12,000円(税込)以上ご購入で送料無料
  詳しくはこちら>>

日本酒、ワイン、焼酎などお酒の通販なら
IMADEYA ONLINE STORE

{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}さん

ポイント残高:{@ member.total_points @}pt

   
  
                 
   
  

送料無料 12,000円(税込)以上ご購入で送料無料

詳細検索

  
  • お酒の種類
  • 地域
  • 価格
    円から 円まで
  • トレンドキーワード

商品一覧

並び替え
252件中 1-50件表示
1 2 6

【日本ワイナリーアワード2021で5つ星受賞!】勝沼醸造 アルガーノ・ボシケ 熟成 2016 750ml

太陽に恵まれて育った2016年
熟成を経てよりなめらかに



勝沼醸造のフラッグシップ「アルガブランカ・イセハラ」と同じ金川地区の葡萄を使用した、イセハラのセカンド的な存在です。
2016年は成熟期の7月~9月上旬まで比較的高温、少雨量で、これまでに収穫したブドウは品質が良好だったため、品質の高い葡萄が収穫できた年だったそう。

洋食にはもちろんですが、お出汁をつかったお料理との相性は抜群。
熟成を経て、より滑らかで味わい深くなった甲州をお楽しみいただける1本です。

価格 ¥ 3,636 消費税込 ¥ 3,999

シャトー・マルス デラウェア オランジュ2020 750ml

シャトーマルスより新商品!今度はデラウェアから造られた、やや甘口のオレンジワインです。
「甲州オランジュグリ」も大好評なシャトーマルスのオレンジワイン。メロンや洋ナシ、白い花を連想させる豊かな香りと、ほんのり甘さを感じつつもデラウェアらしいフレッシュな酸味が味わいを引き締めてくれます。
後味にはブドウの皮に由来する旨味が心地よく長い余韻となって残る、スッキリとした甘さを持った味わいです。

価格 ¥ 1,487 消費税込 ¥ 1,635

サンターディ スルキ・ビアンコ 750ml

イタリア隋一の高級リゾート地がサルディーニャ島。世界的なヨットレース、ロレックスカップやカリアリカップが開催される、ラグジュアリーリゾートからの白ワインです。
海風と石灰質土壌という、この土地のテロワールを存分に表現。爽やかな香り、豊かさはあっても鈍重ではなく、石灰系のミネラル、海風由来の塩味が感じられる地中海ワインの決定版です!

価格 ¥ 1,360 消費税込 ¥ 1,496

トリンケーロ パルメ 2019 750ml

トリンケーロのオレンジワインは、ブドウの力を活かしたオレンジワイン。開けたてはまだ硬く、少しそっけない印象もありますが、じっくり時間を掛けて飲んでいくうちに段々と果実が開いていき、ワイン自体のポテンシャルを感じさせます。
もちろん熟成させた方が美味しいのですが、今飲むなら抜栓後2日目や3日目に飲むのがお勧めです。

価格 ¥ 4,760 消費税込 ¥ 5,236

OSA WINERY マテーニ ロゼスパークリング2018 750ml

OSA WINERYの自社畑ツヴァイゲルトレーベを100%使用し、約3年の熟成を経た、スパークリングロゼワインです。
熟度を確認しつつ6回に分けて収穫、選果。房ごとに直接圧搾し、鮮やかな色と優しい果実の風味をいかしてステンレスタンクで低温でゆっくりと一次発酵。
さらに瓶内二次発酵の後、1本づつ手作業での澱抜き、瓶内で約2年ゆっくりと寝かせています。

「MATENI(マテーニ)」というまるで外国語のような響きは、小樽弁の「まてに【=真心こめて丁寧に】」からの造語。
収穫や仕込み作業をしながら、合言葉のように「まてにね~」と声を掛け合っていたそうです。

外観は鮮やかなロゼカラー。グラスの底から細かく活発な泡が立ちます。
赤いベリーのチャーミングさと、トーストのような香ばしい香り。

上品な赤い果実味と酸がバランス良く、程よい厚み。凛とした酸が味わいを引き締めながら、うまみのあるドライな後味が続きます。


【OSA WINERY】

北海道小樽で夫婦ふたりで営む小さなワイナリーです。
ご夫婦ふたりともワインが好きで、ソムリエ資格を取得。

ワイン商社やメーカーに勤めながらワイン造りを志す一方で、ワイン営業を通じながら多くの人にワインをもっと身近に感じ、楽しんでもらうにはどうしたらよいかをずっと考え、全国を回り魅力を感じた北海道で35歳の時に一念発起。

北海道の中でも、昔からぶどう栽培されてきたエリア、街(飲み手)との距離が近い、海と山に囲まれた豊かな食文化に魅力を感じたのが小樽です。

小樽に移住し、OSA WINERYは2015年にスタートしました。

毎年の本数が少なく限られているからこそ、丁寧に栽培・醸造・デザイン・販売まで一貫して手掛け、愛情をかけてワイン造りを行っています。

価格 ¥ 6,000 消費税込 ¥ 6,600

シャトー酒折 マスカット・ベーリーA Barrel aged キュヴェ・オギハラ 2014 750ml

-シャトー酒折が生み出す最高にエレガントなベーリーA-

Kisvinの栽培家、荻原康弘氏が栽培したマスカットベーリーAを100%使用!
なかなか珍しいレアワインです。

ベーリーA特有のキャンディ香は控えめで、程よく感じられるタンニンは心地よい印象。
樽熟成によってドライフルーツのような香りも加わり、で複雑さが増しています。

こちらはなんと、IMADEYAワインバイヤーが商談に行った際に出会ったという掘り出し物。
7年の熟成を経て、程よくこなれており、官能的な芳香を放ちます。
まるでとろけるようになめらかな舌触りは、うっとりしてしまうほどです。

