められ、
「畑にこだわる。ブドウにこだわる。妥協しないワインづくり。」を行っています。

【斎藤まゆ氏】

Kisvin Wineryを語るうえで欠かせない存在の一人に、女性醸造家の斎藤まゆ氏がいます。

もともと外国語と海外生活に関心が高かった彼女は15歳で日本を飛び出し、アメリカ/テネシー州にある日本の大学の付属高校に進学。
その際にお笑いに目覚め、卒業後は芸人になろうと思い、早稲田大学第二文学部に入学しました。

そんな斎藤氏がワインの世界に進む大きな転機を迎えたのは大学2年生の夏休み。

フランスを旅した際に立ち寄った、ボルドーで小さなシャトーを営む老夫婦に出会い、彼らが振る舞ってくれたワイン、共に過ごした時間、その生き様までに感銘を受けたといいます。

それをきっかけに強くワインの世界に心を奪われた彼女は、帰国後なんと大学を退学。
帰国後日本ワインを飲むがあまり感動ができず、自ら美味しい日本ワインを造ろうと決意したといいます。

日本でワイン造りを行うのであれば、いわゆる新世界と呼ばれる地域にこそヒントがあると考えた彼女は、カリフォルニアへの留学を決意。
現地の大学では、卒業生後ワイナリーのアシスタントとして1年間学校に残ることが出来るという狭き門を突破しました。

荻原氏との出会いも在学中のこと。荻原氏からTeam Kisvinへ入らないかと声をかけられ、帰国後にチームの一員として加入します。

こうして、葡萄に深い愛を注ぐ栽培家「荻原康弘氏」と、
熱い信念と才能にあふれる醸造家「斎藤まゆ氏」という最高のチームが誕生しました。
世界一のワインを目指して、Kisvin Wineryは活動を続け、
2017年、都内で行われたイベントにて、マスター・オブ・ワインのジェラール・バッセ氏が、キスヴィン シャルドネ 2014を飲み、大絶賛。
ジェラール氏は自身のSNSでもキスヴィンを紹介し、その名が世界へ知れ渡ることとなりました。

本質を追求し、進化し続けるKisvin Wineryに
今後も目を離せません!

在庫切れ
価格 ¥ 14,000 消費税込 ¥ 15,400
詳細を見る

キスヴィン 甲州 2020 750ml

和食だけでなく様々なジャンルのお料理に寄り添うワインを目指して造られている新しい甲州をKisvinは目指します。
通称『エメラルド甲州』と呼ばれ、果皮の着色を抑えつつ熟成されており、クリーンな酸と綺麗な果実味、厚みのあるボディが特徴です。

Kisvinの本質を体感するには、まずはこの1本です。
ぜひ、お試し下さい!

【Kisvin Winery】

山梨県甲州市に、栽培家のプロチームが立ち上げたワイナリー。

代表を務めるのは山梨県甲州市塩山にある葡萄農家の3代目「荻原康弘氏」。
2001年に荻原氏が家業を継ぎ、父の代まで行われていた生食用葡萄の栽培ではなく、醸造用葡萄の栽培に着目したことから歴史は始まります。

2005年、「荻原康弘氏」、池川総合ブドウ園の「池川仁氏」、東京大学大学院特任研究員の「西岡一洋氏」らと共に醸造用葡萄の勉強会グループ「Team Kisvin」設立。

ワイナリーに高品質な醸造用葡萄の販売を行いますが、
自分たちで育てた葡萄は、自分たちでワインにしたいという想いから
2013年にKisvin Wineryを立ち上げました。

Kisvin(キスヴィン)という名前には、太陽、栽培する人、醸造する人、飲む人、それぞれの人にワインを楽しんでほしいという願いが込められ、
「畑にこだわる。ブドウにこだわる。妥協しないワインづくり。」を行っています。

【斎藤まゆ氏】

Kisvin Wineryを語るうえで欠かせない存在の一人に、女性醸造家の斎藤まゆ氏がいます。

もともと外国語と海外生活に関心が高かった彼女は15歳で日本を飛び出し、アメリカ/テネシー州にある日本の大学の付属高校に進学。
その際にお笑いに目覚め、卒業後は芸人になろうと思い、早稲田大学第二文学部に入学しました。

そんな斎藤氏がワインの世界に進む大きな転機を迎えたのは大学2年生の夏休み。

フランスを旅した際に立ち寄った、ボルドーで小さなシャトーを営む老夫婦に出会い、彼らが振る舞ってくれたワイン、共に過ごした時間、その生き様までに感銘を受けたといいます。

それをきっかけに強くワインの世界に心を奪われた彼女は、帰国後なんと大学を退学。
帰国後日本ワインを飲むがあまり感動ができず、自ら美味しい日本ワインを造ろうと決意したといいます。

日本でワイン造りを行うのであれば、いわゆる新世界と呼ばれる地域にこそヒントがあると考えた彼女は、カリフォルニアへの留学を決意。
現地の大学では、卒業生後ワイナリーのアシスタントとして1年間学校に残ることが出来るという狭き門を突破しました。

荻原氏との出会いも在学中のこと。荻原氏からTeam Kisvinへ入らないかと声をかけられ、帰国後にチームの一員として加入します。

こうして、葡萄に深い愛を注ぐ栽培家「荻原康弘氏」と、
熱い信念と才能にあふれる醸造家「斎藤まゆ氏」という最高のチームが誕生しました。
世界一のワインを目指して、Kisvin Wineryは活動を続け、
2017年、都内で行われたイベントにて、マスター・オブ・ワインのジェラール・バッセ氏が、キスヴィン シャルドネ 2014を飲み、大絶賛。
ジェラール氏は自身のSNSでもキスヴィンを紹介し、その名が世界へ知れ渡ることとなりました。

本質を追求し、進化し続けるKisvin Wineryに
今後も目を離せません!

在庫切れ
価格 ¥ 2,500 消費税込 ¥ 2,750
詳細を見る

キスヴィンワイナリー シラー ヴィオニエ 2019 750ml

ヴィオニエは斎藤さんがカリフォルニア時代にも扱っていた思い入れのある品種であり、Kisvinでも5年程前から扱っています。

ブレンドにも適しており、シラーをとても美味しくできるポテンシャルがあるということで、今回はコートロティスタイルのブレンドで登場しました。

良く熟すヴィオニエは、シラーの硬さをフォローし、味わいに柔らかさと華やかさをもたらしてくれます。
ただ、ヴィオニエのブレンドが一定の割合を超えるとワインがきゅっとしまってしまうという難しい一面もあると言います。

そういった難しさも楽しみながら造られた、チャレンジしたワインです。

【Kisvin Winery】

山梨県甲州市に、栽培家のプロチームが立ち上げたワイナリー。

代表を務めるのは山梨県甲州市塩山にある葡萄農家の3代目「荻原康弘氏」。
2001年に荻原氏が家業を継ぎ、父の代まで行われていた生食用葡萄の栽培ではなく、醸造用葡萄の栽培に着目したことから歴史は始まります。

