12,000円(税込)以上ご購入で送料無料
  詳しくはこちら>>

日本酒、ワイン、焼酎などお酒の通販なら
IMADEYA ONLINE STORE

{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}さん

ポイント残高:{@ member.total_points @}pt

   
  
                 
   
  

送料無料 12,000円(税込)以上ご購入で送料無料

詳細検索

  
  • お酒の種類
  • 地域
  • 価格
    円から 円まで
  • トレンドキーワード

ドイツ・オーストリアワイン特集



進化し続ける土地でうまれる
個性豊かなワインたち


若手の生産者を筆頭に辛口ワインの生産が増えてきているドイツ。ワイン葡萄生産地としては北の方に位置し、ファルツやバーデン等の主要生産地は、フランスのシャンパーニュやアルザス地方とほぼ同じ北緯で葡萄栽培が行われています。またその隣にある国、オーストリアでは、北国ならではの繊細さと温暖な地域の開放感を併せ持つ魅力的なワインの生産、国をあげてのワイン産業復活、厳しいワイン法の制定により生み出されるワインなど、今まで飲んだことがない方にも是非楽しんでいただきたいワインが沢山生産されています。このページでは、その2国のワインについて紹介。この機会に是非、ご覧になってください!



 目次



ドイツ/オーストリアの主要ワイン生産地域

①ラインガウ
ドイツ三大銘醸地の1つ。リースリングの栽培に特化しており、全体の約80%の栽培比率を誇る。ほぼ全ての畑が南向きで、最も歴史と伝統のある地域でもある。

②モーゼル
ドイツ三大銘醸地の1つ。同国で最も冷涼な地域で、川沿いの斜面の畑が圧倒的に多い。粘板岩土壌が中心で、土地の味わいを感じるエレガントなワインが特徴。

③バーデン
ドイツ最南に位置するワイン生産地、また最も太陽に恵まれている地域でもあります。シュペートブルグンダーの栽培が盛んで、力強い味わいが特徴。

④ファルツ
ドイツで2番目に大きいワイン生産地。アルザス地方にとても近く、ドイツ国内では最大の赤ワイン産地です。それだけではなく、世界最大のリースリング栽培地域として知られています。

⑤ミッテルライン
栽培が困難を極めるほどの急斜面な畑で葡萄を育てている地域です。温暖な空気を運ぶライン川のおかげで霜害が殆どなく、年間平均気温は9.3℃、リースリングの栽培に理想的な条件が揃っています。

①ウィーン
ホイリゲ(新酒)文化の中心地で、石灰土壌の歴史的な銘醸地。ゲミシュターサッツ(混植混醸)が有名です。

②クレムスタール
ニーダーエストライヒ州西川にある地域。長い葡萄栽培の伝統があり、主にグリューナー・フェルトリーナーが栽培されています。早飲みしたくなる上品な白、滑らかで表現豊かな赤ワインが特徴です。

③ヴァッハウ
クレムスタールのすぐ南に位置し、急斜面に並ぶ段々畑が美しい、ユネスコ世界遺産のひとつでもある地域。渓谷になっており、標高の高い森からの吹きおろしの風のおかげで寒暖差があります。また降水量が少なく乾燥しているのも特徴です。

④ブルゲンラント州
中世に修道院で修道士がワイン造りを発展させた時代からの銘醸地で、年間降水量が500㎜と少なく、夏の気温が高いため、リッチでフルボディなワインが多く生み出される。ブラウフレンキッシュの産地です。

⑤ノイジードラーゼ
ブルゲンラント州北東に位置する地域で、スロバキアとハンガリーと隣接しています。昼夜の寒暖の差が大きいため、赤ワインの色づきがよく、よく熟しつつも酸を伴うバランスのよいぶどうを造ることができます。




