12,000円(税込)以上ご購入で送料無料
  詳しくはこちら>>

日本酒、ワイン、焼酎などお酒の通販なら
IMADEYA ONLINE STORE

{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}さん

ポイント残高:{@ member.total_points @}pt

   
  
                 
   
  
info お知らせ

送料無料 12,000円(税込)以上ご購入で送料無料

{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}さん

ポイント残高:{@ member.total_points @}pt

info お知らせ

詳細検索

  
  • お酒の種類
  • 地域
  • 価格
    円から 円まで
  • トレンドキーワード

商品一覧

82件中 1-50件表示
1 2

トッパーズマウンテン ゲヴュルツトラミネール 2020 750ml

ニューイングランドはこの州内で最も新しいワイン産地で積雪があるほど寒冷。ライチや白いバラなどが香り、余韻も長めの辛口。生産本数は僅か500本のみ。

価格 ¥ 5,500 消費税込 ¥ 6,050

BKワインズ ペティアン ナチュレル 2022 750ml

ホールバンチプレスしエッグタンクで醸造。発酵途中で瓶詰め。SO2無添加。澱由来の旨味を感じます。

価格 ¥ 3,637 消費税込 ¥ 4,000

ソモス ティンティート 2021 750ml

滑らかにストレスなく飲める赤ワイン

南オーストラリア州のアデレードより南に45分程下った場所にある、
マクラーレンヴェイルという場所のグルナッシュ主体で造られた赤ワイン。

複数の品種は別々に醸造され、自然発酵後は古樽へプレス、6~12ヶ月の熟成。
滑らかな質感と綺麗な色合いでエレガントに仕上がっています。

南イタリア、プーリア州で良く栽培されている品種、ウーヴァディトロイアを使用しています。
仕上がりはエレガントながら、こちらも飲み続けていられるような味わいです。

比較的若い、国籍の異なる二人の生産者から生まれる
ドリンカビリティに溢れたワイン


オーストラリアとメキシコ、国籍の異なる2人の若者によって2013年に始まったSOMOS / ソモス。
ニューサウスウェールズ州出身で最初は化学者を志していたというBen Caldwell / ベン・コールドウェルと、メキシコ北東部ヌエボ・レオン州モンテレイ出身でワイン造りを学ぶためにオーストラリアへ留学していたMauricio Ruiz Cantu / マウリシオ・ルイス・カントゥー。
二人が出会ったのは醸造と栽培を学ぶ大学在籍中のこと。
すぐに意気投合した二人は特別な友情を深め大学を卒業するお祝いのために一緒に飲んでいた2013年のある日、数本のワインを空けたその足で2人は会社「Juguette Wines / フゲーテ(スペイン語でおもちゃの意)」を登録、そこから全ては始まりました。

同じ2013年にはファーストヴィンテージとなるバロッサ シラーズをリリース。
当初はJuguette Winesとして伝統的スタイルのワインのみを生産していましたが、若い二人にとってそれだけで彼らの想像力が満たされることはなく、すぐにMinimal Intervention / ミニマル・インタヴェンション(最低限の人的介入)スタイルでのプロジェクト「SOMOS(スペイン語で”私たち”の意)」が2014年にスタート。

2019時点で年産は2800箱ほどで、マクラーレン・ヴェイル / アデレード・ヒルズを中心にビオディナミ(バイオダイナミック) / オーガニック農法で栽培されたブドウを信頼のおける農家から継続して購入、野生酵母による醗酵、最小限の添加物使用のアプローチでワイン造りを行っています。

彼らの造りだすワインはジューシーな果実味に優しい口当たりのドリンカビリティに溢れたモダン・スタイル。
飲み手にストレスを与えず心地良く楽しめるクオリティを備えた次世代のファインワインです。

2021年には念願となる自前の醸造所を手に入れた2人は同年Young Gun TOP50にも選出されており、今後の展開がますます楽しみになってきています。

価格 ¥ 3,182 消費税込 ¥ 3,500

ショヤマン リースリング ルッパーツベルグ 2020 750ml

ドイツワイン造りのシリコンヴァレーとも言われるファルツ州。その中でも多くの若手が集まり注目されているニーダーキエヒェンにあるショヤマン。
こちらは、ルッパーツベルグの畑で栽培されたリースリングを使用した白ワイン。収穫後、全房プレス。ステンレスタンクで自然発酵後、10ヶ月に渡りシュールリー。SO2は極少量添加。
表土は黄色砂岩で覆われ、その下には泥灰土から成る土壌があるため、よりミネラル感が際立つワインが生まれます。



【輸入元より】

ワインを造り始めてまだ10年ほどだが、ここ数年でショイァマン兄弟は多くの人に知られるようになった。「可能な限りピュアでエネルギーに溢れたワインを造りたい。しかし、それを追求するがあまりこの土地の味わいをワインに反映させられないということは避けたい。」と語るガブリエルは土壌とブドウ樹の健康状態、そしてそれを取り巻く環境を重視している。

「全ての畑における仕事に大きな違いはない。重要なのは畑のコンディションが常に安定しているということ。つまり、ブドウ樹とそれ以外の植物のバランスを保つことと、常に畑の風通しをよくし、カビが蔓延しないように注意している。ブドウが健康であることが大前提であり、それなくして上質なワインは生まれない。逆を言えば、健康なブドウさえ育てることができれば、あまり余計なことをしなくても良いワインは生まれる。」

現在ドイツ国内では、多くのワイナリーがビオロジックやビオディナミに転換しており、いわゆる自然派ワインへの流れは今後も大きくなることが予想される。「ブドウにしろ野菜にしろ、より自然な造りに回帰していくことは歓迎すべき流れだと思う。けれど、ワインが面白いのは、その土地の味わいを如実に反映してくれる飲み物だからであるし、そのためにはブドウの健康や樽、セラーの衛生管理など色々なことに注意しなければならない。飲んで美味しければいいという主張は理解できるけれど、僕らは品種や土地の個性を正確に表現するワイン造りを目指したい。」

これまでショイァマン兄弟は伝統品種であるリースリングに主眼をおいてきたが、気候変動とともにファルツ州でも上質なシュペートブルグンダーやシャルドネが造れる条件が整ってきたことから、今後は品種の裾野を広げていきたいという。

ジモンとカブリエル兄弟はワイナリーの4代目にあたり、2009年に初めて二人のワインが生産された。それまでブドウは共同組合に販売していた。2012年にはビオディナミ農法に切り替え、2019年にデメテールの承認を得た。彼らの畑仕事における理念は、土壌の特徴とそこに現れる唯一無二の個性を引き出すために極力ブドウ樹の生命リズムを乱さないことだ。そのためには、土壌を守り、保持するのみならず、土壌の生命力をより一層活性化することが重要となる。ビオディナミ農法はそのための手段を提供してくれる。彼ら兄弟にとってのワイン造りとは、ワイン畑を取り囲む動植物とそれら多くの要素間のバランスを保つ人間がいて初めて可能となる。その条件が整っていれば、人間がワイン造りに大きく介入する必要性はなくなると信じている。

価格 ¥ 3,591 消費税込 ¥ 3,950

ファン・フォルクセン シーファー リースリング 2021 750ml

ファン・フォルクセンは、ザールで最も重要なワイン村、ヴィルティンゲンの中心部にあるワイナリー。
こちらは、スタンダードクラスの「シーファー・リースリング」。モーゼルの樹齢30年以下のやや若いブドウから造られています。
度数はそこまで高くなく、バランスの取れた明るく丸みのある果実味と心地よい酸、そして充実したミネラル感があり、気付いたらいつまでも飲み続けているようなワインです。

