12,000円(税込)以上ご購入で送料無料
  詳しくはこちら>>

日本酒、ワイン、焼酎などお酒の通販なら
IMADEYA ONLINE STORE

{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}さん

ポイント残高:{@ member.total_points @}pt

   
  
                 
   
  

送料無料 12,000円(税込)以上ご購入で送料無料

詳細検索

  
  • お酒の種類
  • 地域
  • 価格
    円から 円まで
  • トレンドキーワード

商品一覧

並び替え
6217件中 1-50件表示
1 2 125

【先行予約受付中/12月初旬発送】キャメルファーム ピノ・ノワール プライベートリザーヴ 2019 750ml

IMADEYA×キャメルファーム 限定オリジナルワイン

シャンパーニュ地方やブルゴーニュ地方と同じクールクライメイト(冷涼気候)に恵まれた、北海道余市のキャメルファーム。
4キロ先に余市湾を臨む穏やかな丘陵地に、12ヘクタールにも及ぶ美しいブドウ畑を所有しています。

醸造を担うイタリア人のアンジェロ氏と共にブルゴーニュ最高の樽(フランソワフレール)を使用し、アッサンブラージュした特別なキュヴェです。
成長段階のブドウを絶妙なバランスの樽遣いで、深みのある果実の魅力が最大限に引き出されています。

IMADEYAのロゴをデザインしてくださっている芸術家の望月通陽氏がデザインして下さったラベルを身にまとい、より輝きを放っています。

クランベリーやローズヒップ(バラの実)のような華やかで少し甘やかな香りに、ピンクペッパーのようなアクセント。

フレッシュでありながら、やや奥ゆかしさのある酸味と旨味を伴う味わい深い果実味。
アフターにはみずみずしいベリーのようなフレーバーと、余市の海を感じるエッジのあるキレが残ります。

ボディーは軽やかでしなやか。
繊細でエレガントなチャーミングさがあり、まるで大和撫子を思わせる1本です。

余市のテロワールを感じるピノ・ノワールの特別キュヴェ。
お楽しみいただけるのは、IMADEYAでのみです。

ぜひ、この機会をお見逃しなく!

こちらは予約商品です
¥ 10,000 消費税込 ¥ 11,000

【先行予約受付中/12月初旬発送/セット限定価格】IMADEYA限定プレミアム日本ワイン2本セット

IMADEYA限定 プレミアム日本ワイン

北海道余市のキャメルファーム、長野県塩尻のドメーヌ・コーセイ。
日本ワイン界を牽引する両ワイナリーとIMADEYAが贈る、プレミアムワイン。
その両方を特別価格でお楽しみいただけるセットです。

・キャメルファーム ピノ・ノワール プライベートリザーヴ 2019 750ml
・ドメーヌ・コーセイ 片丘メルロー シルヴァン 2020 750ml

余市湾を臨む丘陵地の美しいテロワールとイタリアの伝統的製法・最新技術で世界に挑むキャメルファーム。
注目の土地長野県塩尻でメルローにこだわり良質なワインを醸すドメーヌ・コーセイ。

ラベルはともに、IMADEYAのロゴを手掛けて下さった芸術家の望月通陽氏のデザインです。
上品で華やかながら、繊細な和の要素を感じる素晴らしいワインです。

お楽しみいただけるのは、IMADEYAでのみです。
ぜひ、この機会をお見逃しなく。

こちらは予約商品です
¥ 16,364 消費税込 ¥ 18,000

安心院ワイン スパークリング 2020 750ml

安心院葡萄酒工房は、大分県の安心院町産の原料にこだわりワインを醸しているワイナリー。
こちらも安心院産のシャルドネを100%使用し、瓶内二次発酵で作られるスパークリングワインです。
黄金色の外観に、フルーティーな香りとフレッシュな飲み口。グラスに注いだ時の泡立ちもきめ細かな、キリッとした辛口のスパークリングワインに仕上がっています。


【安心院葡萄酒工房】
大分県宇佐市にある、「いいちこ」を造る三和酒類株式会社が運営するワイナリー。焼酎蔵がワイン?と思うかもしれませんが、環境的に決して容易ではない大分県でワインを造るのは並大抵の努力では出来ません。
盆地状になった安心院の土地は葡萄の産地として地元では名高く、朝霧が立ち込め昼夜の寒暖差が激しい風土を活かした葡萄作りを行っています。
日夜研究も怠らず、土壌の改良や品種の選択、栽培方法の研究など四季を通じて行われています。
1971年にワイン造りを始めた安心院ワイナリーでは、2001年に「杜の100年ワイナリー」構想のもと、安心院の葡萄にこだわり地域と共に成長する為、醸造施設や貯蔵庫、ショップなどが点在したテーマパークの様な、葡萄畑と緑に溢れるワイナリーをつくりました。
契約農家の造る葡萄も非常に高品質で、特にイモリ谷シャルドネは国産ワインコンクールで3年連続金賞受賞など評価も高く、九州での葡萄栽培の可能性を大いに感じさせてくれます。

価格 ¥ 3,190 消費税込 ¥ 3,509

フェルミエ エルヴォルカン アルバリーニョ 2021 750ml

フェルミエは新潟市角田浜の、新潟ワインコーストにあるワイナリー。海が近く水はけの良い痩せた砂質土壌らしい「エレガントな香りのアタックと長い余韻、繊細で優しい味付きながらも旨味に溢れ目が詰まっている」ワイン造りを目指しています。

