12,000円(税込)以上ご購入で送料無料
  詳しくはこちら>>

日本酒、ワイン、焼酎などお酒の通販なら
IMADEYA ONLINE STORE

{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}さん

ポイント残高:{@ member.total_points @}pt

   
  
                 
   
  

送料無料 12,000円(税込)以上ご購入で送料無料

詳細検索

  
  • お酒の種類
  • 地域
  • 価格
    円から 円まで
  • トレンドキーワード

商品一覧

並び替え
179件中 1-50件表示
1 2 4

ボネ・ユトー ミュスカデ レ・ボネ ブラン 2021 750ml

ビオロジック栽培。ミュスカデの伝統を重んじつつ、安くて軽いワインのイメージを払拭すべく日々勤しむ。ふっくらとした果実味に余韻の塩味がアクセント。

価格 ¥ 1,615 消費税込 ¥ 1,776

セバスチャン・リフォー アクメニネ 2014 750ml

リトアニア語で「石だらけ」という意味で、粘土石灰土壌で育った樹齢30年のソーヴィニヨン・ブランを、ステンレスタンクで24ヶ月間発酵・熟成、古樽で12 ヶ月間熟成させ、酸化防止剤は一切使用していません。
蜂蜜、オレンジのマーマレードや、ドライマンゴーの香りに、リフォーらしい充実したエキス感とそれに馴染みながらも力強い酸があり、ふくよかでメリハリのある果実の余韻が長く続きます。

セバスチャン・リフォーは代々サンセールで農業を営む家に生まれ、自然の中で育ちました。おじいさんの世代はブドウだけでなく山羊のチーズや小麦も作っていて、お父さんの世代でブドウ栽培と共にワイン醸造を始めました。
セバスチャンは7~8歳のころから畑仕事を手伝い、その頃には将来はワインを造ると決めていたそうです。
その後ブルゴーニュの大学でクラシックな醸造を学び、卒業後は世界のワイン市場を勉強するためにロンドンの酒屋に勤務後、パリの「ラ・ヴィーニャ」というワインショップで働いていました。ラ・ヴィーニャでナチュラルワインの魅力に目覚め、2004年にサンセールに戻り、ワイン造りを始めます。

今回入荷したキュヴェは「アクメニネ」の2014年。
リトアニア語で「石だらけ」という意味で、粘土石灰土壌で育った樹齢30年のソーヴィニヨン・ブランを、ステンレスタンクで24ヶ月間発酵・熟成、古樽で12 ヶ月間熟成させ、酸化防止剤は一切使用していません。
蜂蜜、オレンジのマーマレードや、ドライマンゴーの香りに、リフォーらしい充実したエキス感とそれに馴染みながらも力強い酸があり、ふくよかでメリハリのある果実の余韻が長く続きます。
リフォーのワインは熟成させると驚くほど旨みが強くなり、スタンダードキュヴェのカルトロンとは別次元。
抜栓直後から蜜のような風味や旨みがしっかりと感じられます。味もちも良く、グラスワインにもお勧めです。

毎度のことながらスタンダードキュヴェのカルトロンとそこまで変わらない価格で、しっかりと熟成させた味わいが楽しめるのも魅力です。

価格 ¥ 4,200 消費税込 ¥ 4,620

エルヴェ・ヴィルマード シュヴェルニー・ブラン モンクロシェ 2020 750ml

手頃な価格を大きく超える、清澄な果実味と生命感あるワインで、フランスで熱心なファンを持つエルヴェ・ヴィルマード。(旧ドメーヌ・ドゥ・ムーラン)
こちらの、モンクロシェはセラーから5km程離れた、複数の品種の植わる区画。ソーヴィニョン系の香りや、果実味よりも酸味とミネラルを基調とした味すじ。瓶詰前の熟成期間も長いので落ち着いています。

価格 ¥ 3,900 消費税込 ¥ 4,290

エルヴェ・ヴィルマード シュヴェルニー・ルージュ キュヴェ・ドメーヌ 2021 750ml

手頃な価格を大きく超える、清澄な果実味と生命感あるワインで、フランスで熱心なファンを持つエルヴェ・ヴィルマード。(旧ドメーヌ・ドゥ・ムーラン)
こちらは、軽やかさと、しっかりと熟した果実味が共存する赤ワイン。ピノノワールがシルキーなタンニンと、リコリスのような香りを、ガメイがフレッシュな後味を与えています。

価格 ¥ 3,200 消費税込 ¥ 3,520

ローラン・サイヤール シラー 2021 750ml

ニューヨークで自然派レストランを立ち上げ、成功を収めたサイヤール。故郷のフランスに戻り、ゼロから栽培と醸造を学んで自身のワイナリーを立ち上げました。
こちらは、ガール県のビオ生産者からの買いブドウ。ファイバータンクで7日間マセラシオン。自然酵母で20日間発酵。500Lの古樽で6ヶ月熟成。
ピュアで若々しく、フランボワーズのような明るくみずみずしい果実味にチャーミングな酸、洗練されたミネラル、繊細なタンニンがきれいに溶け込んでいます。

