12,000円(税込)以上ご購入で送料無料
  詳しくはこちら>>

日本酒、ワイン、焼酎などお酒の通販なら
IMADEYA ONLINE STORE

{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}さん

ポイント残高:{@ member.total_points @}pt

   
  
                 
   
  

送料無料 12,000円(税込)以上ご購入で送料無料

詳細検索

  
  • お酒の種類
  • 地域
  • 価格
    円から 円まで
  • トレンドキーワード

商品一覧

並び替え
2035件中 1-50件表示
1 2 41

シャトー酒折 マスカット・ベーリーA Barrel aged キュヴェ・オギハラ 2014 750ml

-シャトー酒折が生み出す最高にエレガントなベーリーA-

Kisvinの栽培家、荻原康弘氏が栽培したマスカットベーリーAを100%使用!
なかなか珍しいレアワインです。

ベーリーA特有のキャンディ香は控えめで、程よく感じられるタンニンは心地よい印象。
樽熟成によってドライフルーツのような香りも加わり、で複雑さが増しています。

こちらはなんと、IMADEYAワインバイヤーが商談に行った際に出会ったという掘り出し物。
7年の熟成を経て、程よくこなれており、官能的な芳香を放ちます。
まるでとろけるようになめらかな舌触りは、うっとりしてしまうほどです。

ワイン用ブドウ栽培のスペシャリストである荻原さんが栽培するベーリーAは、まるでピノノワールのようにとてもエレガントに仕上がりに。
シャトー酒折の他のベーリーAと、飲み比べも楽しそうですね。

まさに秋から冬にかけての気分にぴったりの、極上に美味しい1本です。
売り切れ次第終了となりますので、ぜひこの機会にお楽しみ下さい♪

価格 ¥ 3,000 消費税込 ¥ 3,300

渡邊葡萄園醸造 Nasu Wine ソワレ 2006 赤 750ml

「ソワレ」とは「夕闇」「夜会」の意味。 深い夜にしんみりと飲みたいワイン、という意味で名付けられた、日本版ボルドーワインともいえる逸品です。
こちらはワイナリーにある熟成ワインを特別にリリースしてもらったもの!果実味もまだありますが、かつお出汁のような風味と枯葉のようなドライなタンニンがあり、いい熟成感を楽しめます。
赤身の肉やきのこにもよく合いますので、ぜひ美味しい食事と一緒にお楽しみください!


【渡辺葡萄園醸造】
創業120年以上。日本でも有数の老舗に入る、1884年創業のワイナリー。
今までは生産量のほとんどが地元で消費され、マスコミを避けてきた為、表舞台に立つ事が無かったワイナリーです。
老舗ワイナリーだけあって、葡萄の樹齢、培ってきた技術は国内でもトップクラス。本当に今まで表に出てこなかったのが不思議なくらいです。
ワイナリー4代目の渡辺嘉也さんは、ボルドー大学へ留学し、卒業後はピション・ラランドやヴァランドローの醸造を担当するなど実績も十分。帰国後、実家を継いだ渡辺さんはボルドー・ポイヤックのグラン・クリュにおける伝統的な技術やリズムを取り入れたブドウ栽培、醸造を行っています。
「余計な手を掛けず、葡萄の個性を引き出す事だけを考えています。」と語る通り、飾りなくシンプルでいて奥深い味わいが印象的なワインたちです。
ワイナリーと葡萄園がある場所は、新幹線那須塩原駅のすぐ近く。那須塩原市役所も目の前にある中心地に突如として畑が現れます。

価格 ¥ 3,808 消費税込 ¥ 4,188

【IMADEYA直輸入ワイン/送料無料】プティセラー カベルネソーヴィニヨン 750ml

カリフォルニア北部海岸エリアのブドウをブレンド。カベルネ・ソーヴィニヨンに適した寒暖差の大きな気候条件。ブラックチェリー、カシス、バニラ、樽からのスパイスのニュアンス。エレガントなスタイルでバランスがとても良く、ミディアムボディでフードフレンドリーな味わい。
※フレンチオークとアメリカンオークの古樽で12ヶ月熟成

