10,000円(税込)以上ご購入で送料無料
  詳しくはこちら>>

日本酒、ワイン、焼酎などお酒の通販なら
IMADEYA ONLINE STORE

{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}さん

ポイント残高:{@ member.total_points @}pt

   
  
                 
   
  

詳細検索

  
  • お酒の種類
  • 地域
  • 価格
    円から 円まで
  • トレンドキーワード
2件中 1-2件表示
2件中 1-2件表示

商品一覧

並び替え
8件中 1-8件表示

【大注目の自然派モダンオーストラリアワイン!】ヴィンテロパー3本セット

【大注目のモダン自然派ワイン☆】

南オーストラリア州の銘醸地アデレード・ヒルズのノートンサミットにてワインを醸すデイヴィッド・ボウリー氏。
醸造家兼創設者である彼と一緒にワイナリーを営むのは妻のシャロン氏。


クリエイティブなワインが多く生まれ、エネルギーに溢れるこの地域は、
高品質なリンゴやオリーヴ、チェリーなども有名です。

冷涼な気候を持ち、理想的な土壌環境を有することから、
このアデレード・ヒルズは南オーストラリア州の中でも随一のワイン産地として広く知られています。

全てはブドウ畑から、という哲学を持ち、細心の注意を払って栽培に取り組み、全て手作業で収穫。
オーガニック農法を取り入れ、醸造面でも可能な限り人間の手を介入しない造りを徹底しています。

いい意味でさっぱりしている彼らのワインは、質のいい麻のシャツのようで
陽が気持ち良い春も、ジメッとした梅雨にも、カラッと晴れた夏の日にも
気持ちよく着れる、そんなワインです。

ワイナリー名の『VINETELOPER』にも、ボウリー氏のこだわりがたっぷり詰まっています。

VINE=ブドウ樹
NTELOPER=侵入者、出しゃばり

『規定のルールや枠の中でワイン造りを行うのではなく、更なる可能性を追求するために一歩踏み出し、
人とは違う試みを行い、多少のルールを曲げたり、たまにミスをしても、最後には素晴らしいワインを生み出す・・・』

そんな彼の想いと情熱から名付けられました。

パッと目を引くラベルのデザインは、なんとシャロン氏が手がけています。
その作成過程がとてもユニークで、ボウリー夫妻は新しいワインラベルを考える時必ず、
親しい友人たちを招いて、そのワインと合うような美味しい食事とともに
リラックスした雰囲気で長いランチを楽しみます。
そして、その素晴らしい時間と、その時に飲んだワインの印象をいくつかの単語に落とし込み、
デザインを考えていくそうです。

『Fun on the outside. Serious in the bottle.』のモットーで醸されたワインは、
まさに人々が楽しむその空間に溶け込むワイン。
一口飲めば、彼らの丁寧な造りとそこから来るきめ細かい美味しさに
うっとりすること間違いなし。

【オーストラリア火災】

2020年はアデレードヒルズの森林火災でブドウ畑が全焼やスモークティントの被害に遭いました。
ヴィンデロパーでは自社畑の95%が焼失してしまい、畑が復興されるまでに最低で5年は掛かると言われています。
今後の復興の願いも込めて応援をしたいワイナリーです。
ぜひとも皆様が、彼らが醸したワインを手に取って楽しんで頂ければ幸いです。

在庫切れ
価格 ¥ 10,000 消費税込 ¥ 11,000
詳細を見る

ベラリッジ 巨峰 レッド 2011 750ml

1980年代に、一人の日本人男性がオーストラリアの地に植えた巨峰の種。その土地を2003年にオーストラリア人夫婦が譲り受け、今ま大切に育てられてきました。
こちらは2011年収穫の巨峰を使用。開放タンクで発酵の後フレンチオーク樽とタンクで熟成させています。