価格 ¥ 4,000 消費税込 ¥ 4,400

【送料無料】フェルム・デュ・モン・ブノー クロ・レ・カイユ 2019 750ml

フェルム・デュ・モン・ブノーのワインは、まるで球体のような飲み心地が特徴。なめらかというのとは少し違い、何もひっかかりがなく、つるっと体の中に入っていくようです。
こちらは、グロローグリとシュナンブランを使用。レモンやパパイヤのような南国フルーツに、蜜のような香り、粘性があり、それがより旨みを感じさせます。
余韻にはきりっとした酸とほのかな鉄っぽさがあり、重みのあるボディを爽快にしてくれます。

価格 ¥ 4,200 消費税込 ¥ 4,620

ローラン・サイヤール グルナッシュ 2021 750ml

2021年はピノドニスとカベルネフランが全滅だったため、今回は特別に南仏からブドウをかったそう!買いブドウはガール県のビオ生産者ファブリス・ルヴァイアンから。
ファイバータンクで5日間マセラシオン。自然酵母で14日間発酵。ファイバータンクで6ヶ月熟成。
ピュアかつ明るく艶やかな果実味がジューシーで、繊細で弾けるような酸、洗練されたミネラル、キメの細かいタンニンの収斂味が優しく溶け込み骨格を形成しています。

価格 ¥ 4,000 消費税込 ¥ 4,400

ル・クロ・デュ・テュ=ブッフ ル・ブラン・ド・シェーブル 2020 750ml

フランスのロワールにおいて、今や自然派ワイン生産者の重鎮となっているピュズラ氏が手がけるドメーヌ。
自分たちが飲みたいと思うワインを造るという姿勢で、豊かな個性と親しみやすさもありながら高い技術を持ち、熟成できるようなワインも生み出す。とても人気の高い生産者です。
こちらは、酸が高いがしっとりとした濃厚なテクスチャーで、果実味や花の香りは控えめで、繊細な澱っぽさがある。土壌由来の硬質なミネラル感を感じます。

価格 ¥ 4,400 消費税込 ¥ 4,840

コンプレモン・テール ペティアン・ナチュレル ポション・ママ・ブラン 2020 750ml

ミュスカデの名手であり、ロワール自然派の先駆として信頼されるジョゼフ・ランドロンの息子、マニュエル・ランドロンが夫婦で新たにドメーヌを立ち上げました。
こちらのワインのラベルは、妻マリヨンのアイディアを元に友人の画家がデザイン。
繊細な泡は自然酵母による醗酵によるものであり、抜栓数分後にはワインのキャラクターを見せ始め、ヨードを感じさせるミネラル感が特徴的です。


【コンプレモン・テール】
輸入元より
ジョゼフ・ランドロンの息子、マニュエル・ランドロンが独立し、新たにドメーヌをたちあげました。ジョゼフ・ランドロンはいうまでもなく、ロワールのミュスカデの名手として知られる存在です。マニュエルは2013年12月、妻のマリヨン・ペシューと共にブルターニュ地方の街ナント近くで、ミュスカデ・少量のガメイ・地品種のフォール・ブランシュの植わる畑を見出し、醸造を始めました。

価格 ¥ 3,600 消費税込 ¥ 3,960

エチエンヌ・ドールニー サンセール ブラン 2020 750ml

標高250~300メートル。「テール・ブランシュ(白い土地)」と呼ばれる、シャブリと同じくキンメリジャン土壌に多くの石灰岩が混じる実際に白い色をした土壌で育ったソーヴィニヨンブランを使用。
キンメリッジの粘土質からくるふくよかな果実と、石灰岩からくる強いミネラル分のハーモニーを持った、「サンセール」のテロワールを代表するお手本のようなワインです。


山深いショードネイの地で数世紀にわたってブドウ造りを行う小さな造り手。
当主・エチエンヌ氏の人柄の良さがそのままワインににじみ出ています。ドールニー家のあるショードネイ村は、ミネラ ルの骨格が雄大な長期熟成に耐えるタイ プのサンセールを生み出す急激な斜面の麓にあり、ドメーヌが所有する 15haの畑の殆ど全てが南向きという絶好のロケーション。
ほぼ無農薬に近いリュット・ レゾネの農法を10数年以上前から採用。多産のこの地域では例外的な程に、少ない収量でワイン造りを行っています。

価格 ¥ 3,830 消費税込 ¥ 4,213

ファミーユ・ジョリー サヴニエール レ・ヴュー・クロ 2020 750ml

【輸入元より】
クレ・ド・セランにある樹齢80年以上の古木から選別し、穂木として台木を繋ぐマサルセレクションで、クローンではない。
クレ・ド・セランに比べやや傾斜が緩やかな東向きの区画で、表土が深く主にシスト土壌だが、クオーツを見ることもあり、まれに砂が混じっていることも。
エレガントな酸が心地よく、アーモンドやナッツ、フレッシュフルーツのニュアンスがある味わい。

価格 ¥ 8,200 消費税込 ¥ 9,020

レ・カプリアード メトード・アンセストラル ラ・ビュル・ルージュ 2019-2020 750ml

2019年のタンチュリエに2020年のガメイドボジョレーを加え泡に仕上げています。ブドウはシルヴァン・リーストとジャン・クリストフ・ジェゼケルから。
ワイン名はTeinturier(タンチュリエ)と呼ばれる果肉の赤いガメイでつくられているため、La Bulle Rouge(赤い泡)と名付けられています。
ドライかつ清涼感があり、旨味のあるみずみずしい果実味をタイトな酸と収斂味のある繊細なタンニン、キレのある泡が引き締め骨格を支えます。