ワイン用ブドウ栽培のスペシャリストである荻原さんが栽培するベーリーAは、まるでピノノワールのようにとてもエレガントに仕上がりに。
シャトー酒折の他のベーリーAと、飲み比べも楽しそうですね。

まさに秋から冬にかけての気分にぴったりの、極上に美味しい1本です。
売り切れ次第終了となりますので、ぜひこの機会にお楽しみ下さい♪

価格 ¥ 3,000 消費税込 ¥ 3,300

ポンセ デパウラ 2019 750ml

モナストレル(ムールヴェードル)から造られる赤ワイン。濃厚な果実味と、シャープな酸味を併せ持つワインです。2016年のワインアドヴォケイトでは91点の高得点を出したワインです。コスパに非常に優れています。

価格 ¥ 1,500 消費税込 ¥ 1,650

モンド・デル・ヴィーノ ピノ・ピノ フリッツァンテ 750ml

ピノ・ノワールから造られたフレッシュでエレガントなフリッツァンテです。
ラムネ、ミント、スウィーティのような涼しげな爽快感と、複雑な味わいを感じられつつも非常に軽快で飲みやすく、心地よい後味が感じられます。

価格 ¥ 1,510 消費税込 ¥ 1,661

オリオル IGP ペイ・ドック ゲヴェルツトラミネール メゾン・ヴィアラード 2017 750ml

ライチや花梨のトロピカルな果実香が高く、白い花のニュアンスもあります。飲み口はまろやかで濃厚な果実味を感じます。コクがあり辛口ながらもほんのりと甘味を持ち合わせ、全体的には丸みがあります。女子会でも活躍しそうな、フルーティーな白ワインです。

価格 ¥ 1,600 消費税込 ¥ 1,760

ウマニ・ロンキ プリミ・ロッソ 750ml

【輸入元HPより】
イタリアを代表する黒ブドウで、国内栽培面積の約10%を占めるサンジョヴェーゼと、アブルッツォ州やマルケ州をはじめとする中部イタリアで主に栽培され、ソフトな味わいが人気のモンテプルチアーノから造られる、魅力的で複雑性のある赤ワイン。
フルーティで爽やかなチェリーなどの豊かなフルーツの香りに、バランスのとれた酸味が特徴です。
肉を使ったパスタや、グリル、ローストした肉料理とよく合います。

価格 ¥ 980 消費税込 ¥ 1,078

ムーラン・ド・ガサック ギレム ルージュ2019 750ml

【輸入元より】
ジュラ紀の石灰質の丘に畑があり、樹齢は約25年で除梗100%、マセラシオンは26~32℃で10~12日間行ないます。少しスパイシーながらも優しいタンニンです。
肉料理や味噌、ニンニク、唐辛子を使った料理と。

価格 ¥ 1,164 消費税込 ¥ 1,280

キンタ・ドス・ロケス キンタ・ド・コーレイヨ ダン レッド 2017 750ml

切手をかたどったかわいいラベル
テーブルワインにピッタリな1本


バラの花やカシスなどの香り、フレッシュでしっかりとした果実味とエレガントな酸味で食事に合わせやすい赤ワインです。「コーレイヨ」とは郵便局を意味し、切手をかたどった可愛いラベルが採用されています。
ポルトガルの郵便ポストの色をキャップシールに使っていて赤は通常郵便を表し、少し熟成させても美味しいという意味合いが込められています。

価格 ¥ 1,250 消費税込 ¥ 1,375

プリマヴォーチェ プリミティーヴォ 750ml

ハウスワインにおすすめ。プルーンを想わせるアロマの中に微かに感じるローズマリーの香りが特長です。まろやかなタンニンと酸が心地よく、南イタリアの葡萄らしい凝縮感の中にも優しさが感じられるワインです。

価格 ¥ 1,304 消費税込 ¥ 1,434

ムートン・カデ・ブラン 750ml

世界で一番愛されているボルドーワイン!シャトー・ムートン・ロスチャイルドの精神を受け継ぐ、爽やかで上品な味わいの白ワイン。

価格 ¥ 1,360 消費税込 ¥ 1,496

ムートン・カデ・ルージュ 750ml

世界で一番愛されているボルドーワイン!シャトー・ムートン・ロスチャイルドの精神を受け継ぐ、バランス抜群の赤ワインです。

価格 ¥ 1,402 消費税込 ¥ 1,542

ドメーヌ・ドゥ・シャマン オープン・ナウ2019 750ml

柑橘系の香り漂う
身体に染み入る旨味の自然派ワイン


有機栽培とビオディナミによりワイン造りを行っている生産者で、
熟した果実の様な飲み心地と、ほんのりスパイシーな風味のバランスが良い1本。

ガッツリお肉を食べたくなるような赤ワインです。少し冷やしても美味しくいただけます!