価格 ¥ 3,000 消費税込 ¥ 3,300

ノヴム マールボロ ピノ・ノワール 2021 750ml

マールボロの中で最もピノ・ノワールの栽培に適しているサザンヴァレーの畑。除梗して樽発酵・熟成。骨格のしっかりとしたワインです。

価格 ¥ 6,000 消費税込 ¥ 6,600

ハンギング・ロック・ワイナリー ロック ペットナット 2022 750ml

オーストラリアで瓶内二次発酵のワインを初めて造るなど、オーストラリアのワインの品質向上に一役買ったハンギングロックワイナリーのオーナー、ジョン・エリス氏。本人もまだワインを造っていますが、息子のロバートも、自分のカラーを出したワインを造っています。

このペットナットは、息子のロバートによるもの。ロバートはアデレード大学で醸造学を学び、卒業後は南オーストラリア、南アフリカのステレンボッシュで働いた後渡仏。
ブルゴーニュでは、ドメーヌ・モンティ―ユ、ルロワ、そしてシャンパーニュではジャクソンと名立たるワイナリーで働き、2011年にハンギングロックワイナリーへ戻ってきました。

このペットナットは、日本のワインファンのために造ってくれたもので、自社で栽培しているマルサンヌ、シャルドネ、マルベックを混醸、野生酵母で発酵させたペットナットです。
可愛らしいピンク色のにごりのある見た目、ピンクグレープフルーツとフレッシュなベリーの香り、味はハーブやグレープフルーツ、そして柑橘のピールのようなほろ苦さがあり、ドライで爽快感があります。
どんな季節にも美味しい、グビグビ飲めるタイプのペットナットです。

価格 ¥ 2,091 消費税込 ¥ 2,300

テルラーノ テルラーネル・キュヴェ 2021 750ml

優秀な白ワインを造る生産者が多く存在するこのエリアで、テルラーノのワインは、別格の熟成ポテンシャルと、ボトムレンジにまでトップキュヴェと同じ手間暇をかける姿勢により、確固たる評価を受けています。

こちらは、ワイナリー設立当時から造られる伝統的なキュヴェ。
鉱物度の高い土壌から、ワインに塩味さえも感じさせる強いミネラルと張り詰めた酸、複雑さや緻密さを与え、他に類をみないテルラーノ独自のワインとなっています。



【カンティーナ・テルラーノ】
アルプス山脈の麓、オーストリアに隣接するトレンティーノ・アルト・アディジェ州。ドイツ語を母国語とする住民も多く、街並みは可愛らしい雰囲気です。テルラーノの畑はアルア・ディジェ川を望むアルプス山脈に囲まれた斜面(標高250~900mの間)に広がります。
ドロミテの渓谷に吹き込む風により、寒暖差が大きくワインに重要な酸味とアロマを形成します。
土壌は火山が隆起した水晶を伴う岩盤で、元々は海底だった為にミネラルが豊か。標高差の大きな複数の畑の収穫は100種類の段階に分ける事もあるそうです。
優秀な白ワインを産出する生産者が多く存在するエリアで、テルラーノのワインは、別格の熟成のポテンシャルとボトムレンジにまでトップキュヴェと同じ手間暇をかけ、確固たる評価を受けています。

価格 ¥ 3,230 消費税込 ¥ 3,553

テルラーノ ピノ・グリージョ 2021 750ml

優秀な白ワインを造る生産者が多く存在するこのエリアで、テルラーノのワインは、別格の熟成ポテンシャルと、ボトムレンジにまでトップキュヴェと同じ手間暇をかける姿勢により、確固たる評価を受けています。

こちらは、ピノグリージョを使用し、ステンレス発酵、シュールリーで5~7ヶ月間熟成された白ワイン。
グレープフルーツやライチを思わせる香り、溌剌としたミネラル感が心地よいドライでありつつエレガントな仕上がりです。



【カンティーナ・テルラーノ】
アルプス山脈の麓、オーストリアに隣接するトレンティーノ・アルト・アディジェ州。ドイツ語を母国語とする住民も多く、街並みは可愛らしい雰囲気です。テルラーノの畑はアルア・ディジェ川を望むアルプス山脈に囲まれた斜面(標高250~900mの間)に広がります。
ドロミテの渓谷に吹き込む風により、寒暖差が大きくワインに重要な酸味とアロマを形成します。
土壌は火山が隆起した水晶を伴う岩盤で、元々は海底だった為にミネラルが豊か。標高差の大きな複数の畑の収穫は100種類の段階に分ける事もあるそうです。
優秀な白ワインを産出する生産者が多く存在するエリアで、テルラーノのワインは、別格の熟成のポテンシャルとボトムレンジにまでトップキュヴェと同じ手間暇をかけ、確固たる評価を受けています。

価格 ¥ 3,600 消費税込 ¥ 3,960

ツィアアイゼン シュペートブルグンダー リーニ 2019 750ml

ツィアアイゼン夫妻が拠点を構えるのはドイツ最南端のバーデン州のさらに最南端にある小さなエフリンゲン・キエヒェンという村。北部の厳粛な街づくりとは異なり、この村には太陽の陽気さが漂っています。
こちらは、ジュラ紀石灰岩土壌で表土が鉄分が多い粘土の区画に植えられた樹齢約5~60年のピノノワールを使用した赤ワイン。野生酵母で発酵を促し、6週間のマセレーション。その後20~22ヶ月で10%を新樽、90%を古いバリックで熟成しています。

価格 ¥ 7,273 消費税込 ¥ 8,000

ゼッキンガー リースリング アム・キエヒェンベルグ 2020 750ml

ダイデスハイムを代表するグランクリュ「モイスヘーレ」の森に接する「キエヒェンベルグ」。
この区画の果実の特徴は、熟度と酸度が同時に高いレベルでワインに現れること。

また、夜は森からの冷気の影響でアロマと酸味が保たれます。


価格 ¥ 5,455 消費税込 ¥ 6,000

マッツェイ・ジゾラ ジゾラ アジーザ 2019 750ml

シーフードにはこれ
海鮮料理が盛んなシチリアのドライな白ワイン


アジーザは「美しい」という意味。

アロマティックで生き生きとした花や柑橘系の香りのあるドライな白ワインです。
海のニュアンスも感じられるので、シチリアらしくシーフード料理と合わせるのがおススメ。

12世紀からイタリアの地でワイン造りを行う
マッツェイ家が所有するワイナリー


ネロ・ダヴォラ発祥の地『アヴォラ』からほど近い場所にあるワイナリー『ジゾラ』。

12世紀からワイン造りを行っていたマッツェイ家が2003年に創立した新しいワイナリーで、トスカーナに所有する『カステッロ・ディ・フォンテルートリ』、『テヌータ ディ ベルグァルド』などを所有、それぞれのテロワールとミクロクリマに適した土着品種の特徴を表現した、魅力的なワインを生み出しています。

ジゾラでは手間とコストが掛かるという理由で使用する造り手が少なくなってきた、全て手作業で行うシチリアの伝統的な仕立て方法『アルベレッロ仕立て』というシチリアの強い日差しを効率良く咲けることが出来る方法で栽培を行い、丁寧にワインを醸造しています。

価格 ¥ 2,556 消費税込 ¥ 2,811

マッツェイ・ジゾラ ジゾラ 2019 750ml

シチリア土着品種ネロダヴォラで
エレガントを追求して造られた赤ワイン


有機栽培で育てた土着品種ネロダーヴォラを使用。

美しい酸がワインの骨格を支え、ワイルドベリーやオレンジピールの風味に、
僅かにスパイシーなニュアンスが広がります。

24代に渡りイタリアの地でワイン造りを行う
マッツェイ家が所有するワイナリー


ネロ・ダヴォラ発祥の地『アヴォラ』からほど近い場所にあるワイナリー『ジゾラ』。

12世紀からワイン造りを行っていたマッツェイ家が2003年に創立した新しいワイナリーで、トスカーナに所有する『カステッロ・ディ・フォンテルートリ』、『テヌータ ディ ベルグァルド』などを所有、それぞれのテロワールとミクロクリマに適した土着品種の特徴を表現した、魅力的なワインを生み出しています。

