12,000円(税込)以上ご購入で送料無料
  詳しくはこちら>>

日本酒、ワイン、焼酎などお酒の通販なら
IMADEYA ONLINE STORE

{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}さん

ポイント残高:{@ member.total_points @}pt

   
  
                 
   
  

送料無料 12,000円(税込)以上ご購入で送料無料

詳細検索

  
  • お酒の種類
  • 地域
  • 価格
    円から 円まで
  • トレンドキーワード

本格的に夏が始まってくる季節。

グランピングやキャンプ、ビーチ沿いでBBQなど、外でのアクティビティを思いっきり楽しみたい!

そんな時に場を盛り上げる物のお供として、とってもおススメなワインをピックアップ♪

コルク抜きのいらないスクリュータイプや、BBQのたっぷりとソースが掛かったお肉に合う冷やして美味しい赤ワイン。
そんなシチュエーションを想像して選んでみました!

どれも暑い、じめじめした雰囲気を爽快な気持ちで過ごさせてくれるワイン達です♪

是非ご覧ください!

商品一覧

並び替え
12件中 1-12件表示

スィ ピンク 2017 750ml

Si(スィ)は、ワインを作るSarah Morris(サラ モリス)とIwo Jakimowicz(イーウォ ヤキモウィッツ)ご夫婦のイニシャルを繋げて生まれたワイナリー名です。
ロゼといえば日本ではフランスが有名ですが、世界でみると美味しいロゼはオーストラリアにあるといわれるほどロゼワインがポピュラー。
カベルネソーヴィニヨンにほんの少しマルベックをブレンド。ピノノワールのロゼとはまた違い、円みのある爽快感が楽しめます。

価格 ¥ 3,800 消費税込 ¥ 4,180

ジュリアン・スカール エビデンス・シャルドネ 750ml

アルザスグラン・クリュ生産者
テロワールを生かしたナチュラルテイスト


柑橘類、ヴァニラ、アーモンドなどの香り。
フレッシュで豊かな酸、凝縮した果実感と、ふくよかなで中程度のボディです。
オークの風味はあまり強くなく、ブドウ本来の味を楽しめるナチュラルなテイストな仕上がり。

フレッシュ&フルーティで全体のバランスも良く、エレガントに仕上がっています。

シーフード、甲殻類、鶏肉、豚肉、パスタなどとの相性がいいです。

冷涼地区エルギンで最も樹齢の古いポールクルーバー社の北向きのやや暖かい斜面の畑から、凝縮感があり、酸のしっかりしたブドウを購入。
ブドウは一日の1番涼しい時間に手摘みで収穫。ソフトプレス後、300Lのオーク樽で長時間かけての発酵、熟成12ヵ月。
マロラクティック発酵は無し。出来るだけフレッシュさとミネラル分を残すことに注力しています。
熟成のポテンシャルはヴィンテージ+5年ほどです。

【ジュリアン・スカール】
フランス・アルザスのグランクリュ・ワインメーカーのジュリアン・スカールは、2003年に南アフリカ・ウォーカーベイ地区のブシャル・フィンレーソンの収穫を手伝いに来た際、南アフリカの冷涼地区、特にエルギン、オーバーバーグ、ウォーカーベイ、ヘメル・アン・アード地区のシャルドネのポテンシャルに衝撃を受けた。

価格 ¥ 3,320 消費税込 ¥ 3,652

【よりどり対象】ユルグ シュペートブルグンダー 2019 750ml

ワイナリーの若き3代目ヨハネス・ユルグ。父の代から継承した「赤ワイン」の完成度を更に高め、ドイツを代表する若手トップのピノノワールの生産者です。
異なる区画の樹齢2~30年ドイツのクローンから収穫。
華やかでナチュラルな口当たりが心地よいシュペートブルグンダー、若手の表現が楽しめます。


【輸入元より】ユルグは初代オスカー・ユルグが1961年に創業したワイナリーでファルツ州のシュワイゲンに拠点を置く。当時彼が掲げていた目標は、甘口よりもドライ、量より質、フランスワインの持つエレガンスを体現するワインを造ることであった。