【レ・カプリアード】

レ・カプリアードは、ペティアン・ナチュレルのみを造る「ペティアンマスター」と言われるフランス・ロワールの造り手。
一般的に「ペティアン」と聞くと、気軽に飲めるフレッシュなスパークリングワインを思い浮かべるのではないでしょうか?レ・カプリアードのそれを一度飲めば、そのイメージは一気に変わります。
レ・カプリアードのペティアンは複雑でしっかりとしたミネラルのある、シャンパーニュのように熟成に耐えうるもの。と言っても決してシャンパーニュを目指すわけでなく、ロワールでカプリアードにしか造れないスパークリングワインを造っています。

高品質なペティアンを、例え甘口であってもSO2などの添加物を一切使用せずにブドウだけで造っており、ナチュラルと言われているペティアンにたまにある、開けてみたらワインの半分が吹き出してしまったということもありません。
それを可能にしているのはテロワールを熟知し、ブドウをしっかりと観察してそれらを生かす技術。何も添加はしませんが醸造においては細心の注意を払い、細かく数値を確認し、何をすべきかを判断しています。
特に澱引きには気を使っており、それぞれのペティアンの目指す味とその時の状態によって回数を変えるそうで、多い時には10回も行うそうです。
これは一例ですが、このような積み重ねによって高品質な「ペティアン・ナチュレル」は他に類を見ません。

ぜひレ・カプリアードのペティアンを体験してみてください!

価格 ¥ 4,000 消費税込 ¥ 4,400

レ・カプリアード シードル 2020 750ml

リンゴは前年同様ブルターニュ地方サン・グレゴワール村のビオ生産者から。カプリアードのペティアン同様にメトード・アンセストラルで仕込まれています。しっかりとデゴルジュマンされた、昔ながらにして限りなく上品でエレガントな正統派シードルです。
ドライで泡立ち柔らかく、口に入れた途端ほんのり甘酸っぱいエキスと心地よい苦み、優しいタンニンをフワッと広がるムースが包み込み、後からリンゴのフレーバーが鼻を抜けます。

価格 ¥ 3,100 消費税込 ¥ 3,410

ロッシュ・ヌーヴ ソミュール・ブラン ランソリット 2019 750ml

【輸入元資料より】
ワイン名「Insolite(=意外・異色、の意)」の通りソミュールでは珍しいシレックス土壌。手摘み収穫、4時間かけ空気式圧搾機で圧搾。4ヶ月間1200Lのフードルで発酵。澱と共に9ヶ月間熟成。フローラルで透き通ったスタイル。熟度ある酸のメリハリがあり、すっきりとしたシャープな味わいです。

価格 ¥ 5,300 消費税込 ¥ 5,830

アンリ・ブルジョワ サンセール ル・モンダネ 2015 750ml

モン・ダネは、サンセールの生産者が手に入れたいと望む最良の区画で、キンメリジャン土壌の畑です。フルーティな中にしっかりとしたミネラルが感じられます。

価格 ¥ 4,760 消費税込 ¥ 5,236

フロリアン・ロブラン コトー・デュ・ジェノワ・ブラン・ジャン・ジボー 2019

歴史あるワイン評論誌「ギド・アシェット」にて、2017年に「今年のワインメーカー」に選出されるなど注目の若手生産者。AOCコトー・デュ・ジェノワで栽培されるブドウは、13世紀には既に王宮に献上されていたとされる、非常に古い歴史を持つ産地です。
柑橘系の爽やかな香りに、石灰やスモーキーな要素など複雑さのある香り。水晶を含む粘土とチョーク土壌によりフレッシュさとシャープな酸、ミネラル感のあるエレガントで親しみやすいワインです。


【輸入元資料より】
セメントタンクで8ヶ月間、澱(おり)の上で熟成(シュール・リーの状態で18度)。醸造中のSo2添加。瓶詰め時に軽くフィルタリング。

【ドメーヌ・フロリアン・ロブラン】

※輸入元資料より
フロリアン・ロブラン氏は1981年5月生まれで彼の祖父は小規模ながらブドウ栽培をしていました。
父も農業を営んでいましたが、ワイン造りとは関わりはありませんでした。
トゥールの醸造学校で学んだ後、サンセールの巨星アルフォンス・メロやローヌを代表する醸造家のひとりフランソワ・ヴィラール、ジュヴレ・シャンベルタンのジャン・ルイ・トラペらのもとで、さらにワイン造りを学びました。

2006年から植樹を始め、2008年がファーストヴィンテージでソーヴィニヨン・ブランを少量生産しました。
2010年にはピノ・ノワールとガメイのブレンドキュヴェを造りました。
現在(2022年)、約3haの畑(ソーヴィニヨン・ブラン2ha、ピノ・ノワール0.8ha、ガメイ0.2ha)を所有し年産は僅か6000本程度と少なく、多くの需要に応えるために毎年、徐々にその面積を増やしています。
有機認証は取得していませんが、栽培は基本的にビオロジックを実践しています。