角田山麓に位置する畑の有機栽培ブドウを野生酵母発酵させました。この畑は、かつての海底火山「角田山」から噴出した溶岩の岩盤上に海砂が堆積したもので、火山のようなエネルギーに溢れるスケールの大きなワインです。

価格 ¥ 12,300 消費税込 ¥ 13,530

フェルミエ アルタイル 2020 750ml

フェルミエは新潟県新潟市の角田浜という海沿いあるワイナリー。海のすぐそばにある自社栽培のブドウと、契約農家からの買いブドウでワインを造っています。
こちらは、日本産のカベルネ系4品種から醸した優しくエレガントな赤ワインです。
カベルネソーヴィニヨンとカベルネフランにカベルネ系交配品種2種をブレンドしています。

価格 ¥ 6,200 消費税込 ¥ 6,820

シャトー勝沼 鳥居平今村 柏尾山南方ブラン 2020 750ml

創業130年以上の歴史を誇る、シャトー勝沼が手掛けるワインです。
勝沼地区勝沼町内には「柏尾」と呼ばれるアペラシオンがあり、その中でも甲州ブドウ発祥伝説が残る大善寺の寺領で、優れた日照条件を持つ「南向き斜面」の柏尾山の畑だけを「柏尾山南方」と呼びます。
肥沃な勝沼の土壌とは異なる、粘土質にれきが混じるミネラル土壌。富士山からの冷たい風「笹子下ろし」の影響を最も受け冷涼で、ワインはキレの良い涼しげな酸が特徴です。

価格 ¥ 2,800 消費税込 ¥ 3,080

五一わいん エステート シャルドネ 2021 750ml

長野県塩尻市にて100年以上の歴史を持つ果樹農園&ワイナリー。銘柄名には創業者・林五一氏の名を冠しています。
エステートシリーズは自社農園のブドウのみで造られるワイナリーの自信作。こちらのシャルドネは樽を使用したタイプで、バニラやトーストの香りにシャルドネの果実香が調和し、複雑な香りを醸し出しています。
しっかりとした酸味とコクを持っており、クリームソースを使ったお料理やローストチキンなどにピッタリです。

価格 ¥ 1,800 消費税込 ¥ 1,980

カンティーナ・リエゾー チャオチャオ ロッソ ウヴァッジョ 2021 750ml

長野県の高山村にある、ワイナリーの自社畑で栽培されたメルロー、サンジョベーゼ、アリアニコ、ネッビオーロから造られた赤ワインです。
スッキリとした口当たりと共に瑞々しい果実味が広がり、爽やかな酸味が余韻へと続きます。細かくドライなタンニンが感じられ、スッキリとしていながらも芯の強さがあります。
赤身肉のローストや焼き鳥、醤油やナンプラーなどとも相性がいいので、和食やエスニック料理と合わせるのもおすすめです。

価格 ¥ 3,000 消費税込 ¥ 3,300

カンティーナ・リエゾー シャルドネ ベル・ヴェデーレ アンティーコ 2021 750ml

アンティーコとはイタリア語で「古来の」という意味。昔ながらの製法により白ワイン的でありながら赤ワインのようなタンニンやシェリー酒のようなビターなニュアンスが感じられます。
瑞々しくサラッとした果実味とは対照的なタンニンと苦味のアクセントが、フレッシュな酸と共にスッキリとした余韻へと続きます。
スペインのタパスのような、様々な料理の盛り合わせにも対応できる汎用性の高さが魅力!ぜひ大きめのグラスでお楽しみください。



【カンティーナ・リエゾー】
長野県上高井郡高山村にて、2015年に設立された家族経営ワイナリー。リエゾーは愛妻に因んだ名前です。3人の小さなお子様たちも畑仕事を手伝う、今後も楽しみなほのぼのワイナリーです。
ワイナリー名に「カンティーナ」がついていることからもわかりますが、オーナーの湯本康之さんはヨーロッパでワインと美しい農村風景に出会い、イタリアにてワイン造りとワイン文化を学びました。様々な人々のハングリー精神に刺激を受け、そのときに見たもの、体験したことが原動力となっています。

ワイナリーがある高山村は、2011年に長野県で2番目にワイン特区を取得。そこで、インターネットのクラウドファウンディングでわずか1週間足らずで目標額を達成し、高山村にはじめて設立されたワイナリーがこのカンティーナ・リエゾーさんでした。
畑では、メルロー、シャルドネなどに加え、バルベーラやピボ・ネロ、ドルチェットなどのイタリア系ブドウ品種の栽培にも取り組んでいます。ワイン造りを学んだイタリアでの経験をもとに、これらイタリア系品種をワイナリーの看板ワインにしていきたいとのこと。
クラウドファウンディングでの期待の高さが伺えますが、醸造所は小さく生産量もわずかで、リリースされるワインはその人気からなかなか手に入らないことも。イタリア系ブドウと北信州の高地がもたらす繊細な味わいは、ぜひとも体感していただきたいワインです。

価格 ¥ 3,000 消費税込 ¥ 3,300

ウッドランズ ワトソン・ファミリー・ワインズ シラーズ 2017 750ml

【輸入元より】
西オーストラリア州マーガレットリヴァー地区にあるふたつの畑のブドウを使用。フレンチオークで熟成させて複雑さとパワーを加えています。
ブラックベリーやラズベリーのアロマティックな香りが、スパイスやオーク由来のトーストの香りと結びついています。リッチで上質な口当たりで、バランスの取れた余韻が残ります。今後5年間は楽しめるワインです。

