12,000円(税込)以上ご購入で送料無料
  詳しくはこちら>>

日本酒、ワイン、焼酎などお酒の通販なら
IMADEYA ONLINE STORE

{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}さん

ポイント残高:{@ member.total_points @}pt

   
  
                 
   
  

送料無料 12,000円(税込)以上ご購入で送料無料

詳細検索

  
  • お酒の種類
  • 地域
  • 価格
    円から 円まで
  • トレンドキーワード

商品一覧

172件中 1-50件表示
1 2 4

オリバーレス ティント 2018 750ml

【輸入元資料より】
ダーク・ベリーとチェリーの香り。口に含むとフレッシュで、味わいにも甘く生き生きとした色濃い果実を感じる。胡椒の風味がアクセントとなり、バランスのよい酸に引っ張られる。ハーブでマリネした肉、北京ダックなどとの相性は抜群。


【輸入元より】
現在のオーナーの祖父である、パスクアル・オリバーレス・フェルナンデスが1930年にフミーリャの地で少量のワインを造り始めたのが、ボデガス・オリバーレスの始まりである。
続く2代目の時に、スペイン全土に販路を広げ、現3代目になってからはワイナリーの設備も新しくなり、1996年には国外への輸出を始めた。
3代目の造り手、パスクアル・オリバーレス・グアルディオラは、幼少の時から、ワイナリーの中で祖父や父親の手伝いをしてきており、醸造学を修めている。
オリバーレス一家の思いは、
『フミーリャの荒々しくも美しい自然への愛によって、テロワールを体現したワイン造りへと突き動かされた祖父、その彼の思いは、この地に古くからある、モナストレルという品種を真の方法で体現したワインを造るという、私たちにとっての目的であり続ける』
と言う哲学に表れている。

畑について…栽培:祖父の代よりフミーリャの地で代々行われて来た方法で栽培(化学肥料や殺虫剤など人工的なものの不使用、灌漑を行わない、剪定から収穫まで全ての仕事を手作業)

土壌:石灰岩を多く含む砂質土。海抜825メートルの高地にあるフミージャでもっとも冷涼な地域で、フィロキセラ耐性があるだけでなく、アロマ豊かなワインができる。

醸造について…圧搾:垂直式プレス
醗酵:ステンレスタンク(10000L)、コンクリートタンク(10700L)
熟成:フレンチオーク樽(225L、500L)、フレンチオーク漕(6000L、10000L)

価格 ¥ 1,190 消費税込 ¥ 1,309

【よりどり対象】ファン・フォルクセン ザール リースリング 750ml

1999年末に現オーナーが購入してから、膨大な設備投資と徹底した品質管理によってモーゼルのリースリング全体の名声復活に大きく貢献した生産者。
ザールのブドウのみを使用しています。ザールの土壌は粘板岩だけではなく、流紋岩、珪質斑岩、硬砂岩などの火山性土壌が混じるのが特徴です。
樹齢30年以上の急斜面の収穫は、エントリーレベルのワインとはいえ、すでにグラン・クリュの風格を垣間見せています。


【輸入元より】

18世紀のイエズス会修道院の所領を、フランス革命後にトリーアの実業家グスタフ・ファン・フォルクセンが購入し、1900年頃には世界的な名声を誇っていた醸造所。しかし20世紀末に経営破綻し、1999年末に現オーナーのローマン・ニエヴォドニツァンスキーが購入。膨大な設備投資と徹底した品質管理で、醸造所だけでなくモーゼルのリースリング全体の名声復活に大きく貢献した。購入当初13haだった葡萄畑は現在約85ha。品種は95%がリースリング、残りがヴァイスブルグンダー。