当時、畑にはブルゴーニュから持ち帰った苗木が植えられ、現在それらの畑は平均樹齢60年を迎える。現当主のヨハネス・ユルグはオスカーの孫であり、彼はファルツ、ラインヘッセン、ナーエ、モーゼル、アールの名門ワイナリーで計7年間修行したのち、ブルゴーニュのモレ・サン・ドニに位置するクロ・ド・ロンバレで働いた経験も持つ。

全体のブドウ畑の60%はフランス国内に所有しており、残りの40%はドイツ国内にある。1871年にアルザスがドイツ領となった際、多くのフランスのワイン生産者はドイツ領で生活をしたくなかったため、土地をドイツ人に売って移住した。
1918年にアルザスは再びフランス領となったが、ドイツ人には継続してワイン畑を所有する権利があった。そのためユルグも両国にブドウ畑を所有している。

価格 ¥ 3,200 消費税込 ¥ 3,520

【よりどり対象】ロングリッジ ピノタージュ 2019 750ml

ナチュラルな醸造方法
豊かな酸が心地よく


スパイスやカシス、熟したベリー、砂糖漬けのオレンジピール、ルイボス、スモーキーなど様々な複雑な香りが特徴。
程よく豊かな酸があり、柔らかくジューシーな渋みの少ないタンニン。

メーカーは、ピノノワールに近いイメージを持っているそうです。

ステレンボシュ地区で最も冷涼なヘルダーバーグ山脈の麓の斜面。
この地区は大西洋のフォルス湾から冷涼な風が吹いてきて、夜も冷えこみます。
その結果、ブドウはゆっくりと生長し、自然に酸がしっかりと含まれるように。

ブドウは手摘み後、選果、箱型の発酵タンクとステンレスタンクで7日間の天然発酵。
その後は、フレンチオークで16ヶ月熟成(新樽と中古樽)。
無濾過で自然な醸造方法で製造しているので酒石などが発生する場合がありますが無害です。


【ロングリッジ】
人も環境も皆健康であることがコンセプト。オーガニック&ビオディナミ生産者
ロングリッジは、ステレンボシュの南側、ヘルダーバーグ山脈の斜面に位置している。この地域は、他のステレンボシュ地区より2-3度気温が低い。年間降水量800ml。土壌は、花崗岩質の下に鉄分の多い粘土質があり、これによって保湿性があるが、必要な年には灌漑できるようにしているという理想的な環境。この恵まれた場所で、自然農法で多くの受賞ワインを生み出している。 ロングリッジが目指すのは、シンプルに、ユニークで、テロワール主義、オーガニック農法で、人も環境も皆、健康であること、そして楽しめるワインでワールドクラスであること。

価格 ¥ 3,150 消費税込 ¥ 3,465

【よりどり対象】コンスタンシア・グレン ソーヴィニヨン・ブラン 2020 750ml

南アフリカで最初に(1685年)ブドウ栽培が始まったとされるコンスタンシア地区のワイナリー。
こちらはベストな区画で育ったソーヴィニヨンブランを主体に、少しのセミヨンを加えることでシャープな酸を抑え、ほんのりまろやかさを与えています。

グレープフルーツや白桃の香りに豊かな酸味と凝縮した果実味、ミネラル感と程よいボディがあり、余韻も長く高級感も漂わせている。今飲んでも美味しいですが、熟成も期待できるワインです。

価格 ¥ 2,700 消費税込 ¥ 2,970

【よりどり対象】トゥーレ リースリング トロッケン 2020 750ml

ドイツ・ラインヘッセンにて17世紀からワイナリーを所有しているトゥーレ。2006年に現当主である若い兄弟がワイナリーを引き継いでからは、テロワールの研究、化学肥料や除草剤の廃止など試行錯誤を行い、瞬く間にその名をドイツ全土に轟かせました。
畑は約2000万年前に海底で形成された石灰岩土壌。ミネラル感が凝縮し、酸が高くもしっかり熟したブドウが育ちます。
2020年から酸化防止剤の使用を減らし、飲み心地の良さをさらに追求しています。