2005年、「荻原康弘氏」、池川総合ブドウ園の「池川仁氏」、東京大学大学院特任研究員の「西岡一洋氏」らと共に醸造用葡萄の勉強会グループ「Team Kisvin」設立。

ワイナリーに高品質な醸造用葡萄の販売を行いますが、
自分たちで育てた葡萄は、自分たちでワインにしたいという想いから
2013年にKisvin Wineryを立ち上げました。

Kisvin(キスヴィン)という名前には、太陽、栽培する人、醸造する人、飲む人、それぞれの人にワインを楽しんでほしいという願いが込められ、
「畑にこだわる。ブドウにこだわる。妥協しないワインづくり。」を行っています。

【斎藤まゆ氏】

Kisvin Wineryを語るうえで欠かせない存在の一人に、女性醸造家の斎藤まゆ氏がいます。

もともと外国語と海外生活に関心が高かった彼女は15歳で日本を飛び出し、アメリカ/テネシー州にある日本の大学の付属高校に進学。
その際にお笑いに目覚め、卒業後は芸人になろうと思い、早稲田大学第二文学部に入学しました。

そんな斎藤氏がワインの世界に進む大きな転機を迎えたのは大学2年生の夏休み。

フランスを旅した際に立ち寄った、ボルドーで小さなシャトーを営む老夫婦に出会い、彼らが振る舞ってくれたワイン、共に過ごした時間、その生き様までに感銘を受けたといいます。

それをきっかけに強くワインの世界に心を奪われた彼女は、帰国後なんと大学を退学。
帰国後日本ワインを飲むがあまり感動ができず、自ら美味しい日本ワインを造ろうと決意したといいます。

日本でワイン造りを行うのであれば、いわゆる新世界と呼ばれる地域にこそヒントがあると考えた彼女は、カリフォルニアへの留学を決意。
現地の大学では、卒業生後ワイナリーのアシスタントとして1年間学校に残ることが出来るという狭き門を突破しました。

荻原氏との出会いも在学中のこと。荻原氏からTeam Kisvinへ入らないかと声をかけられ、帰国後にチームの一員として加入します。

こうして、葡萄に深い愛を注ぐ栽培家「荻原康弘氏」と、
熱い信念と才能にあふれる醸造家「斎藤まゆ氏」という最高のチームが誕生しました。
世界一のワインを目指して、Kisvin Wineryは活動を続け、
2017年、都内で行われたイベントにて、マスター・オブ・ワインのジェラール・バッセ氏が、キスヴィン シャルドネ 2014を飲み、大絶賛。
ジェラール氏は自身のSNSでもキスヴィンを紹介し、その名が世界へ知れ渡ることとなりました。

本質を追求し、進化し続けるKisvin Wineryに
今後も目を離せません!

在庫切れ
価格 ¥ 4,580 消費税込 ¥ 5,038
詳細を見る

キスヴィンワイナリー ブラン 2020 750ml

生食用『ブドウの宝石箱』を原料に29種類のヴィニフェラ系ブドウを混醸。
質の高いブドウを作るKisvinならではの遊び心が詰まった1本です。

味わいは、スッキリ辛口で、甘みではない『果実味』が綺麗に表現されています。
ハツラツとしたブドウの瑞々しい口当たりが特徴で、豊かな塩味と心地よい酸も余韻が美しい1本です。

【Kisvin Winery】

山梨県甲州市に、栽培家のプロチームが立ち上げたワイナリー。

代表を務めるのは山梨県甲州市塩山にある葡萄農家の3代目「荻原康弘氏」。
2001年に荻原氏が家業を継ぎ、父の代まで行われていた生食用葡萄の栽培ではなく、醸造用葡萄の栽培に着目したことから歴史は始まります。

2005年、「荻原康弘氏」、池川総合ブドウ園の「池川仁氏」、東京大学大学院特任研究員の「西岡一洋氏」らと共に醸造用葡萄の勉強会グループ「Team Kisvin」設立。

ワイナリーに高品質な醸造用葡萄の販売を行いますが、
自分たちで育てた葡萄は、自分たちでワインにしたいという想いから
2013年にKisvin Wineryを立ち上げました。

Kisvin(キスヴィン)という名前には、太陽、栽培する人、醸造する人、飲む人、それぞれの人にワインを楽しんでほしいという願いが込められ、
「畑にこだわる。ブドウにこだわる。妥協しないワインづくり。」を行っています。

【斎藤まゆ氏】

Kisvin Wineryを語るうえで欠かせない存在の一人に、女性醸造家の斎藤まゆ氏がいます。

もともと外国語と海外生活に関心が高かった彼女は15歳で日本を飛び出し、アメリカ/テネシー州にある日本の大学の付属高校に進学。
その際にお笑いに目覚め、卒業後は芸人になろうと思い、早稲田大学第二文学部に入学しました。

そんな斎藤氏がワインの世界に進む大きな転機を迎えたのは大学2年生の夏休み。

フランスを旅した際に立ち寄った、ボルドーで小さなシャトーを営む老夫婦に出会い、彼らが振る舞ってくれたワイン、共に過ごした時間、その生き様までに感銘を受けたといいます。

それをきっかけに強くワインの世界に心を奪われた彼女は、帰国後なんと大学を退学。
帰国後日本ワインを飲むがあまり感動ができず、自ら美味しい日本ワインを造ろうと決意したといいます。

日本でワイン造りを行うのであれば、いわゆる新世界と呼ばれる地域にこそヒントがあると考えた彼女は、カリフォルニアへの留学を決意。
現地の大学では、卒業生後ワイナリーのアシスタントとして1年間学校に残ることが出来るという狭き門を突破しました。

荻原氏との出会いも在学中のこと。荻原氏からTeam Kisvinへ入らないかと声をかけられ、帰国後にチームの一員として加入します。

こうして、葡萄に深い愛を注ぐ栽培家「荻原康弘氏」と、
熱い信念と才能にあふれる醸造家「斎藤まゆ氏」という最高のチームが誕生しました。
世界一のワインを目指して、Kisvin Wineryは活動を続け、
2017年、都内で行われたイベントにて、マスター・オブ・ワインのジェラール・バッセ氏が、キスヴィン シャルドネ 2014を飲み、大絶賛。
ジェラール氏は自身のSNSでもキスヴィンを紹介し、その名が世界へ知れ渡ることとなりました。

本質を追求し、進化し続けるKisvin Wineryに
今後も目を離せません!

在庫切れ
価格 ¥ 3,580 消費税込 ¥ 3,938
詳細を見る

キスヴィンワイナリー ジンファンデル ロゼ 2020 750ml

日本では珍しい、ジンファンデル種から造られたロゼワイン。

とあるマスターソムリエから『このロゼの完成度は素晴らしい、名前を変えてはどうか。』と言われ2018年より『ジンファンデルロゼ』に名称変更しました。

爽やかでほのかに甘い香り、残糖なしの、クリアで綺麗、フレッシュな辛口に仕上がっています。

なんといってもこのワインのポイントは、あらゆるお食事との合わせやすさです。
お刺身からグリル肉、お醤油やポン酢などとも合わせられる万能さには、斎藤氏も驚いていると言います!