優れたワインを産する葡萄畑の遺伝的素質を守るために、房が小振りで粒が小さく、自然に収量が低くなる苗木を畑から選抜して植樹している。古木を重視し、辛抱強く完熟を待ち、地域で一番最後に収穫を終える。徹底した選果を行い、醸造所で粒選りして完璧を期している。収量は30~40hL/ha。醸造には少量の亜硫酸塩以外の添加物を一切用いず、ステンレスタンクと、アイフェル山地に自家所有する約5000haの森から切り出した木材で造った、容量120~2400Lの木樽を使い、野生酵母で発酵する。主力は辛口からオフドライのリースリングで、瓶詰め直後は繊細だが2~3年熟成すると見違えるほどの複雑さと奥行きを現す。2019年7月に新しい醸造施設が完成。2015年からザールのオックフェン村で、忘れられた銘醸畑12ha(オックフェナー・ガイスベルク)の再興に取り組み、2021年に2020年産が初リリースされた。

価格 ¥ 3,200 消費税込 ¥ 3,520

【よりどり対象】サン・ジュースト・ア・レンテンナーノ トスカーナ ロザート フォーリ ミズーラ 750ml

キャンティ最高峰の1つ、レンテンナーノの気軽に飲めるロゼ

名実ともにキャンティの最高峰の1つである「サン・ジュスト・ア・レンテンナーノ」。
ワイナリーのあるガイオーレという地域は7,8月は雨が全く降らず気温が高いところで、モンタルチーノ同様高級ワインを生み出す条件を備えています。

畑の90%はサンジョヴェーゼで、使用するのは最大でも60%のみという厳しい剪定を経たブドウのみでワインを造っています。
著名なワイン評価誌でも毎年のように高い評価を受けていますが、レンテンナーノのオーナーのルカ氏は、その点数に頼るだけでなく、ワインを飲んでまるで大地の声を感じるような感動を大切にしてほしいと話しています。

レンテンナーノのワインの中で一番気軽に飲めるロゼが入荷。
使っているブドウはサンジョヴェーゼ93%、カナイオーロ5%、メルロ2%。キャンティ・クラシコ、バロンコーレ、ペルカルロ、リコルマと、レンテンナーノの全てのワインの発酵中のモストを、12時間から24時間の時点で抜き取ったものから造られます。
そこに除梗したブドウを10%ほど加えて10~12日間発酵。
ステンレスタンクで5カ月熟成させています。

ロゼと言っても色はかなり濃く、特に今回の2020ヴィンテージは明るく力強い味。
凝縮した赤系の果実の果実味、しっかりとした酸、ほのかなタンニンが感じられ、レンテンナーノらしい充実したエキスのあるロゼワインです。
お手頃価格で、レンテンナーノの片鱗を感じられますので、ぜひお試しください!

価格 ¥ 2,600 消費税込 ¥ 2,860

ジョゼ・ミシェル・エ・フィス ブリュット ロゼ 750ml

1847年からヴァレ・ド・ラ・マルヌのムーシー村に畑を持ち、先代ジョゼ氏の代になってからは伝統手法と古典原理を堅守した匠の技ともいえる長命なシャンパーニュ造りでレコルタンの先駆者といわれたメゾンです。現在は孫のアントナン氏がメゾンの運営と醸造を担っており、畑はビオロジック栽培への転換を進めています。
ブドウはセニエ方式で仕込まれ、明るいピンク色と赤い果実を思わせる豊かな香りが魅力的な仕上がりです。


【ジョゼ・ミシェル・エ・フィス】
1847年からヴァレ・ド・ラ・マルヌのムーシー村に畑を持ち、先代ジョゼ氏の代になってからは伝統手法と古典原理を堅守した匠の技ともいえる長命なシャンパーニュ造りでレコルタン・マニピュラン(小規模の自家栽培・自家醸造を行うシャンパーニュメーカー)の先駆者といわれたメゾンです。またブレンド用として影に隠れがちなブドウ品種「ピノムニエ」の価値を世に知らしめたのもジョゼ氏の功績。現在は孫のアントナン氏がメゾンの運営と醸造を担っており、畑はビオロジック栽培への転換を進めています。