価格 ¥ 2,000 消費税込 ¥ 2,200

ドメーヌ・ド・ラ・カデット ブルゴーニュ・ルージュ シャン・カデ 2020 750ml

ディジョンとシャブリのほぼ中間に位置し、長い歴史あるピノノワールとシャルドネの産地として知られるヴェズレイに2002年にスタートしたドメーヌ。
樹齢約20年のピノノワールを、ステンレスタンクで20日間マセレーション、ステンレスタンクで20日間発酵。木樽、ステンレスタンクで11ヶ月の熟成を行っています。
ヴェズレイの気候と、ピノノワールの個性を存分に引き出した1本です。

価格 ¥ 4,000 消費税込 ¥ 4,400

バリッチ ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ 2015 750ml

醸造は区画ごとに分けて行い、ステンレスタンクで発酵後にスラヴォニアンオークで36ヶ月の熟成。伝統的な製法で造られたクラシックなスタイルと言えます。

価格 ¥ 8,500 消費税込 ¥ 9,350

ラルコ アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラシコ 2016 750ml

陰干しブドウによる辛口で、造り手のフラグシップ。
陰干しをすると、ブドウは重量の30~40%にもおよぶ水分を失い、その結果、糖とエキス分が凝縮します。
ブドウの中には貴腐菌が付着したものも僅かにあり、それが官能的な香りを与え、アマローネは酸味に欠けることが多いですが、果実味やタンニンなどの抽出物の濃さと、それでも飲み疲れさせない酸味を備えた、非常に素晴らしいアマローネです。

価格 ¥ 10,800 消費税込 ¥ 11,880

アルトス・ラス・オルミガス ラ・ダンザ マルベック 2020 750ml

マルベックで卓越したテロワール・ワインを生み出したパイオニアであるアルトス・ラス・オルミガス。
こちらは、イチゴのような赤果実のアロマと旨味がありながらもフレッシュな果実味。酸と程よいタンニンが味全体を引き締めて、飲みやすいバランスの良い赤ワインになっています。

価格 ¥ 1,410 消費税込 ¥ 1,551

クリスチャン・クレルジェ シャンボール・ミュジニー 2017 750ml

【輸入元資料より】
1975年と1980年に植樹された7つの区画のブドウをブレンド。除梗し、タンクで発酵後、樽(新樽10%)で18ヶ月熟成させます。赤系果実、奥から黒系果実を感じる凝縮感ある香り。ほのかなミネラルを思わせる風味があり、緻密でシルキーな口あたりのエレガントなワインです。

価格 ¥ 12,300 消費税込 ¥ 13,530

モンジャール・ミュニュレ ヴォーヌ・ロマネ 2019 750ml

この村を代表する造り手の一人。優良区画のブドウも加えられており、熟成には新樽も使用。この村のテロワールが良く出ており、とても優美なスタイルです。

価格 ¥ 12,900 消費税込 ¥ 14,190

フィリップ・シャルロパン マルサネ 2019 750ml

【輸入元資料より】
平均樹齢35年のブドウを使用。全房30%使用し、タンクで発酵。樽(新樽30%)で18ヶ月熟成させます。透明感があり、いきいきとした酸、赤系果実の香りが特徴です。とにかく、大物生産者のコート・ド・ニュイのワインが良心的な価格で楽しめるのが魅力の1本です。

価格 ¥ 7,000 消費税込 ¥ 7,700

ラ・カラブレッタ カラカラ ロッソ 750ml

「カラカラ」とはゴクゴク飲むみたいなニュアンスの意味だそうです。
ネレッロ マスカレーゼを使用した、本来ならヴィーニェヴェッキエとなるべきワインの、納得のいかなかった区画、ヴィンテージのものをブレンドしバランスをとったワイン。
果実味はしっかりめながら軽やかな飲み口です。