リースリングは、出来上がるワインの特徴が産地のテロワールに極めて強く影響される品種です。ドイツの冷涼気候では、林檎や果実の風味、非常に高い酸度、より暖かいオーストリアのリースリングは厚みのあるボディと複雑な香り、明快で強い芳香があり、食欲を掻き立てるものと言われています。とりわけ特徴なのは永い余韻と白コショウのような香り。シャルドネやソーヴィニョンブランと並び白ワインの代表とも言える品種です。元来の豊富な酸と明確な果実の香りにより、リースリングからなるワインは熟成のポテンシャルがあり、良年の高品質なワインであれば熟成により蜂蜜やスモーキーな香りが加わります。リースリングはゼクトと呼ばれるドイツのスパークリングワインにも好適な品種、甘さと酸味のバランスが取れているため、ペアリングに置いても多彩です。魚料理、豚肉料理、ワインによってはスパイスの香りが強いエスニック料理とも合わせやすいです。その鋭い酸味と甘味で、塩気の多い食品とも調和します。

 
  • ゲオルグ・ブロイヤー
    ソヴァージュ リースリング
    トロッケン 2020 750ml

    生産者:ゲオルグ・ブロイヤー/ラインガウ

    詳細を見る

  • トゥーレ
    リースリング トロッケン
    2020 750ml

    生産者:トゥーレ/ラインヘッセン

    詳細を見る

 
  • ヴィーニンガー
    ウィーン リースリング
    2018 750ml

    生産者:ヴィーニンガー/ウィーン

    詳細を見る

  • ドクター・ローゼン
    リースリング トロッケン
    2020 750ml

    生産者:ドクター・ローゼン/モーゼル

    詳細を見る



▲ 目次にもどる




『ピノ・ノワール』の別名が広く世界に知られている黒ブドウ品種です。シュペートブルグンダーはドイツで呼ばれる名称であり、ラインガウ地域では700年以上前に植えられており歴史も古いです。ドイツで最も栽培の盛んな黒ブドウで、特に、バーデン、アールでの栽培が多い。果皮が薄く味や色、口当たりに影響を与えているフェノール化合物の含有量が少ない為、色合いも薄めですが、味わいは深く、滑らかな味わい、豊かな赤果実のアロマを持ち合わせたワインが出来る事が多いです。北部のラインガウやアールの粘板岩土壌で生まれる独特のエレガンスを持ったワインや、南部のバーデンやファルツで、ブルゴーニュと似た土壌や気候で生み出される芳醇なワインなど、多様性もあり、世界中から注目されています。

 
  • フーバー バリッククラブ
    シュペート・ ブルグンダー
    Iラベル 2016 750ml

    生産者:ベルンハルト・フーバー醸造所/バーデン

    詳細を見る

  • ユルグ
    シュペート・ブルグンダー
    2019 750ml

    生産者:ユルグ/ファルツ

    詳細を見る

 
  • フリードリッヒ・ベッカー
    シュペートブルグンダー
    ドッペルシュトゥック 750ml

    生産者:フリードリッヒ・ベッカー醸造所/ファルツ

    詳細を見る

  • ゲオルグ・ブロイヤー
    ルージュ・トロッケン
    750ml

    生産者:ゲオルグ・ブロイヤー/ラインガウ

    詳細を見る



▲ 目次にもどる




オーストリアワインはフランスと同じ緯度となる北緯47度から48度周辺で生産されています。ドイツと同じようにリースリングの栽培も活発に行われていますが、実はオーストリアにも昔よりこの地に根付く葡萄品種があります。チェリーの様な香り、個性的な酸と密なストラクチャ、しっかりしたタンニンなワインを生み出す、「ブラウフレンキッシュ」と、今オーストリアで最も栽培されており、軽快な酸とスパイシーで少し白胡椒の風味が特徴のグリューナ・ヴェルトリーナーです。風積土の様な土壌だと果実味豊かでトロピカルに、原生岩土壌だと硬質ミネラリーに仕上がります。



