12,000円(税込)以上ご購入で送料無料
  詳しくはこちら>>

日本酒、ワイン、焼酎などお酒の通販なら
IMADEYA ONLINE STORE

{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}さん

ポイント残高:{@ member.total_points @}pt

   
  
                 
   
  

送料無料 12,000円(税込)以上ご購入で送料無料

{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}さん

ポイント残高:{@ member.total_points @}pt

詳細検索

  
  • お酒の種類
  • 地域
  • 価格
    円から 円まで
  • トレンドキーワード

商品一覧

並び替え
18件中 1-18件表示

ドメーヌ・デ・トゥレール ロゼ 2021 750ml

野いちごのようなフレッシュ感漂うロゼワイン

樹齢15~20年のサンソー、シラー、テンプラニーニョを使用。収穫は全て手摘。
セニエ法で造られたこのロゼワインは、野イチゴとライチの香りが印象的。

甘美なフレッシュさとフルーティなエレガントさが特徴的で、レバノンの料理は勿論のこと、地中海料理、エスニックな料理とも相性良しです。


生産者について

1868年に創業されたドメーヌ デ トゥレールはレバノンで最初の商業ワインの生産者です。
その歴史はオスマン王朝にベイルートとダマスカスの建設の為に仕えていたフランス人冒険家のフランソワ-ユジェーヌ ブランが、ベカー高原に位置するシャトゥーラに辿り着いたところから始まりました。

彼の祖国を彷彿とさせるその土地に魅せられ、この土地に残りワインを造ることを決意したのです。
2003年にブラン家の最後の一人が亡くなり、その土地はブラン家と親しかったイッサ家とイッサ エルクーリ氏によって購入され、
ドメーン デ トゥレールのその心を引き継ぎました。ワインメーカーであるファウージ イッサはベイルートのアメリカン大学で農工学を学び、
その後フランスのモンペリエ大学にて“フランス認定ワイン醸造家の学位”を得ました。

そしてコート ロティのルネ・ロスタン氏のもとで学びました。
2007年にはあの伝説的なシャトーマルゴーにて学びました。

その後、自身の家族のワイナリーへ戻り、新しい息をDomaine des Tourellesへ吹きこんでいます。
彼のワイナリーは “レバノンで最も魅力的なワイナリーだ ” と称されることもたびたびです。

近年では、Domaine des Tourellesはレバノンにおけるワイン生産のルーツと言われるとともに再生を起こしたとも言われます。
レバノンワインを知るには必須の条件といっても過言でないほど大変重要なワイナリーとなりました。

価格 ¥ 2,082 消費税込 ¥ 2,290

ドメーヌ・デ・トゥレール メルウェ&オベイデ ヴィエイユ・ヴィーニュ 2020 750ml

この地域特有のブドウ2種を50%ずつ使用

100年以上剪定されていないこの地域特有のブドウ品種、メルウェとペルゴラ(オベイデ)を使用。有機農法で栽培されています。

味わいはエレガントで、ボルドーの白ワインを思わせるような飲み口が印象的。
洋ナシや青リンゴのような爽やかな香り、蜜のような凝縮した果実味、白い花の華やかな香りが口いっぱいに広がります。

鶏肉料理と相性が良さそうです。
メルウェは、レバノン杉の森で野性的に栽培されています。
果皮の色は黄金でキリッとしていて美しい葡萄で、クリスプで酸味が豊か、ストラクチャーもあります。

オデイデもこの地域の王様とも呼ばれる古い品種で、ワインにストラクチャーとコクを与え、長い余韻を残します。
この様な野生で自然に育っている品種で白ワインを造れるのは、レバノンの天候・テロワールが素晴らしいことを証明しています。
生産者について

1868年に創業されたドメーヌ デ トゥレールはレバノンで最初の商業ワインの生産者です。
その歴史はオスマン王朝にベイルートとダマスカスの建設の為に仕えていたフランス人冒険家のフランソワ-ユジェーヌ ブランが、ベカー高原に位置するシャトゥーラに辿り着いたところから始まりました。

彼の祖国を彷彿とさせるその土地に魅せられ、この土地に残りワインを造ることを決意したのです。
2003年にブラン家の最後の一人が亡くなり、その土地はブラン家と親しかったイッサ家とイッサ エルクーリ氏によって購入され、
ドメーン デ トゥレールのその心を引き継ぎました。ワインメーカーであるファウージ イッサはベイルートのアメリカン大学で農工学を学び、
その後フランスのモンペリエ大学にて“フランス認定ワイン醸造家の学位”を得ました。

