12,000円(税込)以上ご購入で送料無料
  詳しくはこちら>>

日本酒、ワイン、焼酎などお酒の通販なら
IMADEYA ONLINE STORE

{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}さん

ポイント残高:{@ member.total_points @}pt

   
  
                 
   
  

送料無料 12,000円(税込)以上ご購入で送料無料

{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}さん

ポイント残高:{@ member.total_points @}pt

詳細検索

  
  • お酒の種類
  • 地域
  • 価格
    円から 円まで
  • トレンドキーワード
  1. HOME
  2. ワイン
  3. タイプで選ぶ
  4. 白ワイン
  5. ヴィーニンガー ウィーナー ゲミシュターサッツ 2019 750ml
  1. HOME
  2. ワイン
  3. 産地で選ぶ
  4. オーストリア
  5. ウィーン
  6. ヴィーニンガー ウィーナー ゲミシュターサッツ 2019 750ml
  1. HOME
  2. ワイン
  3. ワイン特集
  4. ドイツ・オーストリアワイン特集
  5. ヴィーニンガー ウィーナー ゲミシュターサッツ 2019 750ml

ヴィーニンガー ウィーナー ゲミシュターサッツ 2019 750ml

商品番号 593896
価格 ¥ 2,728 消費税込 ¥ 3,000

商品写真は外観が似た商品(※ヴィンテージ違いの商品)などを
一時的に使用する場合がございます。
スペック等は必ず、商品説明にてご確認ください

お買いもの前に必ずご確認ください

■IMADEYA各店舗で販売され、在庫が無い場合がございます
システムで注文完了いただいても欠品が発生する場合がございます。
詳しくは>>ご利用ガイド「出荷準備が完了できない場合」をご参照ください
■配送口数が増え、配送料が割増になる場合がございます。
どんな注文でも1口分の送料で手続きが完了されますが、2口以上での出荷になる場合は追加送料をいただきます。
詳しくは>>ご利用ガイド「配送料追加」をご参照ください
■「要冷蔵」の記載がある商品はクール便でお届けいたします。
詳しくは>>ご利用ガイド「お届け方法」をご参照ください
容量 750ml
タイプ1 白ワイン
種類 辛口
原料 11種の混植混醸
精米歩合 2019
産地 オーストリア > ウィーン
度数 12%
生産者 ヴィーニンガー
生産者情報
原語
詳細
配送方法 このお酒を含む配送はクール便で発送します。

商品説明

世界でも珍しい首都にあるワイン産地、ウィーンにあるヴィーニンガー。混色混醸(ゲミシュターサッツ)やホイリゲ(新酒)で好評の造り手です。
こちらは、11種類のブドウの混植混醸。ニュスベルクとビザンベルクの両地域のブドウを使用しています。
酸と硬質なミネラルがすばらしく、彼のスタイルをしっかりと感じることができるゲミシュターサッツのスタンダードクラスです。


【ヴィーニンガー】
世界でも珍しい首都にあるワイン産地、ウィーンで伝統的に造られているワインの製法がゲミシュターサッツ(混植混醸)です。
ヴィーニンガーは、現在のゲミシュターサッツの造り手の中心人物と言えるワイナリー。 品種の個性を追い求めるよりも、混植したブドウから現れるウィーンの土地の個性を大切にワインを造りたいという思いから、ゲミシュターサッツに関する法律を作ったりと、伝統的な製法を守ろうとしています。



世界での混植混醸の地位を引き上げた
ウィーンの英雄的存在


世界で唯一、首都にある商業ベースのワイン生産地域、それがウィーンです。現在も300軒ほどのワイナリーがあり、総栽培面積は700haほど。しかしながら、そのほとんどがウィーンの名物といえるワイナリーが経営する季節限定のレストラン「ホイリゲ」にて消費される安価なワイン造りに重きをおいています。その彼らの名物ワインがゲミシュターサッツといわれる混植混醸のワインです。約100年前を振り返るとそのワインの大半はこの製法にて造られた白ワインでした。当時は名声を得て、ウィーンが誇るワインとして確固たる地位のあった銘柄でした。しかしながら、60年代から70年代にかけて潤沢な観光産業向けの大量消費用ワインへと姿を変えていくのです。その輝かしい歴史の復活を目指しているのがこのヴィーニンガー醸造所です。



ゲミシュターサッツ復興を目指して

もともと現ご当主のフリッツ・ヴィーニンガーさんは、カリフォルニアで修行をし、ウィーンに戻って樽熟成のシャルドネで成功をおさめ、「ミスターシャルドネ」とも言われるほどの地位を確立します。そんな成功の中、1999年より念願であったウィーンの街が一望できる最高の畑ニュスベルクを譲り受け、シャルドネをはじめとした単一品種でのさらなる飛躍を考えていたところ、ニュスベルクで初年度に実験的に造ったゲミシュターサッツのワインがあまりにも高品質だったため、考え方をあらため、古き良きゲミシュターサッツの復興に着手するようになります。観光客向けの安価なワインのイメージから脱却するために、今までにない高品質なワインを造り続け、積極的に啓蒙活動を行い続けた結果、ウィーンは世界に名だたるゲミシュターサッツ里と認知されるようになったのです。そしてついにヴィーニンガーさんの10年以上にわたる尽力により、2013年にはウィーンのゲミシュターサッツはDAC(原産地呼称)として認可されるまでになりました。