価格 ¥ 3,300 消費税込 ¥ 3,630

ナナ・ヴァン コンジョー 2020 750ml

こちらの「コンジョー」は、日本語の「混醸」が語源。
その名の通りドメーヌで栽培している全てのブドウを混醸して造ったワインで、カリニャン40%、サンソー15%、 クレレット15%、テレブラン15%、 グルナッシュブラン15%を使用。2020は2019よりも白ブドウの比率が多くなっています。

香りはカシスやプルーンのような南の赤ワインの香りで、そこにスパイシーさがありますが、白ブドウが45%混ざっているので、飲んでみると香りとは違って軽快で瑞々しく、酸もしっかりあり暑い今の時期にでも飲みやすい赤ワインです。
セパージュの関係か、前のヴィンテージよりも味も香りも抜けが良く、よりあか抜けた印象。

この夏のお勧めの赤ワインにぜひ!



【ナナ・ヴァン】

輸入元より
クリスチャン・ショサールがヴヴレーで本格的にワインづくりを始めたのは1988年。ビニョロンの仕事と、醸造学校の講師を掛け持ちながら1999年までワインづくりを続ける。
その後、ヴヴレーのワイナリーを引き払い、2002年再びジャニエールにドメーヌ・ブリゾーを立ち上げる。
2012年にクリスチャンが亡くなり、その後を妻のナタリーが引き継ぐ。2014年からネゴスのナナ・ヴァンの醸造所をラングドックに設け、ロワールと行き来しながらワインづくりを行っている。
生産者のモットー:その土地のブドウのキャラクターが十分反映されたワインをつくる。

価格 ¥ 3,300 消費税込 ¥ 3,630

ナナ・ヴァン ソー・ワット ペティアン・ナチュレル 2020 750ml

マイナー品種で泡を造って何がダメなの?という意味などが込められたペティアンナチュレル。
青リンゴ、白い花の爽やかな香り。泡立ちは細かく繊細かつムースの広がりも滑らかで、透明感のあるフルーティーなエキスにキレのある酸と滋味深いハーブのような苦みが味わいをシャープに引き締めます。
アペリティフやブルスケッタ、アサリの白ワイン蒸しのような貝の前菜料理などと合わせてみてはいかがでしょうか。



【ナナ・ヴァン】

輸入元より
クリスチャン・ショサールがヴヴレーで本格的にワインづくりを始めたのは1988年。ビニョロンの仕事と、醸造学校の講師を掛け持ちながら1999年までワインづくりを続ける。
その後、ヴヴレーのワイナリーを引き払い、2002年再びジャニエールにドメーヌ・ブリゾーを立ち上げる。
2012年にクリスチャンが亡くなり、その後を妻のナタリーが引き継ぐ。2014年からネゴスのナナ・ヴァンの醸造所をラングドックに設け、ロワールと行き来しながらワインづくりを行っている。
生産者のモットー:その土地のブドウのキャラクターが十分反映されたワインをつくる。

価格 ¥ 3,700 消費税込 ¥ 4,070

セルジュ・ラルー サンセール 750ml

サンセールの特徴的なテロワールである、シレックスと呼ばれる粘土珪質の土壌から、ミネラルたっぷりの香り高いワインを造りだしています。
柑橘類、アカシア、キンセンカ等を思わせる複雑な芳香に爽やかなグリーンノート。
程よいボディ感もある心地よいワイン。

価格 ¥ 2,720 消費税込 ¥ 2,992

レイナルド・エオレ ランスミ・デュ・ヴィラージュ 2018 750ml

カベルネ・フラン50%、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエ合わせて20%、ガメイ、シラー、ピノ・ドニス、ガスコン合わせて30%。一番多く使われているカベルネ・フランが、しっかり熟した香り。イチゴ、スミレに少しグリーンな香りがあり、ボディは一番凝縮しており、しっかりと飲みごたえもあります。余韻の骨格もしっかりしていますが、なめらかでタンニンもきめ細やか。


レイナルド・エオレについて

レイナルド・オエレは2004年にドメーヌをスタート。同時に、2005年からレ・カイユ・デュ・パラディの従業員として働き二足のわらじを履きながらワイン造りを行っています。自社のワイナリーでは2haの畑を1人で管理している、超マイクロワイナリーです。

レイナルド・エオレは、ワイナリー設立当初から、はつらつとした果実味ではなく、ある程度の期間熟成させたワインに現れるミネラルとフィネスを大切にワインを造りたいと話しており、酸化防止剤についても、必要な時は使用するという考えでした。
最初からレイナルドのワインは綺麗でしたが、どことなく綺麗すぎて物足りない印象もありました。
それが、今回の新ヴィンテージは全体の底力が上がり、綺麗でありながら飲みごたえのあるワイン。
いよいよレイナルドが目指していたワインになった印象です。

特に赤の充実度は素晴らしく、濃さとは違う満足感があり、しっかりとしたストラクチャーがありながらもクリアで伸びやか、更に芯のしっかりとした旨みがあります。
また、ここ数年は全てサンスフル。
それにより以前より伸びやかさが出たのかもしれません。
ナチュラルなワインがお好きな方にも、綺麗なワインがお好きな方にもお勧めの造り手です!
人気になって買えなくなってしまう前に、ぜひお試し下さい。