【ラ・カラブレッタ】

※輸入元より
カラブレッタ家により、年間12000本が生産される。
畑はエトナ山の麓、標高700-800mの南向きの斜面にあり土壌は火山岩質。フィロキセラの被害を受けなかった畑で、ブドウ樹の平均樹齢70-80年。品種はネレッロ・マスカレーゼ100%。整枝方法はアルベレッロ・ナトゥラーレを採用。グイヨなどに比べと、畑にトラクターが入ることができないのですべての作業を手で行なわねばならない。しかしながら夏の強い日差しをブドウに直接当てるのを避けるには葉が木全体を覆う必要があり、地域に適合して残った手法であるといえる。
1日の寒暖差が激しいことや、乾いた風がよく吹くことで農薬類を使わなくても病害虫がそれほど発生せず、この地域をよりブドウ栽培に適した場所としている。
5日間のマセレーション後、醗酵中の温度管理もほとんどすることなく出来上がったワインを14ヶ月大樽で寝かせる。 樹齢の古さや低収量に由来する高い凝縮性に、標高などに由来するそれを支えるだけの偉大な酸が、このワインを他のシチリアのワインとは全く異質のものとしている。

価格 ¥ 2,500 消費税込 ¥ 2,750

ヤウマ ダンビー グルナッシュ 2021 750ml

息子の名を冠したワイン。一般的なMC法とは若干異なるこの造り手独特のMC法で造られており、ミネラルによる塩味も感じられます。

価格 ¥ 5,000 消費税込 ¥ 5,500

ドメーヌ・トプノ・メルム シャンボール・ミュジニー 2018 750ml

【輸入元より】
手摘みで収穫し丁寧に選果。18~23日にわたる低温マセレーション後アルコール発酵。新樽25~30%で15~18ヶ月熟成。
明るいルビーレッド。赤い果実やブラックベリー、甘草の豊かなアロマ。豊かでしなやかなスタイルで洗練されたタンニンを伴います。
エレガンスとフィネスのモデルのようなワインです。


【ドメーヌ・トプノ・メルム】
18世紀からワイン造りをしている家系で、サン・ロマン出身のジャン トプノとモレ・サン・ドニ出身のドニーズ メルムが1963年に結婚したことにより設立。現在は7代目のロマンとヴィルジニーの兄弟が担っています。
テロワールを重視し、複雑でピュアな味わいを追求。ワインの真髄であるフィネスとエレガンスを映し出す果実の凝縮度はすべて畑仕事からという理念ですべてにおいて丁寧な作業を行います。
2001年からオーガニック栽培を行っています。

価格 ¥ 10,000 消費税込 ¥ 11,000

Sawa Wine マスカット・ベーリーA 2021 750ml

「Sawa Wine」は、千葉県八街市で山本ファームとして10年以上にわたりブドウを栽培してきました。
山梨県のワイナリーへの委託醸造によって2014年から商品化にも取り組み、自然災害による収穫量の激減などの苦労を重ねながらも、2021年に醸造免許を得て、念願だった自社での仕込みを手掛けるブランド「Sawa Wine」を立ち上げました。
こちらは、華やかな香りと口の中で膨らむベリー系の味わいが特徴です。前菜からお肉料理まで幅広くお食事と楽しめます。

価格 ¥ 2,700 消費税込 ¥ 2,970

カンティーナ・リエゾー チャオチャオ ロッソ アリアニコ 2020 750ml

2020年は長かった梅雨の影響で夏の生育不良がありましたが、収穫期の天候はそれほど悪くなく、ブドウのダメージは最小限に抑えられ健全な状態で収穫することができたそう!
若々しさを全面に感じられ るスッキリとしたスタイルで、アリアニコらしい豊富なタンニンと高い酸が感じられる仕上がりです。
定番の牛肉、羊肉、鴨肉と合わせる場合はなるべくシンプルな味付けのものを、チーズはウォッシュタイプやハードタイプがおすすめです!

価格 ¥ 2,700 消費税込 ¥ 2,970

ドメーヌ・レゾン アッサンブラージュ・バリルルージュ 750ml

山梨のまるき葡萄酒さんが北海道の富良野エリアにオープンしたワイナリー。ブドウ畑ではヤギを飼っていて、エコロジカルな視点でのブドウ栽培とワイン造りを行っています。
こちらは、野性的な口当たりと色調豊かなヤマブドウから生まれるキレの良い酸味をベースに、北海道産キャンベルアーリーのフルーティーでチャーミングな香りと味わいを加え、樽熟成によりボディ感を整えた、ミディアムボディの赤ワインです。