価格 ¥ 2,400 消費税込 ¥ 2,640

ティレルズ オールドワイナリー カベルネ・ソーヴィニヨン 2018 750ml

オーストラリアを代表するワイナリーのひとつ、ティレルズは、ニューサウスウェールズ州のハンターヴァレーで1858年の創業以来5世代にわたって家族経営を続けている、大変歴史のあるワイナリーです。
カベルネソーヴィニヨンの個性を重視した一本。ブラックチェリーやベリーのアロマにスパイスのニュアンス。リッチでパワフルな口当たり。デリケートな樽香が馴染んで、黒果実やチョコレートを連想させる味わいです。

価格 ¥ 1,360 消費税込 ¥ 1,496

マルクス・フーバー グリューナー・ヴェルトリーナー オーベレ・シュタイゲン 2019 750ml

オーベレ・シュタイゲンという単一畑で栽培されたグリューナーフェルトリーナーから造られるワイン。
クリアーな柑橘のイメージに、フレッシュハーブやコショウを思わせるスパイスのニュアンスが感じられます。
ステンレスタンクにてシュールリーが行われており、ミネラル豊かで深みと複雑味も持ち合わせています。

価格 ¥ 3,000 消費税込 ¥ 3,300

ファミリーエ・バウアー ホッロゥトリオ 2021 1L

オレンジワインらしい飲みごたえと、軽やかな果実の風味をどちらも表現するため、80%のブドウは5時間のみのマセレーション、20%のブドウは30日間のマセレーションを行っています。
これにより、オレンジヨーグルトのような甘くジューシーな香りと果実味に、オレンジワインらしいスパイシーさ厚み、ほのかな渋みと、通常のオレンジワインよりも果実の風味をしっかりと感じられるワインとなります。


【ファミリー・エ・バウアー】
オーストリアのウィーンから西に行ったところにあるヴァグラム地方の高地、グロスリーデンタールにある家族経営のワイナリー。
ブドウ栽培の歴史は古く、1794年には既に栽培を行っていたという記録があります。
この地域の特徴は、アルプス山脈からの冷たい風と南東のパノニア平原からの暖かい風。この2つにより、温暖でありながら夏の夜は温度が下がり、果実の凝縮度と共にフレッシュさも感じさせます。

価格 ¥ 2,600 消費税込 ¥ 2,860

サンターディ スルキ・ビアンコ 750ml

イタリア隋一の高級リゾート地がサルディーニャ島。世界的なヨットレース、ロレックスカップやカリアリカップが開催される、ラグジュアリーリゾートからの白ワインです。
海風と石灰質土壌という、この土地のテロワールを存分に表現。爽やかな香り、豊かさはあっても鈍重ではなく、石灰系のミネラル、海風由来の塩味が感じられる地中海ワインの決定版です!

価格 ¥ 1,360 消費税込 ¥ 1,496

ル・ブティ・ドメーヌ・ド・ジミオ ルージュ・フリュイ 2021 750ml

樹齢110年以上にもなる超古木のブドウからなるブレンドのワイン。
高樹齢による凝縮したエキスが詰まっており、長期熟成も予感させます。
香りはオリエンタルな印象で、グリオットやバラ、カルダモンなどのスパイスの香りがあり、艷やかでジューシーな果実味とほんのりビターなミネラル、キメの細かいタンニンが余韻を引き締めます。

価格 ¥ 5,350 消費税込 ¥ 5,885

アンリ ブルゴーニュ ピノ・ノワール 2018 750ml

アンリはブルゴーニュにて古い歴史を誇る、名門ドメーヌ。300年もの長い間、絶えず家族経営でワイン造りに情熱を傾けてきました。そんな彼らの手掛けるワインは、リーズナブルなお値段ながら非常に高品質であり、多くのブルゴーニュ・ラヴァーに親しまれています。
こちらは、ブルゴーニュ各地のブドウのブレンドによるもので、優しい口当たりで非常に親しみやすい味わいです。

価格 ¥ 2,210 消費税込 ¥ 2,431

エ・アルロー ヴォーヌ・ロマネ オー・レア 2015 750ml

モレサンドニ村No.1の天才醸造家と評される、ドメーヌ・アルローのシプリアン・アルロー氏が手掛けるネゴシアン部門のワイン。
こちらのオー・レアは平均樹齢40年のブドウで、村名でありながら一級畑「クロ・デ・レア」の南に広がる秀逸な区画。斜面の下部に位置していながら軽い粘土で水はけも良いため、柔らかな果実味に細やかな酸とミネラル感もあり、繊細でエレガントなワインとなります。

価格 ¥ 20,000 消費税込 ¥ 22,000

ドメーヌ・アルロー モレ・サン・ドニ プルミエ・クリュ レ・ブランシャール 2019 750ml

モレサンドニ村No.1の天才醸造家と評される、シプリアン・アルロー氏が手掛けるドメーヌ。シプリアン氏は父よりドメーヌを継承してから約10年で、トップドメーヌがひしめくモレサンドニ村で頭角を現した若手筆頭株です。
レ・ブランシャールはモレサンドニのほぼど真ん中にある1級畑。ふくよかにして繊細な果実味のあるワインが生まれます。