価格 ¥ 1,445 消費税込 ¥ 1,589

ラムーラ オーガニック・グリッロ 2020 750ml

【輸入元より】
シチリア北西部に位置するベリーチェ渓谷は、温暖な冬と暑い夏、少ない降水量と、約5ヶ月間に及ぶ長い乾燥期、常に吹く風が特徴。温暖で乾燥した気候の中でオーガニック認証ワイン「ラムーラ」は生まれます。
2倍の価格差があるシチリアワインの中で、1000円台ながら全くひけをとらないクオリティの高さ。

価格 ¥ 1,190 消費税込 ¥ 1,309

ラ・サラーダ ティンク セット 2021 750ml

【輸入元より】
チャレッロ65%、パレリャーダ35%によるメトード アンセストラル。ワインメーク自体も毎年と変わらず。チャレッロから先に収穫、パレリャーダとは別々のステンレスタンクにダイレクトプレス。発酵スタートから15日目にブレンドしてボトリング。
果汁感に満ちたシトラスのノートが爽快、泡立ちの中には青リンゴやフェンネルの香りが燻り、単にシンプルなだけでは無い、飲む楽しさをパレットに気付かせてくれる相変わらずのスタイル。

価格 ¥ 2,125 消費税込 ¥ 2,337

ジャンピング・ジュース ハーフフル レッド 2020 750ml

パトリック・サリヴァンとゼヴィア・グッドリッジのコラボレートワークで造られるジャンピング・ジュース。
コンセプトは、生産地区に縛りは与えず、100%オーガニックのフルーツを使用し、レシピを気にせずに各バッチの味わいを保ちながら、ジューシーでガブ飲み出来るワインを作り続ける事。
ユニークなエチケットがナチュラルワインラヴァーの心をくすぐります。この色で赤ワイン?と思うほど味わいもプリティーです。


【輸入元より】

Jumping Juice【ジャンピング ジュース】は正式にPatrick Sullivan【パトリック サリヴァン】とXavier Goodridge【ゼヴィア グッドリッジ】のコラボレート ワークとして独立したレーベルとなりました。ワインダイヤモンズも今後はJumping Juiceとしてご紹介を続けていく予定です(社名はJumping Juice Wine Companyだそうです)。

コンセプトは以前と変わらず。生産地区に縛りは与えず、100%オーガニックのフルーツを使用し、レシピ(基本的に謳いません)を気にせずに各バッチの味わいを保ちながら、ジューシーでガブ飲み出来るワインを作り続ける事。醸造添加物は使用しませんが、SO2に限っては10ppm-25ppm程度の使用を恐れない。これは以前自身が醸したワインにマメが発生して以来、品質を護る事をプライオリティとするPatrickの哲学故の事です。
(基本的に地元オーストラリアでは「Syrahベースで混ぜこぜのパーティーワインだよ」としかアナウンスしておらず、品種や醸造プロセスも明らかにしていないそうです)。

Margaret Riverで生まれるフルーツの特性は凝縮感を感じさせない素直でエレガンスのあるジューシーさ。イチゴ、ラズベリー、プラム、桃、ブルーベリーやネクタリンの弾ける様な快活さが前面に出ており、微かに感じさせるミントやオレガノっぽいハーブのニュアンスも伴って食欲を煽ります。テクニカル ストーリーや品種論争を虚しく感じさせてくれる、食卓のゲームチェンジャーですね。

価格 ¥ 2,975 消費税込 ¥ 3,272

モヤ・ミーカー ピノ・ノワール 2020 750ml

3534本のみ生産
元トップワイナリー醸造責任者が醸すエレガントワイン


フレッシュなチェリーやバラ、プラム、スパイス、ブラックチェリー、マッシュルーム、紅葉した葉などが香り、
フレッシュで豊かな酸、細やかで綺麗な渋みが感じられます。

優しく抽出されたジュースは、フレッシュな飾り気のない果実のピュアな味がそのまま表現され、
このワインの最大の魅力となっている。なめらかで繊細、綺麗にまとまっているエレガントなワインです。

余韻も長もながく、エルギンらしいフレッシュで豊かな酸と美しい果実味のバランスが良い。
今後樹齢が増していけば更に良くなってくるだろうと将来に期待できる美しいピノノワールです。
牛肉、ローストビーフ、鶏肉料理、ジビエなどのお料理と一緒に。


【モヤ・ミーカー】
「モヤ・ミーカー」は、奥さんの母親の名前。彼女は、1959年にミス南アフリカに選ばれ、洗練されたエレガントな美しい女性だったそうです。
ワインのテイストも同様で、エレガントで美しいスタイルのピノノワールを醸します。

南アフリカの有力ワインショップ「ワインセラー」は、
「過去10年で最もエキサイティングな南アフリカワインのニューリリースの1つ」と評価し、
鮮烈なデビューを果たしました。今後益々注目されるであろう期待の星です。

カナダ人ビジネスマンだったシャトー・ガビィの元オーナー、デイビッドは、
南アフリカ人の奥さん、ヘネフィーフと結婚した後2010年にエルギンのリンゴ園を購入、
直ぐにピノノワールを植樹しました。(現在はシラーズも栽培している。)

目指すは、少量でもプレミアムなピノノワールを作ること。
そこで2009年から2017年までブーケンハーツクルーフで醸造責任者を務めた経験のあるジャン・スミットを引き入れ
自身のブランド「モヤ・ミーカー」を立ち上げました。

価格 ¥ 3,364 消費税込 ¥ 3,700

ブーケンハーツクルーフ セミヨン 2018 750ml

南アフリカトップ生産者の
トップレンジワイン「七つの椅子」


オレンジの花、柑橘類、オレンジ、桃、ハチミツ、レモングラス、石を擦った香りや少しオークの香り。
柔らかく心地良い酸、凝縮し豊かな果実味。スムーズで、なめらか、クリーミーでリッチな味わい。

ふくよかで厚みのあるしっかりした骨格のあるボディ。
フィニッシュはクリーンでドライ、フリンティなニュアンスもあります。
またレモン、柑橘類の皮、グレープフルーツ、カモミールなどのフレッシュな風味も感じられます。

古木のブドウから作られ、南アフリカの最も古い樹齢のセミヨンを使用し複雑でボディのある味わい、南アフリカの中でも稀有で貴重な存在です。
「これぞブーケンハーツの7つの椅子ワイン!」という堂々たる風格のあるセミヨンで、一度は飲んで頂きたいワインです!

