12,000円(税込)以上ご購入で送料無料
  詳しくはこちら>>

日本酒、ワイン、焼酎などお酒の通販なら
IMADEYA ONLINE STORE

{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}さん

ポイント残高:{@ member.total_points @}pt

   
  
                 
   
  

送料無料 12,000円(税込)以上ご購入で送料無料

詳細検索

  
  • お酒の種類
  • 地域
  • 価格
    円から 円まで
  • トレンドキーワード
  1. HOME
  2. ワイン
  3. ブドウ品種から選ぶ
  4. シャルドネ
  5. ジュリアン・スカール エビデンス・シャルドネ 750ml
  1. HOME
  2. ワイン
  3. 産地で選ぶ
  4. 南アフリカ
  5. ジュリアン・スカール エビデンス・シャルドネ 750ml
  1. HOME
  2. 蔵元/生産者で選ぶ
  3. アメリカ
  4. カリフォルニア州
  5. セントラル・コースト地方
  6. ジュリアン
  7. ジュリアン・スカール エビデンス・シャルドネ 750ml
  1. HOME
  2. ワイン
  3. タイプで選ぶ
  4. 白ワイン
  5. ジュリアン・スカール エビデンス・シャルドネ 750ml
  1. HOME
  2. ワイン
  3. インポーターで選ぶ
  4. マスダ
  5. ジュリアン・スカール エビデンス・シャルドネ 750ml
  1. HOME
  2. ワイン
  3. ワイン特集
  4. 南アフリカワイン特集
  5. ジュリアン・スカール エビデンス・シャルドネ 750ml
  1. HOME
  2. ワイン
  3. ワイン特集
  4. アウトドアで楽しむワイン特集
  5. ジュリアン・スカール エビデンス・シャルドネ 750ml

ジュリアン・スカール エビデンス・シャルドネ 750ml

商品番号 592181
価格 ¥ 3,182 消費税込 ¥ 3,500

商品写真は外観が似た商品(※ヴィンテージ違いの商品)などを
一時的に使用する場合がございます。
スペック等は必ず、商品説明にてご確認ください

お買いもの前に必ずご確認ください

■IMADEYA各店舗で販売され、在庫が無い場合がございます
システムで注文完了いただいても欠品が発生する場合がございます。
詳しくは>>ご利用ガイド「出荷準備が完了できない場合」をご参照ください
■配送口数が増え、配送料が割増になる場合がございます。
どんな注文でも1口分の送料で手続きが完了されますが、2口以上での出荷になる場合は追加送料をいただきます。
詳しくは>>ご利用ガイド「配送料追加」をご参照ください
■「要冷蔵」の記載がある商品はクール便でお届けいたします。
詳しくは>>ご利用ガイド「お届け方法」をご参照ください
容量 750ml
タイプ1 白ワイン
種類 辛口
原料 シャルドネ
精米歩合 2019
産地 南アフリカ
度数
生産者 ジュリアン・スカール
生産者情報
原語 Julien Schaal Evidence Chardonnay
詳細
配送方法 このお酒を含む配送はクール便で発送します。

商品説明

アルザスグラン・クリュ生産者
テロワールを生かしたナチュラルテイスト


柑橘類、ヴァニラ、アーモンドなどの香り。
フレッシュで豊かな酸、凝縮した果実感と、ふくよかなで中程度のボディです。
オークの風味はあまり強くなく、ブドウ本来の味を楽しめるナチュラルなテイストな仕上がり。

フレッシュ&フルーティで全体のバランスも良く、エレガントに仕上がっています。

シーフード、甲殻類、鶏肉、豚肉、パスタなどとの相性がいいです。

冷涼地区エルギンで最も樹齢の古いポールクルーバー社の北向きのやや暖かい斜面の畑から、凝縮感があり、酸のしっかりしたブドウを購入。
ブドウは一日の1番涼しい時間に手摘みで収穫。ソフトプレス後、300Lのオーク樽で長時間かけての発酵、熟成12ヵ月。
マロラクティック発酵は無し。出来るだけフレッシュさとミネラル分を残すことに注力しています。
熟成のポテンシャルはヴィンテージ+5年ほどです。

【ジュリアン・スカール】
フランス・アルザスのグランクリュ・ワインメーカーのジュリアン・スカールは、2003年に南アフリカ・ウォーカーベイ地区のブシャル・フィンレーソンの収穫を手伝いに来た際、南アフリカの冷涼地区、特にエルギン、オーバーバーグ、ウォーカーベイ、ヘメル・アン・アード地区のシャルドネのポテンシャルに衝撃を受けた。

ジュリアンは、地域や土壌、気候の違いによってワインの味わいが変わることに魅了され、
そのテロワールの違いを自分のワインで表現してみたいと奮起し、翌年 南アフリカに戻りニュートン・ジョンソンのオーナーを説得。
彼の支援を受け、南アフリカでジュリアンの新しいワインを作るプロジェクトがスタートしました。