価格 ¥ 5,200 消費税込 ¥ 5,720

エンビナーテ ミガン 2018 750ml

【輸入元より】
ワイン名は畑の呼称に由来。畑のあるオロターヴァと呼ばれる地域では、三つ編み仕立てと呼ばれる、古い仕立て方を採用している。
複数の苗を一か所に植えて、それをお互いに絡ませながら、枝を伸ばしていき、長いものでは10m以上にもなる。
根本が一か所に固まっているので、冬の間は、枝を1方向にまとめてどかしておいて、他の作物を栽培することが出来る。100年以上もこの地域で続く、昔ながらの栽培方法。

価格 ¥ 4,200 消費税込 ¥ 4,620

【よりどり対象】ホセ・パラシオス ペタロス 2019 750ml

【輸入元より】
フレッシュ感と香気が溢れるだけでなく、活気をおびる果汁味としなやかなテクスチュアが伴う。香気ゆたかで強烈な味わいがある、デリケートで独特な品質をそなえるワインです。

【醸造について】
※輸入元資料より
木製開放槽、ステンレスタンクで醗酵、バリック(新樽率:100%)で4ヶ月間熟成

価格 ¥ 2,295 消費税込 ¥ 2,524

【よりどり対象】アラン・ルナルダ=ファッシュ ビュジェ・セルドン メトード・アンセストラル 2020 750ml

ビュジェ・セルドンは、フランス東部のサヴォワ地方にある「セルドン」という場所で造られています。シャンパーニュと異なり一切リキュール添加、補糖が認められておらず、そのほのかに甘く爽やかな味わいは、葡萄本来の糖分と野生の酵母によるもの。 甘口のロゼスパークリングは他にもありますが、クリーミーな泡立ちと独特な酸、そして爽やかな甘さはビュジェ・セルドンならでは。サヴォワの小さな産地をぜひ体験してみて下さい!

価格 ¥ 3,500 消費税込 ¥ 3,850

ジェラール・シュレール リースリング・ル・ヴェール・エ・ダン・フリュイ 2019 750ml

フランス全体のヴァンナチュール生産者を代表する造り手。こちらはフェルシベルクという特級畑のリースリングから造られていますがグランクリュ表記がありません。それはある年にINAOから特級畑を名乗ることを許されなかったため「大きな組織には虫が巣食う」という皮肉を込めてこのラベルにしたそうです。
ローズマリーのような華やかな香りと落ち着いて凝縮した旨み、厚みのあるミネラルがあり、シュレール好きにはたまらない味わいです。


【ジェラール・シュレール】
ジェラール・シュレールはアルザスだけでなく、フランス全体のヴァン・ナチュールの造り手を代表する造り手の1つですが、特に認証を取ることもなく、ヴァン・ナチュールの会にも参加することもなく、ひたすら7haの畑での仕事に精を出しています。
現当主のブルーノの父親であるジェラールの頃から、栽培する畑では何十年にもわたって一度も除草剤、化学肥料を使っていないそう。
醸造においてもブドウのポテンシャルを最大限に生かすため酸化防止剤の使用を可能な限りおさえています。
充実した奥行きのあるエキス分と、独特の鋭い酸味を持つシュレールのワインは、熟成によって他の何にも似ていないそのワインの個性をより発揮します。

価格 ¥ 4,900 消費税込 ¥ 5,390

【よりどり対象】ラ・トッレ・アッレ・トルフェ キャンティ・コッリ・セネージ 2019 750ml

明るいベリーやスミレの香り、心地の良いアタックが感じられ、いきいきとした果実味ときれいな酸が広がります。程よいタンニンもあり、心地よい飲み口です。
テロワールを表現するために木樽を使わず、セメントタンクでの発酵・熟成をしています。

価格 ¥ 2,125 消費税込 ¥ 2,337

【よりどり対象】ラ・トッレ・アッレ・トルフェ トスカーナ ロザート ルネッラ 2020 750ml

綺麗なサーモンピンクの色合いが目を引くロゼワインです。甘酸っぱい果実の香り、程よい甘みとオレンジやイチゴのニュアンスが口の中で広がり、ミネラルや旨みが詰まった濃密な味わいが楽しめます。