価格 ¥ 4,700 消費税込 ¥ 5,170

レ・カプリアード メトード・アンセストラル・ピノーズ・ピノノワール 2019 750ml

ワイン名の「Pynoz(ピノーズ)」は、中世のピノノワールの綴りから取っています。
イチゴジャム、桜餅の甘い香りやスズランのような白い花の香り。泡立ちはまろやかでほのかな甘みと気品のある爽やかなエキスがあり、線の細い繊細な酸と滋味深いミネラルをキメの細かいムースが包み込みます。
桃のカプレーゼなど果物を使ったサラダやフォアグラプリンなどの前菜料理などと合わせてみてはいかがでしょうか。


【レ・カプリアード】

レ・カプリアードは、ペティアン・ナチュレルのみを造る「ペティアンマスター」と言われるフランス・ロワールの造り手。
一般的に「ペティアン」と聞くと、気軽に飲めるフレッシュなスパークリングワインを思い浮かべるのではないでしょうか?レ・カプリアードのそれを一度飲めば、そのイメージは一気に変わります。
レ・カプリアードのペティアンは複雑でしっかりとしたミネラルのある、シャンパーニュのように熟成に耐えうるもの。と言っても決してシャンパーニュを目指すわけでなく、ロワールでカプリアードにしか造れないスパークリングワインを造っています。

高品質なペティアンを、例え甘口であってもSO2などの添加物を一切使用せずにブドウだけで造っており、ナチュラルと言われているペティアンにたまにある、開けてみたらワインの半分が吹き出してしまったということもありません。
それを可能にしているのはテロワールを熟知し、ブドウをしっかりと観察してそれらを生かす技術。何も添加はしませんが醸造においては細心の注意を払い、細かく数値を確認し、何をすべきかを判断しています。
特に澱引きには気を使っており、それぞれのペティアンの目指す味とその時の状態によって回数を変えるそうで、多い時には10回も行うそうです。
これは一例ですが、このような積み重ねによって高品質な「ペティアン・ナチュレル」は他に類を見ません。

ぜひレ・カプリアードのペティアンを体験してみてください!

価格 ¥ 4,500 消費税込 ¥ 4,950

ナナ・ヴァン バブリー ペティアン・ナチュレル 2020 750ml

ネゴシアンのナナ・ヴァンが造るワインの中でも人気のロゼペティアン。
ピンクグレープフルーツなどの柑橘系の香りにサクランボやリュバーブのフレッシュな香りが重なる。泡立ちは優しく繊細なムースに広がりがあり、透明感のあるキュートなエキスを小気味よいシャープな酸が引き立てます。
アペリティフやスモークサーモン、トマトのカプレーゼなどと合わせてお楽しみください。



【ナナ・ヴァン】

輸入元より
クリスチャン・ショサールがヴヴレーで本格的にワインづくりを始めたのは1988年。ビニョロンの仕事と、醸造学校の講師を掛け持ちながら1999年までワインづくりを続ける。
その後、ヴヴレーのワイナリーを引き払い、2002年再びジャニエールにドメーヌ・ブリゾーを立ち上げる。
2012年にクリスチャンが亡くなり、その後を妻のナタリーが引き継ぐ。2014年からネゴスのナナ・ヴァンの醸造所をラングドックに設け、ロワールと行き来しながらワインづくりを行っている。
生産者のモットー:その土地のブドウのキャラクターが十分反映されたワインをつくる。

価格 ¥ 3,700 消費税込 ¥ 4,070

ドメーヌ・ランドロン ミュスカデ セーヴル・エ・メーヌ アンフィボリット 2021 750ml

1940年代から栽培家としての歴史を持つランドロン家。1999年からビオロジックに移行し、職人肌の真摯なのブドウ栽培、ワイン造りを行っています。
アンフィボリットとは角閃石の意味。その角閃石土壌から造られるワインは、生き生きとしてミネラルやヨードを感じさせます。
食事とともに楽しみたいワインです。

価格 ¥ 3,200 消費税込 ¥ 3,520

ドメーヌ・デュ・プティ・コトー ヴーヴレ メトッド・トラディショナル キュヴェ・レ・テュフィエール・ブリュット 750ml

常に衛生面にこだわり、品質のぶれないパフォーマンス高いワインを造るドメーヌ・デュ・プティ・コトー。
畑は、ヴーヴレーの銘醸台地のひとつChemin balnc(シュマン・ブラン)に位置し、以前はドメーヌ「ルメール・フルニエ」が所有していました。
ワインは、ピュアかつフルーティーで、シャープな酸にフレッシュ感があり、ほんのりビターで滋味深いミネラルをキメの細かい泡が優しく包み込みます。

価格 ¥ 2,337 消費税込 ¥ 2,570

ピエール=オリヴィエ・ボノーム ヴァンクゥール・ヴァンキュ ルージュ 2021 750ml

ロワールの才能ある若き造り手、ボノームが日本のために造る人気キュヴェ。
2021年は、生き生きとした酸を感じる、久々にトゥーレーヌらしいフレッシュな味わいに仕上がっています。
アルコール度数は11.5%とライトですが、ブドウが完熟するギリギリまで収穫を待ったこともあり、実際の味わいはタイトで、みずみずしい果実味の中にしっかりとしたコクと旨味を感じます。
スルスルと飲める赤ワインです。