価格 ¥ 2,000 消費税込 ¥ 2,200

五一わいん グランメルロー 古木 720ml

2011年の創業100年を記念して瓶詰めされたプレミアムワイン

2022年で創業111年を迎える林農園ですが、こちらは創業100年を迎えた2011年に瓶詰めされたプレミアムワインです。

自社農園に1953年に植樹したメルロを、2004、2005、2007、2009年に収穫し醸造したものをブレンド。
生産本数はわずか100本です。

樹齢が古いワインならではの奥深さ、熟成による液体の溶け込み方は、別格です。
甘やかですが熟成による枯れたニュアンスもあり、ワイン単体で美味しい1本です。

奇跡的に数本入荷してきたワインですので、ぜひこの機会にお楽しみ下さい。

価格 ¥ 8,000 消費税込 ¥ 8,800

ル・プティムートン・ド・ムートン・ロートシルト 2018 750ml

17年のセパージュは、カベルネ・ソーヴィニヨンが81%。フレッシュな小粒黒果実やリコリス、胡椒などが香り、香り同様の果実の充実した果実味に長い余韻が楽しめます。

価格 ¥ 35,830 消費税込 ¥ 39,413

ジャンピング・ジュース ハーフフル レッド 2020 750ml

パトリック・サリヴァンとゼヴィア・グッドリッジのコラボレートワークで造られるジャンピング・ジュース。
コンセプトは、生産地区に縛りは与えず、100%オーガニックのフルーツを使用し、レシピを気にせずに各バッチの味わいを保ちながら、ジューシーでガブ飲み出来るワインを作り続ける事。
ユニークなエチケットがナチュラルワインラヴァーの心をくすぐります。この色で赤ワイン?と思うほど味わいもプリティーです。


【輸入元より】

Jumping Juice【ジャンピング ジュース】は正式にPatrick Sullivan【パトリック サリヴァン】とXavier Goodridge【ゼヴィア グッドリッジ】のコラボレート ワークとして独立したレーベルとなりました。ワインダイヤモンズも今後はJumping Juiceとしてご紹介を続けていく予定です(社名はJumping Juice Wine Companyだそうです)。

コンセプトは以前と変わらず。生産地区に縛りは与えず、100%オーガニックのフルーツを使用し、レシピ(基本的に謳いません)を気にせずに各バッチの味わいを保ちながら、ジューシーでガブ飲み出来るワインを作り続ける事。醸造添加物は使用しませんが、SO2に限っては10ppm-25ppm程度の使用を恐れない。これは以前自身が醸したワインにマメが発生して以来、品質を護る事をプライオリティとするPatrickの哲学故の事です。
(基本的に地元オーストラリアでは「Syrahベースで混ぜこぜのパーティーワインだよ」としかアナウンスしておらず、品種や醸造プロセスも明らかにしていないそうです)。

Margaret Riverで生まれるフルーツの特性は凝縮感を感じさせない素直でエレガンスのあるジューシーさ。イチゴ、ラズベリー、プラム、桃、ブルーベリーやネクタリンの弾ける様な快活さが前面に出ており、微かに感じさせるミントやオレガノっぽいハーブのニュアンスも伴って食欲を煽ります。テクニカル ストーリーや品種論争を虚しく感じさせてくれる、食卓のゲームチェンジャーですね。

価格 ¥ 2,975 消費税込 ¥ 3,272

モヤ・ミーカー ピノ・ノワール 2020 750ml

3534本のみ生産
元トップワイナリー醸造責任者が醸すエレガントワイン


フレッシュなチェリーやバラ、プラム、スパイス、ブラックチェリー、マッシュルーム、紅葉した葉などが香り、
フレッシュで豊かな酸、細やかで綺麗な渋みが感じられます。

優しく抽出されたジュースは、フレッシュな飾り気のない果実のピュアな味がそのまま表現され、
このワインの最大の魅力となっている。なめらかで繊細、綺麗にまとまっているエレガントなワインです。

余韻も長もながく、エルギンらしいフレッシュで豊かな酸と美しい果実味のバランスが良い。
今後樹齢が増していけば更に良くなってくるだろうと将来に期待できる美しいピノノワールです。
牛肉、ローストビーフ、鶏肉料理、ジビエなどのお料理と一緒に。


