12,000円(税込)以上ご購入で送料無料
  詳しくはこちら>>

日本酒、ワイン、焼酎などお酒の通販なら
IMADEYA ONLINE STORE

{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}さん

ポイント残高:{@ member.total_points @}pt

   
  
                 
   
  

送料無料 12,000円(税込)以上ご購入で送料無料

{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}さん

ポイント残高:{@ member.total_points @}pt

詳細検索

  
  • お酒の種類
  • 地域
  • 価格
    円から 円まで
  • トレンドキーワード
【9月16日(金)発売】
新しい人生の始まりは、ちょっとの勇気と、ひょんな出会いから。
あなたの心にゆる~く寄り添い、光をくれる一冊。
直木賞作家・大島真寿美さんが、 現代女性のこれからの生き方を描く渾身の書き下ろし小説。未曾有のコロナ禍で人生を考え直す人々の背中を優しく押してくれる、温もり溢れる一冊。自身の作家生活30周年を記念する作品でもあります。その記念碑的作品に著者が選んだのは「生き方への再考」。未来が何も見えないまま無職になった女性が周囲の人々との交流や出会いから、新しい人生を掴み取るさまを描きます。読後、明日に希望が見えてくる作品 です。
著者 大島真寿美 (おおしま ますみ)
1962年愛知県名古屋市生まれ。1992年「春の手品師」で第七四回文學界新人賞を受賞し、デビュー。2012年『ピエタ』で第九回本屋大賞第三位。2019年『渦妹背山婦女庭訓魂結び』で第161回直木三十五賞受賞。その他の著書に『虹色天気雨』『ビターシュガー』『戦友の恋』『それでも彼女は歩きつづける』『あなたの本当の人生は』『空に牡丹』『ツタよ、ツタ』『結妹背山婦女庭訓波模様』など多数。
本のご購入はこちら→
様々な出会いと絆から生まれた一冊
IMADEYA がこちらの本を紹介するきっかけになったのは、IMADEYA のワイン女将「小倉あづさ」の小学1 年からの親友で小学館の文芸編集者「片江佳葉子さん」と山梨県のワイナリー「ドメーヌ・デ・テンゲイジの天花寺弓子さん」との出会いと絆でした。

担当編集になる前から「大島真寿美さん」の大ファンだった片江さんは、作品の中でも特に大好きな『現代の女性の生き方』を描いてくださいと大島さんに10年以上も依頼を続けていたそうです。
大島さんは、直木賞を獲得した『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』に代表されるように、近年はずっと時代物を執筆。「心と頭が江戸時代あたりから戻ってこれないのよ~!」と笑い飛ばしていました。

そんな中、新型コロナウイルスによって大きく世界が変わってしまう時代を迎え、沢山の人がコロナで生き方を考え直すときに、大島さんが今こそ『現代の女性の生き方』を書かなくては、と思い立ってくれました。
日本のワイナリーをモチーフに
作品のイメージについて片江さんが大島さんと雑談する中で、コロナ渦で大きく影響を受けてしまった酒屋業界で奮闘してる旧友の小倉あづさの話をしたそうです。小倉が日本ワインの発信に25年以上取り組んでいることに興味を持った大島さんはふと『日本のワイナリー』を見てみたいという気持ちに。

片江さんが大島さんとのお話をふまえたイメージをもとに、女性がこだわりを持ってワイン造りをしているワイナリーを探していたところ、山梨県で自然な味わいを引き出すワイン造りをしている「ドメーヌ・デ・テンゲイジの天花寺さん」に辿り着きました。

片江さんから話を聞いた小倉がすぐに天花寺さんにご相談したところ、取材についてご快諾いただき、2021 年の春先に大島さん、片江さん、小倉の3名でワイナリーを訪問。ブドウ畑を案内いただき、ワイナリー内を見学、ワインをいただきながら沢山のお話を聞かせていただきました。
ドメーヌ・デ・テンゲイジ
コンセプトは未来につなぐ『 ほんまもん』のワイン。山梨県北杜市明野町という大自然に囲まれた場所に、ワイナリーはあります。ドメーヌ・デ・テンゲイジが目指すのは「上質であること」「環境に優しいこと」、そして「それを未来につないでいくこと」。

上質なワインづくりは、上質なブドウを育てることから始まります。ブドウ博士のおばあちゃんから受け継いだ、隠れた葡萄の名産地「韮崎上ノ山圃場」、荒れ果てていた耕作放棄地を一から開墾し、ブドウ畑に生まれ変わった「明野小笠原圃場」。どちらも、伝統的な有機農法と最新の化学的進歩を組み合わせた「サステイナブル農法」に取り組んでいます。

