12,000円(税込)以上ご購入で送料無料
  詳しくはこちら>>

日本酒、ワイン、焼酎などお酒の通販なら
IMADEYA ONLINE STORE

{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}さん

ポイント残高:{@ member.total_points @}pt

   
  
                 
   
  

送料無料 12,000円(税込)以上ご購入で送料無料

詳細検索

  
  • お酒の種類
  • 地域
  • 価格
    円から 円まで
  • トレンドキーワード

世界自然遺産の中で作られる
人と自然にやさしい南アフリカワイン


南アフリカは、主要ワイン産地の中でもチリやオーストラリア南部、ニュージーランドと南緯をおなじくする国です。国土の大部分は日照時間が長く温暖ですが、南極側に位置する地域、ケープ地方ではベンゲラ海流という南極からくる冷涼な海風が吹き、畑の湿度を涼しく保ってくれているおかけで良質なブドウが出来上がります。ここの土地は5億年以上も前に遡ると言われる世界で最も古い土とされており、他の地域では見られない多様な植物の生息地として知られています。


人と自然にやさしいワイン作り

南アフリカは全土に約22,000種もの多種多様な花や植物があり、主要ブドウ産地のケープ地方では世界自然遺産に指定された9万平方kmにも及ぶ保護地域が広がります。そして、ケープ地方のワイン産地の実に95%はこの保護区にあることから、この植生を守ることが生産者の使命であり、そのために農薬を減らし、世界一低い酸化防止剤の使用、水源の維持等、環境と人体、両方に健康的なワイン造りが行われています。また南アフリカでは世界で唯一、持続可能な農業の認定を受けたことを証明する為、「サスティナビリティシール」というものが導入されました。このシールは各ボトルの首の部分に貼られており、シールの右下にボトル1本1本に違う番号が付けられています。「ワイン&スピリット・ボード」のWEBサイトでその番号を入力すると、生産者や瓶詰め日などの情報を得ることができる追跡体制が整っています。

IMADEYA おすすめ南アフリカワイン

冷涼地域の高品質ワイン生産者

南アフリカのクールクライメイト(冷涼地域)といえば、エルギンとウォーカーベイの名が挙がることが多いでしょう。この地域は、南アフリカワイン生産地の最南端(南緯30-50度)の丘の上に位置し、年間の平均雨量がブドウ栽培において理想と言われる500mm-800mm程度、南極からの冷たいベンゲラ海流の上を通ってくる冷涼な海風が吹きあげる乾燥した地域です。エルギン地区では多くのメダル受賞ワインを産出しており、シャルドネ、リースリング、ソーヴィニョンブラン、ピノノワール、シラーズなどの栽培が盛んです。ウォーカーベイはそのエルギンより更に海岸に近い場所にあり、ホエールウォッチングで有名。品質の高いピノノワールやシャルドネで知られています。

世界一の生産量を誇るシュナン・ブラン

フランスのロワール地方が原産の白ワインブドウ品種で、出来上がるワインは豊かな酸味のあるものに仕上がります。
現在では南アフリカが最大の栽培面積を誇り、その大きさは18,852ha(フランスは9,828ha)と言われています。

リンゴの様なや白い花の香りが特徴で、日照時間の長いところでしっかりと熟したものは、蜂蜜の様なニュアンスも感じられるようになります。
ブドウ自体にしっかりとした酸があるので、甘口ワインに使われることも多く、熟成のポテンシャルも高いです。

夏が本格的に始まる梅雨の時期には、少し冷やしたシュナン・ブランの爽快な飲み心地を楽しむのもいいでしょう。
おすすめのペアリングはサラダなどの前菜はもちろん、クリームソースを使った魚料理や鶏肉とも相性が良いです。

南アフリカ固有品種ピノタージュ

ピノ・ノワールとサンソー(別名:エルミタージュ)の交配によって生まれた、南アフリカ独自の品種。
両品種の名前をとって、ピノタージュと名付けられました。

南アフリカでは1980年代より盛んに出回るようになり、現在南アフリカ国内での栽培面積はカベルネ・ソーヴィニョン、シラーズについで3位となっていますが、未だに現地では人気を誇っています。