サーモンなど脂の多い魚やシーフード料理、バターやクリームソースを使った料理、タイカレーなどのスパイス料理など。


【ブーケンハーツクルーフ】 南アフリカを代表する「ワールドクラス」ワイン生産者。1776年設立。フランシュック地区で最も古く、かつ最も評価の高いワイナリー。ワイナリーの名前の由来は、「ブーケンハーツ」(現地の言葉、アフリカーンス語で「土着のブナの木」を意味する)から来ている。同ワイナリーのトップ・レンジのラベルには、この木で作られたケープ・オランダ様式の7つの椅子の絵が描かれている(当時はブナの木で様々な家具が作られた)。ブーケンハーツクルーフ社は2008年に、ロバートパーカーのワイン・バイヤーズ・ガイド(米国)、ワインレポート(欧州)の両方で南アフリカNo1ワイナリーに選ばれている。ワイナリーは、フランシュック地区の山々に囲まれた谷にあり、25haのブドウ畑を所有(シラーが中心)。畑の斜面はほとんどが東を向いており、日照時間が限られている為、ブドウの生育が非常に遅く、長い期間を経て成熟される理想的な環境。才能豊かなワイン醸造家・マーク・ケント氏が造るワインは、力強さと果実味豊かなニューワールド的なニュアンスと、エレガントな旧世界的な両方のニュアンスを持ち合わせている。

価格 ¥ 4,637 消費税込 ¥ 5,100

カノンコップ ピノタージュ 2019 750ml

程よい力強さの
エレガントなスタイルの赤ワイン


赤い果実、プラムなど、複雑でフルーティな香りが立ち上がりから感じられます。
なめらかで心地良い酸味、凝縮した果実味、しっかりと太いボディです。
細やかで上品な渋みが心地よい、エレガントなスタイルです。

酸味、果実味、ボディの全ての要素がマックスでバランス良く保たれています。

【カノンコップ】
1910年設立の4代目家族。
ステレンボシュ・シモンスバーグ山脈の麓に125haを所有(ブドウ畑は100ha)。

このシモンズバーグ山脈周辺は「南アフリカの赤ワイン地帯」と呼ばれ、
グレネリー、ラステンバーグなどのトップワイナリーが名を連ねています。

その「赤ワイン地帯」の中で確固たる不動の地位を築いた赤ワインメーカーがこの「カノンコップ」です。
世界最大級のワイン評価大会IWSCなど主に、1990年代から最優秀賞を受賞するなど、
南アフリカワインの品質の高さを世界に知らしめたパイオニア的な存在のワイナリーです。

主役品種はピノタージュで畑全体の50%を占めています。
ピノタージュはブッシュヴァインで、樹齢50年以上の古木もあります。
他はカベルネソーヴィニョンが35%、メルロは7.5%、残りがカベルネフラン。
畑は、ブドウ栽培にとっては理想的な土壌で、灌漑はほとんど必要としません。
昔、ケープ湾に船が入港したことを知らせるために使用していた大砲をボトル・ラベルに描いています。

価格 ¥ 4,637 消費税込 ¥ 5,100

コンスタンシア・グレン ソーヴィニヨン・ブラン 2020 750ml

南アフリカで最初に(1685年)ブドウ栽培が始まったとされるコンスタンシア地区のワイナリー。
こちらはベストな区画で育ったソーヴィニヨンブランを主体に、少しのセミヨンを加えることでシャープな酸を抑え、ほんのりまろやかさを与えています。

グレープフルーツや白桃の香りに豊かな酸味と凝縮した果実味、ミネラル感と程よいボディがあり、余韻も長く高級感も漂わせている。今飲んでも美味しいですが、熟成も期待できるワインです。

価格 ¥ 2,273 消費税込 ¥ 2,500

スィ ピンク 2017 750ml

Si(スィ)は、ワインを作るSarah Morris(サラ モリス)とIwo Jakimowicz(イーウォ ヤキモウィッツ)ご夫婦のイニシャルを繋げて生まれたワイナリー名です。
ロゼといえば日本ではフランスが有名ですが、世界でみると美味しいロゼはオーストラリアにあるといわれるほどロゼワインがポピュラー。
カベルネソーヴィニヨンにほんの少しマルベックをブレンド。ピノノワールのロゼとはまた違い、円みのある爽快感が楽しめます。

価格 ¥ 3,800 消費税込 ¥ 4,180

デ・ボルトリ オーガニック・シラーズ フィールド・ブレンド 2020 750ml

鮮やかな深紅色の外観。レッドチェリーやブラックベリーなど赤系果実と黒系果実が共に感じられ、白コショウなどスパイスの魅力的な香りが複雑性をもたらします。
味わいは、熟した果実感と、マイルドな酸とタンニンが印象的なフードフレンドな味わい。完全で寛大なストラクチャー、そして長い余韻が特徴です。