2006年に親からワイナリーを引き継いだ、ラインヘッセンのトゥーレ兄弟は、現地のメディアからも、誰もが楽しめる新しい独自なスタイルを生み出したと高い評価を受けています。

「かつてドイツでは、酸度が高いリースリングに石灰土壌は合わないと言われてきた。リースリングの場合、土壌が痩せていると最終的にギスギスした柔らかさの欠けたワインになってしまうと。しかし気候の変動とともにその常識は変わった。僕らのワインを飲んでもらえばわかるだろう。」彼らの畑がワインに与える個性は唯一無二だと語る。

2000年前は海底だった石灰土壌のブドウ畑、その粒子はとても細かくブドウの樹が吸収可能な大きさ、トゥーレの畑は40%がこの土壌でドイツ国内でも珍しいそうです。

価格 ¥ 2,700 消費税込 ¥ 2,970

【よりどり対象】ラ・サラーダ ティンク セット 2021 750ml

【輸入元より】
チャレッロ65%、パレリャーダ35%によるメトード アンセストラル。ワインメーク自体も毎年と変わらず。チャレッロから先に収穫、パレリャーダとは別々のステンレスタンクにダイレクトプレス。発酵スタートから15日目にブレンドしてボトリング。
果汁感に満ちたシトラスのノートが爽快、泡立ちの中には青リンゴやフェンネルの香りが燻り、単にシンプルなだけでは無い、飲む楽しさをパレットに気付かせてくれる相変わらずのスタイル。

価格 ¥ 2,125 消費税込 ¥ 2,337

デ・ボルトリ オーガニック・シラーズ フィールド・ブレンド 2020 750ml

オーストラリア認定オーガニック基準を満たした
フルボディ好き必見の赤ワイン!


鮮やかな深紅色の外観。レッドチェリーやブラックベリーなど赤系果実と黒系果実が共に感じられ、
白コショウなどスパイスの魅力的な香りが複雑性をもたらします。

味わいは、熟した果実感と、マイルドな酸とタンニンが印象的なフードフレンドな味わい。
完全で寛大なストラクチャー、そして長い余韻が特徴です。

オーストラリアの認定オーガニック基準を満たしたリヴェリナの、
ヘムリーヴィンヤードから手作りされた、デ・ボルトリの最初のオーガニック認定シラーズです。

素晴らしいワインは素晴らしいブドウ園で育つというデ・ボルトリ社の哲学を表した、
ピュアでパワフルなワインです。

価格 ¥ 1,637 消費税込 ¥ 1,800

【夏のイチオシ!】ホールンダー 750ml

-キリッと冷やして飲みたい、夏に欠かせない1本♪-

「ホールンダー」とは…
ドイツ語で「エルダーフラワー」という意味。
このエチケットは、ホールンダーの花咲く、ドイツの森の中のように涼やかな景色をイメージして描かれているのです。

造り手のホーニッヒゼッケルさんは、なんど、
『湿気の多い日本で飲むワインはどんな味が美味しいか』
という考えのもと、毎年各品種のブレンド比率を変え、その時に一番美味しいワインを届けてくださっています。

華やかなアロマと完熟した果実の旨み、爽やかな酸が楽しめる辛口白ワインです。
キリッと冷やして、ジメジメを吹き飛ばそう♪

価格 ¥ 1,600 消費税込 ¥ 1,760

【IMADEYA直輸入ワイン】メゾン・トラミエ レ・ジュール ヴァン・ムスー 750ml

「Les Jour」とはフランス語で「あの日々」という意味。
お祝いの席や大切なお食事の最初の一杯など、人生の様々な思い出のシーンに彩りを添えてくれます。
かけがえのない時をいつまでも心に刻んでいただきたい…そんな思いから生まれた、IMADEYAオリジナルのヴァンムスーです。
柑橘のような爽やかな香りに、きめ細やかな泡。エレガントなブドウの味わいが心地良い、どなたでも気軽に楽しんでいただけるスパークリングワインです。

