トップ > 焼酎 > 蔵元で選ぶ > 鹿児島県の焼酎 > 龍宮│富田酒造場

龍宮│富田酒造場

information


富田酒造場

富田酒造場は、鹿児島県奄美市にある島内で一番小さな焼酎蔵です。
創業は1951年。現在は、社長である富田恭弘さんと息子さんの2人で仕込みをしています。 全体が見渡せる小さな蔵だからこそ、お酒の息づかいに耳を傾け愛情を持って焼酎造りを行っています。

〜伝統的な手法で造る黒糖焼酎〜

創業以来、変わらず昔ながらの「どんぶり仕込み(一次・二次とも甕で仕込む)」という手間がかかる仕込みを行っています。使用する麹はすべて黒麹。黒麹を使用することで独特の切れ味が生まれるそうです。
原料の黒糖は、雑味が全くない特等ランクの最高品質のものを使用しています。

〜味わいは風が創り出す〜

富田酒造では、銘柄によって使用する黒糖の産地を変えています。
主要ブランドの「らんかん」、「かめ仕込み」、「龍宮」は、沖縄(波照間・多良間島など)の黒糖を使用。雨が少なく潮風が多く当たるのでキリっとした塩味があるのが特徴です。その特徴は、焼酎にも現れていてキリッと潮風を感じる味わいです。
「まーらん舟」は、同じ奄美の徳之島の黒糖を使用しています。こちらは、雨が多いためマイルドで上品な甘味が特徴です。焼酎の味わいは、トロ〜と上品な旨味を感じる味わいです。

全7件