抜栓から1週間ほどかけて、少しずつまろやかになっていくのでその変化も合わせて、ぜひ日々の食卓でお楽しみいただきたい1本です。

【Kisvin Winery】

山梨県甲州市に、栽培家のプロチームが立ち上げたワイナリー。

代表を務めるのは山梨県甲州市塩山にある葡萄農家の3代目「荻原康弘氏」。
2001年に荻原氏が家業を継ぎ、父の代まで行われていた生食用葡萄の栽培ではなく、醸造用葡萄の栽培に着目したことから歴史は始まります。

2005年、「荻原康弘氏」、池川総合ブドウ園の「池川仁氏」、東京大学大学院特任研究員の「西岡一洋氏」らと共に醸造用葡萄の勉強会グループ「Team Kisvin」設立。

ワイナリーに高品質な醸造用葡萄の販売を行いますが、
自分たちで育てた葡萄は、自分たちでワインにしたいという想いから
2013年にKisvin Wineryを立ち上げました。

Kisvin(キスヴィン)という名前には、太陽、栽培する人、醸造する人、飲む人、それぞれの人にワインを楽しんでほしいという願いが込められ、
「畑にこだわる。ブドウにこだわる。妥協しないワインづくり。」を行っています。

【斎藤まゆ氏】

Kisvin Wineryを語るうえで欠かせない存在の一人に、女性醸造家の斎藤まゆ氏がいます。

もともと外国語と海外生活に関心が高かった彼女は15歳で日本を飛び出し、アメリカ/テネシー州にある日本の大学の付属高校に進学。
その際にお笑いに目覚め、卒業後は芸人になろうと思い、早稲田大学第二文学部に入学しました。

そんな斎藤氏がワインの世界に進む大きな転機を迎えたのは大学2年生の夏休み。

フランスを旅した際に立ち寄った、ボルドーで小さなシャトーを営む老夫婦に出会い、彼らが振る舞ってくれたワイン、共に過ごした時間、その生き様までに感銘を受けたといいます。

それをきっかけに強くワインの世界に心を奪われた彼女は、帰国後なんと大学を退学。
帰国後日本ワインを飲むがあまり感動ができず、自ら美味しい日本ワインを造ろうと決意したといいます。

日本でワイン造りを行うのであれば、いわゆる新世界と呼ばれる地域にこそヒントがあると考えた彼女は、カリフォルニアへの留学を決意。
現地の大学では、卒業生後ワイナリーのアシスタントとして1年間学校に残ることが出来るという狭き門を突破しました。

荻原氏との出会いも在学中のこと。荻原氏からTeam Kisvinへ入らないかと声をかけられ、帰国後にチームの一員として加入します。

こうして、葡萄に深い愛を注ぐ栽培家「荻原康弘氏」と、
熱い信念と才能にあふれる醸造家「斎藤まゆ氏」という最高のチームが誕生しました。
世界一のワインを目指して、Kisvin Wineryは活動を続け、
2017年、都内で行われたイベントにて、マスター・オブ・ワインのジェラール・バッセ氏が、キスヴィン シャルドネ 2014を飲み、大絶賛。
ジェラール氏は自身のSNSでもキスヴィンを紹介し、その名が世界へ知れ渡ることとなりました。

本質を追求し、進化し続けるKisvin Wineryに
今後も目を離せません!

在庫切れ
価格 ¥ 3,000 消費税込 ¥ 3,300
詳細を見る

キスヴィンワイナリー ルビー 2019 750ml

滋味深くスムーズな口当たりの赤ワインとして定番となっているキスヴィン ルビー。
「赤く輝く宝石をテーブルに」というコンセプトで造られる、醸造用葡萄栽培を追求し続けるプロフェッショナルたちが育てたシラーとピノノワールから生まれたワインです。
2019年もシラーとピノノワールが約半分づつの比率で、赤く熟した果実味が生き生きと感じられ、シラー由来の骨格のあるタンニンが印象的です。

在庫切れ
価格 ¥ 4,285 消費税込 ¥ 4,713
詳細を見る

キスヴィンワイナリー シラー ロゼ 2020

山梨県甲州市塩山地区の自社畑で栽培されたシラーからつくられた辛口のロゼワインです。
透明感のある明るめの色調、みずみずしい果実の香りと、シラーに由来するほのかなスパイシーさ。酸味は柔らかく、赤い果実の芯の通った味わい。
海鮮や中華、エスニック、お肉料理はもちろんのこと、様々なお料理と共に楽しみたくなるワインです。

在庫切れ
価格 ¥ 2,720 消費税込 ¥ 2,992
詳細を見る

キスヴィンワイナリー シャルドネ 2019

Kisvinシャルドネのスタンダードタイプ。
スタンダードとはいえ、しっかりとした長期熟成タイプに仕上げるのがKisvinの流儀です。

辛口を追求して造ってはいますが、アルコール感と共に感じられるブドウの旨味が魅力的。
樽の上質な香り、酸、余韻の伸び、すべてのバランスが良く、まとまりの良さに心くすぐられる1本です。

【Kisvin Winery】

山梨県甲州市に、栽培家のプロチームが立ち上げたワイナリー。

代表を務めるのは山梨県甲州市塩山にある葡萄農家の3代目「荻原康弘氏」。
2001年に荻原氏が家業を継ぎ、父の代まで行われていた生食用葡萄の栽培ではなく、醸造用葡萄の栽培に着目したことから歴史は始まります。

2005年、「荻原康弘氏」、池川総合ブドウ園の「池川仁氏」、東京大学大学院特任研究員の「西岡一洋氏」らと共に醸造用葡萄の勉強会グループ「Team Kisvin」設立。

ワイナリーに高品質な醸造用葡萄の販売を行いますが、
自分たちで育てた葡萄は、自分たちでワインにしたいという想いから
2013年にKisvin Wineryを立ち上げました。

Kisvin(キスヴィン)という名前には、太陽、栽培する人、醸造する人、飲む人、それぞれの人にワインを楽しんでほしいという願いが込められ、
「畑にこだわる。ブドウにこだわる。妥協しないワインづくり。」を行っています。

【斎藤まゆ氏】

Kisvin Wineryを語るうえで欠かせない存在の一人に、女性醸造家の斎藤まゆ氏がいます。

もともと外国語と海外生活に関心が高かった彼女は15歳で日本を飛び出し、アメリカ/テネシー州にある日本の大学の付属高校に進学。
その際にお笑いに目覚め、卒業後は芸人になろうと思い、早稲田大学第二文学部に入学しました。

そんな斎藤氏がワインの世界に進む大きな転機を迎えたのは大学2年生の夏休み。

フランスを旅した際に立ち寄った、ボルドーで小さなシャトーを営む老夫婦に出会い、彼らが振る舞ってくれたワイン、共に過ごした時間、その生き様までに感銘を受けたといいます。

それをきっかけに強くワインの世界に心を奪われた彼女は、帰国後なんと大学を退学。
帰国後日本ワインを飲むがあまり感動ができず、自ら美味しい日本ワインを造ろうと決意したといいます。