そしてコート ロティのルネ・ロスタン氏のもとで学びました。
2007年にはあの伝説的なシャトーマルゴーにて学びました。

その後、自身の家族のワイナリーへ戻り、新しい息をDomaine des Tourellesへ吹きこんでいます。
彼のワイナリーは “レバノンで最も魅力的なワイナリーだ ” と称されることもたびたびです。

近年では、Domaine des Tourellesはレバノンにおけるワイン生産のルーツと言われるとともに再生を起こしたとも言われます。
レバノンワインを知るには必須の条件といっても過言でないほど大変重要なワイナリーとなりました。

価格 ¥ 3,180 消費税込 ¥ 3,498

ドメーヌ・デ・トゥレール カリニャン ヴィエイユ・ヴィーニュ 2019 750ml

樹齢70年以上のカリニャンを使用したフルボディタイプの赤ワイン

レバノンのベッカー高原西部で栽培されたカリニャンを使用した、フルボディタイプの赤ワイン。
ドメーヌ・デ・トゥーレールは全て有機農法、手摘みで収穫している生産者です。

こちらのワインは樹齢70年以上のブドウを使用し、味わいは濃厚で中東地域の気候を彷彿とさせる味わい。
熟したサクランボやプルーンのような香り、程よい酸味と渋みが、ステーキなどのがっつりお肉料理とマッチします。

熟成のポテンシャルも高く、2029年頃までは飲み頃が続きます。

生産者について

1868年に創業されたドメーヌ デ トゥレールはレバノンで最初の商業ワインの生産者です。
その歴史はオスマン王朝にベイルートとダマスカスの建設の為に仕えていたフランス人冒険家のフランソワ-ユジェーヌ ブランが、ベカー高原に位置するシャトゥーラに辿り着いたところから始まりました。

彼の祖国を彷彿とさせるその土地に魅せられ、この土地に残りワインを造ることを決意したのです。
2003年にブラン家の最後の一人が亡くなり、その土地はブラン家と親しかったイッサ家とイッサ エルクーリ氏によって購入され、
ドメーン デ トゥレールのその心を引き継ぎました。ワインメーカーであるファウージ イッサはベイルートのアメリカン大学で農工学を学び、
その後フランスのモンペリエ大学にて“フランス認定ワイン醸造家の学位”を得ました。

そしてコート ロティのルネ・ロスタン氏のもとで学びました。
2007年にはあの伝説的なシャトーマルゴーにて学びました。

その後、自身の家族のワイナリーへ戻り、新しい息をDomaine des Tourellesへ吹きこんでいます。
彼のワイナリーは “レバノンで最も魅力的なワイナリーだ ” と称されることもたびたびです。

近年では、Domaine des Tourellesはレバノンにおけるワイン生産のルーツと言われるとともに再生を起こしたとも言われます。
レバノンワインを知るには必須の条件といっても過言でないほど大変重要なワイナリーとなりました。

価格 ¥ 3,360 消費税込 ¥ 3,696

シャトー・クーリ シンフォニー 2009 750ml

樽熟成を経て重厚な飲み口を手に入れたレバノンワイン

カベルネソーヴィニオン、カベルネフラン、メルロー、シラーを使用し
、様々な楽器が一つの楽譜をともに奏でることで一つの音楽を作り出す協奏曲のように、違ったセパージュがまさに共に一つのエモーションを奏でることでシンフォニーを作り上げています。

タンニンもしっかりと感じることが出来ますが、それでいて柔らかさを常に感じる、さわやかさがとても心地よいワインです。
赤身のお肉料理、特にマトンとの相性◎

熟成のポテンシャルも有り、プラス4~5年はおいておくのも良さそうです。

収穫は全て手積みで、発酵にはステンレススティールのタンクで野生酵母発酵。
後、40%は1年もののフレンチオーク、60%は2年もののフレンチ0-区で12ヶ月熟成、6年便熟成された後にリリース。


生産者について

1995年に、エルクーリ夫妻によって始まったワイナリー。
ベッカー高原にある『ザハレ』という場所にあり、この地で15ヘクタールほどのブドウ畑の栽培から始まりました。

この土地は1,300メートルという標高で、暑い夏でも爽やかな風土をもたらしています。
日夜の温暖差は20℃に達することもあり、ブドウの木は年間におよそ300日の晴天という恵まれた気候です。