ジゾラでは手間とコストが掛かるという理由で使用する造り手が少なくなってきた、全て手作業で行うシチリアの伝統的な仕立て方法『アルベレッロ仕立て』というシチリアの強い日差しを効率良く咲けることが出来る方法で栽培を行い、丁寧にワインを醸造しています。

価格 ¥ 2,556 消費税込 ¥ 2,811

【数量限定】ベッロ オリジナルチャコリグラス

ベッロは伊語で美しいの意で、ふんわり広がった柔らかなラインが魅力的な美しいグラスです。様々な飲み物の味わいを穏やかに円く表現してくれます。

価格 ¥ 2,800 消費税込 ¥ 3,080

サンターディ グロッタ・ロッサ カリニャーノ・デル・スルチ 2020 750ml

濃く深い香りと重すぎない飲み口の
高級リゾート地サルディーニャで醸される赤ワイン


サルデーニャ島を何世紀にもわたって支配していたスペイン人によってイタリアに持ち込まれた葡萄品種、
『カリニャーノ』を使用した赤ワインです。フランスではカリニャン、スペインではカリニェーナと呼ばれています。

そのカリニャーノをステンレスタンクで発酵、セメントタンクで熟成させています。

ダークチェリーやドライプルーンのような濃く深い香り。
南サルデーニャの完熟度がありながら、決して鈍重にならない酸とミネラルをあわせ持つ見事な1本です。


伝説のエノロゴがキャリアの晩年に情熱を注いだワイナリー

イタリアで最も権威のあるワインアワード『オスカー・デル・ヴィーノ 2015』で、38万ワイナリーの中から最優秀賞を受賞した造り手『サンターディ』。

イタリアの20州のなかで3番目の大きさを誇る、地中海に浮かぶ美しい島『サルディーニャ島』にこのワイナリーは位置します。
ここには手つかずの自然が多く残ることから、世界中のセレブリティが集まる世界屈指のリゾート地となっています。

海を隔てて目と鼻の先にフランス、スペイン、アフリカ大陸があることから、
長い歴史の間に様々な民族の支配下に置かれ、イタリア本土とは大きく異なる独特な文化を発展させてきたため、
それがサルディーニャ島で造られるワインにも大きな影響を与えています。

中でも今回ご紹介するのは、南西部にある「スルチス」という沿岸地域に居を構える、
サルデーニャワインの歴史を変えた偉大なカンティーナ『サンターディ』。

そこで醸造家を努めた『故ジャコモ・タキス』氏は、
80年代くらいまでは島の外に出ることがほとんどなかったサルデーニャのワインを世界中で高く評価されるように発展させた立役者です。

タキス氏といえば、サッシカイア、ティニャネロ、ソライア等のスーパータスカンと呼ばれる偉大なイタリアワインを生み出し、安い地元酒ばかりという様相だったイタリアを「フランスに劣らないプレミアムワイン産地」として地位を向上させた、まさに「イタリア・ワイン・ルネサンスの父」と称される伝説のエノロゴとも言えます。

そして、数々の世界的イタリア・プレミアムワインを世に送り出し続けたタキス氏が、1980年中盤、キャリアの晩年に情熱を注いだのが『サンターディ』です。

価格 ¥ 2,400 消費税込 ¥ 2,640

サン・フェレオーロ ドルチェット ヴィーニェ・ドルチェ 2019 750ml

サン・フェレオーロはピエモンテ州のクネオ県ドリアーニにあるワイナリー。自然環境を重視した栽培とピエモンテの伝統をもってじっくり時間をかけた醸造を行っています。
こちらは、木樽を通さないヴァルディバと同じ手法で造られた、アルタランガのドルチェット。
ドルチェットの繊細さ、軽やかさを表現したワイン。2019は天候に恵まれ、果実と酸のバランスがとれた素晴らしい飲み心地です。


【サン・フェレオーロ】

※輸入元資料より
ドリアーニの北側に位置するサンフェレオーロの畑。大きく分けて標高の高いサンフェレオーロ(500m)、少し低い位置にあるアウストリ(400-420m)、どちらも400mを越える高地であり、砂質やシルト質の多いドリアーニらしさを持っている。これが「ネッビオーロではなく、ドルチェット」といわれる所以。
また畑は、モンフォルテダルバにも近く、部分的にモンフォルテのような強い石灰質も併せ持つ。
ニコレッタにとって、畑との関わりは当然の如く自然環境を重視したもの。ビオディナミの栽培方法を徹底し、農薬や化学肥料はもちろん、銅や硫黄についても極力使用しない栽培を徹底している。
また、サンフェレオーロの樹齢は50年を越えるものばかり。この樹齢の古いドルチェットは、現在のように量産化、画一化されたクローンではなく、古くよりドリアーニに残るクローン(セレクションマッサールによるもの)も多く残る。
また収穫においても徹底しており、完熟とは果皮でも果実の糖度でもない。果実本来の役割ともいえる「種子の熟成」。よって収穫を決めるのは種子が完熟するかどうか。結果、収穫時期は遅くなり、樹上にて果実はしぼみ、脱水まで始まるほどの熟度に達したドルチェットの光景は、錚々たるものである。

醸造においては、ピエモンテの伝統とも呼べるクラシックかつ、時間を費やした醸造方法を徹底している。開放式の大樽にて長期間のマセレーション(果皮浸漬)、当然のことながら酵母添加や温度管理を行わず、大樽にて2年以上の熟成。そして、彼女のこだわりともいえる長期間のビン熟成。
現在収穫から7年のというサイクルでリリースされるサンフェレオーロのドリアーニ「San Fereolo」。高次元まで凝縮した果実と、種子からゆっくり抽出されたタンニン。完成するまでに相応の年月が必要であることを、誰よりも考えている。
こうして生まれる圧倒的な存在感を持ったドルチェット。当然ながら収穫量は恐ろしく少ない。現在8haの畑からわずか15000~20000本しか造られない。凄まじい果実の凝縮でありながら、驚くほどの繊細な香り。決して強く感じないタンニンと酸であるが、ワインを支えるに十分なバランス。これほどの質感をもったドルチェットは他に存在しない。
同様にバルベーラ、ネッビオーロにおいても徹底したこだわりを持ちながらも、持ち前の好奇心とインスピレーションにより生み出される白やロゼなど、情熱と魅力を持ち合わせる素晴らしい造り手の一人。

価格 ¥ 3,300 消費税込 ¥ 3,630

アニャナ ミネラル・デ・マナンティアル 250g

【輸入元資料より】
塩田の中層から底の部分、「塩の花」の下側で育った小さな立方体の結晶です。「塩の花」に比べてマグネシウムやカリウムなどのミネラルを多く含むため、しょっぱさがまろやかで、うまみや甘味、若干の苦味などの複雑な味わいがあります。味の余韻も長く、素材の味を引き立たせます。

価格 ¥ 500 消費税込 ¥ 550

アストビサ アラバコ・チャコリーナ・アストビサ・ロゼ 2021 750ml

美食の街・バスクで楽しまれているチャコリ。その主要品種である土着の黒ブドウ品種オンダラビベルツァと、白ブドウ品種オンダラビスリを半分づつブレンドしたロゼワインです。100%除梗後、17~18度に保った5000リットルのステンレスタンクでアルコール発酵させています。ロゼならではの幅広い食事に合わせたい1本です。 