 
  • サロモン
    グルーヴィ
    グリューナー・ヴェルトリーナー 750ml

    生産者:サロモン/クレムスタール

    詳細を見る

  • ヘーグル シューン
    グリューナー・フェルトリーナー
    フェーダーシュピール 2019 750ml

    生産者:ヘーグル/ヴァッハウ

    詳細を見る

 
  • エルンスト・トリーバウマー
    ブラウフレンキッシュ ルスターベルク
    2019 750ml

    生産者:エルンスト・トリーバウマー/ブルゲンラント州/ルスト

    詳細を見る

  • クリスティアン・チダ
    フェルゼン 1(アインス)
    2015 750ml

    生産者:クリスティアン・チダ/ノイジードラーゼ

    詳細を見る


 
  • 【通常より10%OFF/送料無料】
    オーストリア土着品種を味わう
    グリューナー・ヴェルトリーナー2本セット

    生産者:サロモン、ヘーグル

    詳細を見る

  • 【通常より10%OFF/送料無料】
    オーストリア土着品種を味わう
    ブラウフレンキッシュ2本セット

    生産者:エルンスト・トリーバウマー/クリスティアン・チダ

    詳細を見る



▲ 目次にもどる




ゲミシュターサッツとは1つのエリアにバラバラに植わっている複数の品種を、早熟品種・晩熟品種関係なく、時期を見極めて同時期に収穫、同時に醸造する農法で、日本語では混植混醸と言います。かつては様々な品種を植えることでのリスク分散を目的としていましたが、近年ではぶどう品種の個性に依らないテロワールの表現方法として注目されています。ワインの味の方向性を決める際は、そのエリアの各品種の作付け面積でコントロールしています。また、そのヴィンテージの特徴が顕著に表れるため、非常に生産者の手腕が問われる農法とも言えます。こちらでは、その混植混醸の帝王、ヴィーニンガーさんのワインと、IMADEYAが推す、ぜひ皆様に飲んでいただきたいスパークリングを一緒にご紹介します。


 
  • ヴィーニンガー ウィーナー
    ゲミシュターサッツ
    2019 750ml

    生産者:ヴィーニンガー/ウィーン

    詳細を見る

  • ラッツェンベルガー
    バッハラッハー リースリング
    ゼクト ブリュット 750ml

    生産者:ラッツェンベルガー醸造所/ミッテルライン

    詳細を見る

 
  • サロモン
    リースリング ペットナット
    750ml

    生産者:サロモン/クレムスタール

    詳細を見る

  • 【送料無料】
    軽快な飲み口を愉しむ
    混植混醸と泡の3本セット

    生産者:ヴィーニンガー/ラッツェンベルガー/サロモン

    詳細を見る


▲ 目次にもどる


商品一覧

16件中 1-16件表示

【よりどり対象】ユルグ シュペートブルグンダー 2019 750ml

ワイナリーの若き3代目ヨハネス・ユルグ。父の代から継承した「赤ワイン」の完成度を更に高め、ドイツを代表する若手トップのピノノワールの生産者です。
異なる区画の樹齢2~30年ドイツのクローンから収穫。
華やかでナチュラルな口当たりが心地よいシュペートブルグンダー、若手の表現が楽しめます。


【輸入元より】ユルグは初代オスカー・ユルグが1961年に創業したワイナリーでファルツ州のシュワイゲンに拠点を置く。当時彼が掲げていた目標は、甘口よりもドライ、量より質、フランスワインの持つエレガンスを体現するワインを造ることであった。

当時、畑にはブルゴーニュから持ち帰った苗木が植えられ、現在それらの畑は平均樹齢60年を迎える。現当主のヨハネス・ユルグはオスカーの孫であり、彼はファルツ、ラインヘッセン、ナーエ、モーゼル、アールの名門ワイナリーで計7年間修行したのち、ブルゴーニュのモレ・サン・ドニに位置するクロ・ド・ロンバレで働いた経験も持つ。

全体のブドウ畑の60%はフランス国内に所有しており、残りの40%はドイツ国内にある。1871年にアルザスがドイツ領となった際、多くのフランスのワイン生産者はドイツ領で生活をしたくなかったため、土地をドイツ人に売って移住した。
1918年にアルザスは再びフランス領となったが、ドイツ人には継続してワイン畑を所有する権利があった。そのためユルグも両国にブドウ畑を所有している。