日本でワイン造りを行うのであれば、いわゆる新世界と呼ばれる地域にこそヒントがあると考えた彼女は、カリフォルニアへの留学を決意。
現地の大学では、卒業生後ワイナリーのアシスタントとして1年間学校に残ることが出来るという狭き門を突破しました。

荻原氏との出会いも在学中のこと。荻原氏からTeam Kisvinへ入らないかと声をかけられ、帰国後にチームの一員として加入します。

こうして、葡萄に深い愛を注ぐ栽培家「荻原康弘氏」と、
熱い信念と才能にあふれる醸造家「斎藤まゆ氏」という最高のチームが誕生しました。
世界一のワインを目指して、Kisvin Wineryは活動を続け、
2017年、都内で行われたイベントにて、マスター・オブ・ワインのジェラール・バッセ氏が、キスヴィン シャルドネ 2014を飲み、大絶賛。
ジェラール氏は自身のSNSでもキスヴィンを紹介し、その名が世界へ知れ渡ることとなりました。

本質を追求し、進化し続けるKisvin Wineryに
今後も目を離せません!

在庫切れ
価格 ¥ 4,145 消費税込 ¥ 4,559
詳細を見る

キスヴィンワイナリー(KIS VIN WINERY) ルビー 2018 750ml

ピノ・ノワールとシラーで作られたスムーズな口当たりの赤ワイン。
タバコ葉やヨード、その奥に存在するハーブやザクロなど複雑な香りが特徴的。
軽めの赤と思いきや、舌に乗る細かなタンニンがあり、アルコール感が突出することもなく余韻はしっとりと続きます。

【Kisvin Winery】
2005年に、甲州市塩山の葡萄農家3代目である荻原康弘さんと、池川総合ブドウ園やシャトー酒折の「キュベ池川」でおなじみの池川仁さん、東京大学大学院特任研究員の西岡一洋さんらとともに設立された醸造用葡萄の勉強会グループ「Team Kisvin チームキスヴィン」を立ち上げたことからKisvin Wineryの歴史は始まります。
2009年に農業生産法人 株式会社Kisvinを設立。
2013年自社醸造施設 Kisvin Wineryを建設し、ワイン醸造を開始。
2014年ワインの販売を開始。
ついに夢が叶い、ワイナリー「kisvin」からワインがリリースされました。
「畑にこだわる。ブドウにこだわる。妥協しないワインつくり。」を徹底して造られたワインを是非お試しください。

在庫切れ
価格 ¥ 3,580 消費税込 ¥ 3,938
詳細を見る

キスヴィンワイナリー(KIS VIN WINERY) 甲州 レゼルヴ 2019 750ml

こんな甲州飲んだことない!と言わせたい。そんな思いから2014から作り始めた甲州レゼルヴ。
原料には果皮の着色を抑えつつ熟させた通称「エメラルド甲州」を使用し、クリーンな酸と果実味、ボディの厚さを実現しています。
ほのかに香る魅力的なハーブのニュアンスが料理をさらに美味しく感じさせてくれます。

【Kisvin Winery】
2005年に、甲州市塩山の葡萄農家3代目である荻原康弘さんと、池川総合ブドウ園やシャトー酒折の「キュベ池川」でおなじみの池川仁さん、東京大学大学院特任研究員の西岡一洋さんらとともに設立された醸造用葡萄の勉強会グループ「Team Kisvin チームキスヴィン」を立ち上げたことからKisvin Wineryの歴史は始まります。
2009年に農業生産法人 株式会社Kisvinを設立。
2013年自社醸造施設 Kisvin Wineryを建設し、ワイン醸造を開始。
2014年ワインの販売を開始。
ついに夢が叶い、ワイナリー「kisvin」からワインがリリースされました。
「畑にこだわる。ブドウにこだわる。妥協しないワインつくり。」を徹底して造られたワインを是非お試しください。

在庫切れ
価格 ¥ 3,000 消費税込 ¥ 3,300
詳細を見る

キスヴィンワイナリー ピノノワール ロゼ 2017 750ml

醸造用葡萄を愛する、栽培のプロフェッショナルたちが育てたピノ・ノワールから造られた、辛口ロゼワインです。葡萄のパワーがしっかりとあるからこその旨味、骨格のしっかりした味わいです。
貴重なピノ・ノワールのみから造られているため、生産本数もわずかです。

【Kisvin Winery】
2005年に、甲州市塩山の葡萄農家3代目である荻原康弘さんと、池川総合ブドウ園やシャトー酒折の「キュベ池川」でおなじみの池川仁さん、東京大学大学院特任研究員の西岡一洋さんらとともに設立された醸造用葡萄の勉強会グループ「Team Kisvin チームキスヴィン」を立ち上げたことからKisvin Wineryの歴史は始まります。
2009年に農業生産法人 株式会社Kisvinを設立。2013年自社醸造施設 Kisvin Wineryを建設し、ワイン醸造を開始。2014年ワインの販売を開始。ついに夢が叶い、ワイナリー「kisvin」からワインがリリースされました。
「畑にこだわる。ブドウにこだわる。妥協しないワインつくり。」を徹底して造られたワインを是非お試しください。

在庫切れ
価格 ¥ 7,500 消費税込 ¥ 8,250
詳細を見る

キスヴィン 甲州 2019 750ml

和食だけでなく様々なジャンルのお料理に寄り添うワインを目指して造られている新しい甲州をKisvinは目指します。
通称『エメラルド甲州』と呼ばれ、果皮の着色を抑えつつ熟成されており、クリーンな酸と綺麗な果実味、厚みのあるボディが特徴です。

Kisvinの本質を体感するには、まずはこの1本です。
ぜひ、お試し下さい!

【Kisvin Winery】

山梨県甲州市に、栽培家のプロチームが立ち上げたワイナリー。

代表を務めるのは山梨県甲州市塩山にある葡萄農家の3代目「荻原康弘氏」。
2001年に荻原氏が家業を継ぎ、父の代まで行われていた生食用葡萄の栽培ではなく、醸造用葡萄の栽培に着目したことから歴史は始まります。

2005年、「荻原康弘氏」、池川総合ブドウ園の「池川仁氏」、東京大学大学院特任研究員の「西岡一洋氏」らと共に醸造用葡萄の勉強会グループ「Team Kisvin」設立。

ワイナリーに高品質な醸造用葡萄の販売を行いますが、
自分たちで育てた葡萄は、自分たちでワインにしたいという想いから
2013年にKisvin Wineryを立ち上げました。

Kisvin(キスヴィン)という名前には、太陽、栽培する人、醸造する人、飲む人、それぞれの人にワインを楽しんでほしいという願いが込められ、
「畑にこだわる。ブドウにこだわる。妥協しないワインづくり。」を行っています。