夫妻がブドウ栽培を始める前は、50年もの間野生の土地と化していたこの地域は、
もともとオデイベ(アラックの原料となるブドウの種類)が生えていましたが、
夫妻はゲヴュルツトラミネールやピノ・グリ、リースリングなどの栽培を決意、
この地域の土壌(粘土と石灰岩を含んだもの)から醸し出されたワインはなんとも言えないレバノンらしいニュアンスを与え、
今やロンドンや東京の一流ホテルやレストランでオンリストされるようになりました。

価格 ¥ 3,725 消費税込 ¥ 4,097

【IMADEYA直輸入ワイン】シャトー・マーシャス ブラン 750ml

レバノンでは紀元前6100年に、フェニキア人によるワイン造りの歴史があったとされています。
ベッカー高原は世界でも注目度の高いワイン産地で、10年で30以上のワイナリーが新たに立ち上がっています。
シャトー・マーシャスは、その中でも間違いなくトップレベルのワインを算出しています。
シャトー・マーシャスでは除草剤・殺虫剤は使用せず、一部の畑はビオディナミを実践。
手作業でグリーンハーベストを厳しく行い、収量はブルゴーニュ特級畑よりも少なく抑えられています。
ベイルートから60㎞内陸に入った標高990mの赤粘土、石灰質のとても乾燥したテロワール。
著名なエノロゴ「ステファン・ドゥルノンクール」のアドバイスを受け、ユニークな特徴を持つエレガントなスタイルに仕上がっています。
レモンの皮、ユリ、熟した桃、少しの蜂蜜、そして燧石などの軽いミネラルのニュアンス。
オーク由来のクリスピーなニュアンスが程よく重なり
とても表情豊か、充実した味わいを楽しむことができます。

価格 ¥ 3,900 消費税込 ¥ 4,290

シャトー・ミュザール アナ 2015 750ml

リッチな味わいを楽しめるレバノントップ生産者の白ワイン

濃厚なレッドフルーツ、ブラックカラント、ブルーベリー、シガーボックス、レザー、紅茶の葉っぱ、チョコレートなどの香り。
味わいは赤いプラムとダークチョコレート、柔らかいタンニンと、わずかにバニラの風味。
後味にとても心地よいミントを感じる滑らかなワインです。

15日~20日マセレーションを施しながらセメントタンクにて9カ月発酵・熟成。更に9カ月フレンチオークで熟成。


生産者について

1930年にガストン・ホシャールにより設立しました。
レバノンは紀元前4500年頃にフェニキア人によりワインやブドウが伝えられ、6000千年以上ものワイン造りの歴史があります。

畑は海抜役1,000メートルの高地に位置し夜の気温が低く、また夏と夜の寒暖差が大きいためブドウの生育期間が長いのが特徴です。
シャトー・ミュザールはレバノンで初めてオーガニック栽培の認証を取り、
白ワイン用には古い土着品種でシャルドネに似たオベイデとセミヨンの祖先と言われるメルウェを栽培しています。

この生産者が醸す『シャトー・ミュザール・レッド』は世界で高い評価を受け、
2代目セルジュ・ホシャールは英国デキャンター誌が1984年から始めた、マン・オブ・ザ・イヤーを世界で最初に受賞した事でも有名です。

価格 ¥ 4,000 消費税込 ¥ 4,400

シャトー・マーシャス ルージュ 2015 750ml

審美的な紫色、熟した黒い果実に穏やかでフローラルな香り、甘くスパイシーなニュアンスで野性的な表情も見せます。
様々な品種の個性が良く引き出され、中間から余韻にかけてスミレやユーカリ、ブラックオリーブ等様々なニュアンスも感じます。
シャトー・マーシャスでは除草剤・殺虫剤は使用せず、一部の畑はビオディナミを実践。
手作業でグリーンハーベストを厳しく行い、収量はブルゴーニュ特級畑よりも少なく抑えられています。


【シャトー・マーシャス】
レバノンでは紀元前6100年に、フェニキア人によるワイン造りの歴史があったとされています。現在は主に4つのワイン産地があり、年間およそ900万本のワインが生産されています。
レバノンのブドウ畑では主に株栽培がされていますが、このマーシャスは棚栽培です。これはボルドーでワイン造りを学んだ、シリア人の父とレバノン人の母を持つサーデファミリーの兄弟、KarimとSandroがフランスのテクニックを取り入れたいとしたからです。