価格 ¥ 3,300 消費税込 ¥ 3,630

ゴルカ・イサギレ 42 スラ 2019 750ml

三つ星レストランが造る
ガストロノミー・チャコリ


こちらはブリュッセルのワインコンクールにて1位に輝いたワインです。
オーク樽による樽の風味も綺麗に感じられます。

輝きと透明感のある黄金色な見た目。
さわやかでいて官能的な、熟した柑橘の香りが感じられます。
口に含むと、力強くもなめらか、
熟れた林檎やトロピカルフルーツのような味わいに、ふんわり香るバタートーストが印象的です。
フレッシュな酸が、すべての要素をバランスよくまとめあげています。

チャコリは熟成せず、早のみが主流ですが、
こちらは長期熟成も可能な、華やかでスケール感のあるワインに仕上がっています。


価格 ¥ 5,100 消費税込 ¥ 5,610

イルスタ ゲタリアコ・チャコリーナ・ティント・イルスタ 2019 750ml

ミシュラン星付きレストラン採用生産者の
チャコリ赤ワイン


こちらのワインは艶のあるチェリーレッドにイチゴ、黒スグリなどのアロマに、
樹木やハーブの香りが重なります。

味わいはフレッシュで、果実味と酸味がバランスよく調和し、
長い余韻とともに香りの複雑さを楽しめます。

チャコリといえば白ワインのイメージが強いですが、
赤ワインが無いわけではありません。

こちらは「オンダラビ・ベルツァ」というこの土地特有の赤ワイン用ブドウを使い醸した赤ワインで、
セミハードタイプのチーズ、生ハムやベーコンなどの加工肉、白身の肉料理とよく合います。


価格 ¥ 4,000 消費税込 ¥ 4,400

イルスタ ゲタリアコ・チャコリーナ・イルスタ 2021 750ml

多くのミシュラン星付きレストラン採用の
クリーンなチャコリ生産者


こちらは緑がかったイエローと微発泡タイプのチャコリ。
リンゴやグレープフルーツ、パイナップルを思わせる南国果実の完熟したような、様々な香りが楽しめます。

味わいもバランスよく、程よい酸味と苦味、果実の香りが長く余韻に残ります。
アペリティフとして、マイルドなチーズとや魚介類などと一緒にお楽しみください!


価格 ¥ 2,800 消費税込 ¥ 3,080

テルラーノ ピノ・ビアンコ ヴォルベルグ リゼルヴァ 2019 750ml

海抜500~650mの畑「ヴォルベルグ」。アルト・アディジェでもテルラーノの地域にのみ見られ、鉱物を多く含む石英斑岩という火山岩から形成される、世界中でも非常に珍しい土壌です。
徹底した収量制限のもと、完熟したブドウのみを選別し、オーク樽で12ヶ月熟成。
美しいフィネスと酸味、しっかりしたボディ、長い余韻が楽しめるワインです。

価格 ¥ 6,500 消費税込 ¥ 7,150

ポール・コンティ ピノ・ノワール 2020 750ml

土地とヴィンテージを出来るだけ反映したピノノワールを造ることを目指すポール・コンティ。
冷涼な気候の西オーストラリア州ペンバートン南西にある畑のブドウを使用しています。
新鮮なストロベリーや、プラム、華やかなスミレの花や燻煙を思わせるアロマは、デキャンタージュにより、一層広がります。層の厚い複雑さとソフトで上品なタンニンを感じ、長い余韻が楽しめるミディアムボディの赤ワインです。


【輸入元資料より】
ローム土壌で灌漑をしていない畑からは風味と凝縮感のあるブドウが作られます。手摘みで収穫されたブドウは冷温で一晩静置後、30%は全房状態、残りは除梗破砕され、自然酵母によって小型開放槽で発酵し、1日1回のピジャージュ。バスケットプレスによる圧搾後、フランス産オークの小樽にて熟成しました。僅かな二酸化硫黄の添加と、粗いフィルターをかけた後ボトリングされています。

価格 ¥ 2,780 消費税込 ¥ 3,058

デ・ボルトリ オーガニック・シラーズ フィールド・ブレンド 2020 750ml

オーストラリア認定オーガニック基準を満たした
フルボディ好き必見の赤ワイン!


鮮やかな深紅色の外観。レッドチェリーやブラックベリーなど赤系果実と黒系果実が共に感じられ、
白コショウなどスパイスの魅力的な香りが複雑性をもたらします。

味わいは、熟した果実感と、マイルドな酸とタンニンが印象的なフードフレンドな味わい。
完全で寛大なストラクチャー、そして長い余韻が特徴です。

オーストラリアの認定オーガニック基準を満たしたリヴェリナの、
ヘムリーヴィンヤードから手作りされた、デ・ボルトリの最初のオーガニック認定シラーズです。

素晴らしいワインは素晴らしいブドウ園で育つというデ・ボルトリ社の哲学を表した、
ピュアでパワフルなワインです。

価格 ¥ 1,819 消費税込 ¥ 2,000

サワーヴァイン チ・リースリング 2022 750ml

エレガントで優しい
南アフリカの生命力を表したワイン


「Chi」とは、「生命力」を表し、アフリカでは「雨の神様」も意味しています。
エルギンの肥沃で美しい畑からこの名前を考えたそうです。

畑は赤いスレート土壌でロームや岩石も混じっています。
収穫後は9週間かけて天然発酵、熟成。

生産量2600本のみで、柑橘類、レモンシャーベット、花、青リンゴ、ハーブなどの香りが漂います。
フレッシュで豊かな酸、ワインは優しく、ピュアで透明感があり、綺麗な印象を持っています。

柑橘類の風味が豊かで爽やかジューシー。
酸味と残糖感のバランスが素晴らしくエレガントにまとまっており、最後までフレッシュな酸味が続き、このワインを気持ちの良い物にしています。

フィニッシュはドライで、南アフリカを代表する綺麗でエレガントなリースリングの1本と言えるでしょう。
サラダ、チーズ、スパイスやスイートなアジア系料理、寿司(アジ、イワシなど青魚系)などと相性が良いです。

価格 ¥ 3,800 消費税込 ¥ 4,180

ヴィーニンガー ウィーナー ゲミシュターサッツ 2019 750ml

世界でも珍しい首都にあるワイン産地、ウィーンにあるヴィーニンガー。混色混醸(ゲミシュターサッツ)やホイリゲ(新酒)で好評の造り手です。
こちらは、11種類のブドウの混植混醸。ニュスベルクとビザンベルクの両地域のブドウを使用しています。
酸と硬質なミネラルがすばらしく、彼のスタイルをしっかりと感じることができるゲミシュターサッツのスタンダードクラスです。


【ヴィーニンガー】
世界でも珍しい首都にあるワイン産地、ウィーンで伝統的に造られているワインの製法がゲミシュターサッツ(混植混醸)です。
ヴィーニンガーは、現在のゲミシュターサッツの造り手の中心人物と言えるワイナリー。 品種の個性を追い求めるよりも、混植したブドウから現れるウィーンの土地の個性を大切にワインを造りたいという思いから、ゲミシュターサッツに関する法律を作ったりと、伝統的な製法を守ろうとしています。

価格 ¥ 2,728 消費税込 ¥ 3,000

ヴァイングート・スールナー トーニ グリューナー・ヴェルトリーナー 2021 750ml

高品質で驚くほどリーズナブルなグリューナ・ヴェルトリーナーと言えばスールナーのワイン。
あまりにもストレスのないなめらかさと、品のある涼しげな味がこのワインの魅力。全体的に涼しさは感じるものの果実味ははつらつとして明るく、柚子などの日本の柑橘にフレッシュな青リンゴのような印象です。
酸も果実味とバランス良くあり、強すぎず、最後までスムーズ。清らかな山水のようで、暑い時にも美味しい白ワインです。