【斎藤まゆ氏】

Kisvin Wineryを語るうえで欠かせない存在の一人に、女性醸造家の斎藤まゆ氏がいます。

もともと外国語と海外生活に関心が高かった彼女は15歳で日本を飛び出し、アメリカ/テネシー州にある日本の大学の付属高校に進学。
その際にお笑いに目覚め、卒業後は芸人になろうと思い、早稲田大学第二文学部に入学しました。

そんな斎藤氏がワインの世界に進む大きな転機を迎えたのは大学2年生の夏休み。

フランスを旅した際に立ち寄った、ボルドーで小さなシャトーを営む老夫婦に出会い、彼らが振る舞ってくれたワイン、共に過ごした時間、その生き様までに感銘を受けたといいます。

それをきっかけに強くワインの世界に心を奪われた彼女は、帰国後なんと大学を退学。
帰国後日本ワインを飲むがあまり感動ができず、自ら美味しい日本ワインを造ろうと決意したといいます。

日本でワイン造りを行うのであれば、いわゆる新世界と呼ばれる地域にこそヒントがあると考えた彼女は、カリフォルニアへの留学を決意。
現地の大学では、卒業生後ワイナリーのアシスタントとして1年間学校に残ることが出来るという狭き門を突破しました。

荻原氏との出会いも在学中のこと。荻原氏からTeam Kisvinへ入らないかと声をかけられ、帰国後にチームの一員として加入します。

こうして、葡萄に深い愛を注ぐ栽培家「荻原康弘氏」と、
熱い信念と才能にあふれる醸造家「斎藤まゆ氏」という最高のチームが誕生しました。
世界一のワインを目指して、Kisvin Wineryは活動を続け、
2017年、都内で行われたイベントにて、マスター・オブ・ワインのジェラール・バッセ氏が、キスヴィン シャルドネ 2014を飲み、大絶賛。
ジェラール氏は自身のSNSでもキスヴィンを紹介し、その名が世界へ知れ渡ることとなりました。

本質を追求し、進化し続けるKisvin Wineryに
今後も目を離せません!

在庫切れ
価格 ¥ 2,380 消費税込 ¥ 2,618
詳細を見る

キスヴィンワイナリー 甲州レゼルヴ 2018 750ml

樽熟成を経て瓶詰めされた、Kisvin甲州の上級レンジ。
選抜された良質な葡萄果汁を使用し、樽のニュアンスを穏やかに、果実本来の風味を生かし、『今飲んで美味しく、寝かせるとさらに美味しい甲州を目指し、長期熟成型に仕上げました』との事です。
バランスの良い酸と果実の厚みがあり滑らかで余韻も豊かな辛口です。

在庫切れ
価格 ¥ 2,858 消費税込 ¥ 3,143
詳細を見る

キスヴィンワイナリー ピノノワール 2016 750ml

醸造用葡萄を愛する、栽培のプロフェッショナルたちが育てたピノ・ノワールから造られた、驚くべきパワーを秘めたワインです。自社畑の充実と丁寧なワイン造りがモットーです。農家の庭先に造られた小さなガレージワイナリーながら、世界水準の品質を目指しクリーンで果実味あふれるワインを生み出しています。

在庫切れ
価格 ¥ 14,000 消費税込 ¥ 15,400
詳細を見る

キスヴィンワイナリー ルビー 2016 750ml

Kisvinワイナリーで収穫されたピノ・ノワールとシラーをそれぞれ樽熟をさせた後にブレンド。小粒の赤系果実や黒系果実、ハーブやシナモン、僅かに樽香も感じられます。酸は穏やかながらボリュームがあり、滑らかで十分な量のタンニンも感じられます。抜栓後の変化も楽しめます。

在庫切れ
価格 ¥ 3,285 消費税込 ¥ 3,613
詳細を見る

キスヴィンワイナリー シャルドネ ヌード 2017 750ml

Kisvinの樽熟成シャルドネよりもお手頃なシャルドネをということで誕生したワイン。ヌードの名からも連想できる通り、樽は使わずに発酵・熟成共にステンレスタンクのみで仕上げておりますが、マロラクティック発酵は行っております。シャブリの生産者、ジャン・コレなどで研鑽を積んだ斎藤まゆ女史らしく、シャブリをイメージした造りとなっております。ラベルカラーもシャブリをイメージされているそうです。香りには熟度の高い柑橘果実が感じられ、口中では豊かな果実味と爽やかな酸が感じられます。

在庫切れ
価格 ¥ 2,572 消費税込 ¥ 2,829
詳細を見る

キスヴィンワイナリー シラー ロゼ 2020 750ml

甲州市塩山地区で収穫したシラー100%を使ったロゼワイン。フレッシュなプラムなどのような核果実が甘やかに香り、口中でもフレッシュな果実味と落ち着きのある酸味が感じられます。全体的にはスッキリとした味わいで余韻もキレが良く、前菜や軽めのランチにも合わせやすいです。

在庫切れ
価格 ¥ 2,858 消費税込 ¥ 3,143
詳細を見る

キスヴィンワイナリー シャルドネ レゼルヴ 2019 750ml

『特別な人に贈りたくなるような、Kisvinにしかできない輝くシャルドネを』とのお客様の声から生まれたこの1本。

南国系果実を想わせる暖かな要素が感じられる塩山千野(えんざん ちの)地区と、
引き締まった酸が特徴の塩山玉宮野(えんざん たまみや)地区のブドウをそれぞれ別々に仕込んで最後にブレンドしました。

ワインと綺麗に馴染んだナッツの様な上質な樽の香り、穏やかで高級感のある黄金色の液体は滑らかで、その後に続く余韻にすらうっとりしてしまう程。

長期熟成も可能なポテンシャルを持つ1本ですのので、早のみの場合はデカンタージュ、スワリングを推奨しております。

ゆっくり寝かせておいて、特別な日に楽しみたい、とびっきり特別な1本です。

在庫切れ
価格 ¥ 13,500 消費税込 ¥ 14,850
詳細を見る

キスヴィンワイナリー シラー 2017 750ml

このシラーの赤ワインは生産量も非常に少ない稀少なものです。ステンレスタンクで発酵後、樽熟成を17ヶ月程度実施。ブルーベリーのような黒系果実の香りに、植物系ニュアンスや甘香ばしいキャラメルなどの香りも感じられます。製造本数がとても少ないため、表ラベルには生産者手書きのシリアルナンバーが入れられております。タンニンは粗くないため普段の食事にも合わせやすいです。

在庫切れ
価格 ¥ 4,000 消費税込 ¥ 4,400
詳細を見る

キスヴィンワイナリー 甲州 2018 750ml

和食だけにとどまらず幅広い料理との相性を目指して造られたKisvinが表現する甲州の形。

平均樹齢24年。

収穫日10月9,10,11,22,23日。

ステンレスタンク発酵。

ステンレスタンク熟成。

甲州種は果皮が淡い藤紫色をした白ブドウ品種で、果皮が同じような色をしたものは他にピノ・グリやゲヴェルツトラミネールなどがあり、グリ系品種などと呼ばれたりもします。

