12,000円(税込)以上ご購入で送料無料
  詳しくはこちら>>

日本酒、ワイン、焼酎などお酒の通販なら
IMADEYA ONLINE STORE

{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}さん

ポイント残高:{@ member.total_points @}pt

   
  
                 
   
  

送料無料 12,000円(税込)以上ご購入で送料無料

{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}さん

ポイント残高:{@ member.total_points @}pt

詳細検索

  
  • お酒の種類
  • 地域
  • 価格
    円から 円まで
  • トレンドキーワード

コバルトブルーの海と白い砂浜、空気が乾いていて鋭い日射、木陰に入ると涼しくて気持ちがいい・・・
そんな情景を思い浮かべると『島のワイン』って素敵ですよね。
今回は、世界に点在する島のうち特にワイン産地としても名高い場所から4つの生産者のワインを厳選してご紹介。

厳しい暑さが続きますが、リゾート地を思い浮かべながらその土地の地ワインとともに過ごしてみませんか?

8月のおすすめ島ワイン

イタリアの20州のなかで3番目の大きさを誇る、地中海に浮かぶ美しい島『サルディーニャ島』。
ここには手つかずの自然が多く残ることから、世界中のセレブリティが集まる世界屈指のリゾート地となっています。

海を隔てて目と鼻の先にフランス、スペイン、アフリカ大陸があることから、長い歴史の間に様々な民族の支配下に置かれ、
イタリア本土とは大きく異なる独特な文化を発展させてきたため、それがサルディーニャ島で造られるワインにも大きな影響を与えています。

中でも今回ご紹介するのは、南西部にある「スルチス」という沿岸地域に居を構える、 サルデーニャワインの歴史を変えた偉大なカンティーナ『サンターディ』。
そこで醸造家を努めた『故ジャコモ・タキス』氏は、80年代くらいまでは島の外に出ることがほとんどなかったサルデーニャのワインを、 世界中で高く評価されるように発展させた立役者です。

サンターディは数々の世界的イタリア・プレミアムワインを世に送り出し続けたタキス氏が、1980年中盤、キャリアの晩年に情熱を注いだワイナリーとして知られています。

  • サンターディ ヴィッラ・ソライス
    ヴェルメンティーノ・ディ・サルディーニャ
    2020 750ml

    生産者:サンターディ/イタリア

    詳細を見る
  • サンターディ グロッタ・ロッサ
    カリニャーノ・デル・スルチ
    2019 750ml

    生産者:サンターディ/イタリア

    詳細を見る

ワインが花開いたと言われる地中海の中心にあるシチリア。
赤ワイン用ブドウ品種『ネロ・ダヴォラ』の産地としても有名なこの島は、歴史の荒波のなか豊かな自然を元に独自の文化を歩んできました。

その食と文化は世界でも親しまれ、食文化と密接に関係するワインもまた、シチリアの魅力として考えても良いでしょう。
海に囲まれていることから海産物にも恵まれ、同じく海に囲まれた日本に住む我々には馴染みの深い味わいの料理が現地では楽しまれています。

魚を塩焼きにしてレモンを垂らし、シチリア白ワインを頂く・・・ 日本の食卓でもごく普通に味わえそうな光景ですね。

そんなシチリア島からご紹介するのは、ネロ・ダヴォラ発祥の地『アヴォラ』からほど近い場所にあるワイナリー『ジゾラ』です。
12世紀からワイン造りを行っていたマッツェイ家が2003年に創立した新しいワイナリーで、
トスカーナに所有する『カステッロ・ディ・フォンテルートリ』、『テヌータ ディ ベルグァルド』などを所有、
それぞれのテロワールとミクロクリマに適した土着品種の特徴を表現した、魅力的なワインを生み出しています。

  • マッツェイ・ジゾラ
    ジゾラ アジーザ2019 750ml

    生産者:マッツェイ・ジゾラ/イタリア

    詳細を見る
  • マッツェイ・ジゾラ
    ジゾラ 2019 750ml

    生産者:マッツェイ・ジゾラ/イタリア

    詳細を見る

『ヴラディス』の相性で親しまれる『エヴリヴィアディス・スクラヴァス』がオーナーを務めるドメーヌ・スクラヴォス。
1996年創業のワイナリーですが、実は13代前よりウクライナでワイナリーを経営していた、歴史ある一家です。