【輸入元より】
2016年に惜しまれながらも、閉業したワイナリー、ラ・ポルタ・ディ・ヴェルティーネの管理人かつ醸造家であるジャコモ・マストレッタ氏がこの数年、ワイン造りをするべくワイナリーを探した中で選んだのが、ラ・トッレ・アッレ・トルフェでした。
ラ・トッレ・アッレ・トルフェは、シエナ近郊のトルフェ村にある農園で、現オーナーであるマニア・カステッリの曽祖父に買い取られました。
1900年代にはセラーを増設、2003年からバイオロジック栽培に取り組み、使い込まれたセメントタンクを中心にしたシンプルな醸造施設や、マニア夫妻の歴史に関心が深く、二人の自然を尊重しようと努める運営の姿勢にもジャコモ氏は共感を持ち、2018年から造りに携わっています。
ジャコモ氏がさらに深くワイナリーとかかわっていくこれからのヴィンテージにますます期待が高まります。

価格 ¥ 2,125 消費税込 ¥ 2,337

【よりどり対象】プンセット ピエモンテ・ビアンコ 「NE?」 2020 750ml

「NE?」というのは、その前に言った内容を強調するピエモンテの言葉であり、実は日本語の「ね?」と同じ意味です。
北イタリアですが緊張感というよりも柔らかくフレッシュな果実感のある白ワイン。フローラルでリンゴのような果実味、中盤も凝縮感があり、フレッシュなハーブや野菜と一緒にぐびぐび飲みたい味わいです。


【プンセット】
プンセットは、バルバレスコの地においてビオロジック認証を受けている唯一のワイナリー。この州の数少ない女性醸造家のワイナリーでもあり、トップキュヴェであるバルバレスコからこちらのカジュアルな白ワインまで、女性ならではのエレガントで柔らかな仕上がりのワインを造っています。

価格 ¥ 2,100 消費税込 ¥ 2,310

【よりどり対象】ボルゴ・デル・ティリオ ヴェネツィア・ジュリア ミッレウーヴェ ビアンコ 2019 750ml

イタリアで最も優れた白ワインを造る醸造家の1人、名手ニコラ・マンフェッラーリ氏。畑の増えた現在では個々の畑の条件を考慮、吟味し、2つ以上の葡萄品種を組み合わせたワインを造り出しています。
この白ワインはフリウラーノ、ソーヴィニヨン、シャルドネ、マルヴァジーア、リースリングの5種類の品種を使った、クリーミーな味わいととハーブの爽やかな香りを併せ持っています。
カルボナーラなど、クリーミーな料理と相性◎

価格 ¥ 2,210 消費税込 ¥ 2,431

エステザルグ コート・デュ・ローヌ プレン・シュッド 2020 750ml

すっと口の中に入ってくる、果実味と酸のバランスが良いワイン。香りも白桃や洋ナシを思わせます。

わずか10名ほどで構成される、フランス最小の協同組合と言われるエステザルグ。
畑は、どうしても必要なとき以外は農薬を使用しないリュット・レゾネ(減農薬栽培)です。
少人数ならでは、品質向上のため皆で意見を出し合い、設備や資金面などでも協力しあって素晴らしいワインを生みだしています。
この協同組合では、それぞれの畑の個性を表現するため、一部のワインを除き多数の生産者のワインをブレンドすることはしません。よって協同組合のワインでありながら、生産者名を記載しています。一般的な協同組合の「がぶ飲みワイン」とは一線を画する、品質主義のワインたちです。

価格 ¥ 1,790 消費税込 ¥ 1,969

エステザルグ コート・デュ・ポン・デュ・ガール キュヴェ・デ・ガレ 2020 750ml

【輸入元より】
Galets(砂利)という名は、アペラシオン認定のテロワール周辺に位置する砂利質土壌において栽培されることを表現している。
果実味や調和のとれた味わいがすぐに楽しめ、ブラックベリーのような黒果実の印象のフレッシュなワイン。
十分に熟してから収穫されるため、ワインに甘草、胡椒、シナモンといった印象がある。

