12,000円(税込)以上ご購入で送料無料
  詳しくはこちら>>

日本酒、ワイン、焼酎などお酒の通販なら
IMADEYA ONLINE STORE

{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}さん

ポイント残高:{@ member.total_points @}pt

   
  
                 
   
  

送料無料 12,000円(税込)以上ご購入で送料無料

詳細検索

  
  • お酒の種類
  • 地域
  • 価格
    円から 円まで
  • トレンドキーワード
  1. HOME
  2. ワイン
  3. タイプで選ぶ
  4. 白ワイン
  5. ボット・ゲイル ポワン・カルディノー・メティス 2018 750ml
  1. HOME
  2. 蔵元/生産者で選ぶ
  3. フランス
  4. アルザス地方
  5. ドメーヌ・ボット・ゲイル
  6. ボット・ゲイル ポワン・カルディノー・メティス 2018 750ml
  1. HOME
  2. ワイン
  3. 産地で選ぶ
  4. フランス
  5. アルザス地方
  6. ボット・ゲイル ポワン・カルディノー・メティス 2018 750ml

ボット・ゲイル ポワン・カルディノー・メティス 2018 750ml

商品番号 590062
価格 ¥ 2,210 消費税込 ¥ 2,431
申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

商品写真は外観が似た商品(※ヴィンテージ違いの商品)などを
一時的に使用する場合がございます。
スペック等は必ず、商品説明にてご確認ください

お買いもの前に必ずご確認ください

■IMADEYA各店舗で販売され、在庫が無い場合がございます
システムで注文完了いただいても欠品が発生する場合がございます。
詳しくは>>ご利用ガイド「出荷準備が完了できない場合」をご参照ください
■配送口数が増え、配送料が割増になる場合がございます。
どんな注文でも1口分の送料で手続きが完了されますが、2口以上での出荷になる場合は追加送料をいただきます。
詳しくは>>ご利用ガイド「配送料追加」をご参照ください
■「要冷蔵」の記載がある商品はクール便でお届けいたします。
詳しくは>>ご利用ガイド「お届け方法」をご参照ください
容量 750ml
タイプ1 白ワイン
種類 辛口
原料 ピノブラン40%、ピノオーセロワ40%、ピノグリ10%、ピノノワール10%
精米歩合 2018
産地 フランス > アルザス地方
度数
生産者 ドメーヌ・ボット・ゲイル
生産者情報
原語
詳細
配送方法 このお酒を含む配送はクール便で発送します。

商品説明

アルザストップ生産者のお手頃ワイン。4つのピノ系品種をブレンドした、アルザス品種の豊かなハーモニーがお楽しみいただけます。
鮮やかで透明感のある、美しいレモンイエローの色調。白い花などを思わせる上品かつ華やかな香り、ボリュームのある果実味がワインに丸みを与え、アフターに感じる塩味により、スッキリとした印象です。


【ドメーヌ・ボット・ゲイル】

輸入元より
フランスの年間最優秀白ワインTOP30に、3年連続で選ばれたアルザスの新星。
200年前に建てられたオールド・セラーが物語る名家ボット・ゲイル。14ヘクタールの畑を所有。 ドメーヌがあるベブレンハイム村を中心に「アルザスの真珠」と呼ばれる一帯に集中している。
5つのグラン・クリュと3つのリュー・ディ、75区画に細分化され管理される畑では、ビオディナミ栽培を行っている。
1998年から一部の区画でオーガニック栽培を始め、2002年から全ての畑をビオディナミに転換。現在、ルフレーヴやユエも参加するビオディヴァンの認証を受け、オーガニックの認証団体セーヴやエコセールのメンバーでもある。 ワイン造りにおいては、「全ては上質な葡萄を収穫できるかどうかであり、醸造では、葡萄の秀逸性を保ち、可能な限りそのポテンシャルを引き出すだけ」と考える、ジャン・クリストフ・ボット。 収量も最高50hlに抑え、グラン・クリュの畑では、30-35hlと極めて低収量。
また、密植度もアルザスの平均がヘクタール当たり4500本程度なのに対し、7400本とかなり高く、複雑味や深み、濃縮度に違いがでるという。キュヴェによっては最長20時間かけて、優しく抽出。糖、アロマ等の要素が綺麗で、バランスの良いジュースが得られる。
圧搾後、約24時間、6度の低温浸漬を行う。 アルコール発酵は天然酵母のみを使用し、20-21度での低温発酵を行う。
アルザス品種の繊細で美しいアロマを大切にする。その後、4-8ヶ月間、シュール・リーで寝かせる。木樽は購入後1-2年間はワインを寝かせ、樽香が強く付かない状態にしてから使い始める。
できるだけ自然なワイン造りを目指し、無清澄。補糖・補酸はもちろん、人口酵母や酵素を加えることは一切しない。
SO2に関しては、アルコール発酵前の低温浸漬の際にのみ、わずか3g/Lを添加。