これらに共通した味わいとしては、後味に仄かな苦味が感じられということがあります。

このKisvin甲州は果房に雨避けの傘をかけ、果皮に過剰な色が付かないようにして完熟させた甲州を使います。

ハーブ、すだちのような柑橘果実や清涼感のある香りが特徴。

潔く軽やかながら、全体とのバランスがとれ心地よい余韻も魅力です。

冷やしすぎず、10~12℃くらいでお楽しみ下さい。

在庫切れ
価格 ¥ 2,380 消費税込 ¥ 2,618
詳細を見る

キスヴィンワイナリー 甲州スパークリング 2018 750ml

平均樹齢24年。

収穫日10月5,6,7,10,12日。

ステンレスタンク発酵、マロラクティック発酵あり。

ステンレス&樽熟成(ブレンド比率非公開)。

コクがあって熟成感も感じられる状態に仕上がったワインを泡立ちを良くする目的で濾過を粗めに実施。

レモンやライムのような柑橘果実や清涼感のあるハーブのような香りが特徴。

味わいにはグレープフルーツや和柑橘果実のような果実味が感じられ、余韻にはコクも感じられます。

在庫切れ
価格 ¥ 2,800 消費税込 ¥ 3,080
詳細を見る

キスヴィンワイナリー ブラン 2018 750ml

Kisvinが栽培している31品種のブドウをブレンド。Kisvinはカリフォルニア大学の栽培醸造科を成績優秀で卒業した斎藤まゆ女史が栽培を担当しており、こちらは香りが豊かなマスカット系品種他、合計31品種程度のブドウをブレンドして造られた辛口ワインです。これだけ沢山の品種をブレンドしているのに、香りも味も乱れずに一つに上手くまとめられているのはさすがの仕上がりです。酸が穏やかでとても飲みやすく、乾杯用としても最適です。

在庫切れ
価格 ¥ 3,220 消費税込 ¥ 3,542
詳細を見る

キスヴィンワイナリー(KIS VIN WINERY) シラー 2018 750ml

ステンレスタンクで発酵後、熟成を樽熟成含め18ヶ月程度実施。
シラーの畑は塩ノ山を臨む南東向きの急斜面にあり、優良な系統と評判の高い苗を徐々に増やしているそう。
優秀な枝の選抜を行うなど、着実に栽培を進化させています。
300本限定で、表ラベルには生産者手書きのシリアルナンバーが入れられております。
タンニンは粗くないため普段の食事にも合わせやすいです。

【Kisvin Winery】
2005年に、甲州市塩山の葡萄農家3代目である荻原康弘さんと、池川総合ブドウ園やシャトー酒折の「キュベ池川」でおなじみの池川仁さん、東京大学大学院特任研究員の西岡一洋さんらとともに設立された醸造用葡萄の勉強会グループ「Team Kisvin チームキスヴィン」を立ち上げたことからKisvin Wineryの歴史は始まります。
2009年に農業生産法人 株式会社Kisvinを設立。
2013年自社醸造施設 Kisvin Wineryを建設し、ワイン醸造を開始。
2014年ワインの販売を開始。
ついに夢が叶い、ワイナリー「kisvin」からワインがリリースされました。
「畑にこだわる。ブドウにこだわる。妥協しないワインつくり。」を徹底して造られたワインを是非お試しください。

在庫切れ
価格 ¥ 4,000 消費税込 ¥ 4,400
詳細を見る

キスヴィンワイナリー ブラン 2019ml

生食用「ぶどうの宝石箱」を原料に29種類のヴィニフェラ系ぶどうを混醸。
キスヴィンの遊び心から生まれたワイン。
2019年は極辛口で甘みに頼ること無く、果実味を表現。
レモングラスや水蜜桃の香り。
若ければ抜栓直後の舌触りは若干プチプチと感じ、ハツラツとしたぶどうの瑞々しい口当たりそのもの。
余韻は豊かな塩味と、心地よい酸とともに静かに続きます。

【Kisvin Winery】
2005年、池川仁さん、荻原康弘さん、西岡一洋さんを中心とした葡萄栽培家のグループが、ワインを飲みながら「3人で力を合わせてワイナリーを設立しよう」と話したことから「kisvin」ワイナリーの歴史は始まります。
当時は、ワイン業界内では無名の存在で、資金もワイン用葡萄もなく、具体的な計画も何もありませんでした。
池川さんが「取敢えずドメインを取得するために名前を決めたから」と言い決めたのが、後にワイナリー名となる「kisvin」です。
「○はVine(葡萄)にKissする」という意味で、○には、太陽、栽培する人、醸造する人、飲む人が入り、それぞれの人にワインを楽しんでほしいという願いが込められています。
その後、荻原氏が設立した農業生産法人を「kisvin」とし、ついに夢が叶い、ワイナリー「kisvin」からワインがリリースされました。

「畑にこだわる。葡萄にこだわる。妥協しないワインつくり。」を徹底して造られたワインを是非お試しください。

在庫切れ
価格 ¥ 3,220 消費税込 ¥ 3,542
詳細を見る

キスヴィンワイナリー ジンファンデル ロゼ 2020 750ml

日本では珍しい、ジンファンデル種から造られたロゼワインです。華やかなベリーの香り、クリアで綺麗な酸と旨味があり、フレッシュな印象の辛口です。


【キスヴィンワイナリー】
2005年、池川仁さん、荻原康弘さん、西岡一洋さんを中心とした葡萄栽培家のグループが、ワインを飲みながら「3人で力を合わせてワイナリーを設立しよう」と話したことから「kisvin」ワイナリーの歴史は始まります。
当時は、ワイン業界内では無名の存在で、資金もワイン用葡萄もなく、具体的な計画も何もありませんでした。池川さんが「取敢えずドメインを取得するために名前を決めたから」と言い決めたのが、後にワイナリー名となる「kisvin」です。
「○はVine(葡萄)にKissする」という意味で、○には、太陽、栽培する人、醸造する人、飲む人が入り、それぞれの人にワインを楽しんでほしいという願いが込められています。
その後、荻原氏が設立した農業生産法人を「kisvin」とし、ついに夢が叶い、ワイナリー「kisvin」からワインがリリースされました。

「畑にこだわる。葡萄にこだわる。妥協しないワインつくり。」を徹底して造られたワインを是非お試しください。

在庫切れ
価格 ¥ 2,858 消費税込 ¥ 3,143
詳細を見る

キスヴィンワイナリー シラー ロゼ 2019 750ml

山梨県甲州市塩山地区の自社畑で栽培されたシラーからつくられた辛口のロゼワインです。
みずみずしい果実の香りと、シラーに由来するほのかなスパイシーさ。酸味は柔らかく、中華やエスニック、お肉料理はもちろんのこと、様々なお料理と共に楽しみたくなるワインです。