彼の曽祖父の時代に戦火に追われ、親類の住んでいたケファロニア島のリスクーリへと移住してきました。
ここには葡萄畑しかないというほど葡萄栽培が盛んな土地でしたが、政府がブドウ畑をつぶしてホテル用地に当てることを奨励したため、大部分の畑が失われてしまい、現在では荒地となっているか、オリーブの木が植えられています。

20年ほど前は家の裏で醸造をしていましたが、2014年からは政府の小規模農業従事者支援プログラムに選ばれ、
更にケファロニア出身の友人の投資家の援助を受け現在ではしっかりとした醸造施設にてワイン造りを行っています。

  • ドメーヌ・スクラヴォス
    ヴァン・ブランド・ターブル
    アルシミスト 2021 750ml

    生産者:ドメーヌ・スクラヴォス/ギリシャ

    詳細を見る
  • ドメーヌ・スクラヴォス
    PGI ルージュ
    アルシミスト 2020 750ml

    生産者:ドメーヌ・スクラヴォス/ギリシャ

    詳細を見る

アフリカ大陸最北、モロッコにほど近い場所にあるスペイン領土のカナリア諸島。
大小13の島で最も東にあるランサローテ島は、1730年に6年間も続いた火山の大噴火により形成されました。
島そのものが溶岩、火山岩、火山灰で構成されていて、世界に類を見ない火山性土壌を持っています。

作物も育ちにくくサハラからの45℃にも及ぶ熱風が吹く乾燥地帯。
ランサローテ島の40%が自然保護区となり保護管理されている自然そのものの島。
創造を絶する景観、綺麗なコバルトブルーの海、自然のままの土地はいまや一大観光地として有名です。

そんな場所にワイナリーを構えるのは、火山の麓に自社畑とワイナリーを構えている『ボデガス・ロス・ベルメホス』。
熱風が吹き荒ぶランサローテならではの栽培方法でブドウを育てており、その光景はまるで惑星に出来たクレーターのようです。
大きなもので深さ4メートル、直径6メートルにも及びます。その独特な形状から農作機は入らないため全て手作業、雨はほとんど降らないが、火山灰や火山岩はスポンジのように水を吸い込み保水してくれます。

またそんな過酷な状況に適応するかのように、この地で栽培される葡萄は他のワイン産地とは異なる味わいを楽しめるのが特徴です。

  • ボデガス・ロス・ベルメホス
    マルヴァジア フェルメンタード・エン・バリッカ
    2019 750ml

    生産者:ボデガス・ロス・ベルメホス/スペイン

    詳細を見る
  • ボデガス・ロス・ベルメホス
    ベルメホス リスタン ロサード
    2020 750ml

    生産者:ボデガス・ロス・ベルメホス/スペイン

    詳細を見る

商品一覧

8件中 1-8件表示

ベルメホス・マルヴァジア フェルメンタード・エン・バリッカ 2019 750ml

熱風が吹き荒れる地で
独自に進化した葡萄から造られる白ワイン


ランサローテ島の過酷な気候と土壌条件によって、マルヴァジアが変異した固有のマルヴァジア・ヴォルカニカを使用したワイン。

樽内醗酵、樽内シュールリー熟成によるパワフル&フルーティーさが特徴。
スモーキーでジャスミンの様な爽快なニュアンス。
湧き上がるような力強さが調和された味わいです。

魚介類はもちろん、グリーンサラダやパン粉を使った料理、
軟体動物や甲殻類の料理全般、パスタやラビオリ、リゾットなど幅広くお楽しみいただけます。

18世紀の大噴火が形成した
個性的なテロワールを持つランサローテ島

アフリカ大陸最北、モロッコにほど近い場所にあるスペイン領土のカナリア諸島。
大小13の島で最も東にあるランサローテ島は、1730年に6年間も続いた火山の大噴火により形成されました。
島そのものが溶岩、火山岩、火山灰で構成されていて、世界に類を見ない火山性土壌を持っています。

作物も育ちにくくサハラからの45℃にも及ぶ熱風が吹く乾燥地帯。
ランサローテ島の40%が自然保護区となり保護管理されている自然そのものの島。
創造を絶する景観、綺麗なコバルトブルーの海、自然のままの土地はいまや一大観光地として有名です。

そんな場所にワイナリーを構えるのは、火山の麓に自社畑とワイナリーを構えている『ボデガス・ロス・ベルメホス』。
熱風が吹き荒ぶランサローテならではの栽培方法でブドウを育てており、その光景はまるで惑星に出来たクレーターのようです。
大きなもので深さ4メートル、直径6メートルにも及びます。その独特な形状から農作機は入らないため全て手作業、雨はほとんど降らないが、火山灰や火山岩はスポンジのように水を吸い込み保水してくれます。