価格 ¥ 4,950 消費税込 ¥ 5,445

スキン・バイ・ドメーヌ・デ・トゥレール 2020 750ml

樹齢150年にもなるブドウを使用した
旨味たっぷりのレバノン初のオレンジワイン


樹齢150年にもなる、もともと野生の品種だった『メルウェ』というこの地域ならではの品種を使用した、ジューシーなレバノン初のオレンジワイン。
ブドウは有機農法で栽培、手摘みで野生酵母を使用、アンフォラ仕込みとなっています。

柔らかな果実味にギュッと詰まった旨味。
タンニンも少し感じられますが、非常にスムーズな飲み心地です。

ドライな飲み口で、アルコール度数も11%と飲みやすく、オリーヴオイルを使用したお料理、ドライフルーツなどと一緒に飲みたいワインです。


生産者について

1868年に創業されたドメーヌ デ トゥレールはレバノンで最初の商業ワインの生産者です。
その歴史はオスマン王朝にベイルートとダマスカスの建設の為に仕えていたフランス人冒険家のフランソワ-ユジェーヌ ブランが、ベカー高原に位置するシャトゥーラに辿り着いたところから始まりました。

彼の祖国を彷彿とさせるその土地に魅せられ、この土地に残りワインを造ることを決意したのです。
2003年にブラン家の最後の一人が亡くなり、その土地はブラン家と親しかったイッサ家とイッサ エルクーリ氏によって購入され、
ドメーン デ トゥレールのその心を引き継ぎました。ワインメーカーであるファウージ イッサはベイルートのアメリカン大学で農工学を学び、
その後フランスのモンペリエ大学にて“フランス認定ワイン醸造家の学位”を得ました。

そしてコート ロティのルネ・ロスタン氏のもとで学びました。
2007年にはあの伝説的なシャトーマルゴーにて学びました。

その後、自身の家族のワイナリーへ戻り、新しい息をDomaine des Tourellesへ吹きこんでいます。
彼のワイナリーは “レバノンで最も魅力的なワイナリーだ ” と称されることもたびたびです。

近年では、Domaine des Tourellesはレバノンにおけるワイン生産のルーツと言われるとともに再生を起こしたとも言われます。
レバノンワインを知るには必須の条件といっても過言でないほど大変重要なワイナリーとなりました。

価格 ¥ 6,360 消費税込 ¥ 6,996

シャトー・ミュザール ロゼ 2018 750ml

前菜やカルパッチョなどと楽しみたいリッチなロゼ

シャンパーニュと同じように白ワインと赤ワインをブレンド。
9カ月フレンチオークにて発酵、熟成後に瓶詰め。繊細なサーモンピンク。

芳醇なアロマはストロベリー、野生のハーブ、アーモンド、わずかにローズウォーターの香り。
滑らかでバランスよく、リッチなレッドフルーツのフレーバー。
フィニッシュはフレッシュで柑橘の風味が残ります。


生産者について

1930年にガストン・ホシャールにより設立しました。
レバノンは紀元前4500年頃にフェニキア人によりワインやブドウが伝えられ、6000千年以上ものワイン造りの歴史があります。

畑は海抜役1,000メートルの高地に位置し夜の気温が低く、また夏と夜の寒暖差が大きいためブドウの生育期間が長いのが特徴です。
シャトー・ミュザールはレバノンで初めてオーガニック栽培の認証を取り、
白ワイン用には古い土着品種でシャルドネに似たオベイデとセミヨンの祖先と言われるメルウェを栽培しています。

この生産者が醸す『シャトー・ミュザール・レッド』は世界で高い評価を受け、
2代目セルジュ・ホシャールは英国デキャンター誌が1984年から始めた、マン・オブ・ザ・イヤーを世界で最初に受賞した事でも有名です。

価格 ¥ 6,400 消費税込 ¥ 7,040

シャトー・ミュザール ホワイト 2014 750ml

リッチな味わいを楽しめるレバノントップ生産者の白ワイン

ミュザールの白ワインは熟成するにつれて、褐色の居ろわいとまろやかでスパイシーなニュアンスを持つようになります。
こちらのヴィンテージは、金色に輝き、ほのかに樽香を感じ、クリーミーな質感でまさにリッチな飲みごたえ。

