10,000円(税込)以上ご購入で送料無料
  詳しくはこちら>>

日本酒、ワイン、焼酎などお酒の通販なら
IMADEYA ONLINE STORE

{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}さん

ポイント残高:{@ member.total_points @}pt

   
  
                 
   
  
info お知らせ

送料無料 10,000円(税込)以上ご購入で送料無料

{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}さん

ポイント残高:{@ member.total_points @}pt

info お知らせ

詳細検索

  
  • お酒の種類
  • 地域
  • 価格
    円から 円まで
  • トレンドキーワード
  1. HOME
  2. ワイン
  3. タイプで選ぶ
  4. 白ワイン
  5. ドメーヌ・ハツィダキス サントリーニ キュヴェNo.15 2015 750ml
  1. HOME
  2. ワイン
  3. 産地で選ぶ
  4. ギリシャ
  5. ドメーヌ・ハツィダキス サントリーニ キュヴェNo.15 2015 750ml
  1. HOME
  2. ワイン
  3. ブドウ品種から選ぶ
  4. アシルティコ
  5. ドメーヌ・ハツィダキス サントリーニ キュヴェNo.15 2015 750ml
  1. HOME
  2. ワイン
  3. インポーターで選ぶ
  4. ラシーヌ
  5. ドメーヌ・ハツィダキス サントリーニ キュヴェNo.15 2015 750ml

ドメーヌ・ハツィダキス サントリーニ キュヴェNo.15 2015 750ml

商品番号 585709

当店通常価格 \4,100 円(税込 \4,510 円)

価格 ¥ 3,485 消費税込 ¥ 3,833
申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

商品写真は外観が似た商品(※ヴィンテージ違いの商品)などを
一時的に使用する場合がございます。
スペック等は必ず、商品説明にてご確認ください

お買いもの前に必ずご確認ください

■IMADEYA各店舗で販売され、在庫が無い場合がございます
システムで注文完了いただいても欠品が発生する場合がございます。
詳しくは>>ご利用ガイド「出荷準備が完了できない場合」をご参照ください
■配送口数が増え、配送料が割増になる場合がございます。
どんな注文でも1口分の送料で手続きが完了されますが、2口以上での出荷になる場合は追加送料をいただきます。
詳しくは>>ご利用ガイド「配送料追加」をご参照ください
■「要冷蔵」の記載がある商品はクール便でお届けいたします。
詳しくは>>ご利用ガイド「お届け方法」をご参照ください
容量 750ml
タイプ1 白ワイン
種類 辛口
原料 アシルティコ
精米歩合 2015
産地 ギリシャ
度数 14.5%
生産者 ドメーヌ・ハツィダキス
生産者情報
原語
詳細
配送方法 このお酒を含む配送はクール便で発送します。

商品説明

ギリシャの情熱的な造り手のミネラル溢れるワイン。
果実のボリューム感もありつつ、塩味のようなミネラルも感じます。


【ドメーヌ・ハツィダキス】
ハリディモス・ハツィダキスは、クレタ島の出身であり、若い頃からワインに興味があり、高校卒業後すぐにアテネの技術学校で農学と醸造学を学びました。
卒業後に、ナウサのブターリ社で研修、サントリーニ・ワイナリーの醸造責任者を任されると同時に、クレタ島のファンタクソメトコ・ワイナリーでも醸造を担当していました。

サントリーニ島で働いたときに、サントリーニ島の火山由来の特別なテロワールと、土着品種であるアシルティコ、アイダニ、マヴロトラガノの大きな可能性に気づき高品質ワインを造ることが出来ると確信。
1996年、ハリディモスは28歳の時に、ピルゴス・カリスティス村の標高330m、0.5haの小さな畑に葡萄を植え直しました。
元々はサントリーニ島の土着品種であるアイダニが植わっていた畑でしたが、1956年の大地震以後は放置されてきました。
1997年に小さな洞窟をセラーとして醸造を始め、1999年が初リリースとなりました。
(サントリーニ島は島全体が厚い火山灰の層に覆われていて、その大変掘りやすい、また掘っても崩れない火山灰の層に、崖や斜面から水平に掘った洞窟をセラーとしているところが多い。これらの伝統的なセラーはカナヴァと呼ばれています)

ハリディモスの哲学は以下の通り。
サントリーニ島の葡萄の質を改善するだけでなく、たくさんの隠れている品種を明らかにし、葡萄栽培を多様化すること。
ワインを醸造するうえで近代技術をはじめとする人間の介入をできる限り排し、自然のままの味わいを表現すること。
そして、目指すのは土着品種、有機栽培、醸造中の最低限の介入で自然で高品質なワイン、そして醸造中だけでなくもちろん飲んで楽しいワインを造ることです。