価格 ¥ 14,450 消費税込 ¥ 15,895

ドメーヌ・アルロー モレ・サン・ドニ プルミエ・クリュ レ・ミランド 2019 750ml

モレサンドニ村No.1の天才醸造家と評される、シプリアン・アルロー氏が手掛けるドメーヌ。シプリアン氏は父よりドメーヌを継承してから約10年で、トップドメーヌがひしめくモレサンドニ村で頭角を現した若手筆頭株です。
レ・ミランドは特級クロ・サン・ドニに隣接した斜面下にある1級畑。同じ1級のオー・シェゾーよりもモレサンドニの中心部に近い区画です。

価格 ¥ 14,450 消費税込 ¥ 15,895

カーブドッチ アルバリーニョ・ルノー 2021 750ml

国内の様々な地域で栽培されているアルバリーニョ。このワインは北陸・東北のアルバリーニョの可能性を信じて造られたワインです。
2021は山形産が主体でわずかに新潟産が入ったブレンド。醸造はシンプルにステンレスタンクにて発酵を行っています。
桃やアプリコット、林檎の蜜や柑橘などの香り。口に含むと豊かな果実味と酸味が感じられ、余韻にあるわずかな渋みが全体を引き締めます。
砂地のアルバリーニョとは異なる味わいをぜひお楽しみください。


【カーブドッチ・ワイナリー】
カーブドッチワイナリーがある新潟の角田浜は砂浜のような砂質土壌。日本海からわずか1kmほどに位置するブドウ畑には昼は海から夜は陸から風が吹き、ブドウの大敵である湿度を下げてくれます。この特異な場所で育てられたブドウが素晴らしい個性のあるワインを生み出すのです。
世界的に見ても特殊なこの砂質土壌特性を活かすため、積極的に草を生やす「草生栽培」や減農薬・微生物を使用して病気を抑えるなど、様々な栽培方法をされています。
砂と風に育まれた自園で収穫されたブドウは華やかな香りと繊細な味わいが特徴。醸造ではその特性を活かしつつ、品種の個性とその年を反映した味わいになるよう造られています。
醸造責任者の掛川さんはワインを造る上で「最高のワインではなく、ここの風土を表した唯一のワイン。」を造って行きたいと仰っていました。

価格 ¥ 4,200 消費税込 ¥ 4,620

フェルミエ エルマール アルバリーニョ 2021 750ml

アルバリーニョはスペインのリアスバイシャス原産のブドウ。フェルミエのある新潟市西蒲区越前浜の畑は海沿いにあり、リアスバイシャス同様アルバリーニョに適した土地と考えられ「海のワイン」らしい繊細なミネラル感を持ちます。

こちらは自社畑で垣根栽培されているアルバリーニョをステンレスタンク発酵、熟成させ、ブドウの豊かなミネラルとピュアな味わいをそのまま表現したワイナリーのトップキュヴェです。

価格 ¥ 12,300 消費税込 ¥ 13,530

カーブドッチ ツヴァイゲルトレーベ 2021 750ml

ツヴァイゲルトレーベといえば北海道が有名ですが、新潟で栽培すると酸味が少なく果実味あふれるワインになるそう!
その特性を活かすため、ステンレスタンクのみで熟成し、ツヴァイゲルトレーベがもつ豊かな果実味が広がる口当たりの良いワインに仕上げています。
ベリーやハーブの香り漂う、心地よい酸味の余韻が長く続くチャーミングなワインをぜひお楽しみください。



【カーブドッチ・ワイナリー】
カーブドッチワイナリーがある新潟の角田浜は砂浜のような砂質土壌。日本海からわずか1kmほどに位置するブドウ畑には昼は海から夜は陸から風が吹き、ブドウの大敵である湿度を下げてくれます。この特異な場所で育てられたブドウが素晴らしい個性のあるワインを生み出すのです。
世界的に見ても特殊なこの砂質土壌特性を活かすため、積極的に草を生やす「草生栽培」や減農薬・微生物を使用して病気を抑えるなど、様々な栽培方法をされています。
砂と風に育まれた自園で収穫されたブドウは華やかな香りと繊細な味わいが特徴。醸造ではその特性を活かしつつ、品種の個性とその年を反映した味わいになるよう造られています。
醸造責任者の掛川さんはワインを造る上で「最高のワインではなく、ここの風土を表した唯一のワイン。」を造って行きたいと仰っていました。

価格 ¥ 3,200 消費税込 ¥ 3,520

【IMADEYA直輸入ワイン/送料無料】プティセラー シャルドネ 750ml

-程よく熟成したカリフォルニアワインの可能性を堪能できる1本-

Petite Cellar(小さな蔵の意)は、少量生産で丁寧に造られたワインです。

カリフォルニア州ナパ・ヴァレーで最良のテロワールとして多くの高級ワイン用ブドウが育てられているト・カロン・ヴィンヤードを所有するベクストファー家などからのオファーが絶えない、栽培家との深い信頼を築いています。

そして、なんといってもこのPetite Cellarがリーズナブルな価格でワインを生産出来る秘密は、ナパ・ヴァレーの他の多くのワイナリーがゲスト用に豪華なテイスティングルームに多額の費用を費やすのに対し、ブドウやワインを大事にし、ワインの品質のみで真っ向勝負をしている為です。
モントレー、ソノマの冷涼なエリアのブドウを使用。水はけの良い砂利質の土壌から、エレガントなスタイルのシャルドネに仕上がります。
洋ナシやメロンの香りに加え、トーストやバニラの香りがし、柔らかな酸とたっぷりの果実味が感じられます。
コクがあり、厚みのある味わいとなっており、グラタンなどのクリーム系のお料理やチーズケーキとも相性抜群です。