美味しいワインを作れるのは、人の力だけではなく、太陽、水、土、さらには、圃場に訪れる小さな生き物たちも、ワインづくりを支えてくれる存在として考え、自然環境に負荷を与えず、大切にしたいと考えている造り手です。ドメーヌ・デ・テンゲイジのHP>>
『たとえば、葡萄』コラボレーションオリジナルラベルワインについて→
【大島 真寿美さんからのメッセージ】
小説とは不思議なもの。いつもうまれるべきときにうまれてくる。
とても不思議な体験ですが、ワイナリー取材の夜にホテルのベッドで眠りについた途端、この小説世界がいきなり夢の中に現れたのでした。人々が、わちゃわちゃとしゃべりまくり、わいわいと話しかけてきて、うるさくてうるさくて、ろくに眠れやしない。っていや、夢なんだから眠っているのか?でも、ぜんぜん眠っている気になれない。翌朝、この日もみっちり取材なのに、寝不足(?)で頭がぼーっとなったまま、どうしようと困りつつ、ああでももうわかった、もう書けるな、と確信していました。

小説とは不思議なものです。いつもうまれるべきときにうまれてくる。この小説も、早く書いてくれ、早く書いてくれ、と物語が向こうからやってきた感じ。早く書いて早く書いて。今すぐ、今すぐ、今、今、今、今。

『たとえば、葡萄』は『今』の物語です。だから、『今』読んでいただきたい物語なのです。
ドメーヌ・デ・テンゲイジ「天花寺弓子さん」より
大島さんが取材に来られた日、ワイン造りの想いのたけを、時間も忘れてしまう程、お伝えし、皆で語 り合いましたね。ディナーで一緒に飲んだマスカット・ベーリーAに心を踊らせる大島さんはとても可愛らしく、私達にとっても充実した2日間になりました。あの日の体験から生まれた小説の中にマスカット・ベーリーAも登場します。大島さんと過ごした2日間をイメージしながら、2人でワクワクしながらワインを造りました。皆様に小説と共に楽しんでもらえる一助になれたら最高に幸せです。
小学館 「片江 佳葉子さん」より
電車に揺られて山梨のドメーヌ・デ・テンゲイジさんに取材に行った日からは、奇跡の連続でした。大島さんが描く女性の生き方小説がずっと大好きで、この小説の初稿を読んだときは胸が一杯になりました。ゆるく、自然で共感を呼ぶ会話の中に、すごくさりげなく、でも人生に大切なことがたくさん描かれているからです。大人、かくあるべし。ぜひこの心地よい小説世界にどっぷりと浸かってください。よろしくお願い申し上げます。
IMADEYA ワイン女将「小倉 あづさ」より
ワイナリーで大島さんが体験した事が、こうして小説で表現されることは、私たちのような「造り手」と「飲み手」、そして「読み手」を繋ぐ仕事をしている人間にとっては、大変嬉しいことです。ぜひワイナリーの情景、人々の表情を思い浮かべながらお楽しみください。こちらのワインと小説で、身も心も心地よく酔えることをお約束します!
本のご購入はこちら→
9 月16 日( 金)
『たとえば、葡萄』発売
11 月中旬予定
ドメーヌ・デ・テンゲイジ
『たとえば、葡萄』コラボレーションラベル( 赤ワイン) 発売
12 月3 日( 土)
IMADEYA GINZA 記念イベント開催予定
12 月3 日( 土)
IMADEYA TERRACE 清澄白河 記念イベント開催予定
【11月中旬 店頭限定発売】
『たとえば、葡萄』コラボレーション オリジナルラベル
ドメーヌ・デ・テンゲイジ - ベル リュンヌ-
※写真は仮のラベル・ボトルです。実際のワインとは異なりますので予めご了承ください。
※こちらのワインは店頭限定販売となりますのでご注意ください。オンラインストアでの販売はございません。


『たとえば、葡萄』の出版を記念して、ドメーヌ・デ・テンゲイジさんにオリジナルラベルのワインを特別に造っていただきました。IMADEYA限定販売。小説内にも登場するブドウ品種「マスカット・ベーリーA」を使った赤ワインです。キュヴェ名には、登場人物の「美月」になぞらえて、フランスで美しい月を意味する「belle lune ベル リュンヌ」という言葉が使われています。

ぜひ発売時には小説を読みながら、ワインをお楽しみください。『ワイン』と『本とワインセット』のご予約も承っております。※こちらは店頭限定のお引渡しとなります。オンラインストアでの販売はございませんので、予めご了承ください。
店頭お引渡し限定 ワインのご予約フォーム→

商品一覧

1件中 1-1件表示
1件中 1-1件表示