柑橘系のニュアンスが主に感じられ、蜂蜜のニュアンスもあります。

そのスタイルは辛口のソーテルヌや熟成したグラーヴの白に似ていると度々評価されています。


生産者について

1930年にガストン・ホシャールにより設立しました。
レバノンは紀元前4500年頃にフェニキア人によりワインやブドウが伝えられ、6000千年以上ものワイン造りの歴史があります。

畑は海抜役1,000メートルの高地に位置し夜の気温が低く、また夏と夜の寒暖差が大きいためブドウの生育期間が長いのが特徴です。
シャトー・ミュザールはレバノンで初めてオーガニック栽培の認証を取り、
白ワイン用には古い土着品種でシャルドネに似たオベイデとセミヨンの祖先と言われるメルウェを栽培しています。

この生産者が醸す『シャトー・ミュザール・レッド』は世界で高い評価を受け、
2代目セルジュ・ホシャールは英国デキャンター誌が1984年から始めた、マン・オブ・ザ・イヤーを世界で最初に受賞した事でも有名です。

価格 ¥ 6,800 消費税込 ¥ 7,480

シャトー・ミュザール レッド 2016 750ml

レバノントップ生産者のトップレンジワイン

深いルビー色をしており、濃厚な飲み口なのが特徴。
レッドチェリー、プラム、キャロブ、イチジクの香りが表に出てきており、東洋のスパイスの様なニュアンスも感じられます。

味わいはプラムやカシス、ほんのりダークチョコ。
非常に凝縮した果実味、柔らかいタンニンがワインに深みを与えています。

2016年は、温暖化の影響で気温が上がってはいましたが、
適度な雨量により良いブドウが育ったそう。

すぐに開けても楽しめますが、さらに3~5年は熟成させてもお楽しみ頂けそうです。


生産者について

1930年にガストン・ホシャールにより設立しました。
レバノンは紀元前4500年頃にフェニキア人によりワインやブドウが伝えられ、6000千年以上ものワイン造りの歴史があります。

畑は海抜役1,000メートルの高地に位置し夜の気温が低く、また夏と夜の寒暖差が大きいためブドウの生育期間が長いのが特徴です。
シャトー・ミュザールはレバノンで初めてオーガニック栽培の認証を取り、
白ワイン用には古い土着品種でシャルドネに似たオベイデとセミヨンの祖先と言われるメルウェを栽培しています。

この生産者が醸す『シャトー・ミュザール・レッド』は世界で高い評価を受け、
2代目セルジュ・ホシャールは英国デキャンター誌が1984年から始めた、マン・オブ・ザ・イヤーを世界で最初に受賞した事でも有名です。

価格 ¥ 9,000 消費税込 ¥ 9,900

シャトー・クーリ サント・テレーズ 2018 750ml

1300メートルという標高とベッカー高原に位置するというロケーションは暑い夏でもよりさわやかな風土をもたらします。レバノンのこの地域では、日夜の日較差が20℃に達することもあります。
サント・テレーズは、カラドック(マルベック×グルナッシュ)、ピノ・ノワールの珍しい構成でつくられる赤ワイン。ラベルのバラのような華やかな香り、とても柔らかな飲み口のミディアムボディでシルキーなスタイルです。

在庫切れ
価格 ¥ 2,635 消費税込 ¥ 2,898
詳細を見る

ドメーヌ・デ・トゥレール サンソー V.V.2018 750ml

1868年創業のレバノンで最初の商業ワイン生産者。ワイナリーがあるのは標高1m地点。風があり、山脈があり、そして地域で一番キレイな水があります。年間28日から29日ほど晴天の日があり、土壌も肥沃で、様々な葡萄品種に適しています。
サンソー・ヴィエイユ・ヴィーニュは、エレガンスさと上品さを楽しめるワイン。紛争や戦争に囲まれた地域の中から生み出される、愛に溢れた偉大なワインをぜひお楽しみください!