組合の5人の生産者からの葡萄をブレンドしており、テジエール村にある50haの畑からの葡萄を使用しています。
1987年に法律が変わり、A.O.C.ローヌは石か岩の土壌しか認可されなくなったため、粘土質土壌で興味深いワインを造る畑なのですが、A.O.C.の認可が下りなくなり、V.d.P.となりました。
85hl/haの認可ですが、60hl/haまで収穫量を抑えています。通常は6ヶ月タンク熟成します。
毎年すぐ売り切れてしまい、やっと入手することが出来ました。フランスのワインショップでも人気のアイテムです。

価格 ¥ 1,530 消費税込 ¥ 1,683

【よりどり対象】ファタローネ ジョイア・デル・コッレ 2020 720ml

プリミティーヴォの愛が熱い、創設者ニコラ・ペトレーラ。特有の熟成した果実の香りがあり、わずかにスパイシーで焦がしたニュアンスがあります。
畑とカンティーナの隅々まで注意の行き届いたワイナリーの本作は、調和のとれた心地良い味わいです。

価格 ¥ 2,500 消費税込 ¥ 2,750

【よりどり対象】モンテ・ダッローラ ヴァルポリチェッラ・クラッシコ サセーティ 2020 750ml

「野性的環境」に惚れ込んだ夫婦が1995年に畑を購入して始めたワイナリー。
ビオディナミに造詣が深い妻のアレッサンドラと、妥協のない実践化の夫カルロによる素晴らしい夫婦によって、将来性のある産地と評されるヴァルポリチェッラの輝かしい未来を感じさせます。
「サセーティ」とはこの地の方言で小さな石を意味すると共に、石ころ遊びの呼び名でもあるそう。ステンレスタンクとセメントタンクを用いた、豊かな香りと軽やかな味わいです。

価格 ¥ 2,700 消費税込 ¥ 2,970

ゼップ・ムスター ロゼ フォム・オーポク2018 750ml

【輸入元より】
植樹されたのは1983年と、温暖化がはじまる以前、この地域で赤ワインが珍しかった頃のこと。
近年の温暖化で、赤ワインの質はどこも向上しているが、この地の冷涼さが繊細で複雑な個性に寄与している。
果実の完熟が難しかった2014年に実験的に造られてから、毎年醸造されるようになった。

在庫切れ
価格 ¥ 3,300 消費税込 ¥ 3,630
詳細を見る

ゼップ・ムスター ツヴァイゲルト フォム・オーポク 2017 750ml

【輸入元より】
植樹されたのは1983年と、温暖化がはじまる以前、この地域で赤ワインが珍しかった頃のこと。
近年の温暖化で、赤ワインの質はどこも向上しているが、この地の冷涼さが繊細で複雑な個性に寄与している。
グラーフ・ツヴァイゲルトと同じ畑で樹齢も同じだが、こちらは粘土質の重く石の少ない土壌の区画で、樹勢が強く果粒が大きく収量が多いため、素直な味わいのワインとなる。

在庫切れ
価格 ¥ 3,500 消費税込 ¥ 3,850
詳細を見る

ドメーヌ・ダラマラ イマスィア カプニストス 750ml

【輸入元より】
品種:マラグジア、アシルティコ
位置:標高280-300m、南、南東 土壌:トラバーチン(大理石の一種)の石灰質、紫色の粘土質、泥灰土
醸造:マセレーションを18日間行う ステンレスタンクにて12日間、醗酵。225Lのフレンチオーク樽と(3分の2)とアメリカンオーク樽(3分の1) で12ヵ月間熟成。

在庫切れ
価格 ¥ 2,800 消費税込 ¥ 3,080
詳細を見る

ゼップ・ムスター ロートヴァイン 2015 750ml

【輸入元より】
ワイナリーで栽培される3種の赤品種のブレンド。短いマセレーションで、親しみやすい果実味が特徴。
■醸造:12日間のマセレーション、木樽で22か月間熟成。