価格 ¥ 2,000 消費税込 ¥ 2,200

E.ギガル コンドリュー 2020 750ml

1/3新樽、2/3ステンレスタンクで醸造。低温で発酵させ、マロラクティック発酵も100%行う。樽、タンクでの熟成期間は8ヶ月。
輝きのある透き通った、ゴールドイエロー。スミレ、アプリコット、白桃、柑橘類のアロマ。まろやかで生き生きとした味わい。リッチで厚みが感じられる。

価格 ¥ 7,500 消費税込 ¥ 8,250

E.ギガル コート・ロティ ブリュヌ・エ・ブロンド・ド・ギガル 2018 750ml

温度調整可能なステンレスタンクで醸造。自動ピジャージュ(櫂突き)しつつ、3週間の醸し発酵。新樽率40%で36ヶ月の樽熟成。
深みのあるルビー色。小さな赤い木の実のアロマとスパイシーなフレーバー。オーク由来のバニラ香もほんのり感じられる。タンニンはまろやか。



【輸入元より】

ギガル社の創業は戦後間もない1946年のこと。その後、わずか半世紀にして北部ローヌ有数の生産者へと急激に大成長を遂げた。

「ギガルの三つ子の兄弟」と俗に言われる単一畑のコート・ロティ、「ラ・ムーリーヌ」「ラ・ランドンヌ」「ラ・テュルク」やコンドリューの「ラ・ドリアーヌ」はギガルの名声を確固たらしめ、とりわけこのふたつのアペラシオンにおいては他に並ぶもののない、圧倒的な地位を築いている。

初代エティエンヌ・ギガルは1924年、14歳の時に1781年創業の老舗メゾン、ヴィダル・フルーリィ社に入りワイン造りを修業。1946年に独立した。
1961年にエティエンヌの後を継いだ2代目のマルセルは、80年代になって父エティエンヌがかつて奉公していたヴィダル・フルーリィを傘下に収め、これにより、当時、ヴィダル・フルーリィが所有していたラ・テュルクの畑も手に入れることになる。

1995年にはコート・ロティの歴史的なドメーヌである「シャトー・ダンピュイ」を入手。
ちなみにこのシャトーの領主であったモジロン伯爵には金髪(ブロンド)と栗毛(ブルネット)の娘がおり、これが今日のコート・ロティを土壌的に隔てたふたつの丘、コート・ブロンドとコート・ブリュンヌの語源という言い伝えがある。
シャトー・ダンピュイは7つの区画からなるコート・ロティであり、まさしくコート・ブロンドとコート・ブリュンヌの両テロワールがブレンドされた、素晴らしく調和のとれたスタイルとなっている。

さらに2001年にはジャン・ルイ・グリッパとド・ヴァルーイの両ドメーヌを吸収。
サン・ジョゼフの「ヴィーニュ・ド・ロスピス」や「リュー・ディ・サン・ジョゼフ」、エルミタージュの「エクス・ヴォト」など新しいアイテムを生み出した。
2006年にはドメーヌ・ド・ボンスリーヌに資本参加したが、こちらは独立したブランドとして醸造、および販売。

今日ギガルはローヌ全体におよそ60haもの自社畑を所有している。そしてメゾンにおいてワイン造りの全権を担うのは、醸造学のディプロマをもつ3代目のフィリップ。

先の三つ子のコート・ロティはじつに40ヶ月もの長期間にわたって新樽に寝かされるため、オーク樽の善し悪しはきわめて重要となる。
その品質を確実なものとするため、2003年以来、ギガルはシャトー・ダンピュイに樽工房を設え、年間に必要となるおよそ800のオーク樽を自製しているのだ。

とかく単一畑のコート・ロティやコンドリュー、エルミタージュの上級キュヴェばかりに目が向きがちなギガルだが、メゾン共通のラベルで統一された、ネゴシアンもののアイテムもすこぶる質が高い。
コート・ロティ・ブリュンヌ&ブロンドはムーリーヌやテュルクでなくともギガルの底力を知ることのできる精緻な造り。
最もベーシックなコート・デュ・ローヌでさえ赤はシラー、白はヴィオニエを主体とするところに、北部ローヌの造り手としての矜持を感じざるを得ない。コストパフォーマンスはすこぶる高く、味わい的にも汎用性が高いため、ビストロの定番ワインにはうってつけである。

品質に妥協を許さないギガル。コート・ロティを中心とする北部ローヌの盟主として、ますますの発展が期待される。

価格 ¥ 8,000 消費税込 ¥ 8,800

E.ギガル コート・デュ・ローヌ ロゼ 2020 750ml

短時間果皮を果汁に漬け込んだ後で引き抜き、ステンレスタンクで温度調節をしながら発酵、熟成。
透明感のある美しいサーモンピンク。フレッシュで生き生きとした、ラズベリーや赤スグリなど赤い果実のアロマ。フルーティでまろやかな味わい。



【輸入元より】

ギガル社の創業は戦後間もない1946年のこと。その後、わずか半世紀にして北部ローヌ有数の生産者へと急激に大成長を遂げた。

「ギガルの三つ子の兄弟」と俗に言われる単一畑のコート・ロティ、「ラ・ムーリーヌ」「ラ・ランドンヌ」「ラ・テュルク」やコンドリューの「ラ・ドリアーヌ」はギガルの名声を確固たらしめ、とりわけこのふたつのアペラシオンにおいては他に並ぶもののない、圧倒的な地位を築いている。