【スールナー】

※輸入元資料より
生産地域ヴァグラムの北西部で、隣接する生産地域カンプタールを縦断するマンハーツ山脈の南端に位置するゲーシング(Gosing)村にある。
ドナウ川に向かって開けた高台に位置し、スールナーが所有する16haのブドウ畑は、標高250~350mの南向きの河岸段丘にあって見晴らしが良い。
オーナー醸造家のトーニ・スールナーは、16歳の時に初めてブドウを圧搾した。スールナー家はワイン造りだけでなく、1haの果樹園でリンゴや梨を、16haの農地で様々な穀物を栽培し、豚、羊なども飼育する複合農家で、森林も約5ha所有している。
トーニは1995年にダニエラ・ヴィーニュさんとの結婚を機にビオロジックへの転換を決意。1997年にはそれを完了し、2004年にはビオディナミへと移行した。
「自然と共に働いて生きる」ことをモットーに、「魂と個性とエネルギーがこもった、飲んで美味しく体に良いワイン」を目指している。
ビオディナミで活性化した土壌にはマンハーツ山脈の花崗岩が混じり、砂、砂利、それにレス土が厚く堆積。昼にはパンノニア気候の乾いた熱風が吹き、夜は山から冷気が降りてブドウの成熟とアロマの蓄積を助ける。
品種の大半はグリューナー・ヴェルトリーナーで、他にリースリング、ツヴァイゲルト、ザンクト・ラウレント、カベルネを栽培し、ステンレスタンク、大樽、小樽で野生酵母で発酵する。中でもヴァグラムが発祥の地と言われているローター・ヴェルトリーナーを、1930年代に作られたせっ器(ストーンウェア)のタンクで醸し発酵した「イルデン」irdenは、トーニとダニエラの好奇心と志を象徴している。

価格 ¥ 2,800 消費税込 ¥ 3,080

ファーディナンド ガルナッチャ・ブランカ 2020 750ml

スペイン品種のスペシャリストとして知られる栽培家マーカス・ボキッシュがロダイのシエラ・フットヒルズの麓の斜面に所有するオーガニックヴィンヤード。
こちらは、カリフォルニアに似た地中海性気候を持つスペイン原産のガルナッチャ・ブランカを使った、爽やかで味わい深い白ワインです。
桃や蜜柑の果実に口内に馴染む自然な酸味が心地よく感じられます。和食から幅広く使いやすい味わいです。

価格 ¥ 3,230 消費税込 ¥ 3,553

スノウベッカー キュヴェ・サロメ ブラン・ド・ノワール ゼクト 750ml 箱入り

造り手のお孫さんの名前を冠したキュヴェ

ドイツを代表するワイナリー、フリードリッヒ・ベッカー醸造所が贈る冬のおたより。
クリスマス限定ラベルのスパークリングワインです。

ブドウはピノ・ノワールとピノムニエ。
シャンパーニュと同じ瓶内二次発酵という製法で醸されており、瓶詰め後2年以上熟成。

ベッカーさんのお孫さん、「サロメ」ちゃんが生まれたときに初めて造られたキュヴェです。

シャンパーニュを思わせるような細やかな泡、繊細な飲み口。
収量を抑え丁寧に栽培された、こだわりの黒ぶどう由来の力強さと奥行きも感じられます。

クリスマスの華やかな場を彩るのにぴったりなスパークリングワインです。

価格 ¥ 5,455 消費税込 ¥ 6,000

スノウベッカー ドッペルシュトック シュペートブルグンダー 2019 750ml

以前のリリースでは輸入元即完売した、ベッカー醸造所の冬季限定ラベル!
中身はJALビジネスクラスにも搭載された、大樽仕込みの特別キュヴェ。ドッペルシュトゥックとは大樽のことで、熟成に2400Lもの大樽を使用。それによりワインが樽に触れる面積が少なくなり、樽の風味が穏やかになります。
カシスやプラムのような果実の香りが前面に感じられ、酸とタンニンも程よいバランスです。



【フリードリッヒ・ベッカー】

※輸入元HPより
ベッカー醸造所のあるシュヴィゲン村はファルツの最南端。フランスとの国境線に位置するがゆえに、歴史上何度も戦火に見舞われた地域でもあります。
第二次世界大戦後、荒廃して焼け野原になったシュヴァイゲン村の復興を支え、ぶどう栽培農家をまとめ上げて一大協同組合を立ち上げたのが、フリードリッヒ・ベッカー氏の父上でした。戦後、甘口ワインを造る技術に長けており、造れば造るほど売れていた時代、協同組合の主力ワインも貴腐ワインでした。
フリードリッヒ・ベッカー氏はそんな南ファルツの一大協同組合の跡取りとして期待されていましたが、石灰岩が隆起したシュヴァイゲン村の土壌と寒暖差のある気候に可能性を感じ、自らの大好きなピノ・ノワールに打ち込むために、周囲の猛反対を押し切って1973年に独立。0からのスタートとなりました。

当初、貴腐ワイン用の甘いぶどうばかり生産していた他の生産者からは「酸っぱくてまずいぶどう」のレッテルを張られ(この時の逸話を童話「ぶどうとキツネ」に重ねて個性的なエチケットが誕生しました)激しい非難を浴びながらも、不断の努力とセンスにより、ドイツのピノ・ノワールのトップに上り詰めました。
そしてゴーミヨ誌にて前人未到の8度に渡る最優秀赤ワイン賞を受賞、ドイツのみならず、世界に名だたる生産者となりました。

価格 ¥ 3,182 消費税込 ¥ 3,500

フーバー バリッククラブ シュペート・ブルグンダー Iラベル 2017 750ml

-シャンボール・ミュジニー酷似したテロワールで育まれるシュペート・ブルグンダー-

フーバーはドイツのワイン生産地帯の最南端、バーデン地方のマルターディンゲン村にあるワイナリー。

マルターディンゲン村には、ゲルマンの地に布教に来たフランスのシトー派の修道士によってなんと約700年も前にピノ・ノワールが植えられており、名産地として名を馳せていました。
その理由は、シャンボール・ミュジニーの風景や土壌とマルターディンゲン村のそれが酷似していたこと。

土壌は貝殻石灰岩の風化土壌で、太古の昔、海だったマルターディンゲン村は、少し掘り起こすと独特の色合いの土壌が露出し、高品質なワインに欠かせない複雑味をもたらしてくれます。

その質の高さから、この地で栽培されたピノ・ノワールは、「マルターディンガー」と呼ばれていたそうです。
(今でもワイン辞典にはピノ・ノワールの同義語として、「マルターディンガー」が記載されています。)

その後戦争によって栄養が足りず、甘口の白ワインを好むようになり、戦後にはドイツと言えば甘口の白ワインという印象になってしまいましたが、マルターディンゲンの歴史を知った先代のベルンハルト・フーバーさんは高品質なピノ・ノワールのワインを造ることに情熱を燃やします。

残念ながらベルンハルトさんはご病気で55歳の若さで亡くなりましたが、一緒に働いていたご子息のユリアンさんを中心に品質を落とすことなくワイン造りを続けています。

今回ご紹介するこちらのワインは、マルターディンゲンの中でも、特に日当たりが良く、ベルンハルトさんが気に入っていた区画のブドウを使用。
2017ははつらつとした、でも強すぎない果実と、すっと通るエレガントな酸が特徴。
ピノ・ノワールに求める要素がしっかりとあり、満足度の高い味わいです。

マルターディンゲンならではの良さが詰まったこちらのワイン、ぜひ一度お試しください!!