ピノタージュから造られるワインは非常に濃い鮮やかな赤色となり、
木苺やドライフルーツ、スモーキーな香りが感じられ、骨格のある酸味、
また渋みもあることから、カベルネ・ソーヴィニヨンと並び称される品種となっています。

アートと自然派 南アフリカのクラシックとニューウェーブ

南アフリカワインが誕生したのは今から350年以上前です。オランダ東インド会社が香辛料を求めてアジアに向かう途中で、ケープタウンに食糧供給基地を設けて、そこでブドウ栽培とワイン造りを始めたのが最初といわれています。アメリカとオーストラリアのワインの歴史は1700年代中盤ですので、それより100年も古い歴史があります。17世紀後半に宗教的な迫害を受けたフランス、ユグノー派の人々が移住してくるようになり、そこから更にワイン製造を発展させていきました。その時から数々のトップレベルの生産者が生まれている南アフリカですが、クラシックなスタイルを尊重しつつも、現在では若い生産者を筆頭に、なるべく自然な状態でワインを醸造しているワインメーカーもたくさん生まれてきました。そういったワインの中には、クラシックなスタイル(旧世界)のワインのエチケットに見られる、生産地などの文字情報のものではなく、アーティスティックなデザインを入れてひと際目立つデザインを入れる生産者も多いです。そういった素敵なアートボトルを楽しめるのも、南アフリカワインの魅力の1つです。

商品一覧

並び替え
12件中 1-12件表示

【よりどり対象】コンスタンシア・グレン ソーヴィニヨン・ブラン 2020 750ml

南アフリカで最初に(1685年)ブドウ栽培が始まったとされるコンスタンシア地区のワイナリー。
こちらはベストな区画で育ったソーヴィニヨンブランを主体に、少しのセミヨンを加えることでシャープな酸を抑え、ほんのりまろやかさを与えています。

グレープフルーツや白桃の香りに豊かな酸味と凝縮した果実味、ミネラル感と程よいボディがあり、余韻も長く高級感も漂わせている。今飲んでも美味しいですが、熟成も期待できるワインです。

価格 ¥ 2,700 消費税込 ¥ 2,970

【よりどり対象】ロングリッジ ピノタージュ 2019 750ml

ナチュラルな醸造方法
豊かな酸が心地よく


スパイスやカシス、熟したベリー、砂糖漬けのオレンジピール、ルイボス、スモーキーなど様々な複雑な香りが特徴。
程よく豊かな酸があり、柔らかくジューシーな渋みの少ないタンニン。

メーカーは、ピノノワールに近いイメージを持っているそうです。

ステレンボシュ地区で最も冷涼なヘルダーバーグ山脈の麓の斜面。
この地区は大西洋のフォルス湾から冷涼な風が吹いてきて、夜も冷えこみます。
その結果、ブドウはゆっくりと生長し、自然に酸がしっかりと含まれるように。

ブドウは手摘み後、選果、箱型の発酵タンクとステンレスタンクで7日間の天然発酵。
その後は、フレンチオークで16ヶ月熟成(新樽と中古樽)。
無濾過で自然な醸造方法で製造しているので酒石などが発生する場合がありますが無害です。


【ロングリッジ】
人も環境も皆健康であることがコンセプト。オーガニック&ビオディナミ生産者
ロングリッジは、ステレンボシュの南側、ヘルダーバーグ山脈の斜面に位置している。この地域は、他のステレンボシュ地区より2-3度気温が低い。年間降水量800ml。土壌は、花崗岩質の下に鉄分の多い粘土質があり、これによって保湿性があるが、必要な年には灌漑できるようにしているという理想的な環境。この恵まれた場所で、自然農法で多くの受賞ワインを生み出している。 ロングリッジが目指すのは、シンプルに、ユニークで、テロワール主義、オーガニック農法で、人も環境も皆、健康であること、そして楽しめるワインでワールドクラスであること。

