12,000円(税込)以上ご購入で送料無料
  詳しくはこちら>>

日本酒、ワイン、焼酎などお酒の通販なら
IMADEYA ONLINE STORE

{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}さん

ポイント残高:{@ member.total_points @}pt

   
  
                 
   
  

送料無料 12,000円(税込)以上ご購入で送料無料

詳細検索

  
  • お酒の種類
  • 地域
  • 価格
    円から 円まで
  • トレンドキーワード
  1. HOME
  2. ワイン
  3. タイプで選ぶ
  4. 白ワイン
  5. サンターディ ヴィッラ・ソライス ヴェルメンティーノ・ディ・サルディーニャ 2020 750ml
  1. HOME
  2. ワイン
  3. インポーターで選ぶ
  4. ヴィーノフェリーチェ
  5. サンターディ ヴィッラ・ソライス ヴェルメンティーノ・ディ・サルディーニャ 2020 750ml
  1. HOME
  2. 蔵元/生産者で選ぶ
  3. イタリア
  4. サルデーニャ州
  5. サンターディ
  6. サンターディ ヴィッラ・ソライス ヴェルメンティーノ・ディ・サルディーニャ 2020 750ml
  1. HOME
  2. ワイン
  3. 産地で選ぶ
  4. イタリア
  5. サルデーニャ州
  6. サンターディ ヴィッラ・ソライス ヴェルメンティーノ・ディ・サルディーニャ 2020 750ml

サンターディ ヴィッラ・ソライス ヴェルメンティーノ・ディ・サルディーニャ 2020 750ml

商品番号 572832

当店通常価格 \2,300 円(税込 \2,530 円)

価格 ¥ 2,040 消費税込 ¥ 2,244

商品写真は外観が似た商品(※ヴィンテージ違いの商品)などを
一時的に使用する場合がございます。
スペック等は必ず、商品説明にてご確認ください

お買いもの前に必ずご確認ください

■IMADEYA各店舗で販売され、在庫が無い場合がございます
システムで注文完了いただいても欠品が発生する場合がございます。
詳しくは>>ご利用ガイド「出荷準備が完了できない場合」をご参照ください
■配送口数が増え、配送料が割増になる場合がございます。
どんな注文でも1口分の送料で手続きが完了されますが、2口以上での出荷になる場合は追加送料をいただきます。
詳しくは>>ご利用ガイド「配送料追加」をご参照ください
■「要冷蔵」の記載がある商品はクール便でお届けいたします。
詳しくは>>ご利用ガイド「お届け方法」をご参照ください
容量 750ml
タイプ1 白ワイン
種類 辛口
原料 ヴェルメンティーノ、ヌラグス
精米歩合 2020
産地 イタリア/サルデーニャ州
度数 12.5%
生産者 サンターディ
生産者情報
原語 Santadi Villa Solais Vermentino di Sardegna
詳細
配送方法 このお酒を含む配送はクール便で発送します。

商品説明

イタリア隋一の高級リゾート地がサルディーニャ島。世界的なヨットレース、ロレックスカップやカリアリカップが開催される、ラグジュアリーリゾートからの白ワインです。
熟した林檎や洋梨を思わせる香りに、塩味を感じるミネラルのニュアンス。すっきりキレのある味わいの中に、熟した桃のようなコクもある、サルデーニャらしい白ワインです。

【輸入元より】

~イタリア38万ワイナリーの頂点「最優秀ワイナリー」に輝いたサルデーニャの雄~
イタリアソムリエ協会主催、イタリアで最も重要なワインのイベントであり、イタリアで最も権威あるワインアワード、「オスカー・デル・ヴィーノ」。
1年に1ワイナリーしか選出されない「最優秀ワイナリー賞」を2015年に受賞したのが、南西サルデーニャ、スルチスのワイナリー、サンターディである。

バルクワインの生産が中心だった1980年代に、南西サルデーニャ、スルチスの卓越したテロワールを真に映し出すワインを生み出した、革新的ワイナリーであるサンターディは、サルデーニャ島のワイン全体のレベルを引き上げる牽引役となった、島のワインの父でもある。

1984年サルデーニャで初めてバリック熟成をしたワイン“カリニャーノ・デル・スルチステッレ・ブルネ”が、そして1988年には同社の看板、“カリニャーノ・デル・スルチスロッカ・ルビア”が誕生。テッレ・ブルネは生産本数も少なく、また、無名だった土着品種のワインであるにもかかわらず、またたく間に国内外の市場で高く評価された、奇跡の一本である。

サンターディは、この地でしか生まれえない「骨の髄までサルデーニャ的」というべき土着性と、誰にでも伝わる美味しさという普遍性が、一本のボトルの中で美しく両立するワインを生み出すのだ。