価格 ¥ 4,546 消費税込 ¥ 5,000

デア・クライネ・フリッツ リースリング 2021 750ml

ウサギラベルのカジュアルなリースリング

「デア・クライネン・フリッツ」は、ドイツ・ファルツのピノ・ノワールの名士であるベッカー醸造所現当主・フリッツさんが同じくファルツの親友、ゲックリンゲン村のトーステン・ドールさんと、マイカンマー村のマティアス・スタッヒェルさんの2人のブドウを使用して作った新ブランドです。
グランクリュなどの超優良区画を保有しながらも共同組合に卸すしかなかった2人のブドウを、ベッカー醸造所の品質基準を導入しブラッシュアップして造ったワインです。

醸造はすべてベッカー醸造所ですが、ファインワインを目指すベッカーさんのワインとは別コンセプトで、より多くの人にカジュアルに楽しんでもらいたい、という思いから、ブドウの味を素直に表現した親しみやすい味わいと、とっても嬉しいお手頃な価格が魅力。

シュヴァイゲン村から北に15km、ゲックリンゲン村のリースリングを使用。
パイナップルを中心とした南国系果実の旨みがぎっしりと詰まっており、口に含んだ瞬間からジューシーな果実感が広がり、丸みのある酸がほどよく全体の印象を引き締めてくれています。

お料理はこだわらず、様々なものと気軽にワイワイ楽しみたいワインです。
「シュペートブルグンダー」も合わせてぜひお楽しみください!

価格 ¥ 2,728 消費税込 ¥ 3,000

ロングリッジ ピノタージュ 2019 750ml

ナチュラルな醸造方法
豊かな酸が心地よく


スパイスやカシス、熟したベリー、砂糖漬けのオレンジピール、ルイボス、スモーキーなど様々な複雑な香りが特徴。
程よく豊かな酸があり、柔らかくジューシーな渋みの少ないタンニン。

メーカーは、ピノノワールに近いイメージを持っているそうです。

ステレンボシュ地区で最も冷涼なヘルダーバーグ山脈の麓の斜面。
この地区は大西洋のフォルス湾から冷涼な風が吹いてきて、夜も冷えこみます。
その結果、ブドウはゆっくりと生長し、自然に酸がしっかりと含まれるように。

ブドウは手摘み後、選果、箱型の発酵タンクとステンレスタンクで7日間の天然発酵。
その後は、フレンチオークで16ヶ月熟成(新樽と中古樽)。
無濾過で自然な醸造方法で製造しているので酒石などが発生する場合がありますが無害です。


【ロングリッジ】
人も環境も皆健康であることがコンセプト。オーガニック&ビオディナミ生産者
ロングリッジは、ステレンボシュの南側、ヘルダーバーグ山脈の斜面に位置している。この地域は、他のステレンボシュ地区より2-3度気温が低い。年間降水量800ml。土壌は、花崗岩質の下に鉄分の多い粘土質があり、これによって保湿性があるが、必要な年には灌漑できるようにしているという理想的な環境。この恵まれた場所で、自然農法で多くの受賞ワインを生み出している。 ロングリッジが目指すのは、シンプルに、ユニークで、テロワール主義、オーガニック農法で、人も環境も皆、健康であること、そして楽しめるワインでワールドクラスであること。

価格 ¥ 3,150 消費税込 ¥ 3,465

ステレンラスト アーティソンズ・マザーシップ シュナン・ブラン 2021 750ml

ステレンラストのフラッグシップ
シュナンブランから造られる白ワイン


1964年に植樹されたシュナンブランを、6-12時間スキンコンタクトし、
その後大樽とコンクリートの卵型タンクで野生酵母で発酵。それぞれ12ヶ月熟成させブレンドしました。

蜜、白桃、洋梨などリッチで甘みのある香りに、なめらかで厚みのある果実味、
太い酸もあり、全体的にボリュームがありますが、洗練さもあります。

濃厚さとボディ、ステレンラストのフラグシップ品種であるシュナンブランの総決算のような最高レベルに仕上げられた限定品です。

シーフード、グリルした魚、クリームソース、タイのグリーンカレー、スパイス料理、アジア系料理などと一緒に。

【アーティソンズシリーズについて】

注目の畑から限定生産ワインを手掛けるアーティソンズシリーズ。
自社畑のブドウに限ることなく、様々な地区の様々なブドウを自由に選択して、
いわゆる「ステレンラスト」を超えた領域で「ArtiSons」(職人)として、
クラフト(工芸品)的に作られた限定シリーズ。

このシリーズは、昔の時代のワイン作りに使用された道具をラベルに採用している。

【ステレンラスト】

2012年ロンドン・オリンピックに採用されたワイナリー。南アフリカ・ステレンボシュ地区の名門。家族経営のワイナリーとしては、ブドウ畑だけで400haを所有し、ステレンボシュの中でも大きい方に入る。畑は2箇所あり、ヘルダーバーグとボタラリーの両地区にある。両方とも、ステレンボシュの中でも良質のブドウの取れる良い場所にある。白は特にシュナンブラン、赤はピノタージュ、シラーズとボルドー系品種が得意。

価格 ¥ 3,910 消費税込 ¥ 4,301

イチャスメンディ バッド・ベリ 2018 750ml

女性醸造家が発案した
チャコリ唯一のオレンジワイン


ノンフィルターのチャコリで、果皮とともに発酵させているため色はオレンジがかっています。
また、フルーティーで、花梗とともに発酵させているためタンニンも感じられ、
オンダラビ・スリの良質な酸が特徴的なワインです。
生産量わずか1,200本の限定生産商品です。

価格 ¥ 5,000 消費税込 ¥ 5,500

グラッドストーン アーラー ロゼ 2020 750ml

\心花開くチャーミングなロゼワイン/
アーラーワイナリーでは自然界に最大の敬意を払う「バイオダイナミック農法」を採用し、ニュージーランドのオーガニック認証「BIOGRO」も取得しています。
ピノノワールらしい華やかな香り、フルーティーな赤系果実の芳醇さとフレッシュな酸が、心地の良い余韻を感じさせるワイン。
テーブルを華やかに飾る魅力的な1本です。



【アーラーワイナリー】

※輸入元より
URLARワイナリーは、弊社8代目当主 西陽一郎と小山浩平(栽培醸造経営責任者)、アンガス・トムソン(前オーナー)の厚い信頼と友情から誕生しました。そこには「酒造りは農業」「発酵から始まるものづくり」という酒造りに対する考えや美味しい酒を造ることに国境は関係ないという信念があります。
URLARワイナリーでは「バイオダイナミック農法」を採用し、ニュージーランドのオーガニック認証「BIOGRO」を取得してワイン造りをしています。

URLARワイナリーのあるグラッドストーン地区は、NZの首都ウェリントンの北東にある冷涼なワイン産地です。
前オーナーのアンガス・トムソンが2004年にスコットランドから移住し、自然に寄り添いながらブドウの栽培を始めた土地は、昼夜の寒暖差が激しく、そのため果皮が厚く酸度が豊かでボディのあるブドウが産出される土地です。
URLARのワイン造りの哲学は「人の理性で自然の力を最大限に生かす」こと、そして、ブドウの個性を最大限に引き出すことにあります。

価格 ¥ 2,950 消費税込 ¥ 3,245

テルラーノ ピノ・ビアンコ ヴォルベルグ リゼルヴァ 2017 750ml

標高450~600mの南斜面、ベストな区画のピノ・ビアンコ。
メロン、白桃、洋ナシ、ゴールデンアップルなどの熟した果実と、カモミール、パイナップルのような香りも感じられます。
ストラクチャーがあり、クリミーでエレガント、余韻はミネラリーで仄かに渋みを感じます。