価格 ¥ 3,150 消費税込 ¥ 3,465

ジュリアン・スカール エビデンス・シャルドネ 750ml

アルザスグラン・クリュ生産者
テロワールを生かしたナチュラルテイスト


柑橘類、ヴァニラ、アーモンドなどの香り。
フレッシュで豊かな酸、凝縮した果実感と、ふくよかなで中程度のボディです。
オークの風味はあまり強くなく、ブドウ本来の味を楽しめるナチュラルなテイストな仕上がり。

フレッシュ&フルーティで全体のバランスも良く、エレガントに仕上がっています。

シーフード、甲殻類、鶏肉、豚肉、パスタなどとの相性がいいです。

冷涼地区エルギンで最も樹齢の古いポールクルーバー社の北向きのやや暖かい斜面の畑から、凝縮感があり、酸のしっかりしたブドウを購入。
ブドウは一日の1番涼しい時間に手摘みで収穫。ソフトプレス後、300Lのオーク樽で長時間かけての発酵、熟成12ヵ月。
マロラクティック発酵は無し。出来るだけフレッシュさとミネラル分を残すことに注力しています。
熟成のポテンシャルはヴィンテージ+5年ほどです。

【ジュリアン・スカール】
フランス・アルザスのグランクリュ・ワインメーカーのジュリアン・スカールは、2003年に南アフリカ・ウォーカーベイ地区のブシャル・フィンレーソンの収穫を手伝いに来た際、南アフリカの冷涼地区、特にエルギン、オーバーバーグ、ウォーカーベイ、ヘメル・アン・アード地区のシャルドネのポテンシャルに衝撃を受けた。

価格 ¥ 3,320 消費税込 ¥ 3,652

ステレンラスト アーティソンズ・マザーシップ シュナン・ブラン 2019 750ml

ステレンラストのフラッグシップ
シュナンブランから造られる白ワイン


1964年に植樹されたシュナンブランを、6-12時間スキンコンタクトし、
その後大樽とコンクリートの卵型タンクで野生酵母で発酵。それぞれ12ヶ月熟成させブレンドしました。

蜜、白桃、洋梨などリッチで甘みのある香りに、なめらかで厚みのある果実味、
太い酸もあり、全体的にボリュームがありますが、洗練さもあります。

濃厚さとボディ、ステレンラストのフラグシップ品種であるシュナンブランの総決算のような最高レベルに仕上げられた限定品です。

シーフード、グリルした魚、クリームソース、タイのグリーンカレー、スパイス料理、アジア系料理などと一緒に。

【アーティソンズシリーズについて】

注目の畑から限定生産ワインを手掛けるアーティソンズシリーズ。
自社畑のブドウに限ることなく、様々な地区の様々なブドウを自由に選択して、
いわゆる「ステレンラスト」を超えた領域で「ArtiSons」(職人)として、
クラフト(工芸品)的に作られた限定シリーズ。

このシリーズは、昔の時代のワイン作りに使用された道具をラベルに採用している。

【ステレンラスト】

2012年ロンドン・オリンピックに採用されたワイナリー。南アフリカ・ステレンボシュ地区の名門。家族経営のワイナリーとしては、ブドウ畑だけで400haを所有し、ステレンボシュの中でも大きい方に入る。畑は2箇所あり、ヘルダーバーグとボタラリーの両地区にある。両方とも、ステレンボシュの中でも良質のブドウの取れる良い場所にある。白は特にシュナンブラン、赤はピノタージュ、シラーズとボルドー系品種が得意。

価格 ¥ 3,910 消費税込 ¥ 4,301

アタラクシア ピノ・ノワール 2017 750ml

ルビー色に輝く
優美で官能的なワイン


美しくきれいなルビー色のワイン。
チェリーやザクロ、森の土、スパイスや新樽などの香りがします。

豊かでしっかりした酸味、骨格のハッキリしたボディが特徴です。
フレッシュで、とてもきれい、ピュアでチャーミングなブドウの味わい。
渋みは細やかで心地良いです。

きれいで洗練された酸味が全体を美しく、エレガントにまとめています。
みずみずしく透明感のあるきれいなワインで深みもあり、スタイリッシュでエレガントなフィニッシュ。