【キスヴィンワイナリー】
2005年、池川仁さん、荻原康弘さん、西岡一洋さんを中心とした葡萄栽培家のグループが、ワインを飲みながら「3人で力を合わせてワイナリーを設立しよう」と話したことから「kisvin」ワイナリーの歴史は始まります。
当時は、ワイン業界内では無名の存在で、資金もワイン用葡萄もなく、具体的な計画も何もありませんでした。池川さんが「取敢えずドメインを取得するために名前を決めたから」と言い決めたのが、後にワイナリー名となる「kisvin」です。
「○はVine(葡萄)にKissする」という意味で、○には、太陽、栽培する人、醸造する人、飲む人が入り、それぞれの人にワインを楽しんでほしいという願いが込められています。
その後、荻原氏が設立した農業生産法人を「kisvin」とし、ついに夢が叶い、ワイナリー「kisvin」からワインがリリースされました。

「畑にこだわる。葡萄にこだわる。妥協しないワインつくり。」を徹底して造られたワインを是非お試しください。

在庫切れ
価格 ¥ 2,860 消費税込 ¥ 3,146
詳細を見る

キスヴィンワイナリー ピノノワール ロゼ 2019 750ml

醸造用葡萄を愛する、栽培のプロフェッショナルたちが育てたピノ・ノワールから造られたロゼワインです。
完熟したピノ・ノワールならではの果実味やタンニンが長い余韻にまでしっかり反映された出来栄え。醸造家自ら「とにかく美味しい」と太鼓判をおす、日本のロゼワインの常識を超える1本です。


【Kisvin Winery】
2005年、池川仁さん、荻原康弘さん、西岡一洋さんを中心とした葡萄栽培家のグループが、ワインを飲みながら「3人で力を合わせてワイナリーを設立しよう」と話したことから「kisvin」ワイナリーの歴史は始まります。
当時は、ワイン業界内では無名の存在で、資金もワイン用葡萄もなく、具体的な計画も何もありませんでした。池川さんが「取敢えずドメインを取得するために名前を決めたから」と言い決めたのが、後にワイナリー名となる「kisvin」です。
「○はVine(葡萄)にKissする」という意味で、○には、太陽、栽培する人、醸造する人、飲む人が入り、それぞれの人にワインを楽しんでほしいという願いが込められています。
その後、荻原氏が設立した農業生産法人を「kisvin」とし、ついに夢が叶い、ワイナリー「kisvin」からワインがリリースされました。

「畑にこだわる。葡萄にこだわる。妥協しないワインつくり。」を徹底して造られたワインを是非お試しください。

在庫切れ
価格 ¥ 7,500 消費税込 ¥ 8,250
詳細を見る

キスヴィンワイナリー ピノノワール 2017 750ml

2015年が初ヴィンテージとなるピノ・ノワールは、ジェラール・バッセ氏が大絶賛したことにより、世界中から注目のアイテムになりました。

『Kisvinのピノ・ノワールが、ここまで柔らかい一面を見せることができたのはいい意味で殻を破れたのだと思う』と語る斎藤氏。

抜栓直後はキャラメル、バナナなどの樽香が感じられ、その後ゆっくりとザクロの様な赤く艶っぽい表情が見えてきます。

『今まで強い、硬いことが先行していたワインの中に、私の求める細やかなタンニンを、萩原が畑で表現してくれました』とも語る斎藤氏ですが、

まさにその細やかなタンニンと控えめなアルコール感が合わさることにより、しっとりと落ち着きのある余韻が口内に広がります。

ゆったりと落ち着いた、日常生活に優しく佇む、そんなスタイルの1本です。

【Kisvin Winery】

山梨県甲州市に、栽培家のプロチームが立ち上げたワイナリー。

代表を務めるのは山梨県甲州市塩山にある葡萄農家の3代目「荻原康弘氏」。
2001年に荻原氏が家業を継ぎ、父の代まで行われていた生食用葡萄の栽培ではなく、醸造用葡萄の栽培に着目したことから歴史は始まります。

2005年、「荻原康弘氏」、池川総合ブドウ園の「池川仁氏」、東京大学大学院特任研究員の「西岡一洋氏」らと共に醸造用葡萄の勉強会グループ「Team Kisvin」設立。

ワイナリーに高品質な醸造用葡萄の販売を行いますが、
自分たちで育てた葡萄は、自分たちでワインにしたいという想いから
2013年にKisvin Wineryを立ち上げました。

Kisvin(キスヴィン)という名前には、太陽、栽培する人、醸造する人、飲む人、それぞれの人にワインを楽しんでほしいという願いが込められ、
「畑にこだわる。ブドウにこだわる。妥協しないワインづくり。」を行っています。

【斎藤まゆ氏】

Kisvin Wineryを語るうえで欠かせない存在の一人に、女性醸造家の斎藤まゆ氏がいます。

もともと外国語と海外生活に関心が高かった彼女は15歳で日本を飛び出し、アメリカ/テネシー州にある日本の大学の付属高校に進学。
その際にお笑いに目覚め、卒業後は芸人になろうと思い、早稲田大学第二文学部に入学しました。

そんな斎藤氏がワインの世界に進む大きな転機を迎えたのは大学2年生の夏休み。

フランスを旅した際に立ち寄った、ボルドーで小さなシャトーを営む老夫婦に出会い、彼らが振る舞ってくれたワイン、共に過ごした時間、その生き様までに感銘を受けたといいます。

それをきっかけに強くワインの世界に心を奪われた彼女は、帰国後なんと大学を退学。
帰国後日本ワインを飲むがあまり感動ができず、自ら美味しい日本ワインを造ろうと決意したといいます。

日本でワイン造りを行うのであれば、いわゆる新世界と呼ばれる地域にこそヒントがあると考えた彼女は、カリフォルニアへの留学を決意。
現地の大学では、卒業生後ワイナリーのアシスタントとして1年間学校に残ることが出来るという狭き門を突破しました。

荻原氏との出会いも在学中のこと。荻原氏からTeam Kisvinへ入らないかと声をかけられ、帰国後にチームの一員として加入します。

こうして、葡萄に深い愛を注ぐ栽培家「荻原康弘氏」と、
熱い信念と才能にあふれる醸造家「斎藤まゆ氏」という最高のチームが誕生しました。
世界一のワインを目指して、Kisvin Wineryは活動を続け、
2017年、都内で行われたイベントにて、マスター・オブ・ワインのジェラール・バッセ氏が、キスヴィン シャルドネ 2014を飲み、大絶賛。
ジェラール氏は自身のSNSでもキスヴィンを紹介し、その名が世界へ知れ渡ることとなりました。

本質を追求し、進化し続けるKisvin Wineryに
今後も目を離せません!