価格 ¥ 3,200 消費税込 ¥ 3,520

ヴィーニンガー ウィーナー ゲミシュターサッツ 2019 750ml

世界でも珍しい首都にあるワイン産地、ウィーンにあるヴィーニンガー。混色混醸(ゲミシュターサッツ)やホイリゲ(新酒)で好評の造り手です。
こちらは、11種類のブドウの混植混醸。ニュスベルクとビザンベルクの両地域のブドウを使用しています。
酸と硬質なミネラルがすばらしく、彼のスタイルをしっかりと感じることができるゲミシュターサッツのスタンダードクラスです。


【ヴィーニンガー】
世界でも珍しい首都にあるワイン産地、ウィーンで伝統的に造られているワインの製法がゲミシュターサッツ(混植混醸)です。
ヴィーニンガーは、現在のゲミシュターサッツの造り手の中心人物と言えるワイナリー。 品種の個性を追い求めるよりも、混植したブドウから現れるウィーンの土地の個性を大切にワインを造りたいという思いから、ゲミシュターサッツに関する法律を作ったりと、伝統的な製法を守ろうとしています。

価格 ¥ 2,728 消費税込 ¥ 3,000

フーバー バリッククラブ シュペート・ ブルグンダー Iラベル 2016 750ml

ドイツワイン最高峰の造り手ベルンハルト・フーバー醸造所が手掛けて下さったIMADEYAオリジナルワイン。ラベルにはIMADEYAの「I」があしらわれています。
ブドウは日本のために用意したマルターディンゲン村の特別区画から。通常の製法とは異なる厳選したバリック(小樽)で熟成されています。
徹底した収量制限によって生み出される奥深い風味が豊かで、贅沢な余韻が広がります。


【ベルンハルト・フーバー醸造所】

フーバーはドイツのワイン生産地帯の最南端、バーデン地方のマルターディンゲン村にあるワイナリー。
マルターディンゲン村には、ゲルマンの地に布教に来たフランスのシトー派の修道士によってなんと約700年も前にピノ・ノワールが植えられており、名産地として名を馳せていました。
その理由は、シャンボール・ミュジニーの風景や土壌とマルターディンゲン村のそれが酷似していたこと。
土壌は貝殻石灰岩の風化土壌で、太古の昔、海だったマルターディンゲン村は、少し掘り起こすと独特の色合いの土壌が露出し、高品質なワインに欠かせない複雑味をもたらしてくれます。
その質の高さから、この地で栽培されたピノ・ノワールは、「マルターディンガー」と呼ばれていたそうです。(今でもワイン辞典にはピノ・ノワールの同義語として、「マルターディンガー」が記載されています。)
その後戦争によって栄養が足りず、甘口の白ワインを好むようになり、戦後にはドイツと言えば甘口の白ワインという印象になってしまいましたが、マルターディンゲンの歴史を知った先代のベルンハルト・フーバーさんは高品質なピノ・ノワールのワインを造ることに情熱を燃やします。

残念ながらベルンハルトさんはご病気で55歳の若さで亡くなりましたが、一緒に働いていたご子息のユリアンさんを中心に品質を落とすことなくワイン造りを続けています。

価格 ¥ 4,091 消費税込 ¥ 4,500

ゲオルグ・ブロイヤー ソヴァージュ リースリング トロッケン 2020 750ml

ラインガウにある3つの村の、比較的緩やかな斜面の畑で育ったリースリングを使用。荒々しいまでの酸とミネラルが噛みついてくるような野性味あふれたワインなので、野生を意味する「ソヴァージュ」と名付けられました。
酢の物、レモンをかけておいしそうなもの、豚や鳥の皮付きや油ののっているところ。素材を損ねないお料理全般に寄り添うような味わい。
ドイツワインの良さがここに詰まった一本です。

価格 ¥ 2,728 消費税込 ¥ 3,000

ヴィーニンガー ウィーナー リースリング2018 750ml

ウィーンでは、ゲミシュターサッツ(混植混醸)という製法のワインが伝統的に造られていますが、リースリングの隠れた名産地でもあります。こちらは「ゲミシュターサッツの帝王」と言われる、ヴィーニンガーが作ったリースリングのワイン。
石灰岩が隆起した畑からはミネラル豊かなワインが作られますが、日中の気温の高さからアプリコットのような果実味と酸味のフレッシュさが融合された仕上がりです。

