12,000円(税込)以上ご購入で送料無料
  詳しくはこちら>>

日本酒、ワイン、焼酎などお酒の通販なら
IMADEYA ONLINE STORE

{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}さん

ポイント残高:{@ member.total_points @}pt

   
  
                 
   
  

送料無料 12,000円(税込)以上ご購入で送料無料

詳細検索

  
  • お酒の種類
  • 地域
  • 価格
    円から 円まで
  • トレンドキーワード
  1. HOME
  2. ワイン
  3. インポーターで選ぶ
  4. ヘレンベルガー・ホーフ
  5. フーバー バリッククラブ シュペート・ ブルグンダー Iラベル 2016 750ml
  1. HOME
  2. ワイン
  3. タイプで選ぶ
  4. 赤ワイン
  5. フーバー バリッククラブ シュペート・ ブルグンダー Iラベル 2016 750ml
  1. HOME
  2. ワイン
  3. ブドウ品種から選ぶ
  4. ピノノワール
  5. フーバー バリッククラブ シュペート・ ブルグンダー Iラベル 2016 750ml
  1. HOME
  2. ワイン
  3. 産地で選ぶ
  4. ドイツ
  5. バーデン=ヴュルテンベルク州
  6. フーバー バリッククラブ シュペート・ ブルグンダー Iラベル 2016 750ml
  1. HOME
  2. ワイン
  3. ワイン特集
  4. ドイツ・オーストリアワイン特集
  5. フーバー バリッククラブ シュペート・ ブルグンダー Iラベル 2016 750ml

フーバー バリッククラブ シュペート・ ブルグンダー Iラベル 2016 750ml

商品番号 594703
価格 ¥ 4,091 消費税込 ¥ 4,500

商品写真は外観が似た商品(※ヴィンテージ違いの商品)などを
一時的に使用する場合がございます。
スペック等は必ず、商品説明にてご確認ください

お買いもの前に必ずご確認ください

■IMADEYA各店舗で販売され、在庫が無い場合がございます
システムで注文完了いただいても欠品が発生する場合がございます。
詳しくは>>ご利用ガイド「出荷準備が完了できない場合」をご参照ください
■配送口数が増え、配送料が割増になる場合がございます。
どんな注文でも1口分の送料で手続きが完了されますが、2口以上での出荷になる場合は追加送料をいただきます。
詳しくは>>ご利用ガイド「配送料追加」をご参照ください
■「要冷蔵」の記載がある商品はクール便でお届けいたします。
詳しくは>>ご利用ガイド「お届け方法」をご参照ください
容量 750ml
タイプ1 赤ワイン
種類
原料 シュペートブルグンダー(ピノノワール)
精米歩合 2016
産地 ドイツ/バーデン
度数
生産者 ベルンハルト・フーバー醸造所
生産者情報
原語
詳細
配送方法 このお酒を含む配送はクール便で発送します。

商品説明

ドイツ=甘口を覆す
世界を驚愕させたシュペートブルグンダー


ドイツワイン最高峰の造り手ベルンハルト・フーバー醸造所が手掛けて下さったIMADEYAオリジナルワイン。
ラベルにはIMADEYAの「I」があしらわれています。

ブドウは日本のために用意したマルターディンゲン村の特別区画から。
通常の製法とは異なる厳選したバリック(小樽)で熟成されています。
徹底した収量制限によって生み出される奥深い風味が豊かで、贅沢な余韻が広がります。


ブルゴーニュと同じ条件を持つ
マルターディンゲン村


ベンハルト・フーバーはフランスとスイスの国境線沿いに位置しています。そこで今、最も注目を集めているのがこのワイナリーです。地質調査によりこの地は大昔、海の浅瀬で酸化鉄を含んだ赤い石灰岩土壌、ピノ・ノワールの栽培に最高の条件の土壌でブドウが育てられています。同醸造所のある村、マルターディンゲンにはゲルマンの地に布教に来た修道士によって700年も前にピノ・ノワールが植えられており、名産地として名を馳せていました。その理由はシャンボール・ミュジニーの風景や土壌とマルターディンゲン村のそれが酷似していたこと。貝殻石灰岩の風化土壌で大昔は海辺だったマルターディンゲン村は、少し掘り起こすと独特の色合いの土壌が露出し、高品質なワインに欠かせない複雑味をもたらしてくれます。その質の高さから、この地で栽培されたピノ・ノワールは「マルターディンガー」と呼ばれていたそうです。(ワインの辞典にはピノ・ノワールの同義語として「マルターディンガー」が記載されています)その後戦争によって砂糖が足りなくなり甘口の白ワインが好まれるようになりました。そのため戦後には「ドイツと言えば甘口の白ワイン」という印象になってしまいましたが、マルターディンゲンの歴史を知った先代のベルンハルト・フーバーさんは高品質なピノ・ノワールのワインを造ることに情熱を燃やします。



亡き父の意思を継ぎ進化を続ける
ユリアン・フーバーさん


残念ながら、ベルンハルトさんはご病気のため2014年に55歳の若さでお亡くなりになりました。ご子息のユリアンさんは当時20代前半。しかしユリアンさんはベルンハルトさんの遺志を継ぐべく、そして更に品質を上げようと様々な試みを行いながらブドウ栽培とワイン醸造を続け品質を落とすことはありませんでした。ある年の事、ベルンハルトさんの時は、赤も白もしっかりと樽の風味を生かした飲みごたえのあるワインだったのですが、ユリアンさんの白ワインは樽は使いはするもののその風味は控えめ、冷涼地ワインの魅力の1つである、酸とエレガントな果実味を前面に出したものが出来上がりました。このワイン自体はとても素晴らしく心から美味しいと思うものでしたが、ユリアンさんからすると、お父さんが作り上げてきたものを変更するというのは恐らく沢山の葛藤があったと思います。それでも、自分がより良いと思ったことを圧倒的な品質で形にした現当主。これからのワイン造りからも目が話せない醸造所となりました。