12,000円(税込)以上ご購入で送料無料
  詳しくはこちら>>

日本酒、ワイン、焼酎などお酒の通販なら
IMADEYA ONLINE STORE

{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}さん

ポイント残高:{@ member.total_points @}pt

   
  
                 
   
  

送料無料 12,000円(税込)以上ご購入で送料無料

詳細検索

  
  • お酒の種類
  • 地域
  • 価格
    円から 円まで
  • トレンドキーワード
  1. HOME
  2. ワイン
  3. 産地で選ぶ
  4. オーストラリア
  5. ビクトリア州
  6. ジャンピング・ジュース ハーフフル レッド 2020 750ml
  1. HOME
  2. ワイン
  3. ワイン特集
  4. アウトドアで楽しむワイン特集
  5. ジャンピング・ジュース ハーフフル レッド 2020 750ml
  1. HOME
  2. ワイン
  3. タイプで選ぶ
  4. 赤ワイン
  5. ジャンピング・ジュース ハーフフル レッド 2020 750ml

ジャンピング・ジュース ハーフフル レッド 2020 750ml

商品番号 572029
価格 ¥ 2,975 消費税込 ¥ 3,272
申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

商品写真は外観が似た商品(※ヴィンテージ違いの商品)などを
一時的に使用する場合がございます。
スペック等は必ず、商品説明にてご確認ください

お買いもの前に必ずご確認ください

■IMADEYA各店舗で販売され、在庫が無い場合がございます
システムで注文完了いただいても欠品が発生する場合がございます。
詳しくは>>ご利用ガイド「出荷準備が完了できない場合」をご参照ください
■配送口数が増え、配送料が割増になる場合がございます。
どんな注文でも1口分の送料で手続きが完了されますが、2口以上での出荷になる場合は追加送料をいただきます。
詳しくは>>ご利用ガイド「配送料追加」をご参照ください
■「要冷蔵」の記載がある商品はクール便でお届けいたします。
詳しくは>>ご利用ガイド「お届け方法」をご参照ください
容量 750ml
タイプ1 赤ワイン
種類
原料 シラー主体
精米歩合 2020
産地 オーストラリア > ビクトリア州
度数
生産者 ジャンピング・ジュース・ワイン・カンパニー(パトリック・サリヴァン&ゼヴィア・グッドリッジ)
生産者情報
原語 Jumping Juice Wine Company / Half Full Red
詳細
配送方法 このお酒を含む配送はクール便で発送します。

商品説明

パトリック・サリヴァンとゼヴィア・グッドリッジのコラボレートワークで造られるジャンピング・ジュース。
コンセプトは、生産地区に縛りは与えず、100%オーガニックのフルーツを使用し、レシピを気にせずに各バッチの味わいを保ちながら、ジューシーでガブ飲み出来るワインを作り続ける事。
ユニークなエチケットがナチュラルワインラヴァーの心をくすぐります。この色で赤ワイン?と思うほど味わいもプリティーです。


【輸入元より】

Jumping Juice【ジャンピング ジュース】は正式にPatrick Sullivan【パトリック サリヴァン】とXavier Goodridge【ゼヴィア グッドリッジ】のコラボレート ワークとして独立したレーベルとなりました。ワインダイヤモンズも今後はJumping Juiceとしてご紹介を続けていく予定です(社名はJumping Juice Wine Companyだそうです)。

コンセプトは以前と変わらず。生産地区に縛りは与えず、100%オーガニックのフルーツを使用し、レシピ(基本的に謳いません)を気にせずに各バッチの味わいを保ちながら、ジューシーでガブ飲み出来るワインを作り続ける事。醸造添加物は使用しませんが、SO2に限っては10ppm-25ppm程度の使用を恐れない。これは以前自身が醸したワインにマメが発生して以来、品質を護る事をプライオリティとするPatrickの哲学故の事です。
(基本的に地元オーストラリアでは「Syrahベースで混ぜこぜのパーティーワインだよ」としかアナウンスしておらず、品種や醸造プロセスも明らかにしていないそうです)。

Margaret Riverで生まれるフルーツの特性は凝縮感を感じさせない素直でエレガンスのあるジューシーさ。イチゴ、ラズベリー、プラム、桃、ブルーベリーやネクタリンの弾ける様な快活さが前面に出ており、微かに感じさせるミントやオレガノっぽいハーブのニュアンスも伴って食欲を煽ります。テクニカル ストーリーや品種論争を虚しく感じさせてくれる、食卓のゲームチェンジャーですね。