口いっぱいに広がりをみせる、巨峰の深みある味わい。タンニンはスムーズで長い余韻も魅力的です。巨峰だからこそ表現できる、個性ある味わいがお楽しみ頂けます。

【巨峰ワインについて】

輸入元資料より
1980年代 、一人の日本男性によって 、この土地に巨峰種が植えられた。この頃は、まだ物種を海外へ持ち出すことが合法だったのだ。
まだブドウ品種として認められていなかった時代、いつか脚光を浴びる事信じて大切に育られた。
2003年、歳を重ねたその男性からオーストラリア人夫婦ロンとジョディ土地を譲り受けた。試行錯誤をしながらも、2004年に巨峰ワインが誕生。土地だけでなく、彼の想いもしっかりと受け継いでいる。
あの頃、誰にも知られていなかった巨峰の種はしっかりとスワンバレーの土地で受け継がれ 、今もなお、毎年大きな実を実らせている。
オーストラリアでは日本人シェフ和久田哲也氏のレストラン「Tetsuya’s」でも扱われ、香港の有名ホテル、レストランでも好評を得ている巨峰ワイン。日本ではエスクリ社の独占輸入となっている。
30年も前、日本原産ブドウである巨峰が遥か海を越えた。オーストラリアで日本人から現地の手に渡り、大切育てられ、ワインとして遂に日本へ帰っきた。一体どのような変身を遂げているか。ぜひ、日本食とのマリアージュで歴史を感じていただきたい。

在庫切れ
価格 ¥ 3,383 消費税込 ¥ 3,721
詳細を見る

ベラリッジ 巨峰 NV 750ml




1980年代に、一人の日本人男性がオーストラリアの地に植えた巨峰の種。
その土地を2003年にオーストラリア人夫婦が譲り受け、今ま大切に育てられてきました。
こちらは様々なヴィンテージの巨峰ワインをブレンドしたもの。少しのスキンコンタクトを施したものや、残糖を残して造られたワインと様々なタイプをブレンドすることで、南国果実の様なフレッシュで心躍る爽やかさを持ち、巨峰の個性も感じられるワインに仕上げています。

■発酵:ステンレスタンクにて14~21日間
■熟成:ステンレスタンクにて平均24ヶ月間

【ベラリッジ・エステート】
西オーストラリア州にある、オーストラリアでも最古のワイン産地スワンバレーにあるワイナリー。2003年に設立され、約10haの自社畑を所有しています。海外の有名ホテルやレストランにも採用されるような、高品質ワインを手掛ける実力派ワイナリーです。

【巨峰ワインについて】

輸入元資料より
1980年代 、一人の日本男性によって 、この土地に巨峰種が植えられた。この頃は、まだ物種を海外へ持ち出すことが合法だったのだ。
まだブドウ品種として認められていなかった時代、いつか脚光を浴びる事信じて大切に育られた。
2003年、歳を重ねたその男性からオーストラリア人夫婦ロンとジョディ土地を譲り受けた。試行錯誤をしながらも、2004年に巨峰ワインが誕生。土地だけでなく、彼の想いもしっかりと受け継いでいる。
あの頃、誰にも知られていなかった巨峰の種はしっかりとスワンバレーの土地で受け継がれ 、今もなお、毎年大きな実を実らせている。
オーストラリアでは日本人シェフ和久田哲也氏のレストラン「Tetsuya’s」でも扱われ、香港の有名ホテル、レストランでも好評を得ている巨峰ワイン。日本ではエスクリ社の独占輸入となっている。
30年も前、日本原産ブドウである巨峰が遥か海を越えた。オーストラリアで日本人から現地の手に渡り、大切育てられ、ワインとして遂に日本へ帰っきた。一体どのような変身を遂げているか。ぜひ、日本食とのマリアージュで歴史を感じていただきたい。

在庫切れ
価格 ¥ 2,720 消費税込 ¥ 2,992
詳細を見る
並び替え
8件中 1-8件表示