12,000円(税込)以上ご購入で送料無料
  詳しくはこちら>>

日本酒、ワイン、焼酎などお酒の通販なら
IMADEYA ONLINE STORE

{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}さん

ポイント残高:{@ member.total_points @}pt

   
  
                 
   
  

送料無料 12,000円(税込)以上ご購入で送料無料

詳細検索

  
  • お酒の種類
  • 地域
  • 価格
    円から 円まで
  • トレンドキーワード
  1. HOME
  2. 新入荷、再入荷情報
  3. ワイン
  4. リキッド・ロックンロール ゲットー・ドルチェット 2021 750ml
  1. HOME
  2. ワイン
  3. タイプで選ぶ
  4. 赤ワイン
  5. リキッド・ロックンロール ゲットー・ドルチェット 2021 750ml
  1. HOME
  2. ワイン
  3. 産地で選ぶ
  4. オーストラリア
  5. ビクトリア州
  6. リキッド・ロックンロール ゲットー・ドルチェット 2021 750ml
  1. HOME
  2. ワイン
  3. ワイン特集
  4. オセアニアワイン特集
  5. リキッド・ロックンロール ゲットー・ドルチェット 2021 750ml

リキッド・ロックンロール ゲットー・ドルチェット 2021 750ml

商品番号 598859
価格 ¥ 3,000 消費税込 ¥ 3,300
申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

商品写真は外観が似た商品(※ヴィンテージ違いの商品)などを
一時的に使用する場合がございます。
スペック等は必ず、商品説明にてご確認ください

お買いもの前に必ずご確認ください

■IMADEYA各店舗で販売され、在庫が無い場合がございます
システムで注文完了いただいても欠品が発生する場合がございます。
詳しくは>>ご利用ガイド「出荷準備が完了できない場合」をご参照ください
■配送口数が増え、配送料が割増になる場合がございます。
どんな注文でも1口分の送料で手続きが完了されますが、2口以上での出荷になる場合は追加送料をいただきます。
詳しくは>>ご利用ガイド「配送料追加」をご参照ください
■「要冷蔵」の記載がある商品はクール便でお届けいたします。
詳しくは>>ご利用ガイド「お届け方法」をご参照ください
容量 750ml
タイプ1 赤ワイン
種類
原料 ドルチェット(スワンヒル産)
精米歩合 2021
産地 オーストラリア > ビクトリア州
度数 14.2%
生産者 リキッド・ロックンロール
生産者情報
原語
詳細
配送方法 このお酒を含む配送はクール便で発送します。

商品説明

リキッド ・ ロックンロールはオーナーワインメーカーであるアレクサンダー・バーンとその友人キム・ファレルの、音楽とワインのある人生を愛する2人によって2013年に設立された新しいプロジェクトです。
ヴィクトリア州スワン・ヒルに位置する畑から。オープンファーメンターで 人の足で潰しながら8日間野生酵母による醗酵、ステンレスへとプレスし落ち着かせた後にフランス産の古樽へ。澱と共に6カ月樽熟成させています。


【輸入元より】

バララット出身現在39歳のアレックスはジーロングの大学でワイン造りを学び、フランスやオーストラリアで経験を積んだ後に独立。自身の名前を冠した「バーン・ワイン」やメルボルンのアーバンワイナリーなど、バリバリと精力的に活動しています。その中でリキッド・ロックンロールはキム(彼は同時にワイナリー設備を取り扱う会社を経営している)と一緒に立ち上げたプロジェクトで、まだ自前のワイナリーを持たない彼らはメルボルン郊外のワイナリーを間借りしてワインを造っています。

アレックスは快活でフレンドリー、しかし質問に対する答えや自信に溢れる仕草から「この人が造るワインに欠陥は無いな」と思わせてくれる信頼感を備えたワインメーカー。全体に通底するのはコンヴェンショナルとナチュラルの”融合”とも言えるような考え方で、野生酵母による醗酵・最低限の添加物使用というアプローチを自分の中に落とし込み(そのバランスは64のようなイメージで、そこに迷いはないように見える)、使いこなしているといった印象。ある意味今のトレンドに媚びてない感じで好印象です。野生酵母による醗酵も、実際に同じ畑からのブドウで培養酵母との比較醸造をして”より複雑さを表現できる”と自分で納得してから取り入れたそう。「野生酵母と一口で言っても単純に一種類というわけではないんだ。例えば5つのキュヴェを仕込むとして培養酵母では全てが画一的な味わいになるけれど、野生酵母による醗酵では1つ1つが異なる味わいになる。だからより複雑で奥行きがあり、その土地から表現されるべき個性あるワインになるんだ。その分手間はかかるけどね」とは訪問時のアレックス談。