在庫切れ
価格 ¥ 2,545 消費税込 ¥ 2,799
詳細を見る

クリスティアン・チダ フェルゼン 1(アインス) 2015 750ml

数世代に渡りブドウ栽培を行ってきたチダ家。クリスティアン氏はグラフィックデザイナーの仕事をしていましたが、2007年に10haの畑を引き継ぎました。
フェルゼンとは岩という意味で、とても大きな岩の上部に位置している畑のブドウを使用。2015年は温暖な気候で、果実はよく熟したそう。
手作業で収穫後、除梗し、解放桶で足で破砕し、野生酵母で6週間マセレーション発酵。圧搾後大樽で澱引きせずに約2年熟成されています。

在庫切れ
価格 ¥ 7,273 消費税込 ¥ 8,000
詳細を見る

エルンスト・トリーバウマー ブラウフレンキッシュ ルスターベルク 2019 750ml

驚くほどのリーズナブルさと、安定感のあるナチュラルな味わいで人気のエルンスト・トリーバウアー。
ブラウフレンキッシュは、ハンガリーと隣接するオーストリアのブルゲンラントで多く栽培されており、白コショウのようなスパイシーさが特徴。
エルンスト・トリーバウアーのブラウフレンキッシュは、特徴である白コショウのニュアンスはしっかり感られるものの、果実味が柔らかで甘みも感じ、酸も穏やかです。


エルンスト・トリーバウマーは、一族の初代が1691年に対抗宗教改革の中でルター派の宗教難民としてノイジードラーゼ湖の西岸の町ルストに移住し、ワイン造りを始めました。それ以来、何世代にも渡りワイン造りを続け、現在は兄弟2人がワイナリーを継ぎ、家族で経営を行っています。
彼らのブドウ畑の約75%が赤ワイン品種で、特にブラウフレンキッシュに力を入れています。
土壌を健康に保つことは調和のとれた味わいのワインになると考え、リュットレゾネを採用。ホメオパシーを用いたり、羊などの家畜をブドウ畑で放牧することにより、ブドウ畑の除草と腐葉土の増加を試みたり、養蜂によって自然に安定した食料生産を目指したりといったことを行っています。

在庫切れ
価格 ¥ 2,300 消費税込 ¥ 2,530
詳細を見る

ヘーグル シューン グリューナー・フェルトリーナー フェーダーシュピール 2019 750ml

オーストリア最冷涼地域、ヴァッハウ。その中でも最も冷涼でグリューナーヴェルトリーナーの栽培における限界点に位置するワイナリーです。
シューンは急斜面の段々畑で「美しい」という畑名。キラキラとしたミネラルと柔らかな味わいのワインが生み出されます。


【ヘーグル】

※輸入元より
ヴァッハウの最西端、ドナウ河からも少し離れた山奥、オーストリア最冷涼地域に畑を持つ生産者。濃厚でパワフルなヴァッハウワインがまだ全盛期だったころ、いち早くエレガントな白ワインに注力し、注目を浴びました。現在、父のヨゼフさんと息子のゲオルグさんとの共同経営で、洗練されたピュアな白ワイン造りで名を馳せています。

在庫切れ
価格 ¥ 4,091 消費税込 ¥ 4,500
詳細を見る

ドクター・ローゼン リースリング トロッケン 2020 750ml

【輸入元HPより】
中部モーゼルの青色粘板岩土壌の優良畑の自根のぶどうを使用。3000Lの大樽とステンレスタンクでの熟成。
レモンやライムを思わせる果実味に、冷涼なモーゼルならではのエレガントなボディと長い余韻を持つ。

在庫切れ
価格 ¥ 2,545 消費税込 ¥ 2,799
詳細を見る

トゥーレ リースリング トロッケン 2019 750ml

トゥーレのワインは凛としていながらも、ストーンフルーツや柑橘の明るさが感じられます。
ワインの世界ではあまり使わない言葉ですが、程よい余韻の後に美しくキレる味わいが魅力です。
プレス前にアロマを最大限引き出すために12時間マセレーション。プレス後、90%をステインレスタンク、10%をドイツ産のオーク樽(600~1200L)で自然発酵を促す。5ヶ月のシュールリーを経て、春にボトリング。