初代エティエンヌ・ギガルは1924年、14歳の時に1781年創業の老舗メゾン、ヴィダル・フルーリィ社に入りワイン造りを修業。1946年に独立した。
1961年にエティエンヌの後を継いだ2代目のマルセルは、80年代になって父エティエンヌがかつて奉公していたヴィダル・フルーリィを傘下に収め、これにより、当時、ヴィダル・フルーリィが所有していたラ・テュルクの畑も手に入れることになる。

1995年にはコート・ロティの歴史的なドメーヌである「シャトー・ダンピュイ」を入手。
ちなみにこのシャトーの領主であったモジロン伯爵には金髪(ブロンド)と栗毛(ブルネット)の娘がおり、これが今日のコート・ロティを土壌的に隔てたふたつの丘、コート・ブロンドとコート・ブリュンヌの語源という言い伝えがある。
シャトー・ダンピュイは7つの区画からなるコート・ロティであり、まさしくコート・ブロンドとコート・ブリュンヌの両テロワールがブレンドされた、素晴らしく調和のとれたスタイルとなっている。

さらに2001年にはジャン・ルイ・グリッパとド・ヴァルーイの両ドメーヌを吸収。
サン・ジョゼフの「ヴィーニュ・ド・ロスピス」や「リュー・ディ・サン・ジョゼフ」、エルミタージュの「エクス・ヴォト」など新しいアイテムを生み出した。
2006年にはドメーヌ・ド・ボンスリーヌに資本参加したが、こちらは独立したブランドとして醸造、および販売。

今日ギガルはローヌ全体におよそ60haもの自社畑を所有している。そしてメゾンにおいてワイン造りの全権を担うのは、醸造学のディプロマをもつ3代目のフィリップ。

先の三つ子のコート・ロティはじつに40ヶ月もの長期間にわたって新樽に寝かされるため、オーク樽の善し悪しはきわめて重要となる。
その品質を確実なものとするため、2003年以来、ギガルはシャトー・ダンピュイに樽工房を設え、年間に必要となるおよそ800のオーク樽を自製しているのだ。

とかく単一畑のコート・ロティやコンドリュー、エルミタージュの上級キュヴェばかりに目が向きがちなギガルだが、メゾン共通のラベルで統一された、ネゴシアンもののアイテムもすこぶる質が高い。
コート・ロティ・ブリュンヌ&ブロンドはムーリーヌやテュルクでなくともギガルの底力を知ることのできる精緻な造り。
最もベーシックなコート・デュ・ローヌでさえ赤はシラー、白はヴィオニエを主体とするところに、北部ローヌの造り手としての矜持を感じざるを得ない。コストパフォーマンスはすこぶる高く、味わい的にも汎用性が高いため、ビストロの定番ワインにはうってつけである。

品質に妥協を許さないギガル。コート・ロティを中心とする北部ローヌの盟主として、ますますの発展が期待される。

価格 ¥ 2,000 消費税込 ¥ 2,200

ジャック・ラセーニュ レゼルヴ エクストラ・ブリュット×中澤希水 750ml 木箱入り

シャンパーニュメゾン×書道家中澤希水氏 コラボモデル

シャンパーニュ地方南部に位置する、シャルドネの名産地「モングー」に蔵を構える「ジャック・ラセーニュ」。
前当主のジャック・ラセーニュ氏は、1964年、自身の生まれ故郷であるこの地に惹かれ、家族でブドウ栽培とワイン醸造を始めました。

現当主エマニュエルにバトンが渡った1999年、さらなる進化に向けてビオ栽培に転換、無濾過、無清澄とナチュラルな造りにこだわってきました。
補糖を行わずにドライに仕上げるシャンパーニュは、まさにこの地のシャルドネの良さをピュアに表現した素晴らしいブラン・ド・ブランです。

コロナ禍のロックダウンの影響で、熟成庫で眠ることとなった「レゼルヴ・エクストラ・ブリュット」。
時が経ちいざテイスティングをしてみると、予想を遥かに上回る素晴らしい味わいへと変貌を遂げていたのです。

「素晴らしいシャンパーニュを日本へ、そして世界へ」と立ち上がったプロジェクト。
「せっかくならば日本らしいオリジナルラベルでリリースしよう」ということで、フランスと縁のある書道家・中澤希水氏と出会います。

「ジャック・ラセーニュ」のきめ細やかな泡がグラスの中で美しく立ち上がるように、
モングーのテロワールをありのままに表現したいと願うエマニュエルの心のように、
流れるようでありながら芯の強さを感じる素敵な作品に仕上がっております。

日本初入荷となる特別なキュヴェです。
ぜひ、この機会にお楽しみ下さい。

価格 ¥ 13,000 消費税込 ¥ 14,300

ジャック・ラセーニュ レゼルヴ エクストラ・ブリュット×中澤希水 750ml

「ジャック・ラセーニュ」と書道家 中澤希水氏とのコラボレーションシャンパーニュ!
コロナ禍による影響が長きに渡り続き、一時的に行き場をなくしたジャック・ラセーニュ レゼルヴ・エクストラ・ブリュット。
しかし、予期せぬ熟成期間を得たことにより、プレステージュシャンパーニュを想わせる熟成感の完璧なバランスが生まれした。
中澤希水氏が加わったチームの手によって新たな命が吹き込まれ、「ジャック・ラセーニュ」の作品としては日本初入荷のキュヴェです。