価格 ¥ 1,850 消費税込 ¥ 2,035

トゥーレ リースリング トロッケン 2020 750ml

ドイツ・ラインヘッセンにて17世紀からワイナリーを所有しているトゥーレ。2006年に現当主である若い兄弟がワイナリーを引き継いでからは、テロワールの研究、化学肥料や除草剤の廃止など試行錯誤を行い、瞬く間にその名をドイツ全土に轟かせました。
畑は約2000万年前に海底で形成された石灰岩土壌。ミネラル感が凝縮し、酸が高くもしっかり熟したブドウが育ちます。
2020年から酸化防止剤の使用を減らし、飲み心地の良さをさらに追求しています。

2006年に親からワイナリーを引き継いだ、ラインヘッセンのトゥーレ兄弟は、現地のメディアからも、誰もが楽しめる新しい独自なスタイルを生み出したと高い評価を受けています。

「かつてドイツでは、酸度が高いリースリングに石灰土壌は合わないと言われてきた。リースリングの場合、土壌が痩せていると最終的にギスギスした柔らかさの欠けたワインになってしまうと。しかし気候の変動とともにその常識は変わった。僕らのワインを飲んでもらえばわかるだろう。」彼らの畑がワインに与える個性は唯一無二だと語る。

2000年前は海底だった石灰土壌のブドウ畑、その粒子はとても細かくブドウの樹が吸収可能な大きさ、トゥーレの畑は40%がこの土壌でドイツ国内でも珍しいそうです。

価格 ¥ 2,700 消費税込 ¥ 2,970

ユルグ シュペートブルグンダー 2019 750ml

ワイナリーの若き3代目ヨハネス・ユルグ。父の代から継承した「赤ワイン」の完成度を更に高め、ドイツを代表する若手トップのピノノワールの生産者です。
異なる区画の樹齢2~30年ドイツのクローンから収穫。
華やかでナチュラルな口当たりが心地よいシュペートブルグンダー、若手の表現が楽しめます。


【輸入元より】ユルグは初代オスカー・ユルグが1961年に創業したワイナリーでファルツ州のシュワイゲンに拠点を置く。当時彼が掲げていた目標は、甘口よりもドライ、量より質、フランスワインの持つエレガンスを体現するワインを造ることであった。

当時、畑にはブルゴーニュから持ち帰った苗木が植えられ、現在それらの畑は平均樹齢60年を迎える。現当主のヨハネス・ユルグはオスカーの孫であり、彼はファルツ、ラインヘッセン、ナーエ、モーゼル、アールの名門ワイナリーで計7年間修行したのち、ブルゴーニュのモレ・サン・ドニに位置するクロ・ド・ロンバレで働いた経験も持つ。

全体のブドウ畑の60%はフランス国内に所有しており、残りの40%はドイツ国内にある。1871年にアルザスがドイツ領となった際、多くのフランスのワイン生産者はドイツ領で生活をしたくなかったため、土地をドイツ人に売って移住した。
1918年にアルザスは再びフランス領となったが、ドイツ人には継続してワイン畑を所有する権利があった。そのためユルグも両国にブドウ畑を所有している。

価格 ¥ 3,200 消費税込 ¥ 3,520

クズマーノ ネロ・ダーヴォラ 750ml

シチリアで最も古い品種の一つ。
地中海の太陽を思わせる個性的な特徴を備える。
香り高く丸みのあるボディ。
熟した果実やジュニパーの香りが印象的。

価格 ¥ 1,020 消費税込 ¥ 1,122

ネブリナ シャルドネ マグナムボトル 1.5L

トロピカルフルーツやシトラスのような活き活きとした果実味と、バターのニュアンスが感じられるフレッシュで柔らかな口当りのワイン。

価格 ¥ 1,110 消費税込 ¥ 1,221

ネブリナ カベルネ・ソーヴィニヨン マグナムボトル 1.5L

カシスやブラックベリーのような活き活きとした果実味と、チョコレートやヴァニラのニュアンスが感じられる、バランスの良い柔らかな口当りのワイン。

価格 ¥ 1,110 消費税込 ¥ 1,221

ドメーヌ・デ・クロワ サヴィニー・レ・ボーヌ プルミエ・クリュ レ・プイエ 2018 750ml

ビオロジック栽培。
新樽使用率を抑え、ピュアな味わいを表現。
砂の多い斜面の畑から、ボディのしっかりとしたワインに仕上げます。

【輸入元より】
区画名は若木を意味し、もともとは林だったと考えられる。
更に前は、川の出口が形成した扇状地とも考えられ、砂を多く含んだ土壌。
その分水はけがよい。
開放桶で3週間マセレーション。
木樽(古樽その内約5%新樽使用)で15ヶ月間熟成後、タンクで6ヶ月の熟成。

【ドメーヌ・デ・クロワ】
わずか22歳で、150年近い歴史を誇る名門ネゴシアン、カミーユ・ジルーの醸造長に抜擢され、現在ブルゴーニュ・ワインの次世代を担う重要生産者として大きく脚光を浴びる、ダヴィッド・クロワのドメーヌ。
クロワは1978年、ロワールのトゥール生まれ。
ブルゴーニュ大学醸造学部在籍時のコント・アルマンでの研修時代から、その手腕に注目が集まっていた。
当ドメーヌの初ヴィンテージは2005年。
ボーヌ1級やコルトンなどを中心に28000本前後を生産する。
畑は認証はないがビオロジック栽培。
醸造哲学は「どの年に、どこで採れたブドウか、というエスプリが、飲んだ時に感じられるワインを生むこと」。
そのためにまず選果を徹底し、収穫時に畑内での選果の後、さらにセラー内で2回、選果を行う情熱を持つ。
新樽率はグランクリュでも20~30%に抑制。
セラー内での人的介入は発酵温度管理と亜硫酸添加以外はほぼ何も行わず、結果生まれるワインは、温かさ、古典的ニュアンス、洗練度の全てに高貴さをまとっている。