在庫切れ
価格 ¥ 3,655 消費税込 ¥ 4,020
詳細を見る

ゼップ・ムスター グラーフ ツヴァイゲルト 2015 750ml

オーストリアのシュタイヤーマルクにあるワイナリー。「グラーフ」は、ドイツ語で「伯爵」という意味。樹齢の高い葡萄から造られるシリーズで、それゆえの気品ある味わいが感じられます。
1983年に植樹されたツヴァイゲルトを使用し、木樽でマセレーション、さらに木樽で22ヶ月間もの熟成を行っています。

在庫切れ
価格 ¥ 4,250 消費税込 ¥ 4,675
詳細を見る

イ・ヴィニェーリ ヴィヌディリーチェ 2014 750ml

エトナワインの第一人者が造るエレガントなロゼ。
香りは控えめというよりは静かで、優しく甘い香りがあり、味わいも強く何かの味があるというよりは、柔らかく軽やかながら凝縮した旨みと塩味を感じます。 良いワインに感じる球体のような感覚があり、高いレベルで様々な要素のバランスが整っています。
エトナのワインの第一人者と言われ、誰よりもエトナという地を知り尽くしているサルヴォ・フォーティが造るエトナを体現したワイン、ぜひお試しください!

在庫切れ
価格 ¥ 5,950 消費税込 ¥ 6,545
詳細を見る

ヴァッレ・デッラッソ サレント・ロッソ レ・レンツェ 2019 750ml

プーリア州で古くから有機栽培を実践してきたヴァッレ・デッラッソのヴァローネ家は、97年から元詰を始めリーズナブルな価格ながら素晴らしいワインを造っています。
こちらはネグロアマーロ種をステンレスタンクで発酵・熟成させたワイン。色合いは濃く、独特のタバコのような香りがあります。キメが細やかで滑らかでまろやかな味わいです。この価格帯でこれだけしっかりとした味わいと余韻のあるワインはなかなかありません。

在庫切れ
価格 ¥ 1,360 消費税込 ¥ 1,496
詳細を見る

サン・ジュースト・ア・レンテンナーノ ラ・リコルマ 2016 750ml

トスカーナのガイオーレ・イン・キャンティにあるワイナリー。イタリアワインの熱狂的なファンにとって、間違いなく最高峰のひとつとされています。
輸入元、ラシーヌの合田さんはこのワイナリーのワインに魅せられ、20年間通い続けて漸くお取引が実現したそう。クラシックで上品、それでいて圧倒的な佇まいをもつワインは、一度体感したらきっと虜になってしまうと思います。

在庫切れ
価格 ¥ 8,500 消費税込 ¥ 9,350
詳細を見る

メンティ モンテ・デル・クーカ 2019 750ml

19世紀から続く、自然と地域の伝統に最大の敬意を払ってワイン造りを行うメンティ。ワインは透明感あふれる清らかな味わいのなかに、はっきりとこの地特有のミネラルを感じさせるものになっています。

在庫切れ
価格 ¥ 3,060 消費税込 ¥ 3,366
詳細を見る

ラルコ ロッソ・デル・ヴェロネーゼ 2018 750ml

【輸入元より】
気軽な食中酒を、と考えルーカが所有する畑の中でも樹齢の若いブドウを、ほとんどマセレーションをかけずにプレスをするので、明るいルビー色をしている。
熟成には、セメントタンクと、一部大樽が用いられ、フレッシュな果実味を損なわないように、気を使っている。


ヴェネトで、誰よりも「神話的生産者」との讃辞にふさわしい、クインタレッリ。
ルーカ・フェドリーゴは、この巨匠に長年ブドウを販売していた栽培農家に生まれ、14歳からクインタレッリのもとで働き、巨匠の身近で栽培醸造を学んだ。その後独立し、畑を購入しワイナリーを建て、1998年に初VTをリリース売する。