こちらのワインはブドウを収穫後、発酵前に10日間のコールドマセラシオン。
オープンタンクでの22日間の発酵(最高で28度)。

発酵中は、1日2回のパンチダウンを行う。
その後プレスされ、225Lのフレンチオークに移して100%マロラクティック発酵。
そのまま11ヶ月熟成(新樽21%)。


【アタラクシア】
アタラクシアは南アフリカの南西、ヘルマナスという地域にある、2004年に設立されたワイナリー。
オーナーのケヴィン・グラントは、ハミルトン・ラッセルの醸造責任者を務めた後、フランス、オレゴン、オーストラリア、ニュージーランドで研修し、独立。ヘルマナスの標高の高い場所に畑を持ち、特にシャルドネとピノ・ノワールに力を入れています。
テロワール主義、不干渉主義であるケヴィンのワインは、その環境の特徴をきちんと表した味わいで、引き締まった酸が特徴です。ケヴィンの醸造センスの良さもあり今や全てのワインが割り当てとなっており、世界的に入手困難となっています。

価格 ¥ 4,980 消費税込 ¥ 5,478

ブーケンハーツクルーフ セミヨン 2018 750ml

【輸入元HPより抜粋】
天才醸造家マーク・ケント氏が作る「7つの椅子」のラベルのワイン。毎年のヴィンテージを集めるコレクター達が世界中に存在するほどの人気、かつ超入手困難な逸品。世界完全割当の超限定品。

南アフリカの最も古い樹齢のセミヨンを使用。また、オールドヴァイン(樹齢35年以上)の認証も取得している。ブドウはフランシュックの3箇所の畑から収穫している。一つは南アフリカで最も古い畑の1つである1902年に植樹された畑。二つ目は1942年に植樹された畑。ともに灌漑無しのブッシュヴァイン(株仕立て)。
オレンジの花、柑橘類、オレンジ、桃、ハチミツ、レモングラス、石を擦った香りや少しオークの香り。柔らかく心地良い酸、凝縮し豊かな果実味。スムーズで、なめらか、クリーミーでリッチな味わい。ふくよかで厚みのあるしっかりした骨格のあるボディで、ワインの重心もやや下にある。フィニッシュはクリーンでドライ、フリンティなニュアンスもあり。またレモン、柑橘類の皮、グレープフルーツ、カモミールなどのフレッシュな風味もある。古木のブドウから作られる複雑でボディのある特別なセミヨンで、南アフリカの中でも稀有で貴重な存在。「これぞブーケンハーツの7つの椅子ワイン!」という堂々たる風格のあるセミヨンで、一度は飲んでおきたい。サーモンなど脂の多い魚やシーフード料理、バターやクリームソースを使った料理、タイカレーなどのスパイス料理。

価格 ¥ 5,600 消費税込 ¥ 6,160

カノンコップ ピノタージュ 2019 750ml

【輸入元HPより】
若いヴィンテージでは、赤い果実、プラムなど、複雑でフルーティな香り。熟成すると、森の土などの香り。なめらかで心地良い酸味、凝縮した果実味、しっかりと太いボディ。細やかで上品な渋み。エレガントなスタイル。
新樽にも負けない力を持っているが、パワフルさが前に出すぎているわけでもない。酸味、果実味、ボディの全ての要素がマックスでバランス良く保たれている。
灌漑は無し。収穫量5トン/ha(32.5hL)。樹齢、最高は62年の古木。オープンタンクで発酵、225Lのフレンチオークで16ヶ月熟成(新樽75% 2年目樽25%)。