在庫切れ
価格 ¥ 3,360 消費税込 ¥ 3,696
詳細を見る

【IMADEYA直輸入ワイン】BーQa ベッカー・ド・マーシャス ブラン 2016 750ml

マーシャスの畑は標高990mに位置するベッカー高原にあります。海からの風はレバノン山脈が守ってくれるので湿気が少なく、年間雨量は300~600mmとかなり少なめ。除草剤、殺虫剤は使用せず、一部の畑はビオディナミを実践。また手作業でグリーンハーベストを厳しく行い、収量はブルゴーニュ特級畑よりも少なく抑えられています。
南国系果実の凝縮したニュアンスを感じ、とろっとクリーミーな辛口です。

在庫切れ
価格 ¥ 3,400 消費税込 ¥ 3,740
詳細を見る

【IMADEYA直輸入ワイン】BーQa ベッカー・ド・マーシャス ルージュ 2016 750ml

紫色の色調を持つ深い赤。赤い果実、スパイスのフレーヴァーが感じられます。
フレッシュなアタックと共に、果実味、酸味は強くタンニンも豊かで、肉厚な印象と共にフィネスとミネラルが特徴のワインです。

滑らかで、伸びのある統合されたタンニンとエレガントな味わいをお楽しみください。

在庫切れ
価格 ¥ 3,400 消費税込 ¥ 3,740
詳細を見る

【IMADEYA直輸入ワイン】シャトー・マーシャス ブラン 2011 750ml

淡いゴールド。スイカズラや桃、りんごの香り。柔らかで深みのある口当たりにフルーツの酸とオーク由来のクリスピーなニュアンスが程よく重なります。レバノンでは紀元前6100年に、フェニキア人によるワイン造りの歴史があったとされています。シャトー・マーシャスでは除草剤・殺虫剤は使用せず、一部の畑はビオディナミを実践。手作業でグリーンハーベストを厳しく行い、収量はブルゴーニュ特級畑よりも少なく抑えられています。

在庫切れ
価格 ¥ 3,900 消費税込 ¥ 4,290
詳細を見る

【IMADEYA直輸入ワイン】シャトー・マーシャス ルージュ 750ml

審美的な紫色、エキゾチックなスパイスの香りと甘く熟した黒い果実味、そして野性的な表情も見せます。
それぞれの品種の個性が良く引き出され、中間からアフターにかけてはスミレやブラックオリーブなどのニュアンスと、濃厚ながら柔らかなタンニンを感じます。

在庫切れ
価格 ¥ 4,950 消費税込 ¥ 5,445
詳細を見る

【映画チケット付き/通常価格より10%OFF】極上の味わいを堪能するシャトー・ミュザール赤白2本セット

世界で初めて『マン・オブ・ザ・イヤー』を受賞した
レバノントップ生産者のワインを堪能する特別セット!


1930年に『ガストン・ホシャール』という人物により設立したワイナリー、シャトーミュザール。
海抜1000メートルの高地、ベッカー高原に位置するこのワイナリーは、昼夜の寒暖差が大きく葡萄の生育期間が長いのが特徴です。

ミュザールはレバノンで初めてオーガニック栽培の認証を取り、白ワインにはシャルドネによく似たオバイデとセミヨンの祖先と言われるメルワーを栽培しています。

国内外で高い評価を受けている生産者ですが、2代目であるセルジュ・ホシャールは1984年から始まった英国デキャンター誌のマン・オブ・ザ・イヤーを世界で最初に受賞するなどその実力はお墨付きです。

このセットでは、そんなミュザールのワインのセットと、初代マン・オブ・ザ・イヤー受賞者のセルジュさんがメインとして出演する映画『戦地で生まれた奇跡のレバノンワイン』の映画鑑賞チケットをセットにしてお届け。

この機会に是非ご覧ください!


-ベッカー高原について-

ベッカー高原はレバノン山脈とアンチレバノン山脈(レバノンとシリアの国境となっている2,800mの山脈)
の間に広がっている高原で、ユネスコの世界文化遺産でもある『バールベック』があり観光客も多く訪れるスポットです。

この地域は1976年から2006年までの間続いた内戦中、シリア軍の主力部隊が進駐していた場所でもあり、
戦時中は悲しくも戦火に見舞われた土地でした。

葡萄畑も、多くが焼かれてしまったりしたそうですが、運良く無事だった樹もたくさん残っています。
戦争という過酷な状況の中、自分の葡萄たちを守り続け、今に伝えている生産者たちの魂のワインを是非ご堪能ください。


-戦火の中ワインを守り続けた職人たちの映画公開決定-

内戦中殺されるかもしれない恐怖の中、自分たちの葡萄を守り続けた生産者たちが出演するドキュメンタリー映画、
『戦地で生まれた奇跡のレバノンワイン』も是非、合わせてご覧ください。

在庫切れ
価格 ¥ 9,200 消費税込 ¥ 10,120
詳細を見る
並び替え
18件中 1-18件表示