アマローネにおいては90日前後の長期のアパッシメントし、熟成もスラヴォニアオークの大樽熟成。栽培と醸造の両方において、徹底して伝統的。
ただし栽培と醸造を学んだ、クインタレッリがそうであるように、カベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニョン、メルローのフランス系品種にも可能性を見いだし、ルーカなりの醸造で、ルベオという同地としてはユニークな構成のワインを造り出している。

近年、2014年を境にラルコが造るワインの質が著しく上昇し、当主ルーカに「ジュゼッペ・クインタレッリの再来」との過褒までも寄せられ始めている。

在庫切れ
価格 ¥ 2,720 消費税込 ¥ 2,992
詳細を見る

ニコラ・マンフェッラーリ ミッレ・ウーヴェ ビアンコ 2018 750ml

イタリアで最も優れた白ワインを造る醸造家の1人、名手ニコラ・マンフェッラーリ氏。畑の増えた現在では個々の畑の条件を考慮、吟味し、2つ以上の葡萄品種を組み合わせたワインを造り出しています。そうして出来たワインは、豊かで艶があり、濃密でミネラルも強く感じられます。

在庫切れ
価格 ¥ 2,700 消費税込 ¥ 2,970
詳細を見る

トリンケーロ ロッソ・ラシーヌ2016 750ml

スッキリと纏まり、程よい背筋の張りが感じられるバルベーラらしい酸が基調となった良質なスタイルになっています。想像していたよりもトーンが高く硬質感がありますが、キュートな果実味がうまく補完してくれているので、程よい落ち着きを持った飲み口となって飲み手との距離感をうまく縮めてくれます。

在庫切れ
価格 ¥ 2,900 消費税込 ¥ 3,190
詳細を見る

エンビナーテ タガナン・ティント 2018 750ml

【輸入元より】
ビドゥエーニョと呼ばれる、昔ながらの栽培環境で、様々な品種が自根で混植されている。
品種:ネグラモル、リスタン・ネグロ、モスカテル・ネグラ、リスタン・ガチョ、ビハリエゴ・ネグロなど
樹齢:100歳を超えるものも多い
位置:標高75-400m、多くの畑は北向き 土壌:火山性
醸造:セメントタンクや開放槽で2~4週間のマセレーション

在庫切れ
価格 ¥ 3,200 消費税込 ¥ 3,520
詳細を見る

エンビナーテ タガナン・パルセラ・マルガラグア 2018 750ml

【輸入元より】
「MARGALAGUA」という名前は、「母なる水」を意味する。ビドゥエーニョと呼ばれる、昔ながらの栽培環境で、様々な品種が自根で混植されている。
品種:ネグラモル、リスタン・ネグロ、モスカテル・ネグラ、リスタン・ガチョ、ビハリエゴ・ネグロなど
樹齢:100歳を超えるものも多い
位置:標高300-450m、北向き 土壌:火山性
醸造:開放槽で28日間のマセレーション

在庫切れ
価格 ¥ 4,200 消費税込 ¥ 4,620
詳細を見る

レ・ドロミー コート・デュ・ジュラ サヴァニャン クロワ・サラン 2018 750ml

「クロワ・サラン」は畑の名前で、樹齢20年ほどのサヴァニャンから造られたもの。400Lの木樽で7~10ヶ月間熟成させています。
ジュラのワインというと岩のようなゴツっとした飲み心地と旨みが特徴ですが、レ・ドロミーのワインはその旨みはあるものの口当たりなめらかでピュアさがあります。
味わいは柑橘の風味と塩味が特徴で、もう旬は過ぎてしまいましたが、特にホヤとの相性は抜群です!