【カノンコップ】

※輸入元HPより

1910年設立の4代目家族。ステレンボシュ・シモンスバーグ山脈の麓に125haを所有(ブドウ畑は100ha)。このシモンズバーグ山脈周辺は「南アフリカの赤ワイン地帯」と呼ばれグレネリー、ラステンバーグなどのトップワイナリーが名を連ねています。その「赤ワイン地帯」の中で確固たる不動の地位を築いた赤ワインメーカーがこの「カノンコップ」です。世界最大級のワイン評価大会IWSCなど主に、1990年代から最優秀賞を受賞するなど南アフリカワインの品質の高さを世界に知らしめたパイオニア的な存在のワイナリー。
主役品種はピノタージュで畑全体の50%を占めています。ピノタージュはブッシュヴァインで、樹齢50年以上の古木もあります。他はカベルネソーヴィニョンが35%、メルロは7.5%、残りがカベルネフラン。畑は、ブドウ栽培にとっては理想的な土壌で、灌漑はほとんど必要としません。
昔、ケープ湾に船が入港したことを知らせるために使用していた大砲をボトル・ラベルに描いています。

価格 ¥ 5,600 消費税込 ¥ 6,160

マザー・ロック・ワインズ フォース・マジュール セミヨン 2018 750ml

自然派にの良さを持ちつつ
飲みやすい味わい


少し濁った見た目、フレッシュな味わいの白ワインです。
抜栓直後は少し閉じていますが、時間経過と共に果実やハーブなど様々な香りが感じられます。
飲み口は程よく厚みがあり、あまりナチュールワインを飲み慣れていない人でも楽しめる1本です。

ぶどうはパーバーグ山の単一畑で育っており、樹齢1997年のブッシュヴァイン、乾燥農業。
2014年からぶどう畑及び土壌に化学物質を一切吹きつけず、よりオーガニックな畑になるよう実施しております。
土壌はほとんどが真砂で、南西向きの斜面です。

早朝に手積みで収穫しその後、全房でプレス。酸化を発酵前に行います。
ワインの90%は温度14度のステンレスタンクで発酵させ、残りは300Lサイズの古樽で発酵させます。
ぶどうの20%は全房スキンコンタクトで2週間、発酵させてます。
ぶどうの搾りかすと一緒に7カ月間熟成させ、9月にノンフィルターで、ブレンドとボトリングを行います。

【マザー・ロック・ワインズ】

造り手のヨハン・メイヤーは小柄で人懐っこい性格から、みんなからはストンピーという愛称でイジられている愛されキャラ。その見た目からは想像を絶する魅惑で繊細なワインを造る素晴らしい生産者です。エルゼンバーグカレッジで醸造学と栽培学の学位取得。その後、カリフォルニアのナパ・バレー、セントラルコースト、ニュージーランドで特にピノノワール、シャルドネのワイン造りの基礎を勉強。2008年に南アフリカに帰国し、タルバッハの小さなワイナリーでヘッドワインメーカー及びブドウ栽培家を担当すると数々の賞を受賞しました。2010年から現在まで、スワートランドのマウント・アボラにて醸造責任者兼自分のブランドのワインを醸造します。彼は今後、南アフリカのテロワールを表現し、トップクオリティのワインを生産することにより、世界に南アフリカは真剣にワイン造りをしているんだぞ、と示していきたいそうです。

在庫切れ
価格 ¥ 2,550 消費税込 ¥ 2,805
詳細を見る

マザー・ロック・ワインズ フォース・セレステ サンソー 2020 750ml

軽めでフルーティ
癖も控えめで飲みやすく


フレッシュでドライな飲み心地のナチュールワインです。
身体に染み混んでいくような旨味が感じられ、少し冷やしてアウトドアに持って行っても楽しめます。

マルムスベリー郊外の単一畑(真砂土)の樹齢31年のサンソーを使用。乾燥農業。
ブッシュヴァイン。手摘みで収穫、選果後、全房で2週間マセレーション。
その後、プレスし、ステンレスタンクにて7カ月間熟成。樽は一切使用せず、ノンフィルター、SO2なしで瓶詰め。


