10,000円(税込)以上ご購入で送料無料
  詳しくはこちら>>

日本酒、ワイン、焼酎などお酒の通販なら
IMADEYA ONLINE STORE

{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}さん

ポイント残高:{@ member.total_points @}pt

   
  
                 
   
  

詳細検索

  
  • お酒の種類
  • 地域
  • 価格
    円から 円まで
  • トレンドキーワード
  1. HOME
  2. 新入荷、再入荷情報
  3. ワイン
  4. 【新発売】キスヴィンワイナリー シャルドネ 2020 750ml
  1. HOME
  2. ワイン
  3. ブドウ品種から選ぶ
  4. シャルドネ
  5. 【新発売】キスヴィンワイナリー シャルドネ 2020 750ml
  1. HOME
  2. 蔵元/生産者で選ぶ
  3. 日本
  4. 山梨県
  5. Kisvin Winery(キスヴィンワイナリー)
  6. 【新発売】キスヴィンワイナリー シャルドネ 2020 750ml

【新発売】キスヴィンワイナリー シャルドネ 2020 750ml

商品番号 407558
*おひとり様1本までとさせていただきます。

価格 ¥ 4,145 消費税込 ¥ 4,559
申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

商品写真は外観が似た商品(※ヴィンテージ違いの商品)などを
一時的に使用する場合がございます。
スペック等は必ず、商品説明にてご確認ください

お買いもの前に必ずご確認ください

■IMADEYA各店舗で販売され、在庫が無い場合がございます
システムで注文完了いただいても欠品が発生する場合がございます。
詳しくは>>ご利用ガイド「出荷準備が完了できない場合」をご参照ください
■配送口数が増え、配送料が割増になる場合がございます。
どんな注文でも1口分の送料で手続きが完了されますが、2口以上での出荷になる場合は追加送料をいただきます。
詳しくは>>ご利用ガイド「配送料追加」をご参照ください
■「要冷蔵」の記載がある商品はクール便でお届けいたします。
詳しくは>>ご利用ガイド「お届け方法」をご参照ください
容量 750ml
タイプ1 白ワイン
種類 辛口
原料 シャルドネ
精米歩合 2020
産地 日本
度数 12.5%
生産者 キスヴィンワイナリー
生産者情報
原語
詳細
配送方法 このお酒を含む配送はクール便で発送します。

商品説明

Kisvinシャルドネのスタンダードタイプ。
スタンダードとはいえ、しっかりとした長期熟成タイプに仕上げるのがKisvinの流儀です。
2020年新ヴィンテージのリリースです。

イエローカラーが素敵なボトルの中には、
輝きを放った透明度の高い、綺麗な黄金色をしたワインが眠っています。

グラスに注ぐと香ってくる、熟したような果実味、お花の蜜のような上品な甘さ。
さらには樽由来のバニラのようなニュアンスもわずかに感じられ、ワインに深みを与えます。

しっかりいい状態に熟したブドウから造られているということは、
味わいの丸みや厚みから感じていただけると思います。

ピュアでフレッシュながらも、芯のしっかりした口当たりをぜひお楽しみください。

余韻にわずかに感じる塩味が心地よいアクセントとなり、
それゆえ海老や蟹といった旨味と甘味のある食材とも相性が良い1本です。

【Kisvin Winery】

山梨県甲州市に、栽培家のプロチームが立ち上げたワイナリー。

代表を務めるのは山梨県甲州市塩山にある葡萄農家の3代目「荻原康弘氏」。
2001年に荻原氏が家業を継ぎ、父の代まで行われていた生食用葡萄の栽培ではなく、醸造用葡萄の栽培に着目したことから歴史は始まります。

2005年、「荻原康弘氏」、池川総合ブドウ園の「池川仁氏」、東京大学大学院特任研究員の「西岡一洋氏」らと共に醸造用葡萄の勉強会グループ「Team Kisvin」設立。

ワイナリーに高品質な醸造用葡萄の販売を行いますが、
自分たちで育てた葡萄は、自分たちでワインにしたいという想いから
2013年にKisvin Wineryを立ち上げました。

Kisvin(キスヴィン)という名前には、太陽、栽培する人、醸造する人、飲む人、それぞれの人にワインを楽しんでほしいという願いが込められ、
「畑にこだわる。ブドウにこだわる。妥協しないワインづくり。」を行っています。

【斎藤まゆ氏】

Kisvin Wineryを語るうえで欠かせない存在の一人に、女性醸造家の斎藤まゆ氏がいます。

もともと外国語と海外生活に関心が高かった彼女は15歳で日本を飛び出し、アメリカ/テネシー州にある日本の大学の付属高校に進学。
その際にお笑いに目覚め、卒業後は芸人になろうと思い、早稲田大学第二文学部に入学しました。

そんな斎藤氏がワインの世界に進む大きな転機を迎えたのは大学2年生の夏休み。

フランスを旅した際に立ち寄った、ボルドーで小さなシャトーを営む老夫婦に出会い、彼らが振る舞ってくれたワイン、共に過ごした時間、その生き様までに感銘を受けたといいます。

それをきっかけに強くワインの世界に心を奪われた彼女は、帰国後なんと大学を退学。
帰国後日本ワインを飲むがあまり感動ができず、自ら美味しい日本ワインを造ろうと決意したといいます。

日本でワイン造りを行うのであれば、いわゆる新世界と呼ばれる地域にこそヒントがあると考えた彼女は、カリフォルニアへの留学を決意。
現地の大学では、卒業生後ワイナリーのアシスタントとして1年間学校に残ることが出来るという狭き門を突破しました。

荻原氏との出会いも在学中のこと。荻原氏からTeam Kisvinへ入らないかと声をかけられ、帰国後にチームの一員として加入します。

こうして、葡萄に深い愛を注ぐ栽培家「荻原康弘氏」と、
熱い信念と才能にあふれる醸造家「斎藤まゆ氏」という最高のチームが誕生しました。
世界一のワインを目指して、Kisvin Wineryは活動を続け、
2017年、都内で行われたイベントにて、マスター・オブ・ワインのジェラール・バッセ氏が、キスヴィン シャルドネ 2014を飲み、大絶賛。
ジェラール氏は自身のSNSでもキスヴィンを紹介し、その名が世界へ知れ渡ることとなりました。

本質を追求し、進化し続けるKisvin Wineryに
今後も目を離せません!