【ピエール=オリヴィエ・ボノーム】
輸入元より
オーナーであるボノームは2004年、弱冠18歳の時にル・クロ・デュ・テュ=ブッフの収穫に参加し、そこでティエリに才能を見いだされ、以降ティエリから共同経営者を前提にスカウトされる。
2006年から2008年までアンボワーズのワイン学校に通いながらティエリのネゴスで経験を積む。
2009年、ティエリと共同でネゴシアン「ピュズラ=ボノーム」を立ち上げる。2014年末、ティエリがネゴシアンから抜けてピエール=オリヴィエ・ボノーム単独で再スタートする。
ネゴシアン畑の大部分は緩やかな起伏のある丘に点在し、主にロワール川とシェール川の影響を受ける。秋から冬春にかけては川と地上の温暖差で朝夕はしばしば深い霧に覆われる。

価格 ¥ 2,295 消費税込 ¥ 2,524

ピエール=オリヴィエ・ボノーム ヴァンクゥール・ヴァンキュ ブラン 2021 750ml

日本向けに造られている人気キュヴェ。18歳のときにロワールの自然派ワインのスター生産者であるティエリー・ピュズラに才能を見出され、共に経験を積んできたオリヴィエ・ボノーム氏が手掛けています。
2021はボノームの原点に立ち返って、スマートな味となりました。
柚子やレモンのような黄色い柑橘の香りの奥に少しスモーキーさがあり、飲んでみると青パパイヤやライムような風味に塩っぽさを感じます。
すっきりした白ワインを飲みたい時に最高の1本です!


【ピエール=オリヴィエ・ボノーム】
輸入元より
オーナーであるボノームは2004年、弱冠18歳の時にル・クロ・デュ・テュ=ブッフの収穫に参加し、そこでティエリに才能を見いだされ、以降ティエリから共同経営者を前提にスカウトされる。
2006年から2008年までアンボワーズのワイン学校に通いながらティエリのネゴスで経験を積む。
2009年、ティエリと共同でネゴシアン「ピュズラ=ボノーム」を立ち上げる。2014年末、ティエリがネゴシアンから抜けてピエール=オリヴィエ・ボノーム単独で再スタートする。
ネゴシアン畑の大部分は緩やかな起伏のある丘に点在し、主にロワール川とシェール川の影響を受ける。秋から冬春にかけては川と地上の温暖差で朝夕はしばしば深い霧に覆われる。

価格 ¥ 2,295 消費税込 ¥ 2,524

ドメーヌ・ド・ヴェイユー シュヴェルニー ブラン 2018 750ml

冷涼な気候と土壌のミネラルを想像させる、キリッと酸が立ってエレガントな白ワインです。セメントタンクで自然酵母にて発酵。発酵後シュール・リーの状態で3ケ月熟成させています。

価格 ¥ 1,946 消費税込 ¥ 2,140

ピエール=オリヴィエ・ボノーム VdF ソーヴィニヨン 2021 750ml

ビオロジック栽培。芳醇な香りにエキス分を感じる果実味が楽しめます。



【ピエール=オリヴィエ・ボノーム】

輸入元より
ピエール・オリヴィエはまだ学生だった、2003年にティエリー・ピュズラの元で収穫をした縁で、ワイン造りに興味を持ったそうだ。その後も収穫には通い、正式にワイナリーの一員にもなり、数年間の経験を経て、ティエリーとともに、ネゴシアン部門「EURLピュズラ・ボノム」を設立した(2009年)。
そして2014年、ドメーヌへの専念を決意したティエリー・ピュズラから、ワイナリーを受け継ぐこととなった。原料となるブドウは買いブドウが大半を占めるが、醸造は野生酵母のみで赤、白ともに一部木樽発酵も併用。亜硫酸は醸造時は無添加、瓶詰め時のみ20mg/L前後にとどめる。
ソーヴィニョン・ブランやガメ以外の、地品種も多く手掛け、手に取りやすい価格と果実味を活かした味わいで、広く親しまれている。ちなみに、母体となったネゴシアン「EURLピュズラ・ボノーム」は、ロワールで有機栽培を行う農家から、慣例よりも高値でブドウを買い、さらにワインの収益を栽培家に還元するという画期的な生産サイクルを確立。そのモデルにより、このエリアでフランスの他地域に先駆けて真摯なビオロジック栽培が広がり、定着した一つの原動力になったと、高く評価されている。

在庫切れ
価格 ¥ 4,380 消費税込 ¥ 4,818
詳細を見る

ローラン・サイヤール ル・ガメイ 2021 750ml

【ローラン・サイヤール】

輸入元より
1991年専門学校でホテル・レストランのマネージメントを学んだ後、1995年ニューヨークへ旅立つ。
2004年、自然派レストランICIを立ち上げ成功を収める。2008年元妻にレストラン経営を譲り、ニューヨークを後にする。
フランスに戻ってからは、ノエラ・モランタンの下でゼロから畑とワインづくりを学ぶ。
2013年、ノエラの畑2 haを譲り受け自らのドメーヌを立ち上げる。
2015年クロロッシュの引退後の畑の半分4.5 haの管理を引き受け現在に至る。