エチケットのデザインは、千葉大学の学生デザイナーのみなさんによるもの。
昔から、ワインの原料となるブドウ畑の近くには薔薇の木が植えられています。それは、ブドウの木よりもナイーブな薔薇が、土地の健康状態や気候などをいち早く察知することで、ブドウの木を守ってくれるからです。
私達も、大切な日、記念日を迎えられるのは、周りの人たちに支えられたからではないでしょうか。ブドウ畑が薔薇に守られていた日々のように、記念日まで周りの人々と過ごした日々を思い出し、その思い出に感謝を込めて、祝福する。そんなときに、このワインが寄り添ってくれます。

この薔薇の花は「ブルゴーニュ」という、このワインの産地と同じ名前の品種です。
ブルゴーニュは、結婚式での花嫁のブーケや、贈り物によく好まれて使用されている品種で、「Les jours」もこの薔薇のように、記念日やパーティ、ウエディング、感謝の気持ちを込めた贈り物として活躍して欲しいという想いが込められています。また、ワインの色と味わいの印象をデザインに表したかったので、真っ白ではなく全体的に黄色がかった色合いになっています。
感謝の気持ちで祝福のシーンを、ぜひこのスパークリングワインで乾杯していただければと思います。

価格 ¥ 1,600 消費税込 ¥ 1,760

サンターディ スルキ・ビアンコ 750ml

イタリア隋一の高級リゾート地がサルディーニャ島。世界的なヨットレース、ロレックスカップやカリアリカップが開催される、ラグジュアリーリゾートからの白ワインです。
海風と石灰質土壌という、この土地のテロワールを存分に表現。爽やかな香り、豊かさはあっても鈍重ではなく、石灰系のミネラル、海風由来の塩味が感じられる地中海ワインの決定版です!

価格 ¥ 1,360 消費税込 ¥ 1,496

ジャンピング・ジュース ハーフフル レッド 2020 750ml

パトリック・サリヴァンとゼヴィア・グッドリッジのコラボレートワークで造られるジャンピング・ジュース。
コンセプトは、生産地区に縛りは与えず、100%オーガニックのフルーツを使用し、レシピを気にせずに各バッチの味わいを保ちながら、ジューシーでガブ飲み出来るワインを作り続ける事。
ユニークなエチケットがナチュラルワインラヴァーの心をくすぐります。この色で赤ワイン?と思うほど味わいもプリティーです。


【輸入元より】

Jumping Juice【ジャンピング ジュース】は正式にPatrick Sullivan【パトリック サリヴァン】とXavier Goodridge【ゼヴィア グッドリッジ】のコラボレート ワークとして独立したレーベルとなりました。ワインダイヤモンズも今後はJumping Juiceとしてご紹介を続けていく予定です(社名はJumping Juice Wine Companyだそうです)。

コンセプトは以前と変わらず。生産地区に縛りは与えず、100%オーガニックのフルーツを使用し、レシピ(基本的に謳いません)を気にせずに各バッチの味わいを保ちながら、ジューシーでガブ飲み出来るワインを作り続ける事。醸造添加物は使用しませんが、SO2に限っては10ppm-25ppm程度の使用を恐れない。これは以前自身が醸したワインにマメが発生して以来、品質を護る事をプライオリティとするPatrickの哲学故の事です。
(基本的に地元オーストラリアでは「Syrahベースで混ぜこぜのパーティーワインだよ」としかアナウンスしておらず、品種や醸造プロセスも明らかにしていないそうです)。

Margaret Riverで生まれるフルーツの特性は凝縮感を感じさせない素直でエレガンスのあるジューシーさ。イチゴ、ラズベリー、プラム、桃、ブルーベリーやネクタリンの弾ける様な快活さが前面に出ており、微かに感じさせるミントやオレガノっぽいハーブのニュアンスも伴って食欲を煽ります。テクニカル ストーリーや品種論争を虚しく感じさせてくれる、食卓のゲームチェンジャーですね。

在庫切れ
価格 ¥ 2,975 消費税込 ¥ 3,272
詳細を見る
並び替え
12件中 1-12件表示