2006年に親からワイナリーを引き継いだ、ラインヘッセンのトゥーレ兄弟は、現地のメディアからも、誰もが楽しめる新しい独自なスタイルを生み出したと高い評価を受けています。

「かつてドイツでは、酸度が高いリースリングに石灰土壌は合わないと言われてきた。リースリングの場合、土壌が痩せていると最終的にギスギスした柔らかさの欠けたワインになってしまうと。しかし気候の変動とともにその常識は変わった。僕らのワインを飲んでもらえばわかるだろう。」彼らの畑がワインに与える個性は唯一無二だと語る。

2000年前は海底だった石灰土壌のブドウ畑、その粒子はとても細かくブドウの樹が吸収可能な大きさ、トゥーレの畑は40%がこの土壌でドイツ国内でも珍しいそうです。2019年はリースリングにとって素晴らしいヴィンテージで、健やかにピュアな果実味とミネラルが表現されています。

在庫切れ
価格 ¥ 2,273 消費税込 ¥ 2,500
詳細を見る

【IMADEYA直輸入ワイン/送料無料】サロモン リースリング ペットナット ヴォルケフュアツヴァイ 750ml

ふわふわで軽快な、ひとくちで癒やされる自然派微発泡ワイン!
サロモンが所有する畑、ファッヘンベルクとクーゲルのリースリングを使用し、発酵が終了する直前に亜硫酸無添加にてボトリングされたペットナットスタイル。
濁りと緑色がかった黄色い色調に、所々シルバーに輝く液面。
林檎のアロマにライムの皮とレモングラスの香りがうっすらと感じられます。
今すぐに飲んでも十分楽しめる味わいです!

この完成度の高い自然派微発泡ワインは「Ried Pfaffenberg」と「Ried Koegl」で栽培収穫されたリースリングを使用。アルコール発酵終了間際のマストは糖度を残した状態でボトリングされ、瓶内二次発酵によりCO2が発生します。そして瓶内に封じ込められたガスとワインが混ざり合い、最終的には上質なスパークリングワインに仕上がります。
デゴルジュマン(澱抜き)は行われず、残留する澱の影響で濁った色調となっています。
「ヴォルケフュアツヴァイ」とは英訳すると“Cloud for two”という意味。まさにふわふわと雲のような印象のペティアンで、デキャンタをしても、またはデキャンタをせずに濁り感やまろやかなテクスチャーを感じながらも美味しくいただけます。


【サロモン】
サロモンはオーストリアから車で西に一時間ほどに位置するクレムスタールで、8世代続く家族経営の老舗ワイナリー。
高品質な辛口白ワインに定評があります。
クレムスタールは細かく士壌が分かれているため、近い場所であってもグリューナーに向く士壌、リースリングに向く士壌があり、サロモンではそれぞれの特徴を最大限に活かしたワイン造りを行っています。
畑では科学的な農薬や肥料は使用せず、収穫も手積みで行っています。
伝統を守りながらも、酸化防止剤無添加のペティアンを新たにつくり出すなど新たなチャレンジも行っています。

在庫切れ
価格 ¥ 2,546 消費税込 ¥ 2,800
詳細を見る

フリードリッヒ・ベッカー ドッペルシュトゥック シュペートブルグンダー 2016 750ml

JALビジネスクラスにも搭載された、大樽仕込みの特別キュヴェ。
ドッペルシュトゥックとは大樽のことで、熟成に2400Lもの大樽を使用しています。
それによりワインが樽に触れる面積が少なくなり、樽の風味が穏やかに。カシスやプラムのような果実の香りが前面に感じられ、酸とタンニンも程よく、今からでも楽しめます。
抜栓してからの味持ちも良く、1週間は大丈夫なのでグラスワインにもおすすめです。