【カンティーナ・テルラーノ】
アルプス山脈の麓、オーストリアに隣接するトレンティーノ・アルト・アディジェ州。ドイツ語を母国語とする住民も多く、街並みは可愛らしい雰囲気です。テルラーノの畑はアルア・ディジェ川を望むアルプス山脈に囲まれた斜面(標高250~900mの間)に広がります。
ドロミテの渓谷に吹き込む風により、寒暖差が大きくワインに重要な酸味とアロマを形成します。
土壌は火山が隆起した水晶を伴う岩盤で、元々は海底だった為にミネラルが豊か。標高差の大きな複数の畑の収穫は100種類の段階に分ける事もあるそうです。
優秀な白ワインを産出する生産者が多く存在するエリアで、テルラーノのワインは、別格の熟成のポテンシャルとボトムレンジにまでトップキュヴェと同じ手間暇をかけ、確固たる評価を受けています。

価格 ¥ 5,100 消費税込 ¥ 5,610

アタラクシア ピノ・ノワール 2017 750ml

発酵前低温浸漬、樽内MLFなどモダンな造りにより、若いうちから楽しめて熟成による向上も期待できるタイプ。赤果実や樽香が芳醇に香ります。

価格 ¥ 4,980 消費税込 ¥ 5,478

ジュリアン・スカール エビデンス・シャルドネ 2021 750ml

アルザスグラン・クリュ生産者
テロワールを生かしたナチュラルテイスト


柑橘類、ヴァニラ、アーモンドなどの香り。
フレッシュで豊かな酸、凝縮した果実感と、ふくよかなで中程度のボディです。
オークの風味はあまり強くなく、ブドウ本来の味を楽しめるナチュラルなテイストな仕上がり。

フレッシュ&フルーティで全体のバランスも良く、エレガントに仕上がっています。

シーフード、甲殻類、鶏肉、豚肉、パスタなどとの相性がいいです。

冷涼地区エルギンで最も樹齢の古いポールクルーバー社の北向きのやや暖かい斜面の畑から、凝縮感があり、酸のしっかりしたブドウを購入。
ブドウは一日の1番涼しい時間に手摘みで収穫。ソフトプレス後、300Lのオーク樽で長時間かけての発酵、熟成12ヵ月。
マロラクティック発酵は無し。出来るだけフレッシュさとミネラル分を残すことに注力しています。
熟成のポテンシャルはヴィンテージ+5年ほどです。

【ジュリアン・スカール】
フランス・アルザスのグランクリュ・ワインメーカーのジュリアン・スカールは、2003年に南アフリカ・ウォーカーベイ地区のブシャル・フィンレーソンの収穫を手伝いに来た際、南アフリカの冷涼地区、特にエルギン、オーバーバーグ、ウォーカーベイ、ヘメル・アン・アード地区のシャルドネのポテンシャルに衝撃を受けた。

価格 ¥ 3,320 消費税込 ¥ 3,652

【IMADEYA直輸入ワイン/送料無料】サロモン リースリング ペットナット ヴォルケフュアツヴァイ 750ml

ふわふわで軽快な、ひとくちで癒やされる自然派微発泡ワイン!

サロモンが所有する畑、ファッヘンベルクとクーゲルのリースリングを使用し、発酵が終了する直前に亜硫酸無添加にてボトリングされたペットナットスタイル。
濁りと緑色がかった黄色い色調に、所々シルバーに輝く液面。
林檎のアロマにライムの皮とレモングラスの香りがうっすらと感じられます。
今すぐに飲んでも十分楽しめる味わいです!

この完成度の高い自然派微発泡ワインは「Ried Pfaffenberg」と「Ried Koegl」で栽培収穫されたリースリングを使用。アルコール発酵終了間際のマストは糖度を残した状態でボトリングされ、瓶内二次発酵によりCO2が発生します。そして瓶内に封じ込められたガスとワインが混ざり合い、最終的には上質なスパークリングワインに仕上がります。
デゴルジュマン(澱抜き)は行われず、残留する澱の影響で濁った色調となっています。
「ヴォルケフュアツヴァイ」とは英訳すると“Cloud for two”という意味。まさにふわふわと雲のような印象のペティアンで、デキャンタをしても、またはデキャンタをせずに濁り感やまろやかなテクスチャーを感じながらも美味しくいただけます。


【サロモン】
サロモンはオーストリアから車で西に一時間ほどに位置するクレムスタールで、8世代続く家族経営の老舗ワイナリー。
高品質な辛口白ワインに定評があります。
クレムスタールは細かく士壌が分かれているため、近い場所であってもグリューナーに向く士壌、リースリングに向く士壌があり、サロモンではそれぞれの特徴を最大限に活かしたワイン造りを行っています。
畑では科学的な農薬や肥料は使用せず、収穫も手積みで行っています。
伝統を守りながらも、酸化防止剤無添加のペティアンを新たにつくり出すなど新たなチャレンジも行っています。

価格 ¥ 2,728 消費税込 ¥ 3,000

グラッドストーン アーラー ソーヴィニヨン・ブラン 2021 750ml

果実味が前面に出るのではなく、テクスチャーを味わうワイン。
香りは、ソーヴィニヨンブラン特有の青リンゴやレモン、アスパラガスなどがありつつも、ハーブやアーモンドのような香りをしっかりと感じられます。
口に含むとハーブ系の心地よい酸味に、凝縮感やコクの要素が楽しめ、その後のしっかりとしつつも丸みを帯びた酸が印象的です。


【アーラーワイナリー】

※輸入元より
URLARワイナリーは、弊社8代目当主 西陽一郎と小山浩平(栽培醸造経営責任者)、アンガス・トムソン(前オーナー)の厚い信頼と友情から誕生しました。そこには「酒造りは農業」「発酵から始まるものづくり」という酒造りに対する考えや美味しい酒を造ることに国境は関係ないという信念があります。
URLARワイナリーでは「バイオダイナミック農法」を採用し、ニュージーランドのオーガニック認証「BIOGRO」を取得してワイン造りをしています。

URLARワイナリーのあるグラッドストーン地区は、NZの首都ウェリントンの北東にある冷涼なワイン産地です。
前オーナーのアンガス・トムソンが2004年にスコットランドから移住し、自然に寄り添いながらブドウの栽培を始めた土地は、昼夜の寒暖差が激しく、そのため果皮が厚く酸度が豊かでボディのあるブドウが産出される土地です。
URLARのワイン造りの哲学は「人の理性で自然の力を最大限に生かす」こと、そして、ブドウの個性を最大限に引き出すことにあります。

価格 ¥ 2,910 消費税込 ¥ 3,201

ラヴィス クラシック テロルデゴ 2020 750ml

クラシックシリーズは、国際品種とトレンティーノに根差す土着品種を揃えた、ラヴィスに集うカンティーナたちの努力の結晶とも言えるシリーズです。
希少な土着品種「テロルデゴ」を使い、フランス産の木樽を併用することで飲みごたえと上品さを持ち合わせた赤ワイン。
ベリー系の香りが広がり、口当たりが柔らかくまろやか。独自で開発した窒素還元環境醸造システムを使用し、SO2を70%カットしています。


【ラヴィス協同組合】
1948年に設立されたラヴィスは、優良な栽培家によって構成された、いわばトップカンティーナの集合体。まるで家族のような様々な年齢の組合員が、最良の栽培方法や醸造について日々議論を行っています。イタリアの中では冷涼な地域で石灰質の密度も高いことから、緊張感のあるワインが生まれます。