【モヤ・ミーカー】
「モヤ・ミーカー」は、奥さんの母親の名前。彼女は、1959年にミス南アフリカに選ばれ、洗練されたエレガントな美しい女性だったそうです。
ワインのテイストも同様で、エレガントで美しいスタイルのピノノワールを醸します。

南アフリカの有力ワインショップ「ワインセラー」は、
「過去10年で最もエキサイティングな南アフリカワインのニューリリースの1つ」と評価し、
鮮烈なデビューを果たしました。今後益々注目されるであろう期待の星です。

カナダ人ビジネスマンだったシャトー・ガビィの元オーナー、デイビッドは、
南アフリカ人の奥さん、ヘネフィーフと結婚した後2010年にエルギンのリンゴ園を購入、
直ぐにピノノワールを植樹しました。(現在はシラーズも栽培している。)

目指すは、少量でもプレミアムなピノノワールを作ること。
そこで2009年から2017年までブーケンハーツクルーフで醸造責任者を務めた経験のあるジャン・スミットを引き入れ
自身のブランド「モヤ・ミーカー」を立ち上げました。

価格 ¥ 3,364 消費税込 ¥ 3,700

カノンコップ ピノタージュ 2019 750ml

程よい力強さの
エレガントなスタイルの赤ワイン


赤い果実、プラムなど、複雑でフルーティな香りが立ち上がりから感じられます。
なめらかで心地良い酸味、凝縮した果実味、しっかりと太いボディです。
細やかで上品な渋みが心地よい、エレガントなスタイルです。

酸味、果実味、ボディの全ての要素がマックスでバランス良く保たれています。

【カノンコップ】
1910年設立の4代目家族。
ステレンボシュ・シモンスバーグ山脈の麓に125haを所有(ブドウ畑は100ha)。

このシモンズバーグ山脈周辺は「南アフリカの赤ワイン地帯」と呼ばれ、
グレネリー、ラステンバーグなどのトップワイナリーが名を連ねています。

その「赤ワイン地帯」の中で確固たる不動の地位を築いた赤ワインメーカーがこの「カノンコップ」です。
世界最大級のワイン評価大会IWSCなど主に、1990年代から最優秀賞を受賞するなど、
南アフリカワインの品質の高さを世界に知らしめたパイオニア的な存在のワイナリーです。

主役品種はピノタージュで畑全体の50%を占めています。
ピノタージュはブッシュヴァインで、樹齢50年以上の古木もあります。
他はカベルネソーヴィニョンが35%、メルロは7.5%、残りがカベルネフラン。
畑は、ブドウ栽培にとっては理想的な土壌で、灌漑はほとんど必要としません。
昔、ケープ湾に船が入港したことを知らせるために使用していた大砲をボトル・ラベルに描いています。

価格 ¥ 4,637 消費税込 ¥ 5,100

フェルミエ ピノ・ノワール 2020 750ml

新潟県の角田浜という海のすぐ近くにあるフェルミエから、何年も苦労してようやく納得のいくワインになったというピノ・ノワールがリリースされました。
フェルミエでピノ・ノワールを植えたのは2013年。植えてから3年はワインは造れないので、順当に行っても最初に造れるのは2016年。2016年は何とかブドウが収穫できたそうですが、大変だったのはその後で、2017年と2018年は一切収穫できなかったそうです。
2019年に何とか収穫できましたが、この年は早摘みと遅摘みとでワインを分けた試験的なもの。今回リリースとなった2020年は、ようやくフェルミエのピノ・ノワールとしてリリースすることができました。

2020年のピノ・ノワールは、香りが上に立ち上る、砂地の香りの良さを感じられるワイン。
カルダモンなどのエキゾチックなスパイスやカシスの香りが華やかに広がり、ほのかに香ばしい木の実のような風味、強くはありませんがエキス分もきちんと感じられます。
余韻にはなめらかで凝縮したタンニンの力強さもあり、余韻は長く続いていきます。

フェルミエの本多さんがかねてからずっと話していた「新潟らしさを感じるファインワイン」が、1つの形になったワインです。
2020年は今までに比べて量が増えたそうで、2019年のピノ・ノワールよりも価格が安くなっていますので、ぜひこの機会にお試しください!