在庫切れ
価格 ¥ 4,000 消費税込 ¥ 4,400
詳細を見る

ローラン・サイヤール ラッキー・ユー 2021 750ml

ニューヨークで自然派レストランを立ち上げ、成功を収めたサイヤール。故郷のフランスに戻り、ゼロから栽培と醸造を学んで自身のワイナリーを立ち上げました。
「Lucky You!」は「ついてるね!」といった意味で、こうしたゼロからのスタートに様々な人の助けがあったことへの思いが込められています。



【ローラン・サイヤール】

輸入元より
1991年専門学校でホテル・レストランのマネージメントを学んだ後、1995年ニューヨークへ旅立つ。
2004年、自然派レストランICIを立ち上げ成功を収める。2008年元妻にレストラン経営を譲り、ニューヨークを後にする。
フランスに戻ってからは、ノエラ・モランタンの下でゼロから畑とワインづくりを学ぶ。
2013年、ノエラの畑2 haを譲り受け自らのドメーヌを立ち上げる。
2015年クロロッシュの引退後の畑の半分4.5 haの管理を引き受け現在に至る。

在庫切れ
価格 ¥ 4,000 消費税込 ¥ 4,400
詳細を見る

ローラン・サイヤール サ・ス・ディスクート 2021 750ml

ワイン名は「それぞれの見解あり。意見が分かれるところだね」という意味があり、「ネゴスのブドウでつくるワインに対する反対意見があっても受け入れるが、ワインを飲んでみてから批判してね!」という思いが込められているそう。
明るい赤い果実の香りにシャクヤクの花の甘い香りやお香のような香りが重なる。エレガントかつみずみずしい果実味にストラクチャーがあり、キュートな酸とほんのりビターで繊細なタンニンが余韻を引き締めます。

在庫切れ
価格 ¥ 4,000 消費税込 ¥ 4,400
詳細を見る

ダミアン・ビュロー パロマ 2021 750ml

全房のままのカベルネフランにガメイのダイレクトプレスしたジュースを合わせ1.5か月のマセラシオン。ピノドニスとグロローは全房のまま12日間のマセラシオン。それらをプレスの後ブレンドし、ファイバー製タンクにて発酵、熟成。
レッドチェリーやラズベリーなどの生き生きとした赤い果実味やバラの花の可憐な香り。甘みを感じる香りですが、味わいはドライな印象。瑞々しくとても複雑味のあるワインです。

在庫切れ
価格 ¥ 3,145 消費税込 ¥ 3,459
詳細を見る

エルヴェ・ヴィルマード シュヴェルニー・ブラン レ・スーシェット 2020 750ml

手頃な価格を大きく超える、清澄な果実味と生命感あるワインで、フランスで熱心なファンを持つエルヴェ・ヴィルマード。(旧ドメーヌ・ドゥ・ムーラン)
こちらは、ロワールに数百ヘクタール残る、地品種のムニュピノ。ソーヴィニョンブランよりも、おとなしく、抑えられた果実味と、はっきりとした鉱物感を感じます。


当主のエルヴェはティエリー・ピュズラ(ル・クロ・デュ・テュ=ブッフの人気自然派醸造家)といつも仲良し。
二人共シュヴェルニーで、ワイナリーも車で10分の距離。彼らの年代はフランスの自然派ワインの中堅以上の年代で、あまりファンキーではないけれど、堅実に実直に、でも粋なワインを造り続けています。

在庫切れ
価格 ¥ 4,400 消費税込 ¥ 4,840
詳細を見る

エルヴェ・ヴィルマード キュヴェ・ボヴァン ブラン 2021 1L

手頃な価格を大きく超える、清澄な果実味と生命感あるワインで、フランスで熱心なファンを持つエルヴェ・ヴィルマード。(旧ドメーヌ・ドゥ・ムーラン)
こちらは、1L瓶で、早詰め、早飲みがコンセプトで、プリムールのような気軽なワイン。
ステンレスタンクとグラスファイバータンクで醸造し、瓶詰。昔のリットル売りしていた頃の文化に因んでボトルも1L瓶かつリサイクル。そのため瓶それぞれ色が違います。

在庫切れ
価格 ¥ 3,000 消費税込 ¥ 3,300
詳細を見る

ローラン・サイヤール ラ・ヴァルス 2021 750ml

前年は自社畑のカベルネソーヴィニョンでしたが、霜と雹により全滅だったため代わりにプロヴァンスの友人から分けてもらったシラーで仕込んでいます。
ブドウを全房のまま温度10℃の冷温室に一昼夜置いてからプレス。自然酵母で5ヶ月発酵。ステンレスタンクで5ヶ月熟成。
フレッシュかつ軽快で透明感のある穏やかな果実のエキスがあり、キュートな酸と滋味深いミネラルがきれいに溶け込んでいます。

