12,000円(税込)以上ご購入で送料無料
  詳しくはこちら>>

日本酒、ワイン、焼酎などお酒の通販なら
IMADEYA ONLINE STORE

{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}さん

ポイント残高:{@ member.total_points @}pt

   
  
                 
   
  

送料無料 12,000円(税込)以上ご購入で送料無料

詳細検索

  
  • お酒の種類
  • 地域
  • 価格
    円から 円まで
  • トレンドキーワード
  1. HOME
  2. ワイン
  3. タイプで選ぶ
  4. 赤ワイン
  5. フリードリッヒ・ベッカー ドッペルシュトゥック シュペートブルグンダー 2016 750ml
  1. HOME
  2. 蔵元/生産者で選ぶ
  3. ドイツ
  4. ファルツ
  5. フリードリッヒ・ベッカー
  6. フリードリッヒ・ベッカー ドッペルシュトゥック シュペートブルグンダー 2016 750ml
  1. HOME
  2. ワイン
  3. 産地で選ぶ
  4. ドイツ
  5. ファルツ地方
  6. フリードリッヒ・ベッカー ドッペルシュトゥック シュペートブルグンダー 2016 750ml
  1. HOME
  2. ワイン
  3. ブドウ品種から選ぶ
  4. ピノノワール
  5. フリードリッヒ・ベッカー ドッペルシュトゥック シュペートブルグンダー 2016 750ml
  1. HOME
  2. ワイン
  3. インポーターで選ぶ
  4. ヘレンベルガー・ホーフ
  5. フリードリッヒ・ベッカー ドッペルシュトゥック シュペートブルグンダー 2016 750ml
  1. HOME
  2. ワイン
  3. ワイン特集
  4. ドイツ・オーストリアワイン特集
  5. フリードリッヒ・ベッカー ドッペルシュトゥック シュペートブルグンダー 2016 750ml

フリードリッヒ・ベッカー ドッペルシュトゥック シュペートブルグンダー 2016 750ml

商品番号 589222
価格 ¥ 2,728 消費税込 ¥ 3,000
申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

商品写真は外観が似た商品(※ヴィンテージ違いの商品)などを
一時的に使用する場合がございます。
スペック等は必ず、商品説明にてご確認ください

お買いもの前に必ずご確認ください

■IMADEYA各店舗で販売され、在庫が無い場合がございます
システムで注文完了いただいても欠品が発生する場合がございます。
詳しくは>>ご利用ガイド「出荷準備が完了できない場合」をご参照ください
■配送口数が増え、配送料が割増になる場合がございます。
どんな注文でも1口分の送料で手続きが完了されますが、2口以上での出荷になる場合は追加送料をいただきます。
詳しくは>>ご利用ガイド「配送料追加」をご参照ください
■「要冷蔵」の記載がある商品はクール便でお届けいたします。
詳しくは>>ご利用ガイド「お届け方法」をご参照ください
容量 750ml
タイプ1 赤ワイン
種類
原料 シュペートブルグンダー(ピノノワール)
精米歩合 2016
産地 ドイツ/ファルツ地方
度数 13.5%
生産者 フリードリッヒ・ベッカー醸造所
生産者情報
原語 Friedrich Becker
詳細
配送方法 このお酒を含む配送はクール便で発送します。

商品説明

JALビジネスクラスにも搭載された
大樽仕込みの特別キュヴェ。


ドッペルシュトゥックとは大樽のことで、熟成に2400Lもの大樽を使用しています。
それによりワインが樽に触れる面積が少なくなり、樽の風味が穏やかに。
カシスやプラムのような果実の香りが前面に感じられ、酸とタンニンも程よく、今からでも楽しめます。

抜栓してからの味持ちも良く、1週間は大丈夫なのでグラスワインにもおすすめです。


努力とセンスにより
ドイツピノ・ノワールトップに

ベッカー醸造所のあるシュヴィゲン村はファルツの最南端。フランスとの国境線に位置するがゆえに、歴史上何度も戦火に見舞われた地域でもあります。第二次世界大戦後、荒廃して焼け野原になったシュヴァイゲン村の復興を支え、ぶどう栽培農家をまとめ上げて一大協同組合を立ち上げたのが、フリードリッヒ・ベッカー氏の父上でした。戦後、甘口ワインを造る技術に長けており、造れば造るほど売れていた時代、協同組合の主力ワインも貴腐ワインでした。フリードリッヒ・ベッカー氏はそんな南ファルツの一大協同組合の跡取りとして期待されていましたが、石灰岩が隆起したシュヴァイゲン村の土壌と寒暖差のある気候に可能性を感じ、自らの大好きなピノ・ノワールに打ち込むために、周囲の猛反対を押し切って1973年に独立。0からのスタートとなりました。当初、貴腐ワイン用の甘いぶどうばかり生産していた他の生産者からは「酸っぱくてまずいぶどう」のレッテルを張られ(この時の逸話を童話「ぶどうとキツネ」に重ねて個性的なエチケットが誕生しました)激しい非難を浴びながらも、不断の努力とセンスにより、ドイツのピノ・ノワールのトップに上り詰めました。そしてゴーミヨ誌にて前人未到の8度に渡る最優秀赤ワイン賞を受賞、ドイツのみならず、世界に名だたる生産者となりました。