価格 ¥ 11,000 消費税込 ¥ 12,100

エンビナーテ パロ ブランコ 2020 750ml

ワイン名は畑の呼称に由来。畑のあるオロターヴァと呼ばれる地域では、三つ編み仕立てと呼ばれる、古い仕立て方を採用している。
複数の苗を一か所に植えて、それをお互いに絡ませながら、枝を伸ばしていき、長いものでは10m以上にもなる。100年以上もこの地域で続く、昔ながらの栽培方法。
コンクリートタンクで12時間のマセレーション。2500L樽で12ヵ月間熟成されています。



【エンビナーテ】
エンビナーテは「ワイン、あなた自身」という意味。アリカンテの大学で醸造学を学んでいた4人が意気投合し、2005年に結成したプロジェクト。
彼らのモットーは、スペインに古くから伝わるブドウ栽培文化を背景としたその土地固有の味を感じるワインを造ること。
エンヴィナーテとして所有している畑はなく、各地域の農家と共に作業をしながら栽培指導をし、ブドウを購入しています。地域としてはリベイラ・サクラやカナリア諸島といった主に大西洋気候に影響を受けた個性的な地域のブドウに焦点を当てています。

価格 ¥ 4,700 消費税込 ¥ 5,170

さっぽろ藤野ワイナリー ワンダリング 2020 750ml

北海道の余市町、三笠市、厚沢部町など各地の契約農家さんからのブドウを使用した、アンセストラル方式の微発泡ワイン。
柔らかな泡。最初は多少還元的なニュアンスもありますがほどなく落ちいていきます。野バラやハーブにほのかな針葉樹の香り、柔らかい口当たりにサクランボやザクロ、アンズといった様々な果実味を感じ、旨味やコクとともにヨーグルトなども感じられます。
軽快な酸味が心地よい余韻を感じさせます。

価格 ¥ 3,000 消費税込 ¥ 3,300

ベッカー ピノ・ノワール 2019 750ml

ピノノワールシリーズのベーシッククラス。80%を大樽、20%を小樽で熟成しています。無濾過無清澄。
チャーミングで華やか、軽快でありながら、品種の色気がしっかり感じられる、余韻の長いワインです。

価格 ¥ 3,500 消費税込 ¥ 3,850

ドメーヌ・ボー タテノガハラ プリムール2022 750ml

自社園で初収穫のゲヴェルツトラミネールとリースリングを使用した白ワイン!
洋梨、あんず、桃などの果実の香り。品種特性のライチの香りやハーブのニュアンスが優しく寄り添う。柑橘の心地よい酸、やや残った甘みと相まって豊かな果実味を感じられます。



【Domaine Beau ドメーヌ・ボー】

富山県南砺市のワイナリー。

「Domaine Beau」は「美しいワイナリー」を意味しています。
最先端技術を取り入れつつ、リュットレゾネ(減農薬栽培)など、できる限り自然のままでブドウ作りを行ない、自然の中に住む生き物や微生物の声を聴き、対話しながら健全で美しい畑が作られています。

2020年現在、ワイナリーの畑12haに27000本のブドウの樹が植えてあります。
2021年春には15haの畑に34500本のブドウの木が、2022年の春には18haの畑に42500本の元気満々のブドウの木が植えられます。
100年先、200年先まで続く美しいワイナリーを残していくことを目指しています。

ドメーヌ・ボーが志すのは、与えられた環境を生かした最高にバランスの良い美しいワイン造り。そして、また飲みたいと思ってもらえるような余韻の長い魅力を持ったワイン。

代表取締役の中山さんは、かつてワインショップのオーナーをしていた時に、痺れるようなおいしいワインと出逢い、その日を境に本物のワイン、本当に美味しいワインしか売らないと決心し、ワインを造る側になった今も、その気持ちは変わらずに、本当に美しい価値のあるワインを届けたいと考えるようになったそうです。

ドメーヌ・ボーの醸造長は10年以上、富山の日本酒蔵の杜氏を務めた方が担当。
老舗ワイナリーで5年間日本ワインの醸造に関わった方もサポートし、醸造機器はイタリア製、ステンレスタンクはクロアチア製の最新機器を導入をして、ワイン造りを行なっています。

価格 ¥ 5,000 消費税込 ¥ 5,500

ラ・ヴィーニュ・ソヴァージュ ランスシアンス 2020 750ml

2018年に設立されたドメーヌで、オート・サヴォワ県、トノン・レ・バン村の近辺に広がるレマン湖の斜面に位置しています。
粘土質土壌に植わるシャスラを手摘みで収穫し、房まるごとダイレクトプレス。ファイバータンクにて2~3週間の発酵を経て、同じくファイバータンクにて12か月間の熟成。
様々なニュアンスが複雑に絡み合い、懐の深さを感じさせる今までにないシャスラの味わいです。シャスラの可能性を切り開く1本です。