価格 ¥ 8,300 消費税込 ¥ 9,130

ダヴィッド・モロー サントネ プルミエ・クリュ クロ・デ・ムーシュ 2017 750ml

【輸入元より】
畑の名前は、このエリアの花から花粉を集める数千もの蜂(Mouches a Miel=ミツバチ)に由来。表土の非常に少ない畑。ボーヌの同名の畑に比べて、評価はされてはいないが、表土が薄く、優れた骨格を持つワインが出来る。
発酵初期に低温(12-15℃)で6日間のマセレーション。30%を228Lの新樽、70%を228Lの旧樽で17ヶ月の熟成。

価格 ¥ 6,200 消費税込 ¥ 6,820

ケリー・フォックス・ワインズ マーシュ・ヴィンヤード ピノ・ノワール 2017 750ml

ピュアで軽快ながら芯のあるピノ・ノワール

ケリー・フォックスは、アメリカのオレゴンにあるワイナリーで、2007年に設立。
オレゴンの熟練生産者たちのもとでノウハウを学び、その後自分でワイナリーを作りました。

ケリーは大学で生物学と生化学を修めていますが、何ごとも慣習通りには行わず、栽培では過度の凝縮感は求めず、醸造では舌と感覚を頼りに判断をしています。

こちらのワインは、名前の通りダンディヒルズにある、今一番ケリーが注力している「マーシュ」という区画の畑のブドウから造られたワイン。
樹齢は50年ほどです。
火山性土壌でフィロキセラがいないためブドウ樹は全て自根です。

ダンディヒルズは元々エレガントなワインができやすい産地ですが、ケリー・フォックスの手に掛かると更にエレガントで伸びやかな味わいになります。

プーアール茶、ミント、カシス、オレンジ、バニラ、バラなどの香りがあり、果実味はとてもピュアで軽快ですが、しっかり最初から最後まで芯があります。
タンニンはきめ細かく繊細で、ライトな味わいに見せかけて凝縮感はしっかりあるという不思議なバランスです。

ブルゴーニュ以外のピノ・ノワールにも、どうしてもブルゴーニュらしさを探してしまいがちですが、それとは全く違う、オレゴンでケリー・フォックスにしか造れない、素晴らしい味わいのピノ・ノワールです。
ぜひお試しください!

価格 ¥ 9,600 消費税込 ¥ 10,560

グレープリパブリック ヌメロ ドゥエ 2020 750ml

山形県産南陽市にある自社農園で有機栽培したシャインマスカットやデラウェアをメインとした白ワイン。
収穫時に丁寧に選果し、全て手作業で除梗。アンフォラにて11-13日間の果皮と共に発酵させ圧搾。再度アンフォラに戻し入れ8か月間の熟成期間を経て瓶詰めされています。
華やかな香りとフレッシュでフルーティーな味わい。爽やかさと心地いいタンニンも感じられ、酵母のような余韻も特徴です。
香りを楽しむため冷やし過ぎずにお楽しみください。

価格 ¥ 3,800 消費税込 ¥ 4,180

グレープリパブリック ヌメロ ウノ 2020 750ml

自社農園の有機栽培のデラウェアを100%使用したオレンジワイン。
収穫時に丁寧に選果し、全て除梗。アンフォラにて13~21日間の果皮と共に発酵させ圧搾。再度アンフォラに戻し入れ8か月間の熟成期間を経て瓶詰めされています。
柑橘を思わせる風味と程よいタンニンが特徴です。ワイナリーおすすめペアリングは、ジャガイモのカレー風味炒めや、ローストポークにオレンジのソースで。
ワインの持つタンニンとギャップになるような油分や、相乗するスパイスを使ったお料理と相性◎

価格 ¥ 3,800 消費税込 ¥ 4,180

カーブドッチ ファンピー ロゼ 2021 750ml

食用ブドウの可能性を探求すること、そして楽しくてハッピーな味わいを目指しているファンピーシリーズ。
青森のスチューベンをベースにわずかなキャンベル、メルローをブレンドして造られたロゼワイン。
ピンクグレープフルーツやわずかにイチゴのニュアンス。そしてたっぷりとした果実味と豊かな酸味が喉を抜けていきます。
暖かくなってきたこの頃、ピクニックなどでコップ酒として楽しんでみてはいかがでしょうか。


【カーブドッチ・ワイナリー】
カーブドッチワイナリーがある新潟の角田浜は砂浜のような砂質土壌。日本海からわずか1kmほどに位置するブドウ畑には昼は海から夜は陸から風が吹き、ブドウの大敵である湿度を下げてくれます。この特異な場所で育てられたブドウが素晴らしい個性のあるワインを生み出すのです。
世界的に見ても特殊なこの砂質土壌特性を活かすため、積極的に草を生やす「草生栽培」や減農薬・微生物を使用して病気を抑えるなど、様々な栽培方法をされています。
砂と風に育まれた自園で収穫されたブドウは華やかな香りと繊細な味わいが特徴。醸造ではその特性を活かしつつ、品種の個性とその年を反映した味わいになるよう造られています。
醸造責任者の掛川さんはワインを造る上で「最高のワインではなく、ここの風土を表した唯一のワイン。」を造って行きたいと仰っていました。