価格 ¥ 8,200 消費税込 ¥ 9,020

モンタニェット コート・デュ・ローヌ ヴィラージュ シニャルグ 2020 750ml

【輸入元資料より】
小さな山(=モンタニェット)というドメーヌ名どおり、15haの畑は標高に恵まれ、砂利の多い砂質粘土。樹齢50年前後の古木も多数残っており、グルナッシュ、シラーの他ムールヴェードルにも注力する。
ワインは凝縮感がありながらも柔らかく、エキス感が高く優しい口当たり。手頃な価格を上まわる品質は、フランス国内でも高く評価される。

価格 ¥ 2,000 消費税込 ¥ 2,200

デ・ボルトリ オーガニック・シラーズ フィールド・ブレンド 2020 750ml

鮮やかな深紅色の外観。レッドチェリーやブラックベリーなど赤系果実と黒系果実が共に感じられ、白コショウなどスパイスの魅力的な香りが複雑性をもたらします。
味わいは、熟した果実感と、マイルドな酸とタンニンが印象的なフードフレンドな味わい。完全で寛大なストラクチャー、そして長い余韻が特徴です。

価格 ¥ 1,850 消費税込 ¥ 2,035

シャトー・ド・レイニャック キュヴェ・スペシャル 2014 750ml

世界一のソムリエが、当時価格10倍以上のワイン「シュヴァル・ブラン」と間違えるなど高評価かつ安定した美味しさで人気のワイン。
濃厚で甘い果実のニュアンスが強く、ドライフルーツの様な香りと共に土の匂い、オーク熟成由来のふくよかな香りも心地よく感じられます。
タンニンは滑らかで柔らかく、時間の経過と共に花開いていく、力強くも優しいワインです。

価格 ¥ 5,000 消費税込 ¥ 5,500

カファッジョ キャンティ・クラシコ 2017 750ml

キアンティ・クラシコの非常に優良な区画にあるワイナリーで、ノーベル賞晩さん会にて初めて提供されたキアンティ・クラシコ。クラシックなスタイルです。

価格 ¥ 2,980 消費税込 ¥ 3,278

カーブドッチ Bijou ピノ・ノワール 2019 750ml

4つある畑の中で最も品質が高いブドウのクローンを主体にしています。樹齢20年を超すピノノワールは豊かな果実味と、粘りすら感じる濃密な香りが特徴です。
2019年は天候に恵まれた年ではありませんでしたが、畑での細やかなケアや徹底した選果を行い「Bijou」という名にふさわしいワインに仕上がっているそう。
半年~1年以上置いたのちに抜栓するのがおすすめ。ぜひ、セラーの一角に眠らせてみてください。


【カーブ・ドッチワイナリー】
カーブドッチワイナリーがある新潟の角田浜は砂浜のような砂質土壌。日本海からわずか1kmほどに位置する葡萄畑には昼は海から夜は陸から風が吹き、葡萄の大敵である湿度を下げてくれます。この特異な場所で育てられた葡萄が素晴らしい個性のあるワインを生み出すのです。
世界的に見ても特殊なこの砂質土壌特性を活かすため、積極的に草を生やす「草生栽培」や減農薬・微生物を使用して病気を抑えるなど、様々な栽培方法をされています。
砂と風に育まれた自園で収穫されたぶどうは華やかな香りと繊細な味わいが特徴。醸造ではその特性を活かしつつ、品種の個性とその年を反映した味わいになるよう造られています。
醸造責任者の掛川さんはワインを造る上で「最高のワインではなく、ここの風土を表した唯一のワイン。」を造って行きたいと仰っていました。

価格 ¥ 5,900 消費税込 ¥ 6,490

ルモワスネ ヴォルネイ 2016 750ml

熟成を手掛けるルモワスネ社は、ブドウ栽培農家からワインを樽ごと買い付け、瓶詰めし、熟成させて販売しています。
膨大な量の古酒をストックしていることで有名なネゴシアン。ワインは飲み頃を迎えてから出荷するというこだわりようですが、こちらの2016ヴィンテージは、まだ熟成が可能です。