在庫切れ
価格 ¥ 14,000 消費税込 ¥ 15,400
詳細を見る

キスヴィンワイナリー ルビー 2017 750ml

「赤く輝く宝石をテーブルに」というコンセプトで造られる、醸造用葡萄栽培を追求し続けるプロフェッショナルたちが育てたピノ・ノワールとシラーから生まれたワイン。それぞれの品種を適熟期に収穫し、ワインにした後樽熟成を経てブレンドされています。
落ち着いた果実の香りと、樽熟成による紅茶やナッツ、スパイスのような香り。
しっとりとしたタンニン、酸味も程よく、柔らかさを感じる味わいです。

在庫切れ
価格 ¥ 3,580 消費税込 ¥ 3,938
詳細を見る

キスヴィンワイナリー ピノノワール ロゼ 2018 750ml

醸造用葡萄を愛する、栽培のプロフェッショナルたちが育てたピノノワールから造られた、辛口ロゼワインです。
葡萄のパワーがしっかりとあるからこその旨味、骨格のしっかりした味わいです。
貴重なピノノワールのみから造られているため、生産本数もわずかです。

在庫切れ
価格 ¥ 7,500 消費税込 ¥ 8,250
詳細を見る

キスヴィンワイナリー シラー ロゼ 2018 750ml

山梨県甲州市塩山地区の自社畑で栽培されたシラーからつくられた辛口のロゼワインです。 みずみずしい果実の香りと、シラーに由来するほのかなスパイシーさ。酸味は柔らかく、中華やエスニック、お肉料理はもちろんのこと、様々なお料理と共に楽しみたくなるワインです。

在庫切れ
価格 ¥ 2,720 消費税込 ¥ 2,992
詳細を見る

キスヴィンワイナリー ホワイトジンファンデル 2018 750ml

ジンファンデルはカリフォルニアを中心に栽培されている品種で、赤ワイン用の黒ブドウ品種です。赤ワインとして醸造すると色調が濃く、黒系果実の香りが強めに香るふくよかなワインに仕上がります。ホワイトジンファンデルとはそのジンファンデルを使ってロゼワインに仕上げたもので、カリフォルニアではポピュラーです。ジンファンデルは乾燥した気候を好む品種のため、日本ではあまり栽培されておりません。そのためにKisvinでも毎年は生産されていないワインです。香りは甘くフレッシュな香りがしますが、味わいは辛口でフレッシュで瑞々しい味わいがお楽しみいただけます。

在庫切れ
価格 ¥ 2,720 消費税込 ¥ 2,992
詳細を見る

キスヴィンワイナリー シャルドネ レゼルヴ 2017 750ml

『特別な人に贈りたくなるような、Kisvinにしかできない輝くシャルドネを』とのお客様の声から生まれたこの1本。

南国系果実を想わせる暖かな要素が感じられる塩山千野(えんざん ちの)地区と、
引き締まった酸が特徴の塩山玉宮野(えんざん たまみや)地区のブドウをそれぞれ別々に仕込んで最後にブレンドしました。

ワインと綺麗に馴染んだナッツの様な上質な樽の香り、穏やかで高級感のある黄金色の液体は滑らかで、その後に続く余韻にすらうっとりしてしまう程。

長期熟成も可能なポテンシャルを持つ1本ですのので、早のみの場合はデカンタージュ、スワリングを推奨しております。

ゆっくり寝かせておいて、特別な日に楽しみたい、とびっきり特別な1本です。

【Kisvin Winery】

山梨県甲州市に、栽培家のプロチームが立ち上げたワイナリー。

代表を務めるのは山梨県甲州市塩山にある葡萄農家の3代目「荻原康弘氏」。
2001年に荻原氏が家業を継ぎ、父の代まで行われていた生食用葡萄の栽培ではなく、醸造用葡萄の栽培に着目したことから歴史は始まります。

2005年、「荻原康弘氏」、池川総合ブドウ園の「池川仁氏」、東京大学大学院特任研究員の「西岡一洋氏」らと共に醸造用葡萄の勉強会グループ「Team Kisvin」設立。

ワイナリーに高品質な醸造用葡萄の販売を行いますが、
自分たちで育てた葡萄は、自分たちでワインにしたいという想いから
2013年にKisvin Wineryを立ち上げました。

Kisvin(キスヴィン)という名前には、太陽、栽培する人、醸造する人、飲む人、それぞれの人にワインを楽しんでほしいという願いが込められ、
「畑にこだわる。ブドウにこだわる。妥協しないワインづくり。」を行っています。

【斎藤まゆ氏】

Kisvin Wineryを語るうえで欠かせない存在の一人に、女性醸造家の斎藤まゆ氏がいます。

もともと外国語と海外生活に関心が高かった彼女は15歳で日本を飛び出し、アメリカ/テネシー州にある日本の大学の付属高校に進学。
その際にお笑いに目覚め、卒業後は芸人になろうと思い、早稲田大学第二文学部に入学しました。

そんな斎藤氏がワインの世界に進む大きな転機を迎えたのは大学2年生の夏休み。

フランスを旅した際に立ち寄った、ボルドーで小さなシャトーを営む老夫婦に出会い、彼らが振る舞ってくれたワイン、共に過ごした時間、その生き様までに感銘を受けたといいます。

それをきっかけに強くワインの世界に心を奪われた彼女は、帰国後なんと大学を退学。
帰国後日本ワインを飲むがあまり感動ができず、自ら美味しい日本ワインを造ろうと決意したといいます。

日本でワイン造りを行うのであれば、いわゆる新世界と呼ばれる地域にこそヒントがあると考えた彼女は、カリフォルニアへの留学を決意。
現地の大学では、卒業生後ワイナリーのアシスタントとして1年間学校に残ることが出来るという狭き門を突破しました。

荻原氏との出会いも在学中のこと。荻原氏からTeam Kisvinへ入らないかと声をかけられ、帰国後にチームの一員として加入します。

こうして、葡萄に深い愛を注ぐ栽培家「荻原康弘氏」と、
熱い信念と才能にあふれる醸造家「斎藤まゆ氏」という最高のチームが誕生しました。
世界一のワインを目指して、Kisvin Wineryは活動を続け、
2017年、都内で行われたイベントにて、マスター・オブ・ワインのジェラール・バッセ氏が、キスヴィン シャルドネ 2014を飲み、大絶賛。
ジェラール氏は自身のSNSでもキスヴィンを紹介し、その名が世界へ知れ渡ることとなりました。

本質を追求し、進化し続けるKisvin Wineryに
今後も目を離せません!

在庫切れ
価格 ¥ 13,500 消費税込 ¥ 14,850
詳細を見る

キスヴィンワイナリー シャルドネ 2017 750ml

塩山地区のブドウをステンレスタンク発酵後に、樽及びステンレスタンクで熟成。南国系果実や柑橘果実がフレッシュに香り、そこにローストしたクルミなどの樽香も感じられます。口中では柑橘系果実のフレッシュな果実味が感じられ、酸は穏やかでコクも感じられ厚みのある味わいがお楽しみいただけます。

在庫切れ
価格 ¥ 3,500 消費税込 ¥ 3,850
詳細を見る

キスヴィンワイナリー 甲州 レゼルヴ 2017 750ml

樽熟成を経て瓶詰めされた、Kisvin甲州の上級レンジ。2014年産の甲州から選抜された良質な葡萄果汁を使用し、樽のニュアンスを穏やかに、果実本来の風味を生かし、『今飲んで美味しく、寝かせるとさらに美味しい甲州を目指し、長期熟成型に仕上げました』との事です。 バランスの良い酸と果実の厚みがあり滑らかで余韻も豊かな辛口です。

在庫切れ
価格 ¥ 2,858 消費税込 ¥ 3,143
詳細を見る
並び替え
36件中 1-36件表示