在庫切れ
価格 ¥ 6,600 消費税込 ¥ 7,260
詳細を見る

マルセル・リショー コート・デュ・ローヌ・ルージュ テール・デーグル 2019 750ml

【マルセル・リショー】
ACコート デュ ローヌ、及びヴィラージュの中で最上のクリュとして知られるラストーに近い、ケランヌに畑を持っています。標高の高い急斜面で、樹齢が高く収穫量が低いため、気候にあまり左右されず優れたワインが生まれます。1990年代にはローヌを代表する生産者としてかのロバート・パーカーにも評価されていましたが、1995年より、更なる品質の向上を目指してナチュラルな醸造を行うようになりました。
現在は醸造は畝ごとに小さな単位で分け、ワインが出来てからそれぞれの味わいをみてブレンドをし、一番美味しく、その場所らしいと感じるワインに仕上げます。
南ローヌらしい豊醇さがありながらも、軽やかで決してアルコールのボリュームに頼ることはありません。
1997年より共に働き始めた醸造コンサルタントのヤン・ロエルのアドバイスにより、キュヴェによっては酸化防止剤を使用していないものもあります。(それ以外のキュヴェも瓶詰め時に最低限の量のみ使用)

在庫切れ
価格 ¥ 2,800 消費税込 ¥ 3,080
詳細を見る

ル・レザン・エ・ランジュ オマージュ・ア・ロベール 2019 750ml

【輸入元より】
■品種:メルロー、カベルネ・ソーヴィニョン、グルナッシュ、ガメイ、シラー、アリカンテ等
■植樹:2000年
■醸造:12~15日間のマセレーション・カルボニック
120日間アルコール発酵
ステンレスタンクで8ヶ月間熟成

在庫切れ
価格 ¥ 2,400 消費税込 ¥ 2,640
詳細を見る

ル・レザン・エ・ランジュ ファーブル 2019 750ml

【輸入元より】
■品種:シラー、グルナッシュ、ヴィオニエ、メルロー等
■醸造:20日間のマセレーション・カルボニック
90日間アルコール発酵
30%を木樽、70%をステンレスタンクで6ヶ月熟成し、アッサンブラージュ

Fableとは、子供たちに道徳を説明するための寓話、お話しのこと。

在庫切れ
価格 ¥ 2,500 消費税込 ¥ 2,750
詳細を見る

ル・レザン・エ・ランジェ ブラン2020 750ml

【ル・レザン・エ・ランジュ】

ワイナリー「ル・レザン・エ・ランジュ」は、ジル・アゾーニが2000年にアルデッシュ南部の静かな山間に興したドメーヌです。
同ドメーヌは2014年、ジルの息子アントナン・アゾーニを責任者として、ネゴシアンに生まれかわりました。

【アントナン・アゾーニのプロファイル】

1985年生まれのアントナンは、化学を修めたのち絵画関係のラボで働き、ピッツァイオーロや料理人としても働く。が、次第に父親の仕事である、ワイン造りに興味を持つ。
オーストラリアのワイナリーとラボラトリーで2年間の経験をへて、2013年にアルデッシュへと戻り、父親のジルとともにワイン造りにたずさわった。
2014年にドメーヌはネゴシアンとなる。ジルが所有していた畑は、友人のヴィニュロンへと譲られ、アントナン自身は15haの契約畑(4人のブドウ栽培家と、友人のワイン生産者たちと契約)と、自身の1haのシラー畑から得られるブドウでワインを造る。自身の畑を持ちつつネゴシアンになったわけ。
契約畑を増やしたのは、ビオロジック製ブドウを複数の栽培家から購入することをつうじて、《ビオロジック栽培のムーブメントをよりいっそう広めたい》と、アントナンが考えたから。同世代の友人には、同様の考えのもと、良い仕事をしている栽培家の畑を紹介する、「畑のクルティエ」のような仕事をしている者もいるそうだ。
2016年や2017年のように、霜害や雹害のひどかった年には、このような仕事は特に重要になるはずである。

父親のジルは、完全に引退したわけではなく、アントナンとは別にジル本人のワインを造っている。アントナンは父親が興したル・レザン・エ・ランジュのスタイルを踏襲しつつ、自分自身のスタイルを模索中でる。
「まずは、醸造中に何が起きても、ジルのように焦らず待つことを覚えなくては」と、アントナンは語っている。

在庫切れ
価格 ¥ 2,210 消費税込 ¥ 2,431
詳細を見る
172件中 1-50件表示
1 2 4