価格 ¥ 1,870 消費税込 ¥ 2,057

アストビサ アラバコ・チャコリーナ ピル・ピル byアストビサ 2021 750ml

☆アラバらしいコクのあるチャコリ☆
ラベルには、バスクで盛んだったクジラ漁からイメージされたユニークなクジラが描かれています。
明るく透明感のある色調。梨やりんご、グレープフルーツなどさまざまな完熟したフルーツの香りやフェンネルのようなハーブの香り。
酸はいきいきとフレッシュで、クリスピーな泡が食欲を刺激するワインです。
炭火焼の魚介類、エダムやゴーダなどのチーズとの相性◎

価格 ¥ 2,500 消費税込 ¥ 2,750

ラビット リースリング・ゼクト ブリュット 750ml

ドイツワインを専門家であるインポータのヘレンベルガー・ホーフさんがプロデュースした、キリッとした表情が印象的なウサギのエチケットのスパークリングワイン。
あるスパークリングの造り手のワインに出逢ったことがきっかけで、1年がかりの試行錯誤を経て生まれた、コストパフォーマンスに非常に優れたワインです。
パイナップルの様なジューシーな果実味と軽快な酸味がバランス良く、心地よい飲み心地です。

価格 ¥ 1,819 消費税込 ¥ 2,000

【IMADEYA直輸入ワイン/送料無料】サロモン グルーヴィ グリューナー・ヴェルトリーナー 2021 750ml

黄色の花のアロマが心地よく、オレンジのフレーバーも程よく広がります。果実味はスッキリとタイトで、酸は溌剌としてシャープな印象。ミネラルも柔らかく、ライトなテイストの辛口です。
サラダや、白身魚のカルパッチョはもちろん、出汁の旨味との相性もいいので、おひたしや煮物、おでんにも合わせてみてほしい1本です。

ブドウ品種のグリューナー・ヴェルトリーナーという名前が長すぎるために、あだ名として「グルーヴィー」と名付けられました。
さらに、造り手のサロモンの語感がサーモンに似ていることから、エチケットにもサングラスをかけたサーモンが登場しています。

価格 ¥ 2,273 消費税込 ¥ 2,500

テルラーノ ゲヴュルツトラミネール 2021 750ml

優秀な白ワインを造る生産者が多く存在するこのエリアで、テルラーノのワインは、別格の熟成ポテンシャルと、ボトムレンジにまでトップキュヴェと同じ手間暇をかける姿勢により、確固たる評価を受けています。

こちらは、ゲヴェルツトラミネールを使用し、ステンレス発酵、シュールリーで5~7ヶ月間熟成された白ワイン。
南国フルーツやバラの蕾など華やかな香り。果実の芳醇さとミネラル感とのバランスがとれた味わいです。



【カンティーナ・テルラーノ】
アルプス山脈の麓、オーストリアに隣接するトレンティーノ・アルト・アディジェ州。ドイツ語を母国語とする住民も多く、街並みは可愛らしい雰囲気です。テルラーノの畑はアルア・ディジェ川を望むアルプス山脈に囲まれた斜面(標高250~900mの間)に広がります。
ドロミテの渓谷に吹き込む風により、寒暖差が大きくワインに重要な酸味とアロマを形成します。
土壌は火山が隆起した水晶を伴う岩盤で、元々は海底だった為にミネラルが豊か。標高差の大きな複数の畑の収穫は100種類の段階に分ける事もあるそうです。
優秀な白ワインを産出する生産者が多く存在するエリアで、テルラーノのワインは、別格の熟成のポテンシャルとボトムレンジにまでトップキュヴェと同じ手間暇をかけ、確固たる評価を受けています。

価格 ¥ 3,060 消費税込 ¥ 3,366

アンセルミ カピテル・クローチェ 750ml

もともとは海底だった石灰質の東向き斜面の畑で育った、ガルガネーガ種を100%使用。 アンセルミが最も大切にするワインで、ガルガネーガの個性を引き出す為に、古樽で熟成をさせます。
フォスカリーノに比べ、硬質で骨格のあるスタイルですが、果実味も十分に感じられるエレガントな仕上がりです。
鶏肉や真鯛などの白身肉(魚)と合わせるのがおすすめです。


イタリアの北東部に位置するヴェネト州 ヴェローナの西、20kmほどのところに あるソアヴェ地区に構えるアンセルミ。
当主のロベルト・アンセルミ氏は、法的に高収量が許され、凡庸なワインが多く醸されることの多い「ソアヴェ」の名称を自身のラベルに使用することを好まず、1999年にDOC を脱退。100%オーガニック栽培をしながらも、自分が造るのは『ビオワイン』ではなく『その土地のテロワールを反映した美しいワイン』 だ。という思想の元、オーガニック認証は拒否。また、ソアヴェで初めてフランス産オーク樽での発酵を導入するなど、常にソアヴェにおける栽培・醸造の根本を覆し、既成概念にとらわれない革新的なワイン造りによって世界的にソアヴェの存在を押し上げた英雄となりました。
イタリア国内ソムリエ協会主催の「オスカー・デル・ヴィーノ」においてはヴェネト No.1 生産者に輝くなど、国内外で常に高い評価を受けています。

価格 ¥ 4,080 消費税込 ¥ 4,488

サンターディ ヴィッラ・ソライス ヴェルメンティーノ・ディ・サルディーニャ 2021 750ml

ラグジュアリーリゾートの地で醸される
スッキリ爽快な白ワイン


イタリア隋一の高級リゾート地がサルディーニャ島。
世界的なヨットレース、ロレックスカップやカリアリカップが開催される、ラグジュアリーリゾートからの白ワインです。

熟した林檎や洋梨を思わせる香りに、塩味を感じるミネラルのニュアンス。
すっきりキレのある味わいの中に、熟した桃のようなコクもある、サルデーニャらしい白ワインです。

伝説のエノロゴがキャリアの晩年に情熱を注いだワイナリー

イタリアで最も権威のあるワインアワード『オスカー・デル・ヴィーノ 2015』で、38万ワイナリーの中から最優秀賞を受賞した造り手『サンターディ』。

イタリアの20州のなかで3番目の大きさを誇る、地中海に浮かぶ美しい島『サルディーニャ島』にこのワイナリーは位置します。
ここには手つかずの自然が多く残ることから、世界中のセレブリティが集まる世界屈指のリゾート地となっています。

海を隔てて目と鼻の先にフランス、スペイン、アフリカ大陸があることから、
長い歴史の間に様々な民族の支配下に置かれ、イタリア本土とは大きく異なる独特な文化を発展させてきたため、
それがサルディーニャ島で造られるワインにも大きな影響を与えています。

中でも今回ご紹介するのは、南西部にある「スルチス」という沿岸地域に居を構える、
サルデーニャワインの歴史を変えた偉大なカンティーナ『サンターディ』。

そこで醸造家を努めた『故ジャコモ・タキス』氏は、
80年代くらいまでは島の外に出ることがほとんどなかったサルデーニャのワインを世界中で高く評価されるように発展させた立役者です。

タキス氏といえば、サッシカイア、ティニャネロ、ソライア等のスーパータスカンと呼ばれる偉大なイタリアワインを生み出し、安い地元酒ばかりという様相だったイタリアを「フランスに劣らないプレミアムワイン産地」として地位を向上させた、まさに「イタリア・ワイン・ルネサンスの父」と称される伝説のエノロゴとも言えます。

そして、数々の世界的イタリア・プレミアムワインを世に送り出し続けたタキス氏が、1980年中盤、キャリアの晩年に情熱を注いだのが『サンターディ』です。

価格 ¥ 2,040 消費税込 ¥ 2,244
82件中 1-50件表示
1 2