【ルモワスネ・ペール・エ・フィス】
1879年創設のルモワスネはボーヌ市街に拠点があります。前当主ローラン・ルモワスネ氏は卓越したテイスティング能力を買われ、仏最大のワインショップ「ニコラ」のクルティエを長年務めるなど業界では有名でした。
2005年には副社長にルイ・ジャド社で重役だったベルナール・ルポルト氏を迎え、経営を一任。醸造部門は著名な女性醸造家、クローディ・クローディ・ジョバール氏ジョバール氏を迎えるなど万全を期しています。
現在では、所有畑を約15haまで広げ、一部の畑には有機栽培を採用しています。

価格 ¥ 10,000 消費税込 ¥ 11,000

クズマーノ ネロ・ダーヴォラ 750ml

シチリアで最も古い品種の一つ。
地中海の太陽を思わせる個性的な特徴を備える。
香り高く丸みのあるボディ。
熟した果実やジュニパーの香りが印象的。

価格 ¥ 1,020 消費税込 ¥ 1,122

ネブリナ カベルネ・ソーヴィニヨン マグナムボトル 1.5L

カシスやブラックベリーのような活き活きとした果実味と、チョコレートやヴァニラのニュアンスが感じられる、バランスの良い柔らかな口当りのワイン。

価格 ¥ 1,110 消費税込 ¥ 1,221

フェウド・アランチョ カントドーロ 750ml

シチリア島に伝わる愛を歌った楽譜があしらわれています。太陽の恵みをたっぷりと受けた芳醇な果実味とコクのあるボディが楽しめる本格派フルボディです。

価格 ¥ 1,360 消費税込 ¥ 1,496

ドメーヌ・デ・クロワ サヴィニー・レ・ボーヌ プルミエ・クリュ レ・プイエ 2018 750ml

ビオロジック栽培。
新樽使用率を抑え、ピュアな味わいを表現。
砂の多い斜面の畑から、ボディのしっかりとしたワインに仕上げます。

【輸入元より】
区画名は若木を意味し、もともとは林だったと考えられる。
更に前は、川の出口が形成した扇状地とも考えられ、砂を多く含んだ土壌。
その分水はけがよい。
開放桶で3週間マセレーション。
木樽(古樽その内約5%新樽使用)で15ヶ月間熟成後、タンクで6ヶ月の熟成。

【ドメーヌ・デ・クロワ】
わずか22歳で、150年近い歴史を誇る名門ネゴシアン、カミーユ・ジルーの醸造長に抜擢され、現在ブルゴーニュ・ワインの次世代を担う重要生産者として大きく脚光を浴びる、ダヴィッド・クロワのドメーヌ。
クロワは1978年、ロワールのトゥール生まれ。
ブルゴーニュ大学醸造学部在籍時のコント・アルマンでの研修時代から、その手腕に注目が集まっていた。
当ドメーヌの初ヴィンテージは2005年。
ボーヌ1級やコルトンなどを中心に28000本前後を生産する。
畑は認証はないがビオロジック栽培。
醸造哲学は「どの年に、どこで採れたブドウか、というエスプリが、飲んだ時に感じられるワインを生むこと」。
そのためにまず選果を徹底し、収穫時に畑内での選果の後、さらにセラー内で2回、選果を行う情熱を持つ。
新樽率はグランクリュでも20~30%に抑制。
セラー内での人的介入は発酵温度管理と亜硫酸添加以外はほぼ何も行わず、結果生まれるワインは、温かさ、古典的ニュアンス、洗練度の全てに高貴さをまとっている。

価格 ¥ 8,300 消費税込 ¥ 9,130

ダヴィッド・モロー サントネ プルミエ・クリュ クロ・デ・ムーシュ 2017 750ml

【輸入元より】
畑の名前は、このエリアの花から花粉を集める数千もの蜂(Mouches a Miel=ミツバチ)に由来。表土の非常に少ない畑。ボーヌの同名の畑に比べて、評価はされてはいないが、表土が薄く、優れた骨格を持つワインが出来る。
発酵初期に低温(12-15℃)で6日間のマセレーション。30%を228Lの新樽、70%を228Lの旧樽で17ヶ月の熟成。