価格 ¥ 4,900 消費税込 ¥ 5,390

ドメーヌ・ワ・スッド キュベ・和 2020&2021 750ml

ピノノワール、サンソーを使用したドメーヌ・ワ・スッドを代表するワインがこのキュヴェ・ワ。
ステンレスタンクにて約6か月間の発酵&熟成。フィルター掛け等は行いません。
南仏サンシニアンらしい果実のボリュームと心地よいタンニン、ピノノワール由来の綺麗な酸がとてもよいバランス。キュヴェの名をイメージさせるまさに「和」をもたらしてくれるようなバランスよさが、洋食、中華、和食、どんな料理にも幅広くマリアージュします。

価格 ¥ 2,200 消費税込 ¥ 2,420

ドメーヌ・レゾン 中富良野ケルナー 樽熟成 2021 750ml

中富良野町の自社圃場で育てられたケルナーを使用した辛口の白ワイン。
洋梨や白桃、金木犀、スウィーティーを感じさせるフルーティーな香りに、樽熟成による淡い樽香付与し北海道のワインらしい程よいシャープな酸が全体をまとめています。
ローストポーク、生ハム、蒸し鶏、ジャーマンポテト、ソーセージ、フルーツサラダなどと相性◎。
食事にも合わせやすい上質なワインです。

価格 ¥ 3,000 消費税込 ¥ 3,300

ギィ・シャルルマーニュ ドゥミ・セック 750ml

ブリュット・クラシックを更に柔らかく表現した、やや甘口スタイルのシャンパーニュです。白桃やオレンジピールのような香り、優しくクリーミーな口当たりでふくよかな果実味。やや甘口ですがきめ細かい泡と余韻の爽やかさで、べったりしない印象になっています。
フルーツタルトなどのデザートや、フルーツソースのフォアグラなどと素晴らしいマリアージュを演出します。

価格 ¥ 8,500 消費税込 ¥ 9,350

ココ・ファーム こことある シャルドネ 2021 750ml

2021年の暑い夏を過ごした余市産シャルドネを使用した白ワインです。熟したピーチとパイナップルのトーン、リッチで丸みのあるフィニッシュ。
北海道余市の木村農園で収穫されたシャルドネも、同じく余市の荒農園で収穫されたシャルドネも各々素晴らしいブドウで、北海道の魅力を表現しています。
ウドのお浸し、栗きんとん、キノコのバターホイル焼き、エビとパクチーの生春巻き、太刀魚の白焼き、などと相性◎。

価格 ¥ 4,818 消費税込 ¥ 5,299

ココ・ファーム シャルドネ クヴェヴリ 2020 750ml

ジョージアからクヴェヴリを直輸入し、土中に埋める世界最古の醸造法で造られています。
湿度が低く日照時間が長い北海道余市のブドウ畑で、日本屈指のブドウ栽培家、木村氏が大切に育てたシャルドネを使用。全房プレス。野生酵母による醗酵を行い、無濾過で瓶詰め。
ストラクチャーと、フィニッシュにクヴェヴリの土っぽさやミネラルが感じられます。全体を引き締める伸びのある酸とリッチなアルコール、フレッシュな果実味が口の中にゆっくりと広がっていきます。

価格 ¥ 5,455 消費税込 ¥ 6,000

安心院ワイン 輪熟 メルロー/シラー 2001 720ml

特別なときに楽しみたい、熟成赤ワイン

2001年、大分県宇佐市安心院町に誕生した安心院葡萄酒工房。
ワイナリーを創立する前、1971年からワイン醸造は行っておりましたので、今年で醸造開始から50年、ワイナリー創立から20年が経ちます。

「100年ワイナリー構想」を掲げ、地域と共に成長することをとても大切にしています。
契約農家の方々が栽培するブドウはとても高品質、九州での葡萄栽培の可能性を大いに感じる事ができます。

今回は、そんな安心院葡萄酒工房より、20年熟成の赤ワインが登場。
品種違いでの飲み比べを、ぜひお楽しみくださいませ。

価格 ¥ 10,450 消費税込 ¥ 11,495

安心院ワイン 輪熟 メルロー2002 720ml

特別なときに楽しみたい、熟成赤ワイン

2001年、大分県宇佐市安心院町に誕生した安心院葡萄酒工房。
ワイナリーを創立する前、1971年からワイン醸造は行っておりましたので、今年で醸造開始から50年、ワイナリー創立から20年が経ちます。

「100年ワイナリー構想」を掲げ、地域と共に成長することをとても大切にしています。
契約農家の方々が栽培するブドウはとても高品質、九州での葡萄栽培の可能性を大いに感じる事ができます。

今回は、そんな安心院葡萄酒工房より、20年熟成の赤ワインが登場。
品種違いでの飲み比べを、ぜひお楽しみくださいませ。

価格 ¥ 10,450 消費税込 ¥ 11,495

安心院ワイン 輪熟 カベルネ・ソーヴィニヨン 2002 720ml

特別なときに楽しみたい、熟成赤ワイン

2001年、大分県宇佐市安心院町に誕生した安心院葡萄酒工房。
ワイナリーを創立する前、1971年からワイン醸造は行っておりましたので、今年で醸造開始から50年、ワイナリー創立から20年が経ちます。

「100年ワイナリー構想」を掲げ、地域と共に成長することをとても大切にしています。
契約農家の方々が栽培するブドウはとても高品質、九州での葡萄栽培の可能性を大いに感じる事ができます。

今回は、そんな安心院葡萄酒工房より、20年熟成の赤ワインが登場。
品種違いでの飲み比べを、ぜひお楽しみくださいませ。

価格 ¥ 10,450 消費税込 ¥ 11,495
並び替え
6217件中 1-50件表示
1 2 125