価格 ¥ 1,800 消費税込 ¥ 1,980

エルンスト・トリーバウマー ブラウフレンキッシュ ルスターベルク 2019 750ml

驚くほどのリーズナブルさと、安定感のあるナチュラルな味わいで人気のエルンスト・トリーバウアー。
ブラウフレンキッシュは、ハンガリーと隣接するオーストリアのブルゲンラントで多く栽培されており、白コショウのようなスパイシーさが特徴。
エルンスト・トリーバウアーのブラウフレンキッシュは、特徴である白コショウのニュアンスはしっかり感られるものの、果実味が柔らかで甘みも感じ、酸も穏やかです。


エルンスト・トリーバウマーは、一族の初代が1691年に対抗宗教改革の中でルター派の宗教難民としてノイジードラーゼ湖の西岸の町ルストに移住し、ワイン造りを始めました。それ以来、何世代にも渡りワイン造りを続け、現在は兄弟2人がワイナリーを継ぎ、家族で経営を行っています。
彼らのブドウ畑の約75%が赤ワイン品種で、特にブラウフレンキッシュに力を入れています。
土壌を健康に保つことは調和のとれた味わいのワインになると考え、リュットレゾネを採用。ホメオパシーを用いたり、羊などの家畜をブドウ畑で放牧することにより、ブドウ畑の除草と腐葉土の増加を試みたり、養蜂によって自然に安定した食料生産を目指したりといったことを行っています。

価格 ¥ 2,300 消費税込 ¥ 2,530

ヘーグル シューン グリューナー・フェルトリーナー フェーダーシュピール 2019 750ml

オーストリア最冷涼地域、ヴァッハウ。その中でも最も冷涼でグリューナーヴェルトリーナーの栽培における限界点に位置するワイナリーです。
シューンは急斜面の段々畑で「美しい」という畑名。キラキラとしたミネラルと柔らかな味わいのワインが生み出されます。


【ヘーグル】

※輸入元より
ヴァッハウの最西端、ドナウ河からも少し離れた山奥、オーストリア最冷涼地域に畑を持つ生産者。濃厚でパワフルなヴァッハウワインがまだ全盛期だったころ、いち早くエレガントな白ワインに注力し、注目を浴びました。現在、父のヨゼフさんと息子のゲオルグさんとの共同経営で、洗練されたピュアな白ワイン造りで名を馳せています。

価格 ¥ 4,091 消費税込 ¥ 4,500

ヴィーニンガー ウィーナー ゲミシュターサッツ 2019 750ml

世界でも珍しい首都にあるワイン産地、ウィーンにあるヴィーニンガー。混色混醸(ゲミシュターサッツ)やホイリゲ(新酒)で好評の造り手です。
こちらは、11種類のブドウの混植混醸。ニュスベルクとビザンベルクの両地域のブドウを使用しています。
酸と硬質なミネラルがすばらしく、彼のスタイルをしっかりと感じることができるゲミシュターサッツのスタンダードクラスです。


【ヴィーニンガー】
世界でも珍しい首都にあるワイン産地、ウィーンで伝統的に造られているワインの製法がゲミシュターサッツ(混植混醸)です。
ヴィーニンガーは、現在のゲミシュターサッツの造り手の中心人物と言えるワイナリー。 品種の個性を追い求めるよりも、混植したブドウから現れるウィーンの土地の個性を大切にワインを造りたいという思いから、ゲミシュターサッツに関する法律を作ったりと、伝統的な製法を守ろうとしています。

価格 ¥ 2,728 消費税込 ¥ 3,000

ロンカイエ ヴィーノ・フリッツァンテ 2020 750ml

生産者はステーファノ・メンティ。彼の生み出す洗練されたナチュラルワインは、イタリア本国でも毎年リリースと同時に即完売となっています。
こちらは、ガルガネーガ100%で造られる、まるでレモンスカッシュのような爽やかで親しみやすい味わいのスパークリング。
瓶内二次発酵用の糖分は、陰干ししたレチョート用の果汁を使用しています。
ワイナリーのあるガンベッラーラの火山灰土壌由来のミネラリーな余韻も魅力です。

メンティ・ジョヴァンニは、イタリア・ヴェネトで19世紀末に設立された家族規模のワイナリー。
創業者のメンティ・ジョヴァンニ氏は、現在のオーナー(名前は同じくジョヴァンニ)の祖父にあたり、もともと自分たちで消費するために造っていたワインの販売を始めました。
栽培しているブドウ品種はガルガーネガとドゥレッラ。これらのブドウから、辛口の白ワインと陰干ししたブドウを使用した甘口の白ワインを造っています。
ブドウ栽培から醸造にいたるまでの作業は全て自分たちで行い、自然と地域の伝統に対して最大限の敬意を払ってワイン造りを行っています。

価格 ¥ 2,600 消費税込 ¥ 2,860

【限定60セット】98WINEs 霜(SOU) 白&ロゼ 2本セット

98WINEs 待望の2021年ヴィンテージが登場!