【マザーロック・ワインズ】
造り手のヨハン・メイヤーは小柄で人懐っこい性格から、みんなからはストンピーという愛称でイジられている愛されキャラ。その見た目からは想像を絶する魅惑で繊細なワインを造る素晴らしい生産者です。エルゼンバーグカレッジで醸造学と栽培学の学位取得。その後、カリフォルニアのナパ・バレー、セントラルコースト、ニュージーランドで特にピノノワール、シャルドネのワイン造りの基礎を勉強。2008年に南アフリカに帰国し、タルバッハの小さなワイナリーでヘッドワインメーカー及びブドウ栽培家を担当すると数々の賞を受賞しました。2010年から現在まで、スワートランドのマウント・アボラにて醸造責任者兼自分のブランドのワインを醸造します。彼は今後、南アフリカのテロワールを表現し、トップクオリティのワインを生産することにより、世界に南アフリカは真剣にワイン造りをしているんだぞ、と示していきたいそうです。

在庫切れ
価格 ¥ 3,000 消費税込 ¥ 3,300
詳細を見る

サワーヴァイン チ・リースリング 2021 750ml

エレガントで優しい
南アフリカの生命力を表したワイン


「Chi」とは、「生命力」を表し、アフリカでは「雨の神様」も意味しています。
エルギンの肥沃で美しい畑からこの名前を考えたそうです。

畑は赤いスレート土壌でロームや岩石も混じっています。
収穫後は9週間かけて天然発酵、熟成。

生産量2600本のみで、柑橘類、レモンシャーベット、花、青リンゴ、ハーブなどの香りが漂います。
フレッシュで豊かな酸、ワインは優しく、ピュアで透明感があり、綺麗な印象を持っています。

柑橘類の風味が豊かで爽やかジューシー。
酸味と残糖感のバランスが素晴らしくエレガントにまとまっており、最後までフレッシュな酸味が続き、このワインを気持ちの良い物にしています。

フィニッシュはドライで、南アフリカを代表する綺麗でエレガントなリースリングの1本と言えるでしょう。
サラダ、チーズ、スパイスやスイートなアジア系料理、寿司(アジ、イワシなど青魚系)などと相性が良いです。

在庫切れ
価格 ¥ 3,800 消費税込 ¥ 4,180
詳細を見る

モヤ・ミーカー ピノ・ノワール 2020 750ml

シャトー・ガヴィの元オーナー、デイヴィットがブーケンハーツクルーフの元醸造責任者、ヤン・スミットと共同で興したプロジェクト。生産量の少ないエレガントなワインです。

在庫切れ
価格 ¥ 4,000 消費税込 ¥ 4,400
詳細を見る

ロングリッジ オースティン シュナン・ブラン 2016 750ml

フレッシュで豊かな酸
余韻も長くエレガント


フランス、ロワール地方のブーブレのデミセック・スタイル。
トーストしたマーマレード、パイナップル、ライム、ハチミツなどの香り。
フレッシュで豊かな酸、ボディは中庸、トロピカルフルーツやヴァニラの風味。

ナチュラルで豊かな酸味は最後まで続き、丁度良い残糖感とのバランスがパーフェクトで心地良い。


【ロングリッジ】
人も環境も皆健康であることがコンセプト。オーガニック&ビオディナミ生産者
ロングリッジは、ステレンボシュの南側、ヘルダーバーグ山脈の斜面に位置している。この地域は、他のステレンボシュ地区より2-3度気温が低い。年間降水量800ml。土壌は、花崗岩質の下に鉄分の多い粘土質があり、これによって保湿性があるが、必要な年には灌漑できるようにしているという理想的な環境。この恵まれた場所で、自然農法で多くの受賞ワインを生み出している。 ロングリッジが目指すのは、シンプルに、ユニークで、テロワール主義、オーガニック農法で、人も環境も皆、健康であること、そして楽しめるワインでワールドクラスであること。
在庫切れ
価格 ¥ 6,375 消費税込 ¥ 7,012
詳細を見る
並び替え
12件中 1-12件表示