またそんな過酷な状況に適応するかのように、この地で栽培される葡萄は他のワイン産地とは異なる味わいを楽しめるのが特徴です。

価格 ¥ 3,091 消費税込 ¥ 3,400

マッツェイ・ジゾラ ジゾラ アジーザ2019 750ml

シーフードにはこれ
海鮮料理が盛んなシチリアのドライな白ワイン


アジーザは「美しい」という意味。

アロマティックで生き生きとした花や柑橘系の香りのあるドライな白ワインです。
海のニュアンスも感じられるので、シチリアらしくシーフード料理と合わせるのがおススメ。

12世紀からイタリアの地でワイン造りを行う
マッツェイ家が所有するワイナリー


ネロ・ダヴォラ発祥の地『アヴォラ』からほど近い場所にあるワイナリー『ジゾラ』。

12世紀からワイン造りを行っていたマッツェイ家が2003年に創立した新しいワイナリーで、トスカーナに所有する『カステッロ・ディ・フォンテルートリ』、『テヌータ ディ ベルグァルド』などを所有、それぞれのテロワールとミクロクリマに適した土着品種の特徴を表現した、魅力的なワインを生み出しています。

ジゾラでは手間とコストが掛かるという理由で使用する造り手が少なくなってきた、全て手作業で行うシチリアの伝統的な仕立て方法『アルベレッロ仕立て』というシチリアの強い日差しを効率良く咲けることが出来る方法で栽培を行い、丁寧にワインを醸造しています。

価格 ¥ 2,182 消費税込 ¥ 2,400

マッツェイ・ジゾラ ジゾラ 2019 750ml

シチリア土着品種ネロダヴォラで
エレガントを追求して造られた赤ワイン


有機栽培で育てた土着品種ネロダーヴォラを使用。

美しい酸がワインの骨格を支え、ワイルドベリーやオレンジピールの風味に、
僅かにスパイシーなニュアンスが広がります。

24代に渡りイタリアの地でワイン造りを行う
マッツェイ家が所有するワイナリー


ネロ・ダヴォラ発祥の地『アヴォラ』からほど近い場所にあるワイナリー『ジゾラ』。

12世紀からワイン造りを行っていたマッツェイ家が2003年に創立した新しいワイナリーで、トスカーナに所有する『カステッロ・ディ・フォンテルートリ』、『テヌータ ディ ベルグァルド』などを所有、それぞれのテロワールとミクロクリマに適した土着品種の特徴を表現した、魅力的なワインを生み出しています。

ジゾラでは手間とコストが掛かるという理由で使用する造り手が少なくなってきた、全て手作業で行うシチリアの伝統的な仕立て方法『アルベレッロ仕立て』というシチリアの強い日差しを効率良く咲けることが出来る方法で栽培を行い、丁寧にワインを醸造しています。

価格 ¥ 2,364 消費税込 ¥ 2,600

ドメーヌ・スクラヴォス PGI ルージュ アルシミスト 2020 750ml

13代続く生産者が醸す
ギリシャの島テロワールが感じられる赤ワイン


多くの島々が点在するイオニア海では島ごとに異なるミクロクリマやテロワールがありますが、 ワインの質において特に際立っていると評されるケファロニア島で造られるワイン。

畑はビオディナミ農法などを取り入れ、この地ならではの力強くも繊細なアロマを感じるワインに仕上がっています。
大変『自然』なやり方で
偉大な独特のワインを産み出す生産者


『ヴラディス』の相性で親しまれる『エヴリヴィアディス・スクラヴァス』がオーナーを務めるドメーヌ・スクラヴォス。
1996年創業のワイナリーですが、実は13代前よりウクライナでワイナリーを経営していた、歴史ある一家です。

彼の曽祖父の時代に戦火に追われ、親類の住んでいたケファロニア島のリスクーリへと移住してきました。
ここには葡萄畑しかないというほど葡萄栽培が盛んな土地でしたが、政府がブドウ畑をつぶしてホテル用地に当てることを奨励したため、大部分の畑が失われてしまい、現在では荒地となっているか、オリーブの木が植えられています。

20年ほど前は家の裏で醸造をしていましたが、2014年からは政府の小規模農業従事者支援プログラムに選ばれ、
更にケファロニア出身の友人の投資家の援助を受け現在ではしっかりとした醸造施設にてワイン造りを行っています。