在庫切れ
価格 ¥ 3,500 消費税込 ¥ 3,850
詳細を見る

ラ・フェルム・ド・ラ・サンソニエール ミエル(はちみつ) 500g

【輸入元より】
巣箱はワイナリーや畑の敷地内に設置され、春に分蜂するミツバチを巣箱に招き入れ、ミツの収穫は9月に行う。
巣箱から遠心分離機でハチミツを採取。荒いフィルターをかけ、加熱、補糖はせずに瓶詰めする。
ミツバチたちは主にキイチゴやアカシアの花からミツを集めるが、春から夏にかけての多く種類の花々からミツは採取される。

在庫切れ
価格 ¥ 7,000 消費税込 ¥ 7,560
詳細を見る

メゾン・ブリュレ エルドロー 2020 750ml

ブリュレの赤の看板ワインであるエルドロー。ガメイ40%、ピノ・ドニス45%、ピノ・ノワール15%という構成で、除梗せずに発酵させています。
しなやかな力強さ、赤いベリー系の香りの奥にほのかに感じるナチュラルワインらしい田舎くささが、親しみを感じさせます。
飲むとなめらかで、クランベリーのような素直な果実味があり、柔らかなタンニンとチャーミングな酸がきゅっと余韻に続きます。

在庫切れ
価格 ¥ 4,400 消費税込 ¥ 4,840
詳細を見る

ローラン・サイヤール グルナッシュ/シラー 2021 750ml

別々で仕込んだグルナッシュとシラーをマセラシオン後にアッサンブラージュし熟成。買いブドウはガール県のビオ生産者ファブリス・ルヴァイアンから。
ブルーベリーのダークな果実の香りに大葉やエゴマなどハービーな香りが重なる。ワインは艶やかで明るく、赤い果実のジューシーな果実味にチャーミングな酸、洗練されたミネラル、キメの細かいタンニンが溶け込み上品な骨格を形成しています。

在庫切れ
価格 ¥ 4,000 消費税込 ¥ 4,400
詳細を見る

ドメーヌ・ミショー トゥーレーヌ・シュノンソー エクラ・ド・シレックス 2020 750ml

【輸入元HPより抜粋】
コンクールでメダルを欠かすことのないソーヴィニョン。
シェール川右岸の丘の斜面の畑。シレックス(火打石)を多く含む砂利・砂質土壌。しっかりとした骨格を持ち、熟成も楽しみなワインです。
完熟したブドウを使用しているためしっかりした色合い。柑橘系や白い花のような香り。厚みがありふくよかで、ミネラルを思わせる風味豊か。ミントのニュアンスがあり、いきいきとした印象で非常に爽やか。

在庫切れ
価格 ¥ 2,630 消費税込 ¥ 2,893
詳細を見る

エルヴェ・ヴィルマード シュヴェルニー・ブラン キュヴェ・ドメーヌ 2020 750ml

【輸入元より】
グラスファイバータンクもしくはステンレスタンクで醗酵。
エチケットに風車(Moulin)が描いてあるのは、自社畑のブドウを使用していることの印。
シレックスを多く含む、ソーヴィニョン・ブランの酸味と鉱物感をシャルドネのたっぷりとした果実味が包み込む。

当主のエルヴェはティエリー・ピュズラ(ル・クロ・デュ・テュ=ブッフの人気自然派醸造家)といつも仲良し。
二人共シュヴェルニーで、ワイナリーも車で10分の距離。彼らの年代はフランスの自然派ワインの中堅以上の年代で、あまりファンキーではないけれど、堅実に実直に、でも粋なワインを造り続けています。

在庫切れ
価格 ¥ 3,000 消費税込 ¥ 3,300
詳細を見る

コンプレモン・テール ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ ケール・マ 2020 750ml

ミュスカデの名手であり、ロワール自然派の先駆として信頼されるジョゼフ・ランドロンの息子、マニュエル・ランドロンが夫婦で新たにドメーヌを立ち上げました。
「ケール・マ」は二人の家を意味しています。スキンコンタクト無し。グラスファイバータンクで醗酵、グラスファイバータンクで5ヶ月の熟成を経ています。
味わいに塩味と酸の軽快さが感じられるキュヴェです。


【コンプレモン・テール】
輸入元より
ジョゼフ・ランドロンの息子、マニュエル・ランドロンが独立し、新たにドメーヌをたちあげました。ジョゼフ・ランドロンはいうまでもなく、ロワールのミュスカデの名手として知られる存在です。マニュエルは2013年12月、妻のマリヨン・ペシューと共にブルターニュ地方の街ナント近くで、ミュスカデ・少量のガメイ・地品種のフォール・ブランシュの植わる畑を見出し、醸造を始めました。

在庫切れ
価格 ¥ 2,800 消費税込 ¥ 3,080
詳細を見る

ル・クロ・デュ・テュ=ブッフ ヴァン・ブラン 2021 750ml

フランスのロワールにおいて、今や自然派ワイン生産者の重鎮となっているピュズラ氏が手がけるドメーヌ。
自分たちが飲みたいと思うワインを造るという姿勢で、豊かな個性と親しみやすさもありながら高い技術を持ち、熟成できるようなワインも生み出す。とても人気の高い生産者です。
こちらは、ロワール周辺の買いブドウ(ソーヴィニョン・ブラン主体)のブレンドによる、気軽な白ワインです。

在庫切れ
価格 ¥ 2,800 消費税込 ¥ 3,080
詳細を見る
並び替え
179件中 1-50件表示
1 2 4