【フリードリッヒ・ベッカー】

※輸入元HPより
ベッカー醸造所のあるシュヴィゲン村はファルツの最南端。フランスとの国境線に位置するがゆえに、歴史上何度も戦火に見舞われた地域でもあります。
第二次世界大戦後、荒廃して焼け野原になったシュヴァイゲン村の復興を支え、ぶどう栽培農家をまとめ上げて一大協同組合を立ち上げたのが、フリードリッヒ・ベッカー氏の父上でした。戦後、甘口ワインを造る技術に長けており、造れば造るほど売れていた時代、協同組合の主力ワインも貴腐ワインでした。
フリードリッヒ・ベッカー氏はそんな南ファルツの一大協同組合の跡取りとして期待されていましたが、石灰岩が隆起したシュヴァイゲン村の土壌と寒暖差のある気候に可能性を感じ、自らの大好きなピノ・ノワールに打ち込むために、周囲の猛反対を押し切って1973年に独立。0からのスタートとなりました。

当初、貴腐ワイン用の甘いぶどうばかり生産していた他の生産者からは「酸っぱくてまずいぶどう」のレッテルを張られ(この時の逸話を童話「ぶどうとキツネ」に重ねて個性的なエチケットが誕生しました)激しい非難を浴びながらも、不断の努力とセンスにより、ドイツのピノ・ノワールのトップに上り詰めました。
そしてゴーミヨ誌にて前人未到の8度に渡る最優秀赤ワイン賞を受賞、ドイツのみならず、世界に名だたる生産者となりました。

在庫切れ
価格 ¥ 2,728 消費税込 ¥ 3,000
詳細を見る

【よりどり対象】サロモン グルーヴィ グリューナー・ヴェルトリーナー 2020 750ml【IMADEYA直輸入ワイン】

黄色の花のアロマが心地よく、オレンジのフレーバーも程よく広がります。果実味はスッキリとタイトで酸は溌剌としてシャープな印象。ミネラルも柔らかく、ライトなテイストの辛口です。
サラダや、白身魚のカルパッチョはもちろん、出汁の旨味との相性もいいので、おひたしや煮物、おでんにも合わせてみてほしい1本です。

ブドウ品種のグリューナー・ヴェルトリーナーという名前が長すぎるために、あだ名として「グルーヴィー」と名付けられました。
さらに、造り手のサロモンの語感がサーモンに似ていることから、エチケットにもサングラスをかけたサーモンが登場しています。


【サロモン】
サロモンはオーストリアから車で西に一時間ほどに位置するクレムスタールで、8世代続く家族経営の老舗ワイナリー。
高品質な辛口白ワインに定評があります。
クレムスタールは細かく士壌が分かれているため、近い場所であってもグリューナーに向く士壌、リースリングに向く士壌があり、サロモンではそれぞれの特徴を最大限に活かしたワイン造りを行っています。
畑では科学的な農薬や肥料は使用せず、収穫も手積みで行っています。
伝統を守りながらも、酸化防止剤無添加のペティアンを新たにつくり出すなど新たなチャレンジも行っています。

在庫切れ
価格 ¥ 1,819 消費税込 ¥ 2,000
詳細を見る

ラッツェンベルガー バッハラッハー リースリング ゼクト ブリュット 2015 750ml

斜度70度という急斜面の畑のリースリングを単一使用し、瓶内二次発酵5年以上熟成。過酷な傾斜の畑のブドウから生み出されるワインは、ブドウの健全な美味しさと、寒暖の差によるミネラルがバランスよく感じられるエレガントな味わいです。
ドサージュには10年熟成したリースリングのアウスレーゼを使用。ピノやシャルドネとは違う、リースリングならではの魅力を存分に感じられるゼクトをお楽しみください!

在庫切れ
価格 ¥ 3,182 消費税込 ¥ 3,500
詳細を見る

ゲオルグ・ブロイヤー ルージュ・トロッケン 750ml

ゲオルグ・ブロイヤー醸造所の赤ワインの基本となるのがこの「ルージュ」
一番リーズナブルなカテゴリーだが、奥行きのある華やかな香りとエレガントな果実味が特徴。
500Lのプラスティック開放樽で発酵、1200Lの大樽(1割はバリック)で約9ヶ月熟成。
スクリューキャップ使用。

在庫切れ
価格 ¥ 2,728 消費税込 ¥ 3,000
詳細を見る
16件中 1-16件表示