価格 ¥ 2,182 消費税込 ¥ 2,400

サンターディ グロッタ・ロッサ カリニャーノ・デル・スルチ 2019 750ml

濃く深い香りと重すぎない飲み口の
高級リゾート地サルディーニャで醸される赤ワイン


サルデーニャ島を何世紀にもわたって支配していたスペイン人によってイタリアに持ち込まれた葡萄品種、
『カリニャーノ』を使用した赤ワインです。フランスではカリニャン、スペインではカリニェーナと呼ばれています。

そのカリニャーノをステンレスタンクで発酵、セメントタンクで熟成させています。

ダークチェリーやドライプルーンのような濃く深い香り。
南サルデーニャの完熟度がありながら、決して鈍重にならない酸とミネラルをあわせ持つ見事な1本です。


伝説のエノロゴがキャリアの晩年に情熱を注いだワイナリー

イタリアで最も権威のあるワインアワード『オスカー・デル・ヴィーノ 2015』で、38万ワイナリーの中から最優秀賞を受賞した造り手『サンターディ』。

イタリアの20州のなかで3番目の大きさを誇る、地中海に浮かぶ美しい島『サルディーニャ島』にこのワイナリーは位置します。
ここには手つかずの自然が多く残ることから、世界中のセレブリティが集まる世界屈指のリゾート地となっています。

海を隔てて目と鼻の先にフランス、スペイン、アフリカ大陸があることから、
長い歴史の間に様々な民族の支配下に置かれ、イタリア本土とは大きく異なる独特な文化を発展させてきたため、
それがサルディーニャ島で造られるワインにも大きな影響を与えています。

中でも今回ご紹介するのは、南西部にある「スルチス」という沿岸地域に居を構える、
サルデーニャワインの歴史を変えた偉大なカンティーナ『サンターディ』。

そこで醸造家を努めた『故ジャコモ・タキス』氏は、
80年代くらいまでは島の外に出ることがほとんどなかったサルデーニャのワインを世界中で高く評価されるように発展させた立役者です。

タキス氏といえば、サッシカイア、ティニャネロ、ソライア等のスーパータスカンと呼ばれる偉大なイタリアワインを生み出し、安い地元酒ばかりという様相だったイタリアを「フランスに劣らないプレミアムワイン産地」として地位を向上させた、まさに「イタリア・ワイン・ルネサンスの父」と称される伝説のエノロゴとも言えます。

そして、数々の世界的イタリア・プレミアムワインを世に送り出し続けたタキス氏が、1980年中盤、キャリアの晩年に情熱を注いだのが『サンターディ』です。

価格 ¥ 1,819 消費税込 ¥ 2,000

ドメーヌ・スクラヴォス ヴァン・ブラン・ド・ターブル アルシミスト 2021 750ml

ギリシャのケファロニア島にて
ビオディナミ農法のブドウで造られるワイン


ロディティスはギリシャの主要白品種の一つで、少しグリっぽい薄紫色、ソーヴィニヨンブランのような爽やかさが特徴です。

50%含まれるザキンティノ、ミュスカ、ツァウシ、ヴォスティリディ、ムスカテラは、ケファロニア島の自社畑から。

柑橘の爽快な香りにミュスカやムスカテラの華やかな香りが合わさった独特のフルーティーさ、
ボディは厚みがあり余韻はキレのいい酸と塩っぽさがあります。


大変『自然』なやり方で
偉大な独特のワインを産み出す生産者


『ヴラディス』の相性で親しまれる『エヴリヴィアディス・スクラヴァス』がオーナーを務めるドメーヌ・スクラヴォス。
1996年創業のワイナリーですが、実は13代前よりウクライナでワイナリーを経営していた、歴史ある一家です。

彼の曽祖父の時代に戦火に追われ、親類の住んでいたケファロニア島のリスクーリへと移住してきました。
ここには葡萄畑しかないというほど葡萄栽培が盛んな土地でしたが、政府がブドウ畑をつぶしてホテル用地に当てることを奨励したため、大部分の畑が失われてしまい、現在では荒地となっているか、オリーブの木が植えられています。

20年ほど前は家の裏で醸造をしていましたが、2014年からは政府の小規模農業従事者支援プログラムに選ばれ、
更にケファロニア出身の友人の投資家の援助を受け現在ではしっかりとした醸造施設にてワイン造りを行っています。