価格 ¥ 6,200 消費税込 ¥ 6,820

シャトー・ルネッサンス 2019 750ml

2019年はジェラールの息子オリヴィエが単独で仕込んだ最後のヴィンテージです。
ワインはしっとりとしなやかでコクのある果実味に染み入るような酸と艶やかさがあり、滋味深いミネラル、優しいタンニンがきれいに溶け込んでいます。

価格 ¥ 2,450 消費税込 ¥ 2,695

ケリー・フォックス・ワインズ マーシュ・ヴィンヤード ピノ・ノワール 2017 750ml

ピュアで軽快ながら芯のあるピノ・ノワール

ケリー・フォックスは、アメリカのオレゴンにあるワイナリーで、2007年に設立。
オレゴンの熟練生産者たちのもとでノウハウを学び、その後自分でワイナリーを作りました。

ケリーは大学で生物学と生化学を修めていますが、何ごとも慣習通りには行わず、栽培では過度の凝縮感は求めず、醸造では舌と感覚を頼りに判断をしています。

こちらのワインは、名前の通りダンディヒルズにある、今一番ケリーが注力している「マーシュ」という区画の畑のブドウから造られたワイン。
樹齢は50年ほどです。
火山性土壌でフィロキセラがいないためブドウ樹は全て自根です。

ダンディヒルズは元々エレガントなワインができやすい産地ですが、ケリー・フォックスの手に掛かると更にエレガントで伸びやかな味わいになります。

プーアール茶、ミント、カシス、オレンジ、バニラ、バラなどの香りがあり、果実味はとてもピュアで軽快ですが、しっかり最初から最後まで芯があります。
タンニンはきめ細かく繊細で、ライトな味わいに見せかけて凝縮感はしっかりあるという不思議なバランスです。

ブルゴーニュ以外のピノ・ノワールにも、どうしてもブルゴーニュらしさを探してしまいがちですが、それとは全く違う、オレゴンでケリー・フォックスにしか造れない、素晴らしい味わいのピノ・ノワールです。
ぜひお試しください!

価格 ¥ 9,600 消費税込 ¥ 10,560

蔵王ウッディファーム パーシャル レッド2020 750ml

アセロラのような可愛らしい果実の風味と豊かな酸味と一緒に感じる微発泡ワイン。野生酵母で、瓶内二次発酵し、澱引きせずに仕上げています。

価格 ¥ 2,200 消費税込 ¥ 2,420

ボデーガス・パッラ・ヒメネス ラルタン テンプラニーリョ 2020 750ml

スペインのラ・マンチャ産ワインにある「大量生産ワイン」というイメージを払拭すべく立ち上がった3兄弟のワイナリー。今ではヨーロッパ最大の有機栽培ブドウ農家となり、ブドウだけでなく様々な産物においてサスティナブルなエコシステムを形成しています。

価格 ¥ 2,360 消費税込 ¥ 2,596

エルンスト・トリーバウマー ブラウフレンキッシュ ルスターベルク 2019 750ml

驚くほどのリーズナブルさと、安定感のあるナチュラルな味わいで人気のエルンスト・トリーバウアー。
ブラウフレンキッシュは、ハンガリーと隣接するオーストリアのブルゲンラントで多く栽培されており、白コショウのようなスパイシーさが特徴。
エルンスト・トリーバウアーのブラウフレンキッシュは、特徴である白コショウのニュアンスはしっかり感られるものの、果実味が柔らかで甘みも感じ、酸も穏やかです。


エルンスト・トリーバウマーは、一族の初代が1691年に対抗宗教改革の中でルター派の宗教難民としてノイジードラーゼ湖の西岸の町ルストに移住し、ワイン造りを始めました。それ以来、何世代にも渡りワイン造りを続け、現在は兄弟2人がワイナリーを継ぎ、家族で経営を行っています。
彼らのブドウ畑の約75%が赤ワイン品種で、特にブラウフレンキッシュに力を入れています。
土壌を健康に保つことは調和のとれた味わいのワインになると考え、リュットレゾネを採用。ホメオパシーを用いたり、羊などの家畜をブドウ畑で放牧することにより、ブドウ畑の除草と腐葉土の増加を試みたり、養蜂によって自然に安定した食料生産を目指したりといったことを行っています。

価格 ¥ 2,300 消費税込 ¥ 2,530
並び替え
2035件中 1-50件表示
1 2 41