日本ワインを牽引してきたワイナリーでの醸造責任者という経験。
そして勝沼老舗ワイナリーの新たなチャレンジの中心的なメンバーとして、日本ワインの世界を創造してきた平山氏が2019年、山梨県塩山福生里に開いた注目のワイナリー「98WINEs」。

沢山の人が交わり「98」が100や200になる。
様々な人が交じり合い、化学変化を起こす。
そんな意味が込められています。

平山氏がなんども口にするのが「ワインは場所文化」。
化学農薬を使用せず、その場所に適した品種を栽培し、その場所に適した醸造を行う、ブドウの大きさに合うワインづくりで素直に場所の特徴がを表現するのが自分の仕事だと。

さらにその特徴をダイレクトに表現したいという理由で、2020年から酸化防止剤無添加でのリリースをスタートしましたが、その裏にはブドウ、そしてセラーでの精密な管理など、放置するのではなく高い管理をした上での自然派ワインを生産しています。

待望の2021年ヴィンテージのりリースです。
ラベルも新しくなり、白とロゼにそれぞれ男性と女性が描かれていて、2本を向かい合わせた時に乾杯できる仕様になっております♪

60セット限定となっておりますので、ぜひこの機会にお楽しみ下さいませ。
母の日のギフトにも大変おすすめです。

価格 ¥ 4,400 消費税込 ¥ 4,840

ボルゴ・サヴァイアン アランサット ノンフィルター 2020 750ml

美しく輝く麦わら色。
アプリコット、熟したオレンジの香りにダージリン、カルダモンやナッツのアロマがある。
ヨーグルトのニュアンスも感じられ複雑。

骨格はしっかりとしており、豊かな果実味と余韻が残るノンフィルターならではのうまみと複雑さが楽しめるオレンジワイン。

価格 ¥ 1,530 消費税込 ¥ 1,683

カーブドッチ セミヨン 2020 750ml

熟し切る一歩手前、香りのもととなる物質と酸がバランス良く残っている状態をめがけて収穫を行い、セミヨンならではの甘くフルーティーな果実味が楽しめる1本。
派手さもなく大人しい印象のセミヨンですが、合わせる食事を選ばない万能さがあり日々の食卓に寄り添うワインに仕上がっています。
熟成により一変するのもセミヨンの面白いところ。既に蜜のようなニュアンスが感じられ、ワイナリーも今後の熟成が楽しみだそう!


【カーブドッチ・ワイナリー】
カーブドッチワイナリーがある新潟の角田浜は砂浜のような砂質土壌。日本海からわずか1kmほどに位置するブドウ畑には昼は海から夜は陸から風が吹き、ブドウの大敵である湿度を下げてくれます。この特異な場所で育てられたブドウが素晴らしい個性のあるワインを生み出すのです。
世界的に見ても特殊なこの砂質土壌特性を活かすため、積極的に草を生やす「草生栽培」や減農薬・微生物を使用して病気を抑えるなど、様々な栽培方法をされています。
砂と風に育まれた自園で収穫されたブドウは華やかな香りと繊細な味わいが特徴。醸造ではその特性を活かしつつ、品種の個性とその年を反映した味わいになるよう造られています。
醸造責任者の掛川さんはワインを造る上で「最高のワインではなく、ここの風土を表した唯一のワイン。」を造って行きたいと仰っていました。

価格 ¥ 2,900 消費税込 ¥ 3,190

ベッカー オクセロア スキンファーメンテッド 2019 750ml

昨年、一昨年と大好評頂いたベッカーさんのオレンジワイン。
『オレンジワインは本当に良質な果実が収穫できないと良いものはできない』と語るベッカーさん。
2019年はオクセロワで仕込まれました。

穏やかな品種特性ながらも、醸しによる香りやストラクチャーの抽出が見事になされています。
タンニン分は優しく、奥深くも力強い果実感に仕上がっています。


【フリードリッヒ・ベッカー】

ベッカー醸造所のあるシュヴィゲン村はファルツの最南端。
フランスとの国境線に位置するがゆえに、歴史上何度も戦火に見舞われた地域でもあります。

第二次世界大戦後、荒廃して焼け野原になったシュヴァイゲン村の復興を支え、ぶどう栽培農家をまとめ上げて一大協同組合を立ち上げたのが、フリードリッヒ・ベッカー氏の父。

戦後、甘口ワインを造る技術に長けており、造れば造るほど売れていた時代、協同組合の主力ワインも貴腐ワインでした。
フリードリッヒ・ベッカー氏はそんな南ファルツの一大協同組合の跡取りとして期待されていましたが、石灰岩が隆起したシュヴァイゲン村の土壌と寒暖差のある気候に可能性を感じ、自らの大好きなピノ・ノワールに打ち込むために、周囲の猛反対を押し切って1973年に独立。0からのスタートとなりました。

当初、貴腐ワイン用の甘いぶどうばかり生産していた他の生産者からは「酸っぱくてまずいぶどう」のレッテルを張られ(この時の逸話を童話「ぶどうとキツネ」に重ねて個性的なエチケットが誕生しました)激しい非難を浴びながらも、不断の努力とセンスにより、ドイツのピノ・ノワールのトップに上り詰めました。

そしてゴーミヨ誌にて前人未到の8度に渡る最優秀赤ワイン賞を受賞、ドイツのみならず、世界に名だたる生産者となりました。

価格 ¥ 4,800 消費税込 ¥ 5,280

ルナリア ピノ・グリージョ・アンセストラル・ブリュット・ナチュレ 2021 750ml

コレ以上の自然ワインはあるのだろうか…と思わせるほどのヴァンナチュール!
原料はブドウのみ、添加物はゼロどころか発酵中に発生する総So2すら検出不可能値という驚きの微発泡ワインです。
こちらはクラシックスタイルで、ブドウの味わいそのまま、リンゴ酸たっぷりですりおろしリンゴのニュアンスが楽しい味わい。これぞ本物の自然派安旨ワインです!
澱を拡散してしまうと苦味が出ますので、数日落ち着かせてから抜栓して下さい。

価格 ¥ 2,000 消費税込 ¥ 2,200
並び替え
252件中 1-50件表示
1 2 6