価格 ¥ 2,182 消費税込 ¥ 2,400

サンターディ ヴィッラ・ソライス ヴェルメンティーノ・ディ・サルディーニャ 2020 750ml

ラグジュアリーリゾートの地で醸される
スッキリ爽快な白ワイン


イタリア隋一の高級リゾート地がサルディーニャ島。
世界的なヨットレース、ロレックスカップやカリアリカップが開催される、ラグジュアリーリゾートからの白ワインです。

熟した林檎や洋梨を思わせる香りに、塩味を感じるミネラルのニュアンス。
すっきりキレのある味わいの中に、熟した桃のようなコクもある、サルデーニャらしい白ワインです。

伝説のエノロゴがキャリアの晩年に情熱を注いだワイナリー

イタリアで最も権威のあるワインアワード『オスカー・デル・ヴィーノ 2015』で、38万ワイナリーの中から最優秀賞を受賞した造り手『サンターディ』。

イタリアの20州のなかで3番目の大きさを誇る、地中海に浮かぶ美しい島『サルディーニャ島』にこのワイナリーは位置します。
ここには手つかずの自然が多く残ることから、世界中のセレブリティが集まる世界屈指のリゾート地となっています。

海を隔てて目と鼻の先にフランス、スペイン、アフリカ大陸があることから、
長い歴史の間に様々な民族の支配下に置かれ、イタリア本土とは大きく異なる独特な文化を発展させてきたため、
それがサルディーニャ島で造られるワインにも大きな影響を与えています。

中でも今回ご紹介するのは、南西部にある「スルチス」という沿岸地域に居を構える、
サルデーニャワインの歴史を変えた偉大なカンティーナ『サンターディ』。

そこで醸造家を努めた『故ジャコモ・タキス』氏は、
80年代くらいまでは島の外に出ることがほとんどなかったサルデーニャのワインを世界中で高く評価されるように発展させた立役者です。

タキス氏といえば、サッシカイア、ティニャネロ、ソライア等のスーパータスカンと呼ばれる偉大なイタリアワインを生み出し、安い地元酒ばかりという様相だったイタリアを「フランスに劣らないプレミアムワイン産地」として地位を向上させた、まさに「イタリア・ワイン・ルネサンスの父」と称される伝説のエノロゴとも言えます。

そして、数々の世界的イタリア・プレミアムワインを世に送り出し続けたタキス氏が、1980年中盤、キャリアの晩年に情熱を注いだのが『サンターディ』です。

価格 ¥ 1,819 消費税込 ¥ 2,000

ボデガス・ロス・ベルメホス ベルメホス リスタン ロサード 2020 750ml

まるで赤ワインの様に楽しめる
力強いロゼワイン


ロゼというカテゴリーの中では、おそらく最も赤に近いほどタンニンが感じられるロゼです。
リスタン・ネグロの深く重くゴージャスな味わい。

火山灰土壌からくるピュア感とミネラル、接ぎ木しないブドウの樹から生まれる瑞々しい液体。
時間の経過とともにじわじわと押し寄せる味わい。
このクオリティのロゼワインにはなかなか出会えません。

18世紀の大噴火が形成した
個性的なテロワールを持つランサローテ島
アフリカ大陸最北、モロッコにほど近い場所にあるスペイン領土のカナリア諸島。
大小13の島で最も東にあるランサローテ島は、1730年に6年間も続いた火山の大噴火により形成されました。
島そのものが溶岩、火山岩、火山灰で構成されていて、世界に類を見ない火山性土壌を持っています。

作物も育ちにくくサハラからの45℃にも及ぶ熱風が吹く乾燥地帯。
ランサローテ島の40%が自然保護区となり保護管理されている自然そのものの島。
創造を絶する景観、綺麗なコバルトブルーの海、自然のままの土地はいまや一大観光地として有名です。

そんな場所にワイナリーを構えるのは、火山の麓に自社畑とワイナリーを構えている『ボデガス・ロス・ベルメホス』。
熱風が吹き荒ぶランサローテならではの栽培方法でブドウを育てており、その光景はまるで惑星に出来たクレーターのようです。
大きなもので深さ4メートル、直径6メートルにも及びます。その独特な形状から農作機は入らないため全て手作業、雨はほとんど降らないが、火山灰や火山岩はスポンジのように水を吸い込み保水してくれます。

またそんな過酷な状況に適応するかのように、この地で栽培される葡萄は他のワイン産地とは異なる味わいを楽しめるのが特徴です。

在庫切れ
価格 ¥ 3,000 消費税込 ¥ 3,300
詳細を見る
8件中 1-8件表示